2008/8/15

明日への遺言(’08)  日本

先日新作DVDリリースの小泉堯史監督作品。原作は大岡昇平の「ながい旅」、第2次大戦後、B級戦犯裁判を戦い抜いた、岡田中将の姿を描いたヒューマンドラマ。蒼井優出演とのことでも気になった作品。

冒頭、民衆攻撃への憤りの象徴としてかピカソの「ゲルニカ」から、モノクロでの実際の空襲、被害者の映像、解説+字幕入りでドキュメンタリータッチで始まり、ほとんどが法廷劇。藤田まこと演じる岡田中将という人物の、感情を抑えた答弁、戦時中、無差別攻撃への憤りを秘めて、自分の立場で処断した米軍兵処刑への自負と覚悟。

ヤマ場、というには静かなシーンではあったけれど、裁判での有利不利を顧みず、その処刑は報復、ではなく処罰だった、と毅然と繰り返した姿が、この人が心身に積み重ねてきた覆しようのない経緯の結晶、である感が。

今日丁度終戦日だけれど、そういう壮絶さは、実際戦争の修羅場を経験していない、自分含めた世代にとっては、黒木作品の「静かな反戦映画」のように、今回主人公の激情を秘めてはいても静かな物腰、でもあるし、余計に実感するのは困難、でも部下の責任を自分で一手に背負おうとする姿は、利己的な幹部の醜態も珍しくないドライな現代人が失くしつつある美点、に思えた。

また、本望である、として「ふるさと」の歌が流れ、青い月明かりの中静かに歩むラストは、時代の波に翻弄されながらも、自らの信念を貫いた誇り、という意味では悲劇の中のある種の崇高さ。

戦時中という混沌の無法ゾーンゆえ、国際法等の遵守がされていたかどうかの判断も不可能な中、敗戦国兵士ゆえ晒される戦犯裁判、という性質自体、当事者には心身共に過酷なもの、とは改めて、ではあるけれど、

法廷シーン自体は、ロバート・レッサー演じる真摯な弁護人、フレッド・マックイーンの検察側のアメリカ人の応酬含め、近年見た「それでもボクはやってない」「ゆれる」等での邦画のシーン、のどうも揚げ足取り的、陰湿な描写に比べれば”フェア”で、作品自体、性質は違っても小泉作品「雨あがる」「博士の愛した数式」等にも通じるような、不器用なまでの誠実さ、という余韻は残った。

また法廷内に、岡田中将の孫の赤子含めて身内が訪れ、中将を見守る空気、戦犯裁判、という響きにはそぐわない温かなアットホームさが流れたのも、やや違和感がしたりもしたけれど、一時緊張がほぐれ和んだシーンで小泉作品らしいという感も。

蒼井優は戦争ものは「男たちの大和・・」以来だったけれど、今回は序盤に証人として攻撃を受けた状況を、気丈に答弁する短い出演シーン、どちらかと言えば、その後の証人の、田中好子の切々と被害を語る姿の情感、の方が残るものがあった。妻役の富司純子は、傍で中将を見守り続ける確かな絆を静かに表現。今回女性陣は背景的に、戦争に傷を負ったり愛する者を失う受身の姿だけ。地味ではあるけれど、やはり戦った、戦わざるを得なかった兵士達の信念と悲哀の硬派物語だった。(http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%81%B8%E3%81%AE%「博士の愛した数式」)

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/8/20  16:12

 


愛する人へ遺したいものがある。誇りや品格を見失った現代にこそ観て欲しい__。
心揺さぶる「愛」と「絆」――感動の実話。
1945年、東條英機元首相らA級戦犯が東京裁判で裁かれる中、横浜地方裁判所では、無差別爆撃を実行した米軍機の搭乗員を処刑した責任を問われ.... 

2008/8/20  1:11

 

人気ブログランキングの順位は?


第二次世界大戦後
米軍搭乗員処刑の罪で
東海軍司令長官・岡田資(たすく)中将は
戦犯裁判にかけられる


愛する人へ、遺したいものがある






 

2008/8/19  19:54

 

☆私は、『硫黄島からの手紙』を見終えたとき、あのようなふんだんな資金で作った戦争大作洋画に対し、邦画の戦争を語る作品が勝つには「戦争法廷物」しかないと語っていたものだ。

すると、この『明日への遺言』と言う、かなりの傑作が生まれた。

もっとも、東京裁判での東條英機を描いた『プライド』と言う作品が、私の念頭にあったのかもしれない。

『明日への遺言』は傑作ゆえに、その完成度は高く、私が語る余地は少ない。

     #     #     #     #

アメリカの大物量の骨太なテーマの戦争物に勝てるのは、ローコストでまかなえ、脚本力を駆使できる法廷物であり、その私の考える概念は、この『明日への遺言』と言う作品内での、岡田資中将の「法戦」と言う考え方と重なる。

物語について詳しく語るつもりはなく、ただ、「観に行けや!」と思うのだが、「法戦」について説明したく、ちょっと内容を語る。

・・・日本は戦争に負けた。

敗者は勝者に裁かれる。

東京裁判には、もはや、道理は存在しなかった・・・。

しかし、その「敵」だらけの法廷に、道理を復活させようとしたのが岡田資の「法による戦い」だった。

民主主義における裁判は名ばかりで、弁護人も連合軍側(アメリカ人?)、検察も連合軍側(アメリカ人?)、裁判官グループも連合軍側(アメリカ人?)だった。

だが、弁護人は、アメリカ人ながら、道理を通す人物だった。

岡田中将も、自分の思うところを法廷で語ることが出来た。

確かに、岡田司令官の受け持った東海方面軍は、日本全土を無差別爆撃せし米軍機から脱出してきたアメリカ兵を、略式審理の末、死刑に処した。

その段においての、東海方面軍の行為を裁く法廷が舞台となっている。

弁護人は、そもそも、米軍の行為が、無差別爆撃を禁じるハーグ条約に反する国際法違反だ、との線で、岡田との「共闘」を進めていた。

それだからこそ、その捕らえられた米軍機からの捕虜を、切迫した戦時下の情勢の中、死刑に処すという判断を下すことになった、と。

また、各所の法廷から、似たような事例の裁判(石垣島ケース)は、全て、軍関係当事者ほとんどが死刑判決を受けたことを知り、岡田は、自分の周囲の若者の前途を憂い、全責任を自分に引きつけようとした。

ここで、多くの観客は、「ああ、何て立派な人だ」と泣くのだろうが、私は、そ 

2008/8/19  3:38

 

「高潔」の在りかた。

『明日への遺言』
2007年・日本・110分
監督・脚本:小泉堯史
プロデューサー:永井正夫
プロデュース:原正人
原作N.. 

2008/8/18  22:28

 

第二次世界大戦後、撃墜された米軍爆撃機の搭乗員の処刑の罪を問われ、BC級戦犯容疑で起訴された東海軍司令官岡田資中将の法廷闘争の実話を描いた映画です。岡田中将は、この法廷闘争を自ら「法戦」と名づけて戦いました。

この映画まで、岡田資中将の事は全く知りませんでした。非常に興味深いのは、岡田中将は、数多くの日本の戦犯裁判において、米軍による都市爆撃を国際戦時法規で違法とされている無差別爆撃であると立証したほぼ唯一存在であるという事。このことは、岡田中将を裁く法廷を指揮したラップ裁判委員長が、公正に裁判を指揮したと言うこともあるかもしれませんが、岡田中将の「全ての責任は、自分にある」と言う「法戦」を戦う姿勢も影響しているのかもしれません。

実話、しかも裁判を描いた映画なので、場面がほとんど法廷で代わり映えせず、始めのうちはちょっと退屈な印象を与えますが、物語が進み、岡田中将の成し遂げようとした事が明らかになるにつれ、ちょっとした感動を覚えるとともに、物語に引き込まれていました。終わってみれば、「え、もう終わり」と言うくらい、時間が短く感じました。

大岡昇平の「ながい旅」が原作なのですが、驚くほど原作に従っています。原作本に出てきたセリフがそのまま、映画中で語られるほど。これには、ちょっとビックリ。また、最後の、岡田中将への判決言い渡しの場面では、MPではなく、第一騎兵師団の部隊記章を付けた兵士が付き添うんですが、これって、正しいのでしょうか?(後日追記:法務将校の人手不足のため、兵科の将校・下士官も裁判に借り出されたことはある模様。ただし、映画のように法廷警備まで実施したかは不明)

竹野内豊がナレーションを務めています。ただ、ちょっとどうかなぁと言う感じです。何故だか、時々、涙で声を詰まらしたような感じに聞こえ(そんなことは、無いはずですが)、違和感を覚えました。

いまこの時期に、何故この映画なのか?と思いましたが、「品格」を問われることの多い今だからこそ、この映画なのかもしれません。奇しくも、 イージス護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」衝突し沈没した事故がありましたが、これこそ、その指揮官の品格を問われる出来事。防衛省・自衛隊の幹部に、ぜひ見てもらいたい映画です。

内容が内容だけに、お年寄りが多かったですね。

タイトル 明日への遺言
日本公開年 2008年
製 

2008/8/17  23:57

 

『ビー・ムービー』の試写会で予告を見て、予告だけで号泣してしまった『明日への遺言』の試写会に行ってきました。岡田資(たすく)中将の戦犯裁判〜処刑までの実話の映画化です。 

2008/8/17  18:52

 

明日への遺言 特別版戦争を扱うが誇り高い法廷映画として鑑賞してほしい作品だ。戦争終結後、戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の静かな決意が美しい。部下の罪を全て引き受けつつ、米軍の違法無差別攻撃を法的に追求する姿は冷静で知的だ。藤田まことの... 

2008/8/17  13:50

 

第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。敗戦直後の混乱の中で自身の責任と信念を貫き通した岡田中将を、ベテラン藤田まことが熱演する。軍人の夫を愛情深く見守る妻に富司純子がふんするほか、西村雅彦、蒼井優ら多彩な顔ぶれが共演し、ナレーションを竹野内豊が担当していることでも話題。[もっと詳しく]

商業作品としては困難なテーマに、小泉監督はよく挑んでくれた。

岡田資中将を重厚に演じている現在から見れば、ちょっと想像し難いものがあるが、僕が小学校の時は、藤田まことは「てなもんや三度笠」(62年〜)のコメディアンであった。
白木みのると財津一郎とのトリオで、決めのシーンになると前田製菓がスポンサーであったことから「あたりまえだのクラッカー」と、ミエを切るのである。
牧歌的ないい時代でもあったかもしれない。
その後は、役者としては少し不遇な時代が続くのだが、73年に突然のように「必殺仕置人」の中村主水役で大ブレークすることになる。
勤務中は「昼行灯」といわれ周囲からは半ば馬鹿にされる存在であり、家でも母や嫁に頭があがらない。しかし、ほんとうの姿は、極悪人相手に恨みを晴らす、仕事請負人の頭である。
嫌な上司をやり過し、もう「強い父親」像を仮構する事も出来ずに、「けれど俺だって」というサラリーマンの気持ちを鷲掴みにしたのであろう。



80年代はちょっと違うことで、騒がれることになる。
妻が事業に失敗し、40億の負債を背負うことになったのだ。
しかし、彼の人柄といおうか、債権者が一生懸命、返済のための仕事の世話をしてくれた、というような逸話も残っている。
その後も、「はぐれ刑事」のシリーズなど、人情豊かな演技で、ドラマに欠かせない役者となっている。
そして、今回の「明日への遺言」では、藤田まことの集大成とでも呼べる、内面的で重厚な演技をみせている。
岡田資中将役は、思い浮かべれば他にも何人かの候補になりうる役者は存在するのだが、結果として藤田まことしかいなかったじゃないか、と思わせるほどのはまり役であった。



小泉堯史監督は、黒澤組に入り実に28年間、黒澤監督の呼吸を、近くに感じてきた。
だか 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ