2008/10/24

ハムーンとダーリャ(’08)  イラン

昨日東京国際映画祭で、気になっていたイラン作品を見てきた。公開情報は見かけないので一応ここに。全席指定、インターネット予約で大まかに前方ブロックを選び、割り当てだったのが前から2列目中央、通常視力の関係もあって大体5列目中央辺りに座るけれど、今回先日の「buy a suit・・」の時より広い会場、大き目スクリーンで、やや前すぎな感、でも席の変更が出来るか聞きにロビーに降りるのも億劫で、結局その席で。ティーチインの時は間近で見られて良かった。

ある村の少年ハムーンと少女ダーリャの仄かな恋、いとこ同士らしかったけれど、少女の兄がその恋を嫌悪、頑として認めず、少年との接触に激怒され、せっかんされたり、というのも伝統的なイラン女性の不自由さ、が感じられ、やや遠くで楽器を弾く少年に、光のシグナルを送った小さな鏡、が無残にも、踏み潰されてしまった様が、この恋の困難な行く末の暗示のようでも。

少年の老婆と暮らす家の貧しさが、周囲の反対の原因のようでもあったけれど、少年がドタール、という琵琶のような楽器の弾き手であるのも一因のようで、兄とその仲間に暴行されたりの苦境、叔父の村に出稼ぎに行くことに。

前半、その村での、バラ水を作る元になる、ピンクのバラの花がついた木々や花弁の山、冒頭、少女が摘んで密かに少年に渡そうとする赤い果実、また、絨毯の元になる、色とりどりに染められた紐の束が風になびく様子、少女が母と織る複雑な模様の絨毯等は、「風の絨毯」('02)を思い出したり、女性達のまとう様々な色・柄のブルガと共に、エスニックな色彩の潤い。

紹介画面のバラの花弁の籠を抱えた少女は、ダーリャでなく、その村で少年に恋心を抱き、花占いなどしていたものの、少年の心はダーリャにあるので、報われない少女の方、だった。

後半、ダーリャが不治の病に冒され、占い師だか予言師だか、の老婆の、遠くの湖の黒い魚を生きたまま食べさせれば治る、という忠告に、少年や兄と仲間達が、徒歩やらくだで険しい道のりの旅に出る辺りから、寓話というか、おとぎ話色が強くなっていき、

途中サソリ、蛇、盗賊に出くわしながらの旅、荒涼とした砂漠のチャコール、少年や兄達の白いターバンや質素な身なりでの、索漠とした映像が続き、結局少年と兄だけが残り、兄が渇きから、苦労して手に入れた魚を入れた水まで飲んでしまうのに対して、これは彼女の命だ、と頑として自分の魚は守ろうとする少年の姿に、兄も心情的についに彼を認めた、と思うけれど、

娘も無事回復、でも少年は、結局自分は理解されず陰口を言われるだけ、と村を去っていく、というラスト。これにはやや違和感もあったけれど、ティーチインで最後に質問した女性が、原作もあると聞き、寓話によくあるようにハッピーエンドでないけれど、あえてこの結末にしたのは?と尋ね、エブラヒム・フルゼシュ監督は、「原作はハッピーエンドだったけれど、この少年はもっと戦わなければならない、と思い、この結末にした」、との答えだった。

また、何点か尋ねた人の質問の中に、音楽をする少年、という芸術家と周囲の摩擦、という意味があるのか?というようなニュアンスの問いもあり、その答えは、他の質問への答えと混じって、「7つの海の冒険の話のように、7つの試練を一つ一つ解決していく話を想定した」、のような内容で、通訳を通しての表現の難しさもあるのか、やや曖昧だったけれど、

それは私も引っかかった所で、少年のドタールが兄一味に壊され焼かれてしまったシーンが、音楽をする芸術的な純粋さ、と周囲との摩擦の象徴、にも思えた。

主演の少年役のメヘラン・ゴルモハンマドザーデ君も、フルゼシュ監督と共にティーチインに登場、撮影当時16才、今17才らしく、スクリーンでよりも長身の感がしたけれど、目元すっきりの楚々とした少年で、折にはにかむような笑顔、司会の女性によると、舞台裏でも、お水はどうですか、等と女性に気を使う優しさが、と。

フルゼシュ監督が冒頭、キアロスタミ監督やジャリリ監督の名を挙げ、イラン作品のリアリズムに則って、今回も舞台のアフガンとの国境の町で、メヘラン君を見初めて起用、ミュージシャンでもあるそうで、全くの素人、というのではないかもしれないけれど、少なくとも演技は初めてのようだった。

今回の来日が初の海外体験で、渋谷に行ったそうで、感想を聞かれ、美しい街で、全く違う世界に来たと思った、等とコメント。イラン映画の俳優を直に見たのは4年程前のイラン映画祭のシンポジウムで、「ふたりのミナ」の主演女優ファタメ・モタメダリア位で、少年は初めてだったけれど、

スクリーンでの質素な民族衣装で後半土や砂にもまみれたり、の姿から、目の前のV字首のTシャツとズボン姿、髪型もオールバック風に整えて、の姿に、見る側も、異次元から空間移動してきた、というような気も。8才から歌を歌い、今回ドタールも自分で演奏した、と。

監督によると、彼が撮影が進むにつれて成長していき、実は相手役の少女に少し本気で恋していたので、病気を心配するシーン等は真剣だった、等のエピソードも。そう言えば「風の絨毯」の少年も、相手役の柳生美結に恋してしまい、文通していた等と聞いた覚え。後日談は聞かないけれど。

イラン人監督を直に見たのも、3年前東京フィルメックスでトークイベントでのジャリリ、ナデリ両監督位で、フルゼシュ監督は淡い口ひげがあり、穏やかそうな物腰ながら、毅然とした眼光というか、眼差しの人、という印象。日本では余り知られていないけれど、海外では寡作ながら評価されているベテラン、とのことで。

作品について、純粋さが真の愛情を生むと思うし、エロティックなシーンは入れないようにした、とのコメントだったけれど、多くを語り合わない(環境的に語り合えない)故の、余分な混じりもののない純愛の印象、でもあり、イスラムという文化風土の背景、もあって、純粋さと周囲との摩擦、それを超えるための苦難、という皮肉、とまでいかなくても、ある生き方をする人生の戦い、の象徴のようでもあり、

寓話的で筋的に最新劇場で見たイラン映画、ジャリリ作品「ハーフェズ ペルシャの詩」と重なるような部分もあったけれど、イラン版ロミオとジュリエット、との呼び声にしては何だか抽象的だった「ハーフェズ・・」よりは、こちらの方がそういう感もあって、

前半のイラン風物のカラフルな映像美+音楽や果実で気持ちを伝えあったり、いざとなったら相手のため危険を顧みない邪心のカケラもない恋心、巷の駆け引き劇には辟易、だと新鮮さも、という味わいのエスニックおとぎ話、という余韻だった。

アジアの風部門でイランの「少女ライダー」('07)もあったけれど、都合も厳しく、まあこの「ハムーン・・」の方が興味あって見られて良かった。昨日の映画祭デイリーニュース新聞の、コンペ部門の5新聞のジャーナリストによる星取表では、上映あった6作品中、「アンナと過ごした4日間」が一番星が多く、「コトバのない冬」「がんばればいいこともある」と続いていた。「がんばれば・・」は「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」の監督作だったのだった。デイリーニュース新聞はバックナンバー在庫切れの初日18日分以外は持ち帰った。(http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=9http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works105ハーフェズ ペルシャの詩http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/28

オフサイド・ガールズ(’06)  イラン

先日新作DVDリリースのジャファル・パナヒ監督作品。気になった久方の新作イラン作品。ワールドカップ出場がかかったイランVSバーレーンの試合を見に行った、サッカーファン少女達のドラマ。

イランでは、女性の男性スポーツのスタジアム観戦が法律で禁じられている、という背景、それでも大事な試合を自分の目で見たい、と、顔にイラン国旗ペイント、男装等でやってきた少女達。

「サッカー映画」のドラマ、を期待しての見事な”肩透かし”、はやはり久々にイラン風味、という所で、サッカー絡みと言えばキアロスタミ監督の「トラベラー」も、少年がサッカー観戦に行くものの、サッカーシーンは皆無、それでもそれなりの舞台裏の心理ドラマ、の感覚に似た所も。

少女達をスタジアムで拘留する若い兵士達が、単純に法律で、というだけでなく、男の口汚なさが飛び交う場に少女を晒す、という事態を避ける、という義務感のようなものも抱いているのは、やはりお国柄、というか。少女達の彼らに対する気後れはなく、友情、とまでいかなくとも、彼らの背景に同情心が生まれ、サッカー観戦よりそれを重視、というのもさり気ないドラマだったりも。

前に見たパナヒ作品「チャドルと生きる」('00)は、シリアスにイラン女性の不当な扱いを描いて、国内で上映禁止の問題作、だったけれど、今回は、やはり性差の壁にブロックされながら、漏れてくる試合状況に一喜一憂、ボーイッシュ、ナイーブ、性格は色々でも(一人薬師丸ひろ子似の面差し)生き生きと好きなものを楽しむ姿。思えば少女のチャドル姿はほとんどなかった、珍しいイラン青春作品、だった。(http://www.espace-sarou.co.jp/offside/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/9

私が女になった日(’00)  イラン

久方にネットレンタルTSUTAYA DISCASでイラン作品新作が出ており、マフマルバフ監督夫人のマルズィエ・メシュキニ初監督作品。3話のオムニバスで、舞台はペルシャ湾に浮かぶキシュ島。半年程前に見た「一票のラブレター」という作品の舞台でもあったリゾート地の美しい島。

1話目の、9才の誕生日に慣習的にチャドルを与えられ男友達と遊べなくなる少女。正午までの残りの時間を惜しみ、海辺で遊び、少年とアメを交互に舐めあったりする性別に無意識な姿が他愛なく切ないものが。

最も印象的な2話目、見晴らしのいい海岸沿いの道を、他のチャドルをまとった女性達に混じってひたすらしがらみを振り払うかのように自転車をこぎ続けるヒロイン。馬で追いかける夫、親族ら。そういうシーンが延々続く変わり種ロードムービー、というか。風を受けて膨らむチャドル姿で明るい海を背景に疾走する姿は、結構視覚的インパクトが残った映像。

3話目、飛行機で島に降り立ち子供らを従え家財道具を買いまくり、浜辺に並べる老女。その眺めは圧巻のファンタジックさ。指に巻いた数々の紐で買うべき品物を確認、でも最後の1つが思い出せず。

イラン女性の自由を求める姿が比喩的に表現されている作品で、ラストの老女の旅立ちを見守る大人びた表情のチャドル姿の1話目の少女の眼差しに、船出への憧れが込められているかも。3話目等はモノや情報が溢れ、真に必要な物を見失う風潮への批判・皮肉でもあるようで、とにかく現実+ファンタジーが織り交じった、久し振りの、枠にはまらないイラン作品の不思議・自由感覚。(http://www.gaga.ne.jp/became_womenlhttp://www.ryokojin.co.jp/tabicine/backnumber/TheDayIBecameAWoman.html一票のラブレター(’01)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/25

パンと植木鉢(’96)  イラン

モフセン・マフマルバフ作品ですが、何気なく眺めていたレンタル店の洋画のコーナーに紛れていたビデオを発見。

かつて監督が少年時代、イラン革命の煽りである警官を刺す事件を起こし、その警官が有名監督になった彼を訪ねて映画に出して欲しいと直訴、その昔話を映画化することに・・という、やはり何とも言えない、どこからどこまでが事実なのか、フィクションなのか境目が曖昧。

実際自分の身に起きた出来事の忠実な再現のようでもあり、うまく作られた話のようでもあり。やはり根本的に、これで1本の作品が・・という虚を突かれたような後味。前にも、ある男がマフマルバフ監督になりすます話「クローズアップ」もありましたが。

撮影が進んでいく過程で、その警官が当時思いを寄せていた女性についての真実が判明して動揺・・というようなからくりもあり、珍しいイランの雪景色(初めてかと)も見られた、久方のイラン風味作ではありました。(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00006HBRC/250-6984854-0407431?v=glance&n=561958

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/3

ダンス・オブ・ダスト(’98)  イラン

アボルファズル・ジャリリ監督の”幻の傑作”らしいですが、これもまあ独特、芸術的、というか・・「少年と砂漠のカフェ」同様、舞台は荒涼とした砂漠。監督の意向により字幕はついておらず、そこでの人々の地道な暮らしぶりが淡々と描かれる。

レンガ造りにいそしむ少年に向けられた、季節労働者の少女の笑顔から始まる2人の言葉のない感情の共有。無言の交流というと「あの夏、いちばん静かな海」を思い出しますが、言葉などなくても通じる理想の世界。ただ自己表現・主張目的で言葉を発するだけの人とはいくら言葉のやりとりをしても無駄・・言葉の氾濫で交流した気になっているだけ。またそういう言葉に抗ったり傷つくのも無駄。科白自体も少なく、少年や人々の表わす哀・楽の感情が、砂漠の地の風の中で息づく。

退屈、と思えば途方もなく退屈な作品なのでしょうが、反面、映像詩が散りばめられていた作品のようで、とりあえず返却までに再度見てみることに。

でもこれがネットレンタルで新たに見つけた最後のイラン作品で、TSUTAYADISCAS以外も覗いたものの見当たらず・・当面、こういうエスニック方面的には他の中近東の国の作品になりそうな。(http://www.bitters.co.jp/dance/index.html少年と砂漠のカフェ(’01)トゥルー・ストーリー(’96)ぼくは歩いてゆく(’98)「ハーフェズ ペルシャの詩」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/23

トゥルー・ストーリー(’96)  イラン

アボルファズル・ジャリリ監督作品。改めて型にはまらないイラン映画の醍醐味・・というか、以前キアロスタミ監督の、イラン地震の後自分の映画に出てくれた子供達が心配で見に行く様子をドキュメンタリーにした「そして人生はつづく」も、これで1本の作品に!という何でもあり的な感慨でしたが・・

ある作品用に素人の少年を探していた監督の目に止まった、パン屋で働くサマド少年。父はなく母、兄弟と別れて暮らし親戚宅を転々・・15歳にして11の職歴の苦労人でおまけに足に放置すると危険な古傷が。

そこで予定の作品を変更して、少年を援助、その治療、手術までをドキュメンタリー作品に、という人道的行為をそのまま商業作品に、という悩んだ末の監督の決断。再生場面もあるようですが、境は曖昧。その過程で、医師の撮影拒絶等困難もそのままフィルムに、というある意味電波少年的大胆さも。

これもネットレンタル作品で、前半は正直、また地味な作品・・とあまり乗れなかったものの、少年が監督やスタッフ達に心を開いて変化していく表情、大人びた影の合間に見せる笑顔が(やらせではないと思いますが)この作品の”心”だったかも。終わってみると規定外の面白み+温か味で悪くない後味。(http://www.bitters.co.jp/true-spring/true/kaisetu1.html少年と砂漠のカフェ(’01)ぼくは歩いていく(’98)ダンス・オブ・ダスト(’98)「ハーフェズ ペルシャの詩」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/9

スプリング 春へ(’85)  イラン

アボルファズル・ジャリリ監督の長編2作目。これも戦禍の中、慣れない森で過す一人の少年の日常を描いたドキュメンタリー風の抑えたトーンの作品。

イラン・イラク戦争最中故郷を離れ、森で老人と2人で過す少年(声が少女のような柔らかさ)。老人は穏やかな人柄ながら、少年の心細さ、不安、恐怖の体験等が、心象風景としてイラン北部カスピ海近くの冬の森の森閑とした風景や夜の闇に溶け出し表現されているようでした。

戦況の朗報と共に、ついに少年に春も近付き・・というニュアンスのラスト。
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=10026005少年と砂漠のカフェ(’01)ダンス・オブ・ダスト(’98)トゥルー・ストーリー(’96)「ハーフェズ ペルシャの詩」))

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/30

ぼくは歩いてゆく(’98)  イラン

アボルファズル・ジャリリ監督作品。検閲が厳しいイランでは、児童映画は比較的パスしやすいようですが、同監督の作品はなかなか検閲を通らず、同作品も上映禁止だとか。

同監督の「少年と砂漠のカフェ」でも、国境のカフェで働くアフガン難民の少年の日常を描いてましたが、確かにこの作品も、両親が麻薬中毒で出生届けを出さなかったので、戸籍も身分証も持たず、板金工場や絨毯工場等で色んな仕事をし、勉強できる日を願って自分にできる範囲の行動する実名もファルハードという9才の少年の、シビアな半ドキュメンタリー的作品。

演技がたどたどしい気もしましたが、途中から創作というより”ドキュメンタリー”として見ていると、この一見地味な少年の、規則や都合を言い立てる大人達にたどたどしく対応しながら、一歩一歩前向きに歩む姿勢がいとおしい感覚も。ラストに何かに向かって見せていた笑顔が印象的。

イランの現実的な子供のハードな日常を描きつつ、憐憫ではなく力強い(図太い)姿に視点を当てている・・これも、メジャーなイランのほのぼのした児童映画とは別の側面でしょうか。(http://posren.livedoor.com/detail-2172.html少年と砂漠のカフェ(’01)スプリング 春へ(’85)ダンス・オブ・ダスト(’98)トゥルー・ストーリー(’96)「ハーフェズ ペルシャの詩」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/23

一票のラブレター(’01)  イラン

イランの次世代を担うとして注目らしいババク・パヤミ監督作品。イラン映画で海を見たのは多分初めてで、舞台はペルシャ湾に浮かぶキシュ島。

そこへボートでやってきた選挙管理委員だという若い女性と、彼女の補佐をする羽目になった警備兵が、何もない素朴な島を、ジープで巡りながら様々な人々に投票を呼びかける、変り種ロードムービーというか。

美人ではないですがハキハキしたジャーナリズム専攻だという女性、たまたま仕事探しに来ていて島で見初められたという朴訥な男性+島の人々、という例によって素人キャストも味わいが。

なかなか選挙の意義を理解しない一筋縄でいかない島民達相手に、奮闘する彼女+渋々付き合う一本気そうな彼のミスマッチな道中ですが、彼が最後に投じた一票は・・

というある意味純愛ストーリーでもありつつ、潮風、美しい空と海、冒頭の選挙の知らせの箱がパラシュートで舞い落ちる様子は「カンダハール」の一場面のようでもあり(元々マフマルバフ監督の短編がヒントの話のようですが)、ゆったりテンポの珠玉作。(http://www.crest-inter.co.jp/secret_ballot/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/12

少年と砂漠のカフェ(’01)  イラン

オフィス北野も製作に参加していたらしく、イラン・日本合作のアボルファズル・ジャリリ監督作品。アフガンとの国境の町で老夫婦が営むカフェを手伝うアフガン難民の少年が主人公。

これまでもアフガン難民少年少女は「少女の髪留め」等いくつかイラン作品で見かけましたが、この少年は役柄と同じキャインという名の実際のアフガン難民の羊飼いの少年で、なかなか将来の精悍さを思わす風貌で、監督が見初めて起用、9・11あたり以降消息は不明とのことですが。

ストーリー的には特に山もなく、ですが、周辺は殺風景な砂漠、本来のカフェというより違法労働者や麻薬取引の怪しげな場で、あちこち走り回り健気に働く少年。彼と関わる大人達の中、ごくたまに見せる優しい笑顔に切なさが。

クルド人の子供達のハードな日常を描いた「亀も空を飛ぶ」の監督が「私達クルド人は生まれたとたん大人として生きなければならない・・」と述べてましたが、それは現状アフガン人も同様でしょうし、他にも様々な紛争地域の人々が。とりあえず子供が子供でいられる、つくづく日本はやはり平和な国。(http://www.bitters.co.jp/cafe/ぼくは歩いてゆく(’98)スプリング 春へ(’85)ダンス・オブ・ダスト(’98)トゥルー・ストーリー(’96)「ハーフェズ ペルシャの詩」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/4

サイレンス(’98)  イラン

引き続き、モフセン・マフマルバフ監督のイラン=仏=タジキスタン合作。目の不自由な少年が、家計を助けるため楽器の調律の仕事をしますがクビになるようで・・あまりストーリー的には動きがないようですが、タジキスタンで撮影されたらしく、やはり「ギャべ」同様民族衣装等の色彩豊かな作品。

何故かバックミュージックは「運命」で、少年が、研ぎ澄まされた感覚で、外部の音の世界を想像してイマジネーションを広げていく映像はユニーク。やはり”見えないからこそ感じられる豊かな世界”も、というのは「太陽は、ぼくの瞳」でも描かれていた世界。(http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=162434サイクリスト(’89)ギャべ(’96)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/2/26

ギャべ(’96)  イラン

モフセン・マフマルバフ監督のイラン・フランス合作。ギャべとは絨毯のことらしく、「サイクリスト」とはうって変わって色彩美溢れる作品。

ストーリーは今一つ不明解でしたが、1枚の絨毯を澄み切った水の小川で洗う、という作業をモチーフに、老夫婦とギャべという名の恋・家の事情に悩む少女が時空を越えてコンタクトをとっていたようで。

絨毯の素材になる色とりどりの毛糸や、その元の草原、空、海、太陽等の自然の色彩美。同監督の「カンダハール」で砂漠を行く人々の色とりどりのブルガ(大型スカーフ)の鮮やかさを思い出すような、癒し系映像。

「太陽は僕の瞳」以来、イランという国の持つ自然美を味わえた作品です。(http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=161129サイレンス(’98)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/2/19

サイクリスト(’89)  イラン

モフセン・マフマルバフ監督作品。アフガン難民の男が、妻の入院費のため一週間自転車に乗り続ければ賞金がもらえる・・という賭けに乗る、という話。小さな円の軌道上でひたすら自転車をこぎ続ける彼をカメラが追い、広角レンズも用いて、見物人や周りの露店を写しだす、そういう作品。

何でも「全てのイラン人が見た」作品!だそうですが、広角レンズでの周囲の映像や自転車に乗り込み父を気遣う少年、混沌とした街の様子等、男性の心理も含め小さい世界に凝縮された趣ある作品なんでしょうが・・取り付かれたように自転車をこぎ続ける映像の連続が、見ていて辛いものがある作品でした。今まで鑑賞中、最も地味なイラン作品、かもしれません。

確かに近年、特に身内の不幸があって以降、”いたずらに人が死に、それを娯楽的に捉える”類のアクション系作品はメンタル的にどこか軋む気がして無意識に敬遠するようになってしまいましたが、その時々の心理にもよるのでしょうが、こういう風にとことんシンプルにある試練の状況の連続を描く(そういう点もイラン映画の味かとは思いますが)ものも、何だかな・・と。(http://www.asianfilms.co.jp/page/cyclist.htmサイレンス(’98)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/2/12

バダック砂漠の少年(’92)  イラン

マジッド・マジディ監督のデビュー作ビデオ発見。”バダック”とは国境沿いで商品を運ぶ運び手のことで、父が事故で亡くなり、パキスタンから禁制品を密輸する悪徳商人の元へ送られた兄が、危ない橋を渡りながらパキスタンに売り飛ばされた妹を探す・・という、今まで見た彼の作品にしてはシビアな内容でしたが、そもそも兄妹愛が「運動靴と・・」の原型、と言われればなるほど。

国境で密輸品を運ぶ子供達、というのはサミラ・マフマルバフの「ブラックボードー背負う人ー」にも登場しましたが、検閲に通りやすいため子供がよく登場のイラン作品、ほのぼのタッチのものもありつつ、大人子供関係なく日々の暮らしが危険と背中合わせのシビアな現状の中、力強く、というか図太く生き抜いていく姿を描いた重めの後味のものもあり、そういう1本。(http://posren.livedoor.com/detail-2731.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ