2008/5/25

シャンプー台のむこうに(’01)  ヨーロッパ

今年年頭に放映録画を見たパディ・ブレスナック監督作品。イギリスの片田舎の街で、ヘアドレッサー選手権が開かれることになり、それをきっかけに、地元の、崩壊していた美容師一家の絆が繋がれていくドラマ。

選手権での、常勝チームの不正騒ぎ等もありつつ、お洒落、ユニークなヘアスタイル、部門によってファッションショー的華やかさ、でもその裏側での、過去を引きずる人間ドラマ。主人公は息子ジョシュ・ハートネットだけれど、実質、病魔を隠して過ごすナターシャ・リチャードソン演じる母のようで、「上海の伯爵夫人」ヒロインだったのだったけれど、今回の微妙な心情の訳あり妻・母の方が似合っていた。

ヘアサロン、理髪店も舞台といえば「髪結いの亭主」等思い出すけれど、イギリス風、なのか黄色+ブルー色調デザインの店内、カリスマ理容師の娘が、羊を見分ける助けのために、1匹ずつ違うヘアカラーデザインで染めて、カラフルな群が走るシーン、あと選手権で、ナターシャが馴染みの入院中の盲目の老婆をモデルに連れて来て、マリー・アントワネット風ヘアに仕上げるシーン、等印象的。

やや珍しいヘアドレッサー世界+コメディ的軽妙さもありつつ、わだかまりの和解、腕はありながら挫折していたアラン・リックマンの夫の理容師の復活、絆の再生、等ハートウォーミングな後味だった。(http://www.amazon.co.jp/BLOW-DRY-%E3%82%B7%E3%83%

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/6/22  20:34

 

面白かったDVD舞台はイギリス田舎町で開催されることになったヘアドレッサーコンテストというなんだかへんてこなイベント(でも実際にこういうコンテストがあるらしい)と、ある家族の触れ合いを絡めた物語とにかくアラン・リックマンとナターシャ・リチャードソンの二人がすごく素敵昔は世界選手権三連覇を目指したほどのカリスマ美容師だったけど、今は田舎のしょぼい床屋さん=フィル(アラン)かつてフィルと夫婦だったものの、選手権前日に同性愛の相手のモデルと駆け落ちしてしまったシェリー(ナターシャ)彼女が末期がんに冒され、最後にもう一度家族の絆を取り戻しすために選手権に出たい、とフィル&ジョシュ父子に持ちかけ・・・・というストーリーコンテストで披露される豪華で奇抜なヘアスタイルの数々、キュートなレイチェル・リー・クック、やけに化粧栄えするビル・ナイ・・・と結構私のツボにはまりまくりだった中でも、ナターシャの笑顔が素敵だった大事な人に自分の病気を告げることができない、辛さを隠した笑顔コンテストで全力を尽くした後の笑顔その時その時の笑顔がどれも美しくて可愛くてじーん、としてしまったそしてそして、アラン・リックマンは何をやっても良く似合って最高にカッコよかったうんざりした顔、酔っ払ってシャドウカッティング(←こんな言葉ある?)する哀愁に満ちた顔、にやり笑い、コンテストでのキメのポーズ、そしてもちろん優しい笑顔、さらに踵のヒミツ・・・等等,思い出すと次から次へとキリがないくらいあ、そうだ、あの渋い"声"と綺麗な発音も良かったオープニングのクレジットでは、アラン・リックマンが最初に出てくるのに、日本での紹介はどれもジョシュ・ハートネットが主役扱いアラン好きの私としては納得できないのだけれど・・・・でも作品を観れば、アランがメインであることは一目瞭然なのでまぁ良いでしょう観終わった後はほんわかと優しい気持ちになれ、何度でも観てみたいと思ったナターシャの病気の今後がちょっと心配・・・・(2006/5/29 DVD)g,@ 

2008/5/26  17:39

 

BLOW DRY シャンプー台のむこうに◆プチレビュー◆イギリスの田舎っぽさがグッド。ジョシュのひょうひょうとした持ち味が生きた作品。
かつて美容師選手権で2度優勝を果たした父フィルと理髪店を営むブライアン。父子を捨てて駆け落ちした母親とは同じ街に住んでいるが10年... 

2008/5/26  17:37

 

自らの代表作に決着を付けるスタローンの異様な気迫がみなぎっている。タイで隠れるように暮らすランボーが、非道なミャンマー軍部との壮絶な戦いに挑む物語だ。R指定だけあって、凄惨な残虐場面は目を覆うほど。初代「ランボー」は傑作だが、続編を作れば作るほどおかしな.... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ