2008/5/14

ミューズの晩餐 山崎ハコ  音楽

録画作品を見ようとしたら、たまたま土曜の「美の巨人・・」続きの「地球街道」「ミューズの晩餐」が残っていて、じっくり見たことはない番組だけれど「ミューズ・・」ゲストが山崎ハコ、ファンだった、という訳じゃないけれど、一時期、センター分けの長い髪、ギターを抱え独特の鋭い憂いムードのフォーク歌手、でインパクトあった人で、思わず見た。

テレビで話すのを見たのは多分初めて、当時の歌のイメージで、事務所等から暗いイメージに創られた、という部分も結構あった、と、演歌藤圭子のようでも。当時大学生のマドンナがユーミンなら、浪人生のマドンナが彼女、と、そういうスタンス、今見て、年もとったけれど、ラフに話す様子に、当時の射す様な視線、不機嫌そうなムード、はほとんど感じられず。

大分の田舎出身、音楽との出会いが兄の影響で、ベンチャーズ、クリーム、CCR、ツェッペリン等、一番衝撃はピンクフロイド、と意外にロックだった、事務所倒産等色々ありつつやはり歌い続けてきた、等の話。冒頭映画版「青春の門」主題歌だった、という「織江の歌」がバイオリンで流れ、歌ったのは「望郷」、アルバム「飛・び・ま・す」の中の覚えある曲。マイベストは「気分を変えて」だった。自分のソウルフードはカステラ、と。思いがけず、懐かしい伝説の人、だった。(http://www.tv-tokyo.co.jp/bansan/backnumber/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ