2006/12/31

キリクと魔女2(’05)  ヨーロッパ

ミッシェル・オスロ監督作品。一昨年劇場で見た影絵のアニメ「プリンス&プリンセス」がファンタジックでとても良かったので、同監督の「キリクと魔女」も見て、先日DVDリリースのその続編。

アフリカの小さな村、魔女の企みもあり色々起きる問題を、前作同様、小さな裸のキリクが機転と大胆さで解決。その度に彼を讃えて村人が歌う、ユニークでエスニックな歌。花が咲き乱れる森等の、独特の素朴な色調での鮮やかさ。

大人の鑑賞にも耐えるアニメ、との触れ込みだけど、足が速い以外特殊能力を持たず、柔軟なアイデア、企みを見抜く勘、という素手の知恵で活躍する、日本のアニメの子供にはありにくいタイプのヒーローかも。母が年越しうどんを作って食べた。今年も終わり’07年が来る。「半島を出よ」は少しは進んだものの、年を越す事に。何にせよ1日1日、余分な事に心煩わせず笑顔で有意義に過したい。(http://dvd.sonicmart.jp/product/detail/ALBD-5393S.html「プリンス&プリンセス」

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ