2005/6/20

ビートキッズ(’05) AOLメッセージボードスレッド  日本

「ビートキッズ」

大阪府 スレッドマスター:Autumnroom 投稿日時 2005/6/20 2:55
アクセス数:3 更新日時 2005/6/20 2:58

塩屋俊監督の「ビートキッズ」(←関連サイトです)、ガキっぽい感じもしつつ、気になるので見てきましたがまあ思ったより満足。レビューサイトでも意外と高評価のようでした。

「スイングガールズ」のやや荒削りな難波編・ブラバン+ロックバージョンというか・・天才的音楽センスを持つカリスマ女子高生相武紗季(彼女がCMしてる関係でしょうが、鑑賞記念・・とかで”ビオレさらさらパウダーシート”もらいました)にお尻を叩かれ、ドラムスに目覚めていく少年を軸に展開。

インディーズからデビューしたHUNGRYDAYSというバンドの4名が、演奏力を買われて抜擢され体当たりの演技・・主人公の森口君は、訥々とした感じでしたが、岸和田のだんじり祭りの太鼓名手の破天荒な父豊川悦司(も少し新鮮)、優しい母余貴美子らベテラン相手にそれなりの存在感で、勝気な相武嬢とのバランスも良かった気が。ロマンス手前のほのかな雰囲気が瑞々しかった。

「69」でも見られた理解ある教師&超独断的教師に中村雅敏&渡辺いっけい・・後者に泡を吹かせたブラバン大会での演奏はもう一度見たい!気も。

少しブラバン話→ロックバンド話でポイント定まらない感もありましたが、「スイング・・」(のようにヒットするには地味かも知れませんが)楽しめた方ならそれなりに味わえるのではないでしょうか。

(☆感想、投稿でもメールでも結構です。後者で返事不要・こちらへ書いた方がいい場合その旨コメント下さい。)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ