2008/6/27

ONCEダブリンの街角で(’06)  ヨーロッパ

先日新作DVDリリースのジョン・カーニー監督作品。ダブリンの街舞台、ふと出会ったストリート・ミュージシャンとピアノのたしなみあるチェコからの移民女性が、音楽を通して心を通わしていく物語。音楽題材、今回アカデミー賞のオリジナル歌曲賞でオスカー、等でも気になっていた作品。

アイルランド、と言えばいまだに「ライアンの娘」の海岸風景がインパクト、でもダブリンの街並みは、都会ではあっても余り派手さなく楚々としていて、建物の落ち着いた色合いがボストン等に似たムード、と思ったりも。全体の映像も、抑えたトーンの2人の各部屋のイエロー、バイクで出かけた海を見下ろす丘、CD録音明けの朝の海岸、等ラフであっさり気味。

街角で弾き語りする主人公の前に、ふと現れた女性、ミュージシャンとしての興味だった感だけれど、当初彼女の方が押し気味に接近、でもピアノと歌声の才覚も知って、歩み寄っていく様子。

一旗挙げにロンドンへ、というのが、日本では地方のミュージシャンが東京でメジャーを目指す、という感覚に当たるようだけれど、将来への夢に現状打破を目指す彼と、別居中の夫がいて、単発の仕事をしながら母と幼い娘と暮す彼女、という、世界の違いから、互いを背負う事は出来ず、微妙なタイミングの折はあっても、恋人関係にはならないプラトニックさ、音楽という媒介だけを通した関係、に留まるのがこの作品の淡く粋な、という後味も。

主演のグレン・ハンサードはアイルランドの「ザ・フレイムス」というロックバンドメンバー、相手役のマルケタ・イルグロヴァは以前からグレンの知り合いで、チェコのシンガーソングライター、監督したジョン・カーニーはグレンのバンドの元べーシスト、という音楽畑(出身)の素地が全編漂い、少しスカーレット・ヨハンソンを地味目にしたような風貌のマルケタの物腰も、さり気ない作品テイストに似合っていた印象。

グレンが歌う曲の数々は、ロック調はなく、アコースティックギターを抱え、失恋した相手への切々とした熱唱系ラブソング、という感じで、その元恋人のビデオ映像が流れるシーン等も、未練の想いが滲み出るようで切ないものが。

2人が楽器店で演奏、デュエット、ラスト〜エンドロールにかけても流れたバラード曲が、逆境から這い上がる(のを見守る)ようなニュアンス、とも感じる歌詞共に一番耳に残って印象的、これが受賞曲でもある「Falling Slowly」という曲だった。やはり先日の「迷子の警察・・」同様、大作ではなく派手さもないけれど、音楽と共にしみじみ余韻、の珠玉作だった。(http://www.amazon.co.jp/ONCE-%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%http://oncethemovie.jp/Falling Slowly

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/6/29  21:28

 

ONCE ダブリンの街角で(2006アイルランド)

原題   ONCE   
監督   ジョン・カーニー   
脚本   ジョン・カーニー      
撮影   ティム・フレミング                          
出演   グレン・ハンサード マルケタ・イルグロヴァ
      ヒュー・ウォルシュ ゲリー・ヘンドリック
      アラスター・フォーリー ゲオフ・ミノゲ

サンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞受賞

人はなぜ歌うのか?こんなシンプルな問いかけにさりげなく答えてくれそうな映画が『ONCE ダブリンの街角で』。
主演はアイルランドの人気バンド“the frames”のボーカル、グレン・ハンサードとチェコのシンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァ。監督も91〜93年にかけて3年間ザ・フレイムスのベーシストとして活動した経歴を持つジョン・カーニー。よってまさに髪の先から爪の先まで音楽映画といえる仕上がり。登場人物の感情はすべて歌の中で表現されており、ミュージシャンは自分の心から湧き上がってくるものがあったときに曲をつくって歌うという、アーティストの根源的な生理を感じることができる作品だ。   

2008/6/29  17:00

 


ONCE、たった一度の大切な出会い。ある日、ある時、ダブリンの街角で・・・。
男と女は、恋か友情か、心を通じる相手を見つけた。男は穴の空いたギターを抱え、街角に立つストリート・ミュージシャン。
ギターを片手にダブリンの街頭に立つ男の歌を褒める女。
&nbs... 

2008/6/28  21:51

 

ONCE ダブリンの街角で デラックス版ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る
男(グレン・ハンサード)はギターで毎日のように街角に立ち、歌を歌うストリート・ミュージシャン。
そんな男の前に現われ、あれやこれやと話しかける花売りの若い女(マルケタ・イルグロヴァ)。
彼女はチェコからの移民で、楽しみは楽器店でピアノを弾かせてもらうこと。彼女のピアノに
心動かされた男は、一緒にセッションしてみないかと持ちかける。やがて、一緒に演奏することで
喜びを実感し絆を深めていく2人だったが・・・。



これは噂にたがわず、楽曲が良かった!
切ない・・・でも、最高に素敵な歌ばかりでした。
これはもうサントラ買うしかないでしょ、って感じ。

ダブリンの街、道、建物、そして音楽が、すべてピッタリ合っていて
いろいろなものが、心にすーっと染み渡る感じがしました。
もう忘れかけてたけど(^^;;) 「ザ・コミットメンツ」でもグレン・ハンサードは
ギターを持って路上に立ってましたよね〜・・・。あれからもう何年も
経ってますが、あ〜この人にはこういうのがすごく似合う・・と思いました。

もう一人の主演マルケタ・イルグロヴァもミュージシャン・・というか
シンガーソングライターだそうですが、初めて彼女を見たし、曲も初めて
聞きました。主演2人ともミュージシャンってことで、役者さんじゃないので
この2人の音楽が全て、というような映画でもありました。
台詞よりも多弁に語る音楽・・でした。

ストーリー展開に劇的なものがあるわけじゃなかったですが
ゆったりと、でもちゃんと情熱もある、という物語で
グレン・ハンサードの父親の言葉にもぐっとくるものがあったし
なんかこう胸がキューンとなるシーンがたくさんありました。
それにこの男女2人が節度のある恋心を秘めてたのに、
すごく好感が持てました。あ〜、こういうのもいいわ〜〜〜と。


スタジオ録音する場面があるんですが、そこでの楽曲も勿論最高に
良かったですが、スタジオエンジニアをやってた彼が素敵だったなぁ^^

悲しい状況も二人ともあるんですが、自らのその状況を
これからポジティブに考えていくよ、夢を捨ててないよ、というメッセージも
あって、希望が見える作品でもありました。

この映画で聞こえてくる音楽全てが、主人公2人の感情を
代弁してくれ 

2008/6/28  19:02

 

ONCE ダブリンの街角で デラックス版地味ながら秀作の音楽映画の舞台は、アイルランドのダブリン。自作の歌を歌うストリート・ミュージシャンがチェコ移民の女性と出会い、一緒に演奏することになる。主演二人はプロのミュージシャン。さりげないが魅力的な音楽といい、男と.... 

2008/6/28  14:41

 


 『ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ 人生でたった一度、心が通じる相手に出会えたら…ストリートから始まるラブストーリー』
 コチラの「once ダブリンの街角で」は、音楽を通したたった一度の出逢いを描いた11/3公開となったアイルランド映画なのですが、観て来ち... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ