2007/3/30

アトランティスのこころ(’01)  アメリカ

先週金曜深夜放映を録画のスコット・ヒックス監督作品。原作スティーブン・キング、初老の男の元に届いた幼なじみの訃報から始まる、少年時代の回想の物語。

母と暮らす家に下宿に来た得体の知れない老人との心の触れ合い、幼なじみの少女との淡い恋、遊園地や森のシーン等、世界がアトランティス(幻の王国)だった時代の無限の輝き、それが心に残る財産、として描かれた地味ながら珠玉作、の感触。「ヒマラヤ杉に降る雪」の映像の静謐さが重なるようでも。

アンソニー・ホプキンスの懐の深い老練さ、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」でも彼と共演、ヒロインの気持を汲み取るには合理主義的な姉役だったホープ・デイヴィスの、自分の事で手一杯的な母役が妙に似合い、各子役達も個性的。火曜夜「プロフェッショナル 宮崎駿の世界」、昨夜植木等さん追悼放映「日本一のホラ吹き男」を録画。(http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B0000C9VCV/503-1600039-8754324?SubscriptionId

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ