2008/2/10

SONGS 忌野清志郎  音楽

先週の「SONGS」は忌野清志郎。特に好き嫌いはないけれど、学生時代、ファンの友人の付き合いでRCサクセションのコンサートに行き、「雨上がりの夜空に」等でのスタンディングでの盛り上がり、の覚え。一昨年喉頭がん発覚、療養生活に、というニュースは聞いたけれど、自転車等でのリハビリを経て祝・復活、のようで、ファンからの多くのメッセージも。

歌ったのは「雨上がり・・」「スローバラード」「毎日がブランニューディ」「誇り高く生きよう」「JUMP」。デビュー時のフォーク調の「ぼくの好きな先生」、派手なRC時代のステージでの「トランジスタ・ラジオ」、坂本龍一と組んだ過激な「い・け・な・いルージュマジック」等の映像も。

今回ナレーションは原田知世、4年前映画の仕事で一緒だった、というのは多分「サヨナラCOLOR」の主題歌の事で、激しいライブからは想像出来ない穏やかな素顔、と。俳優として見かけた最新「恋の門」の時も書いていたけれど、マイベスト忌野作品は井上陽水と共作、それぞれの哀愁の味の絶妙なミックス感の「帰れない二人」。RCではやはり「スローバラード」。

DVDもあるけれど「ハーフェズ・・」の時買った麻生久美子の本を読んでいる所、図書館で、未読の沢木作品「「愛」という言葉を口にできなかった二人のために」「無名」を検索で見かけて借り、前者は一昨年読んだ「世界は「使われなかった人生」であふれてる」に続く映画エッセイだった。再び長いタイトル。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ