2008/12/11

岩崎宏美/Mr.Children  音楽・映画

先日の「みゅーじん」は岩崎宏美、特に好き嫌いない人。昨年阿久悠氏訃報の際、特番で見かけて以来。今年でデビュー34年、今50才だと。歌っていたのは、「思秋期」「聖母たちのララバイ」「シンデレラ・ハネムーン」「ロマンス」「すみれ色の涙」「万華鏡」等。

一時期商社マンと結婚、確かイギリスに住み芸能界から遠ざかっていて、その後離婚、というのは聞いた。19才と16才の息子がいて、一緒に暮らしている訳ではなさそうだけれど、今回コンサートを見に来ていて、初めて自分の歌っている姿を見せられた、と感涙のシーンも。

阿久悠氏特番の時も、同氏の詞が、自分の気持ちを判ってくれているような、と語っていたけれど、今回も、普段サバサバしているので、歌っている時だけは「私は女性なんだな」という気持ちなれる、歌っている時が一番幸せ、等とコメント。女優業等もほとんどなく、歌手一筋のようで。

7年前歌いすぎでポリープを患い手術、その後のどには人一倍気を使っている、と、楽屋に様々なケア用品があったり、週1回手術をした医師の所でチェックしたり、という様子。何処となく少女期の芯の強そうな風貌から、そのまま年を重ねて大人になった感で、気さくそうな物腰、コンサートスタッフから誕生日に歌のプレゼントされたり、等というシーンも。同期でまだ現役で歌っているのは、やはりバツイチになった森昌子位だろうか。

マイベストはやはり阿久+筒美作品の「ロマンス」、他のアイドルと性質の違った伸びやかな歌唱力、ルックスにそう華があった訳ではないけれど、健気なオカッパ頭での熱唱だった。今回「すみれ色・・」「聖母たちの・・」「思秋期」等も一部だったけれど、改めて名曲、と。

一部オンタイム、一部録画だったけれど丁度「最後の戦犯」を見た後で、主人公が追い詰められたシビアな内容の後、「聖母たちの・・」等特に、傷口を包み込む様な少し安らぎ、のような感触だった。そう言えば火曜サスペンス劇場とかのテーマ曲だった覚え。

近年フィルハーモニーと共演、「見上げてごらん夜の星を」を歌っていたり、やはりオーケストラをバックに妹岩崎良美と共演、「夢で逢えたら」を一緒に歌うシーンも。妹良美の方も姿は久方、「赤と黒」はインパクト、作詞なかにし礼だったのだった。「タッチ」テーマ曲もあったのだった。(http://www.tv-tokyo.co.jp/m-jin/onair/081207.htmlプレミアム10 ありがとう阿久悠さんく

また一昨夜「SONGS」はMr.Children、歌ったのは「HANABI」「エソラ」「GIFT」「少年」。「GIFT」は北京五輪のテーマソング、で前に特番で聞いた。「少年」はドラマ版「バッテリー」のテーマ曲だと。

大分前、結構ファンの女子高生がいたけれど特に思い入れのないグループ、割愛しようかと思ったけれど、先日の「私は貝になりたい」テーマ曲(「花の匂い」)担当だったので。やはり劇中の音楽が久石譲だった、という方が強く、エンドロールの曲自体は、そう作品の後味とマッチ、という感触もなく、余り印象残ってなかった。改めて少しYou tubeで聞いてみて、あの作品の最後を締める曲としては、もう少し抑えたボーカルのさり気ない曲だった方が、と思ったりもした。昨夜「風のガーデン 第10話」録画。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html私は貝になりたい

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ