2009/1/5

HERO(’07)  日本

一昨年公開、一昨夜放映を一部オンタイム一部録画で見た鈴木雅之監督作品。’01年放映の連続ドラマの劇場版。傷害致死事件を巡る巨大な陰謀劇に、主人公の検事、久利生公平(木村拓也)が立ち向かっていく物語。

ドラマ版は初回だけ見たのだったか、冒頭、久利生が通販のCMをテレビで見ていたり、玄関広間からそれぞれの検事の部屋へ、という事務所は記憶にあった。顔ぶれはキムタクと松たか子以外、余り覚えなかったけれど、検事役で阿部寛もいたり、「バブルでGO!・・」のような、余り肩が凝らないテンポ。

「武士の一分」以来のキムタクの、ラフな服装、正義感テイストの検事の、ややコミック的ヒーローぶり、が一時リフレッシュ感。ドラマ「ラブジェネレーション」以来の、事務官雨宮役の松たか子とのコンビも、「ラブジェネ」の時のように、保身でなくピュアな使命感で仕事に没頭するキムタクに、好意を寄せる松たか子、の感覚で、互いにツッパリながら、の応酬が、少し懐かしかった。

筋的には、大物議員花岡(タモリ)の贈収賄疑惑もみ消し工作で、その夜歯医者に行った、という偽アリバイを成立させるために、巻き込んだ歯医者のビルの警備員梅林(波岡一喜)が、同時刻、ビルにはいず、傷害致死事件を起こしていた、という因縁で絡み、それを久利生が少しずつ解していく流れ、だったけれど、

そういう大物からコナをかけられていて、それが同時に自分のアリバイにもなるのに、どうして梅林が、捕まった当初あっさり容疑を認めていたのか、それが、自分の罪悪感の後ろめたさからの供述だったとしたら、また何故法廷で、その証言を、強制されたからだった、と覆したのか、どうも不可思議さが。

また、その梅林が、その夜起こった、犯行現場近くの火事の現場にいた、という証拠が、その放火犯の携帯に写っていた写真で、それを、雨宮らが法廷に直接持ち込んで、梅林の弁護士蒲生(松本幸四郎)がそれを証拠として認める、というのも、漫画的、ではあったけれど、

そもそも携帯での写真が、確かに火事の赤っぽい映像ではあったけれど、その問題の場所での本人とも断定出来ないのに、等、大事な証拠の扱いにしては、何だか気にはなったりしたけれど、余りシリアスな深みというより、やはり勧善懲悪のヒーローもの、の後味だった。

梅林の処分した車を追って、久利生と雨宮の韓国シーンもあって、そこでイケメン検事、としてイ・ビョンボンの姿、DVDでの「夏物語」('06)以来、日本人俳優との絡みは初めてで、2人を取り持つキーとなった韓国語科白、もあったりした。

また、ドラマでのエピソードだったのか、今一つ成り行き不明だったけれど、久利生が過去に扱った事件の被疑者で親交あるらしい滝田役中井貴一が、たまたま先日の「風のガーデン」同様、人生を達観したような物腰の末期癌患者として登場したり、放火魔役古田新太、検事達行き付けらしい店のバーテンダー 田中要次ら、ユニーク個性。絡みは余りなかったけれど、松本・松の親子映画での共演は初かもしれない。

法廷劇としてキムタクVS松本の応酬も、緊迫した臨場感、というよりエンタメ的、ではあったけれど、脇役陣の顔ぶれが、ドラマでの常連+特別ゲストが混じっていたようで、社交ダンスシーンもあった小日向文世のいつもの緩い味、姉御肌的、阿部寛との不倫関係もさり気なく匂わしていた大塚寧々、らの周囲の検事達+花岡を追うエリート肌のニヒルな特捜検事黛役の香川照之、東京地検次席検事鍋島役の児島清ら、の存在感が渋く締めていた。(http://www.hero-movie.net/index.html夏物語(’06)武士の一分(’06)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ