2006/4/29

ダンシング・ハバナ(’04)  その他

キューバ舞台のダンスものとのことで見たガイ・ファーランド監督作品。キューバに引っ越してきたヒロインが当地の青年と恋に落ち、パートナー同士として大会優勝を目指す。

時代は50年代、革命期の不安定なムードも漂わせながら、人々が広場で踊るオープンな雰囲気は「KYOKO」の一場面を思い出したり。高岡早紀のダンスはソロだけで、まあ「KYOKO2」などは製作されなくて良かったとは思いつつ、もし出来ていたらあのままキューバに住みこういう風に現地青年とダンスパートナーに・・という流れもあったかも。

ホールや眩い海岸で踊る二人のダイナミックさ、ダンスと共に彼に魅かれていくヒロイン、ロモーラ・ガライもチャーミング。青年が語る、元々キューバダンスは奴隷達の踊りで、踊っている時だけ自由を感じられた・・というルーツも印象に。

ちょっとラストは「ジェレミー」的切なさでしたが、久方に景気付けに「KYOKO」でも見て・・という気になった作品。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BONQLU/250-0026699-4853865

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ