2006/4/16

故郷の香り(’03)  アジア

気になっていた「山の郵便配達」のフォ・ジェンチイ監督の中国作品。10年ぶりに故郷の田舎に戻ってきた青年と置き去りにしていた元恋人との再会、その夫、子供との出会い。

彼女が、当初避けていた自分に一途な思いを寄せる聾唖者の男性の妻に・・という揺らめき、自分も家庭を持ちつつ後ろめたさ、懐かしさの入り混じった感情で一家と接する彼。

前半のコンセプトは「木綿のハンカチーフ」的かもしれませんが、田園風景の素朴な美しさを背景に、戻らない青春の日々をフラッシュバックさせながら進み、決別と愛情、過去と現実の交錯する珠玉作。星3つ半、でしょうか。

聾唖者の夫役が、どうも似ている、と思ったら中国人俳優でなく香川照之。特典映像によると「山の・・」が日本で好評ということもあり、日本人俳優起用を考えていた監督から要望とのことで、中国語が不明の自分だからこそ適役だった旨コメントがありましたが、不器用、無骨な愛情表現が心に残りまさにはまり役、でした。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000A7KN1O/503-2712501-8139957ションヤンの酒屋(’02)(銀の街から/東京国際映画祭

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ