2008/8/26

俺たちフィギュアスケーター(’07)  アメリカ

昨年公開のウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン監督作品。ライバル同士のフィギュアスケート選手が、男同士でペアを組んでの奮闘ぶりを描くコメディ。公開時余り気にならなかったけれど、少し前に見た「スキージャンプ・ペア」の類似で目に付き、先日続いて見た作品。

こちらは「スキー・・」とは違い、物理的には可能だけれど、一応男役ワイルドなウィル・フェレル+女役優雅な演技のジョン・へダーの、やや奇妙でダイナミックな異質ペア。ジョンは「バス男」での飄々とした印象が残っていて、ウィルは「奥さまは魔女」でニコールの相手役だったのだった。今回少しジャック・ブラックのような破天荒ぶり。

犬猿の仲だった2人の対照的キャラクターが、乱闘で追放され、競技に出るため歩み寄りながらのラフな友情、練習、それにウィル・アーネットとエイミー・ポーラー夫婦が演じる悪役兄妹ペアの陰謀、その妹役ジェンナ・フィッシャーとジョンの波乱気味の恋、等も絡んで、漫画的展開ではあるけれど、最後までテンポ的にはそうだれず見られた。

フィギュアは以前割と観戦が好きな方、最近余り詳しく見ていないけれど、やや前の時代、という感もしつつ実在の選手名もちらほら科白の中に出て、一時話題だったトーニャ・ハーディング関係者によるナンシー・ケリガン襲撃事件、等も持ち出され、ウィルに口説かれるシーンに少し登場のケリガンが、似ている、と思ったら、本人が出演していたのだった。

その他、ウィルの女性武勇伝の思い出で刺青の印と共に得意げに、オクサナ・バイウル、ミッシェル・クワン等の名を出していたのも、妙に可笑しかった。オクサナは多分オリンピックで、いつも練習で失敗するジャンプが本番だけ成功、と解説者が言っていて、全身で喜んでいた姿が印象的、それはちょっと検索したらリメハンメルのようで、ケリガン襲撃事件等もその頃だったのだった。

特典映像で、2人はジョンがローラースケート経験があった程度、特訓したようで、出演者達がワイヤーに吊るされながら、の撮影風景もあったけれど、やはりハイライトはラストの演技、悪役兄妹ペアのJ.F.ケネディとマリリン・モンロー役の曰くありげな演技もあったけれど、ウィルの忍者のような氷上への登場、男同士ならではのスケート靴が火花を散らしながらの荒技、策略でのケガにもめげず、フィギュア版ワイヤーアクションというのか、空中回転の大技アイアン・ロータス。何だかファンタジー的なラストシーン。

同じ非現実的ペアでも「スキー・・」とはテイストが違い、実写だし生身の奮闘、波乱もあるラフな青春もの、という感だけれど、やはりバカバカしくも真剣な2人のペアぶり、がちょっと和みで見ものの作品だった。(http://www.amazon.co.jp/%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%83%95%E3%82%http://oretachi.gyao.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/1/8  20:17

 

あらすじマイケルズとマッケルロイはアメリカ・フィギュア男子シングル部門でのライバル同士。マッチョでロックスターのように振舞う男性的なマイケルズに対し、マッケルロイは繊細で女性的と演技も対照的だ。二人は大会で共に1位になるがその表彰式で乱闘を始めてしまい... 

2008/9/3  22:06

 

人気ブログランキングの順位は?


史上初!
男子フィギュアペア?






 

2008/9/1  1:09

 


フィギュアスケートという氷上の芸術世界で巻き起こす男二人の大騒動!
すがすがしいほどのおバカに拍手喝采!・・・ただいま大ブーム中のフィギュアスケートといえば、氷の上の芸術。が、男同士のペアで、ウィル・フェレルとジョン・ヘダーという最高の組み合わせで描く... 

2008/8/30  16:24

 

俺たちフィギュアスケーター スペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る
アメリカ男子フィギュア・スケート界の2大スター、チャズ・マイケル・マイケルズ(ウィル・フェレル)と
ジミー・マッケルロイ(ジョン・ヘダー)。野性的な魅力で女性ファンを虜にするチャズ、正統派の
天才スケーター、ジミー。激しいライバル心を燃やす2人は、同点一位となった世界選手権の
表彰台で大乱闘を繰り広げ、金メダル剥奪、永久追放。それから3年半後、かつての栄光は
過去のものとなり、みじめな日々を送る2人。そんな彼らに再びスポットライトを浴びるチャンスが
訪れる。それは、ルールの盲点を突き2人でコンビを組み、前代未聞の男子ペアとしてペア競技に
出場するというものだった・・・。


しょっぱなの2人のスケートの演技からして笑わせてもらったけど
もうくっだらないギャグ満載でした〜。特に一番最初のジミーの演技が
ひゃぁ〜、これはすごい!可愛いわ、と素晴らしい演出にニコニコ^^
思ったよりも大笑いは出来なかったけど、うまく作ってあるなぁと感心♪

今回はなぜかジョン・ヘダーがものすごく素敵に見えて驚いちゃいました(^^ゞ
あんなに素敵だったっけ??と(笑) ブロンド似合うなぁ、とも思いました。
んで、片やチャズの方は、この体型じゃフィギュアは到底無理でしょって
時点から可笑しかったけど、フィジカルな(?)ジョークにも笑わせていただきました〜。
徐々にウィル・フェレルが大丈夫になってきてる私(^^ゞ
今回さらに彼が出ててもOKでした・・というよりだんだん好きになってきました(^^ゞ
そうそう、特典映像でいってましたが、9kgこの役作りのために
太ったとか。かなりおふざけ満載の特典映像だったので、ほんとかな〜?と
思ったけど、実際太ってました(^^ゞ

ジョン・ヘダーが日本語話したり、邪悪な(?)双子さんたちも
強烈なキャラで実生活ではあの2人は夫婦なんだ〜!とか、
えぇっ!こんなところに!とサーシャ・コーエンが出てたし
(将来女優になりたい、とおっしゃってるようなのでそのためか?!)、
言葉でだけでだったけど、ミシェル・クワンは、よくあんなこと言われて
文句言わなかったもんだなぁ(^^;;) とか、かつてのメダリスト
スコット・ハミルトンも出てたし、いろいろビックリも用意されてました 

2008/8/30  0:46

 

'07.11.29 『俺たちフィギュアスケーター』@九段会館

見たかったコレ! 最近ズッシリ重めの作品が続いたので、久々に何も考えなくてもいいバカ映画で一休み。全米ではかなり前に公開されていたからSHOWBIZ COUNTDOWNの全米ランキングなどで知ってたけど、ホントにバカ(... 

2008/8/28  20:40

 

俺たちフィギュアスケーター スペシャル・エディション男子フィギュアのペアという暑苦しいアイデアだけで勝ったも同然だ。下ネタ満載で、品位のかけらもないおバカなコメディなので、良識派には勧めない。だが、日頃エラそうにコ難しい映画評をブッている輩(注:筆者含む)... 

2008/8/28  12:18

 



監督:ウィル・スペック 、ジョシュ・ゴードン
CAST:ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー 他

アメリカ代表でとても人気のあるフィギ... 

2008/8/28  12:06

 

□作品オフィシャルサイト 「俺たちフィギュアスケーター」□監督 ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン □脚本 ジェフ・コックス、クレイグ・コックス、ジョン・オルトシューラー、デイヴ・クリンスキー□キャスト ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー、ウィル・アーネット、エイミー・ポーラー、ウィリアム・フィクトナー、ジェンナ・フィッシャー、クレイグ・T・ネルソン、スコット・ハミルトン、ナンシー・ケリガン、ブライアン・ボイタノ、ドロシー・ハミル、ペギー・フレミング、サーシャ・コーエン
■鑑賞日 1月27日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 男同士のペアがいたっていいじゃんか〜
 いや〜、久しぶりに脇の下に汗をかきかき、腸煮えくり返るくらい笑った映画だ ちょっと古いけど、マイク・マイヤーズ主演の『オースティン・パワーズ』シリーズ以来かも笑ったかも(笑)
 ストーリーはいたってシンプルなものの、二人のライバル同士で風貌も性格もまるで間逆の二人だが、フィギュアスケートのシングルでの実力は甲乙つけがたい。 しかしながら二人はそのフィギアスケートのシングルの世界から追放されてしまう。 行き場を失った二人にしばらくして新たな光が射しこむ。 それはフィギアスケートのスケート規約の盲点とも言える、なんと男同士のペアだった
 この設定だけでも、強面でマッチョなマイケルズ(ウィル・フェレル)と、なんだか王子様風味のナルシストのマッケルロイ(ジョン・ヘダー)のペアだから想像はつくし、期待は大きくなる。 互いに最初はいがみ合ってばかりいるわけだが、そこはシングルで甲乙つけがたいくらいの優れた二人、ひたすら練習を繰り返していく中でスケーターとしての火が燃え始める。 その言葉のやり取りがマシンガンのように続き、優勝間違いないペアもあれこれ二人の邪魔をし、最終兵器には妹まで使って二人の邪魔に入る。
 練習の過程では、マネキンの首をガンガン飛ばして大笑いだったが、ともかく展開が早くて息つく暇もなく笑わせてくれる。 おそらく言語はもっとキタナイ男言葉が全開だったんだろうけど、英語がわからない分、そこは損をしたかな(笑)
 それにしてもウィル・フェレル演じるマイケルズのフルネームはチャズ・マイケル・マイケルズ。 通称チャズ(CHAZZ)。 僕のHNがcy 

2008/8/28  11:10

 


 『たとえ何が起こっても、氷の上では華麗に舞うぜっ!それが俺たちの生きる道!?』
 コチラの「俺たちフィギュアスケーター」は、日本での公開時にも結構話題になっていたフィギュア男子ペアが大活躍する爆笑コメディです。いやぁ〜、季節はずれにも程がある!まぁい.... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ