2008/11/6

フェルメールの暗号〜光の芸術画家の作品と生涯の謎を解く〜  文化・芸術・映画

月曜夜放映「世界芸術ミステリー」特番を録画で。稲森いずみと加藤雅也がオランダ、パリ、フィレンツェ等ヨーロッパ各地からレポート、フェルメールの作品に込められた暗号や生涯を紹介。今東京都美術館で開催中の「フェルメール展」は見に行きたいと思っており、4年前フェルメール関連で「真珠の耳飾りの少女」('02)「オランダの光」('03)を見たりしていたので、興味もあって。

「真珠の耳飾りの少女」が「北欧のモナ・リザ」と言われている、という関連もあってか、最初「モナ・リザ」のモデル探求から。「ダ・ヴィンチ・コード」の時も、モナ・リザ=ダ・ヴィンチ本人説まであったり、色々諸説見かけたり聞いたりしたけれど、今年冬か春頃の新聞で「「モナ・リザ」モデル判明」として、新資料の発見で、やはり有力説の通りフィレンツェの商人ジョコンドの妻リザだった、という記事があって切り抜いていた。

「真珠・・」のモデルについては後半触れられていて、やはり公開の時話題だったように、諸説あるようで、映画(原作同名小説も)では使用人少女、特定のモデルはいない、とか、フェルメールの14人の子供の中、幼くして亡くなった娘で、その面影を絵に込めていた、という説等。

映画では、フェルメール役コリン・ファースと少女役スカーレット・ヨハンソンの間の純愛と敬意の狭間というか、何とも言えない微妙なムードだったけれど、ゲストの高橋克典が、誰かは判らないにしても、画家はこのモデルに絶対恋してる等と言っていたけれど、それが恋愛か、娘への思慕か、その無垢にも見える表情から改めて、何らかの愛情、というものは漂っているような。

フェルメールの絵は、最低1度は見た事が、と思ってカード類を探してみたけれど見当たらず、映画「真珠・・」の当時のMB欄を見直してみると、その時期上野でやっていたフェルメール展を見逃した、とか書いていて、少なくとも近年は見ていないようだった。

画家自体も30数点の寡作、43才で夭折、肖像画も残っておらず、謎が多いけれど、今回映った故郷デルフトという小さな街の水辺、オレンジの屋根と白い壁の家々のこじんまりした街並み、運河の多いアムステルダムと共に、「オランダの光」でのように地平線、水平線の低さから穏やかな光の豊かな土地、の風景が印象的。

17世紀にこの街で画家を目指すようになったフェルメールは、当時人々が家の壁に飾っていたのが、庶民の日常の風俗画だった、という風潮からか、絵も肖像画中心の小品が多いようで、改めて今回、ゲスト達が透明感、と言っていたけれど、独特の淡い”光”や、「真珠・・」の少女も頭に巻いている布のラピスラズリという鉱石からの、淡く鮮やかなブルーがインパクト、そのブルー+黄色のコントラストが印象的、とも思った(「牛乳を注ぐ女」)。

ヒトラーが、画家への道に挫折、ウフィツィ美術館を訪れダ・ヴィンチやボッティチェリの作品に感銘、故郷に大美術館を、と野心を抱いて、是非欲しがったのがフェルメール、というのが、そういう画風からして意外だったけれど、

強く欲しがったというという「絵画芸術」という作品は、画家の視線の先には、モデルではなくその背景の地図の中のフェルメールのサイン、というのが、世界の中心は自分、という強烈なプライドと野心、というのも、そう聞けばなるほどとも思うけれど、絵自体は珍しく縦横1mを超える大作、でも強いアピールというより地味な印象だけれど、何か引き付ける強烈なものがあったのかと。

そういう絵の暗号解きは、TV欄解説にやや「ダ・ヴィンチ・・」を意識しすぎ、ともあり、「ダ・ヴィンチ・・」上映時にはこういう絵の謎解き的番組も多かった、と。今回、絵の背景の地図=17世紀当時大航海時代隆盛だったオランダが世界の中心、30数点の中、6点に描かれていた手紙=オランダで世界で初の郵便制度が整えられ、識字率の高さ、という誇示、

絵の中の果実=堕落や誘惑の象徴、耳飾の真珠=虚栄心(浮気と共に大罪)の象徴、なので絵の中で女性が書いたり読んだりしている手紙は愛の手紙で、女性がよくまとっている黄色いガウン=フェルメールの妻のもの、で、妻の不貞を疑っている説等、夫が船乗りで不在が多い当時のオランダの風俗を描いた、等、ややこじつけ的な気もするけれど、秘められたスキャンダル的に人気だったそうだけれど(「手紙を書く女」

星野知子が、そういう求められる題材を描きつつ、本当に描きたかったのは”光”だったのでは、と言っていたけれど、そうだとしたらいち早い印象派、のコンセプトのようでもあり、それは音楽にしても、ラブソングでありながら、実は表現したかったのは、美しい一瞬の風景だったり、というような主旨にも重なるような。

20世紀前半ファン・メーヘレンという、フェルメールの贋作画家、というのも、かなりの技術を持って、いかにも宗教画風と風俗画の隙間の時代の、その中間、というような「エマオのキリスト」という絵をも描き、題材、微妙な光の使い具合、青と黄色の服等、いかにも、という作品で、鑑識家も騙し感動させた、というある種、その寡作につけこみ混乱させた、まさにフェルメール自身にすりかわりかねなかった、筋金入りのフェルメールフリーク、と。

また、没後歴史に埋もれていたフェルメール、ふと見た「デルフト眺望」という風景画に衝撃を受け、200年後、表に出したのは美術批評家トレ・ビュルガーで、クールベやミレー、フランス印象派をいち早く評価し世間に発表した人物だった、と。それまで他の画家の作品と言われていた「絵画芸術」をフェルメール作品、と断定、それが後に、ヒトラーやメーヘレンのドラマを生んだり、という絡みが言われていたけれど、

でもそれ以前に、そもそもこの人物が目に留めていなかったら、単なるオランダのローカルな、30数点残しただけの一風俗画家、だったという、芸術が(正当に)日の目を見る砂浜に混じった一粒のダイヤ発見のような確率、も思ったりで、番組中、今回来日中の作品は余り取り上げられなかったらしいけれど、そこそこ興味深く見られた番組だった。(http://www.tbs.co.jp/program/vermeer_code.html「ダ・ヴィンチ・コード」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/4

東京日常劇場<憂愁編>('91)ー追悼・市川準監督ー  日本

’90年に深夜放映していたらしい、月〜金5分間の市川ドラマシリーズの短編オムニバスのビデオ。内容は2話づつセットで並行して進むものが3編、単独で4編。検索でも余り情報が出てこないので、メモしたタイトルと出演者を記録しておくと

「浮気亭主」「不倫新幹線」/増田恵子、西岡徳馬、犬塚弘、今村明美 
「酔っ払いとルンペン」「変な男のマンション」/汐路章、あがた森魚、ベンガル、白鳥靖代
「妻に逃げられた男」/すまけい、天衣織女
「裏町旅館」「張り込み刑事」/岡本麗、蛭子能収、長塚京三、大場明之
「交番」/石倉三郎、佐野史郎
「古本屋にて」/中村れい子、小形雄二
「作家と家族」/桃井かおり、イッセー尾形、清水真由

という10編、ほとんど2人芝居、最後だけ3人、のスタジオセット収録の密室劇、特に舞台は東京でなくても、という内容で、東京らしかったのは「古本屋にて」で古本屋に来た女性の勤めの店が四谷、と言っていたりして、舞台の古本屋も神田辺りかもしれないと思った位。

でも田舎よりは都会、の雰囲気の一角の、やや訳あり風何気ない日常の断片、微妙な間で進む会話、「妻に・・」での、一人部屋にいる男と、出て行った妻の知り合い、という女からの電話での会話等は、一方的に言い分をまくしたてられ、途方に暮れるだけ、という顕著さだったけれど、

たとえ過去の経緯があり同じ空間で至近距離にいて、言葉を交わしてはいても、実際は噛み合ってない人間同士の心、というもどかさもある状況をシニカルに斬った、という後味が強かったけれど、噛み合わないからこその、その中和剤として、ふと現れる第三者や食べ物等、を通しての(形の上の)それなりの時間の共有、という場面も。

後で、これは最初と最後の段取り以外は俳優次第のアドリブ劇の実験ドラマだった、という記事を見かけ、短編の中で細かい共有点の伏線もないアドリブ劇、言葉は交わされてもぎこちない空気、は当然だったかもしれない、とも思ったけれど、

実際心が寄り添わなくてもある意味アドリブ的に、日常がそれなりに進んでいく、というサンプル劇のような感もして、直接の科白では実際の状況の多くを語らない面での、市川テイストの凝縮版、でもあるのだろうかとも。

印象的だったのは、最後の「作家と家族」で、作家が、妻と娘に、自分の小説が人気が出ないのは何故だと思うか?等と尋ね、そのエキセントリック、ではないけれど淡々とした中に癖のある作家役イッセー尾形、それに戸惑いながらの桃井かおりの妻の受けの空気、素朴な意見をこぼす娘清水真由、それに神経質に反応する作家、とか微妙にリアルな間、等。やや微妙な後味、この<哀愁編>もあり、こういう作品群もあったのだった。(http://www.aruaruvideo.com/detail/G97893.html■追悼・市川準監督■BU・SU(’87)大阪物語(’99)東京マリーゴールド(’01)トキワ荘の青春(’96)会社物語(’88)東京夜曲(’97)東京兄妹(’95)竜馬の妻とその夫と愛人(’02)病院で死ぬということ(’93)たどんとちくわ(’98)「buy a suit スーツを買う」あおげば尊し(’05)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/3

秋の北海道縦断!ローカル路線バス乗り継ぎ ふれあい旅  分類なし

先日「風のガーデン」に付け足した、北海道の路線バスで函館〜宗谷岬の旅番組録画、途中の岩見沢からの分を見終えた。おそらく前調べしてのヤラセ的ではないと思うけれど、行き着くターミナル毎に、3人が、北上する便があるか確かめながら、宿も飛び込みでの風まかせ的な旅。旭川辺りから、一旦日本海側ルートを探りながらも、行き止まりのようで変更してオホーツク海沿岸ルートにしたり、二転三転。

蛭子能収の言動が、ターミナル職員に問い合わせや2人との会話も、地名や時間等、やはりほとんどフィーリングだけ的天然ぶりでの和み感覚。こういう番組の旅女性にしては、やや大人的だけれど、伊藤かずえは賑やかしタイプというよりマイペースな物腰で、「BU・SU」の時は20才位、今は40過ぎなのだった。太川陽介もこういう番組にもよく出ているようだけれど、久方。

各地のターミナル近くでの食事も、ゴージャスではないけれどそこそこの値段で海の幸中心、海鮮丼や、北海道でそば、というのは余り聞かないけれど、名寄の店で太川陽介と伊藤かずえが食べていた「旬菜そばサラダ」というのが美味しそうではあった。旭川では待ち時間に、伊藤かずえが足のむくみにたまらず目についた看板のビルにマッサージに行って、時間ギリギリに駆けて来たりも。

以前2度の北海道旅で私は一番北部に行ったのはサロマ湖沿岸、道北というのは未踏、この番組も余り各地で観光、という趣ではなかったけれど、枝幸という所で3人が時間待ちの間、タクシーで10分程の三笠山展望閣という展望台に行って、そこのロビーからの、緑の平地から海へ続く眺めが、広々と絶景だった。

余り道北舞台の映画やドラマも浮かばないけれど、稚内映画で検索したら「稚内発学び座ソーランの歌が聞こえる」('98)という渡瀬恒彦、ガッツ石松、安達裕美等出ている作品があったのだった。歌ではやはりダ・カーポの「宗谷岬」が浮かぶ。ダ・カーポ、「結婚するって本当ですか」はシングルを買ったような覚え、思い浮かぶのはこの2曲位だけれど、結婚して夫婦デュオになっていて、今+娘の新ユニットで現役なのだった。

4日目夕方、ようやく宗谷岬到着、全行程970Km、乗り換え23回、交通費22、910円、だそうで、まあ宿や食事にそう贅沢しなかったら、体力はいるけれど現地で一人5万円程の旅なのかも。こういう先の見えないバス乗り継ぎ旅は、「深夜特急」等のイメージもあって規定ルート旅より面白い時も。北海道のテンポには合っている気もする。(http://www.tv-tokyo.co.jp/sat/backnumber/081004.htmlhttp://www10.ocn.ne.jp/~kankou/tenbouind.htm

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/2

追悼・これでいいのだ!!赤塚不二夫伝説  分類なし

昨夜一部録画一部オンタイムで見た、8月に他界した赤塚不二夫氏特集。再現ドラマ、漫画やアニメ作品、ゆかりの人々のインタビュー等での構成。

再現ドラマは「トキワ荘」にやって来た時から始まり、周りの漫画家、赤塚氏のギャグ漫画が認められるまでの苦労の日々等、市川作品「トキワ荘の青春」('96)と重なる流れ。今回のアパートの方が質素な建物、赤塚役水橋研二と「トキワ荘・・」での大森嘉之はややシャイそうな雰囲気が、似ていた気がしたけれど、

「トキワ荘・・」では、その他大勢の漫画家の一人の脇役。藤子不二雄や石森章太郎等にしても、こういう、ドラマも作りやすい、後の大スターでなく、あえて寺田ヒロオという温厚なまとめ役を主人公にしていたのも、市川作品らしさ、だろうかとも今回改めて思った。

当時、手塚治虫の影響でストーリー漫画主流、赤塚氏もギャグ漫画の個性を発揮出来ず少女漫画を描いていたり、石森のアシスタント的な立場をこなして、トキワ荘でもひっそりした存在だった、というのも、引けをとらない才能を持ちながら、身を切られるような辛さ、というのが、「トキワ荘・・」での赤塚よりも詳しく描かれていて、空腹で倒れた事も、等というくだりもあったけれど、

「トキワ荘・・」では登場しなかった母の上京、同居での二人三脚の様子。狭い部屋での同居は、煩わしい時もあって当然かと思うけれど、満州から引き上げて来て、妹を栄養失調で亡くしたり、生死の境の波乱を経てきた家族、という背景も、母の辛さを肌身で知る無言の絆となっていたようでも。

また、そういう苦難を見てきたからこそ、ギャグ漫画という発想が、というくだりもあり、独自のユーモアセンスは、ある種の幼少期の反動、とも。丁度満州時代回顧シーンから常盤貴子のナレーションが入ったけれど、常盤主演だった「赤い月」+なかにし礼の原作での当時満州の日本人の命からがらの脱出劇、を思い出した。

才能に加えて、人の良さ、単にそれだけでなく漫画への執念、という粘り、もあっての事とは思うけれど、腐らず石森を手伝ったりしていた事が、雑誌で空きが出来た時、石森が彼を推薦、という飛躍のチャンスに繋がった、というくだりが、

「トキワ荘・・」でも、石森が担当者に、「こういう所は赤塚の方が上手い」と推薦するシーンが印象的だったけれど、今回も、本来ライバルという意識を超えた、漫画に打ち込む者同士の人間味、が感じられたシーンだった。

そこから花開いていった個性、私は漫画よりアニメでの記憶で、数々の作品映像も懐かしく、番組中紹介あった、人気キャラクターベスト10は、

1、バカボンのパパ(天才バカボン)
2、アッコちゃん(ひみつのアッコちゃん)
3、ニャロメ(もーれつア太郎)
4、ウナギイヌ(天才バカボン)
5、おそ松くん(おそ松くん)
6、本官(天才バカボン)
7、イヤミ(おそ松くん)
8、ケムンパス(もーれつア太郎)
9、ハジメちゃん(天才バカボン)
10、レレレのおじさん(天才バカボン)

だったけれど、やはり一番インパクトは、他界時も挙げていた「ひみつのアッコちゃん」。軽やかなテーマ曲、再放送でだったか、余り具体的ストーリーは覚えてないけれど、「テクマクマヤコン・・」で様々に変身するファンタジックさが、何とも甘酸っぱく平和だった幼少時の郷愁。

その他覚えあるキャラクターもないものもあるけれど、泉麻人が、昔のお笑い番組は今見るとどうしてもリズム感が落ちているけれど、赤塚作品は落ちていない、と言っていたけれど、「天才バカボン」「もーれつア太郎」等、今垣間見ても余り古臭い、感がしない気も。

赤塚氏は映画好きでもあり、少年期映画の看板描きの見習いもしていたり、「モダンタイムス」が映ったけれど、チャップリンに心酔、そのコミカルさの影響や、6つ子の「おそ松くん」は、「1ダースなら安くなる」('50)という、11人子供のいる家庭を描いた作品がヒント、さすがに原稿用紙のコマに12人入らないので半分にしたのだった、等というエピソードも。

やはり具体的には覚えていないけれど、同じ服装でドタバタわいわいとした賑やさ、は今より家族の絆の密度があった、昭和ののどかな残り香、という気も。「シェーッ」ポーズのイヤミ氏はこの作品だったのだった。当時来日したジョン・レノンや、「怪獣大戦争」('65)のゴジラまで、このポーズをとっていたのだった。

私生活は、そのキャラクターもあってか交友も幅広く、山下洋輔、坂田明等音楽畑の人々や、美空ひばりと飲み友達だった、とか、タモリを見出し上京させたのがこの人で、タモリが自分は赤塚作品の一つ、等と述べていたけれど、フジオプロでのアシスタント達とのパチンコ鉄砲遊びや、ラフな雑談の中からアイデアが出たり、

アシスタントからメジャーになった漫画家も多く、「釣りバカ日誌」の北見けんいちや、ドラマには登場しなかったけれど、「土田よしこ」の名等も出て、懐かしいものが。

売れっ子故家庭生活は希薄だったようで、アシスタントだった元奥さんと結婚、娘さんも出来ながら離婚、そして創作意欲をなくした時代を支えた新たなアシスタント女性と、元奥さんがお膳立てしての再婚、両側に元・現妻と娘さんを従えての結婚会見も、何処か浮世離れ、憎めない純真さを残した人柄故、というのか。

10年来食道がんと闘ってきて、現奥さんが数年前病気で亡くなり、元奥さんも亡くなった3日後に他界、同時に両親を亡くし遺された娘りえ子さんの、そういう呆然とした状況でも、赤塚作品に笑ってしまい、生きなければ、と勇気付けられる、旨訥々と涙で語る姿が、華やかな赤塚伝説の裏側で、印象的だった。

再現ドラマは、「トキワ荘・・」のような、映像や音楽での詩情、カメラワークの意識、等は特に感じられなかったけれど、ある意味そのスピンオフ、とも言えそうで、郷愁+何処かナイーブ、柔らかく、したたかにパワフルだった伝説の人物像を垣間見た、という余韻の番組だった。(http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-292.htmlトキワ荘の青春(’96)−追悼・市川準監督ー

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/1

風のガーデン(’08)〜第4話ゲルニウム  日本

一昨夜放映の第4話録画で。白鳥(中井貴一)が札幌で、「よさこいソーラン祭り」に出て踊る娘ルイ(黒木メイサ)の姿を遠くから見て涙したりするけれど、会いは出来ず。この祭りは初耳だったけれど、毎年6月に行われ、雪まつりと並ぶ北海道イベント、だったのだと。このルーツは、と思っていたら「ソーラン節」は元々北海道の民謡だったのだった。

父娘を会わせようと仲介する女性はいて、双方と親しいようではあるけれど、訳ありのいきさつで長年離れている父が、今ホテルで待っているから、と当日いきなり言われても、子供ではないし複雑な思いの蓄積はあるし、別れるつもりの愛人との最後の待ち合わせ、の方を選んだのも、ある意味当然とは思うけれど、その後も「まだお父さんを許せないの?」「電話しなさい」等と機械的に畳掛けられても、と、どうも違和感あるシーンだった。

違和感、と言えば後半白鳥が二神(奥田瑛二)に、自分も同じ病だ、少し自分の方が時間はあるけれど、似たような段階、等と告げるのも、投げやりな病人を前に吐露したい心情、として判らないではないけれど、医師という立場としては、タブー領域では、とも思えて、

そもそも、仕事を出来る所までまっとうしたい、という覚悟も、プライドというか心情的には伝わるものはあるけれど、痛み止めの麻薬パッチを胸に張っての状況、院長に自分の病気を告げ一応辞表を渡し、危ないと思えばすぐ身を引く、麻薬の影響で自分の判断が崩れるかも知れない、危ない兆候が見られればすぐに通達を、等と言ってはいたけれど、

やはり患者と似た病状での医師としての勤務自体、また、それを許す病院というのも、個々の命を預けている患者側からしたら何だか、とか、フィクション前提ではあるけれど、連ドラも久方、というせいもあるかもしれないけれど、どうも引っかかったりした。

その病状を見破ったのは看護婦内山(伊藤蘭)だったけれど、白鳥の家に押しかけての談判に、どうも彼女とシンガー茜(平原綾香)の間で曖昧だったけれど、やはり内山との方がそれなりの経緯、しがらみもありながら、自分の病状もあってか距離を置いていて、茜とはその隙間での、気晴らしや癒し的なスタンスのような、と今回思ったりも。でも中井貴一は余り器用に立ち回る、というキャラクターには似合っていない感が。

白鳥が札幌の翌日富良野に出向き、一両の電車が止まる富良野駅、タクシーで走る平原は、「六郷を廻って・・」等と運転手に言っていて、六郷は「北の国から」舞台だった、とか、実際は10年程前ただ雪景色の頃美瑛の「拓真館」という写真ギャラリー等に行った思い出はあるけれど、主に「北の・・」での馴染みの久方の富良野の広がりある風景、

白鳥が「風のガーデン」も尋ね、そこで息子岳(神木君)を見かけ、とっさに身を潜めたり、というシーンもあり、前回はチェックし損ねたけれど、ガーデン全景は初めて、そう広大ではないけれど、丁寧に設計、手入れされた綺麗な小世界、という印象。

今回の花の中で、映ったのは一瞬だったけれど、すぐに散ってしまう、というオリエンタルポピーというオレンジの花の色が淡く鮮やかで目に残った。花言葉は「女の盛りは40過ぎからよ」らしいけれど、余り似合っていないようでも。他に祖父(緒形拳)の花言葉はゲラニウム「大天使ガブリエルの哀しい過ち」、ホワイトロビンが「アルツハイマーの冬将軍が忘れていった雪の結晶」等。緒形さんは先週見た「帽子」の頃の方が、やはり元気そうではあった、と1週置いて見て改めて。(http://wwwz.fujitv.co.jp/garden/index.htmlhttp://ja.wikipedia.org/wiki/YOSAKOI%E3%82%BD%風のガーデン(’08)〜第1話スノードロップ風のガーデン(’08)〜第2話エゾエンゴサク

北海道と言えば、1ヶ月程前の太川陽介、蛭子能収、伊藤かずえが路線バスで函館〜宗谷岬まで行くという珍道中旅番組「秋の北海道縦断!ローカル路線バス乗り継ぎ ふれあい旅」の途中からの録画の一部を、先日見たままだった。小樽で箱詰めで買っていた「ばくだん焼」というお好み焼きの一種、バス内で食べるには傍迷惑で、3人がターミナルで食べる頃は冷えていて美味しくはなさそうだったけれど、現地でも北海道展等でも見かけた覚えなく、実際どういう味だろうか、等と思った。伊藤かずえ、余り見かけないけれど、「BU・SU」で富田靖子の従姉妹の芸者役だったのだった。(http://www.tv-tokyo.co.jp/sat/backnumber)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ