2009/1/21

ヤンヤン 夏の想い出(’00)  アジア

台湾・日本合作のエドワード・ヤン監督作品。台北に暮らす祖母、両親、姉とヤンヤン少年、その一家に起こる様々な出来事を描いた作品。タイトルから、少年のひと夏、的な流れかと思ったら、特にヤンヤン(ジョナサン・チャン)が中心とか、その子供目線で追う、という訳ではなく、折に何か象徴的な言葉を大人に投げかけたりはするけれど、登場人物の一人、というスタンスだった。

叔父のやや波乱の結婚式、に始まり、祖母が脳卒中で倒れ寝たきりになり、マンションらしき瀟洒な住まい、でも、少しずつ見えない歯車が狂っていくかのような一家。母(エレン・ジン)が新興宗教に走って家から去り、父(ウー・ニエンジェン)は恋人との再会に心が揺れ、姉(ケリー・リー)は隣の少女と恋人との関係に巻き込まれ、

そういう中、ヤンヤンは、手にしたカメラで、人の後姿ばかりを写し、訝しがる大人に、(後姿は)自分では見えないでしょ、と言い放ったりするような多感というか、マセた所もあるけれど、基本的にそういう大人の世界とは無縁、学校で見かけた少女に、仄かな思いを抱いたりする様子。

長編で、中盤見ている分にもやや中弛みしてしまったけれど、後半割と引き入れられ、ややクセのあるゲーム業界の日本人ビジネスマン役でイッセー尾形が出ていたけれど、その仕事絡みで、父と元恋人が来日、日本舞台のシーンがあり、

電車に乗ったり、寺の石畳を歩いたり、海辺の街でのホテルで、昔の因縁が噴出、思いが絡み合いはするけれど、よりを戻したり、ということはなく、黙って別れていく部分、最新見た台湾関連作の日本舞台は「珈琲時光」('04)だったけれど、何だかそれよりも瑞々しい余韻、ではあった。

それと、姉の思春期の恋模様、おそらく彼女の純真さに一時傾いていた相手から、心無く吐き捨てられた言葉に、内心激しく傷つき一人泣いていた時、昏睡中のはずの祖母が、部屋で笑顔で座っていて、小さな折鶴を渡し、少女の頭を膝に載せてそっと撫で、無言で慰めていた姿。実際はその夜息を引き取ってしまっていたけれど、少女の手元に折鶴は残っていたり、唯一ファンタジー的な部分だったけれど、印象に残ったシーンだった。

台北のこざっぱりした街の、映像はきれいで、3組の大人や若者の緩やかな三角関係模様+少年、という、少しイメージ内容とは違ったけれど、ある一家の、それぞれ互いには見えない姿を追った、小群像劇、という感じもした作品だった。(http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%89%http://www.omega.co.jp/movie/yanyan/index.html珈琲時光

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/3

長江哀歌(’06)  アジア

日本では一昨年公開のジャ・ジャンクー監督作品。長江の三峡ダム建設で水没する運命の古都奉節が舞台、16年前自分の元を去った妻子を探しに来た炭鉱夫、同じ山西省から、2年間音信不通の夫に会いに来た女、の姿を追ったヒューマンドラマ。

主演の2人が接することはなく、炭鉱夫ハン・サンミン(俳優名も同じ)のストーリーの間に、女シェン・ホン(チャオ・タオ)のエピソードが挟まれる、という構成、男は終盤ようやく会えた妻と、やり直したいと願い、女は夫に別れを告げる、という対照的な展開。

当地の、くすんだ色の長江や対岸、解体が進む建物、瓦礫の山、半裸の労働者達の汗臭さ漂うような狭い部屋等、モノトーン的な背景。そこでの、事務所の具合が良くないパソコンや、彼らが持つ携帯、また、近くの街のビルのトイレの、手の温風乾燥機、等現代的なものが、妙に浮いている気がした。北京五輪や都会の華やかさに対して、こういう土地もまた中国、という一面も。

そういう近代化の波の中の人間模様、売春宿的な場所も見られたけれど、元々サンミンの妻もお金で買われ、その兄とも探索に来た時が初対面、という縁故の薄さ、また、携帯等を使ってはいるけれど、なかなか離れた土地で働いている妻とは連絡がとれず、解体の仕事をしながら機会を待つことになったり、またシェン・ホンの方も、最後に夫から携帯に連絡があったのは2年前、というやや想像しにくい距離感のギャップ。

それでも、相手また娘への想いに突き動かされて、長江を渡って会いに来て、男は金銭絡みの困難はあっても、妻との未来を描き、女は、夫に別の女性の影、も察知しつつ、相手との距離に、新たな相手が出来た、という嘘の気配りもしつつ、封をした形。多くを語る訳ではないけれど、切なくもそれぞれの月日や絆へのケジメのつけ方、というドラマだった。折々のハイトーンの女性の流行歌、半裸の労働者の搾り出し叩きつけるように歌う余興ライブ、等もスパイスだった。

折々に、右下に煙草、酒、茶、飴といった文字が出て、部分テーマ的というか、そういうものを、労働者仲間や親族と共有しながら流れていく日常生活の描写の中、明け方、シェン・ホンの背後で、当地の下部が細い奇妙な建物が、突如火を吹いて飛び上がり、これまで地道に現実的展開だったので、あれは実はロケットで、そういう基地でもあったのだろうか?とやや違和感あったけれど、

特典映像で、ジャンクー監督が、あれは、工事が中断した奇異な建物だけれど、この地域は余りに急激に開発が進み、それについていけないと、人は非現実な感覚になってしまう、という象徴でロケットにした、という意味合いだったようで、本編では気付かなかったけれど、シェン・ホン登場の時、眺めている空に、よく見ると小さくUFOが飛んでいたりしたのも、同様だった、と。

ラストシーンでも、サンミンが見上げる空に小さな人が歩いていて、高さ的にビルからの綱渡りにしても、綱も見えないし、やや奇妙な感だったけれど、これもそういう含みもあるのかもしれない。

同監督作品では2年前DVDで「世界」を見て、これも思えば世界の各地建物を縮小したテーマパーク、という幻想空間の中の、生の人間模様の物語、ではあったけれど、やはりこのロケットシーンは、シュールな味なのかもしれないけれど、地道な流れの中、どうも浮いている後味がした。

一番印象的だったのは、全体に殺風景な景色のトーンの中、シェン・ホンが夫と別れた後一人、長江クルーズで緑豊かな両岸の間、上海に向かう、そこだけ色彩潤いあったシーン。元々中国文化の重要な土地で、風景画や詩の舞台でもあるらしいけれど、そういう歴史の面影があって、幾ら近代化の波が色々なものを侵食しても、人が人を様々に思う心は変わらない、というような余韻があった。昨夜「タビうた」録画。(http://www.amazon.co.jp/%E9%95%B7%E6%B1%9F%E5%93%80%E6%AD%8Chttp://www.bitters.co.jp/choukou/世界(’04)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/27

私のちいさなピアニスト(’06)  アジア

先日新作DVDリリースのクォン・ヒョンジン監督作品。これもクラシック、ピアノ作品、ソウル郊外に小さなピアノ教室を開いたヒロインと、天才的素質を持つ少年が出会い、触れ合いを描く物語。

一流ピアニスト路線からはずれた教師と、粗野な祖母と暮す少年。身元も引き受け、紆余曲折しながらのレッスン。まあお伽話的、途中冗長な感もあったけれど、「トロイメライ」の旋律等バックに、ピアノを通して、落ちこぼれ的な2人が、互いを必要としながら過ごす日々が、微笑ましかった。邦画だと甘くなりそうな所、環境による分かれ道や、突き放す部分等、ある種シビアさも。

少年役の子は、本人がかなり上手く弾いている、と思ったら、コンクール優賞歴のある、実際の天才少年、とのことでリアリティが。成長後のコンサートへの流れも、「神童」より自然。少年が、野外で、様々な動物、水、風等をイメージして即興で弾くシーンが印象的。教師に仄かな思いを抱いて2人を見守る、パク・ヨンウが温かくいい味。「永遠の片想い」に出ていたのだった。

少年が抱えるトラウマ、両親を亡くした車の事故での光景で、光への怯え、自体は誤解されたり、結局語られる、理解される事はなかったけれど、共有する音楽を通して繋がって歩を進める、という希望の後味も。先日のマリア・カラスの歌声も、だけれど改めてピアノの音色、というのは世知辛さもある日常での、理屈抜きの浄化作用(と思いたい)。一昨夜「SONGS ELT」録画。(http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%http://www.cinematopics.com/cinema/works/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/17

初雪の恋 ヴァージン・スノー(’06)  アジア

先日新作DVDリリースの日韓合作のハン・サンヒ監督作品。日本(京都)舞台の外人監督作品、宮崎あおい出演、とのことで気になっていた作品。陶芸家の父の仕事で日本に転校してきた韓国人青年と、神社で出会った少女との、京都・ソウルを舞台にしたラブストーリー。

「僕らのバレエ教室」以来だった主人公イ・ジュンギ、今韓国一「美しい男」と言うには渋めの風貌、でも日本人俳優だとあだとくなりそうな、素朴に恋して弾み、悩む、てらいない演技。宮崎あおいは着物姿も似合ったりで、「ただ、君を・・」よりは脚本的にというか恋する想いや家庭問題に苦しむ少女の感情の流れが淀みなくリアルな役、自然に上手さが出ていたような。イ・ジュンギの科白はほとんど日本語字幕付きだったけれど、宮崎あおいも韓国語を結構頑張っていた。

京都の寺社、川岸、小道等の映像が、特に意外性はないけれどメリハリがあって見やすく素直というか、京都、少し舞台になった神戸も何だか遠い地になったけれど、学生時代見た景色や歩いた感覚を思い出したり、懐かしい匂い漂う感じ。ストーリーはやはり、そう驚くものは期待していなかったけれど、2人がすれ違いつつ、小道具がやや都合良過ぎに使われたりで予定調和的結末、だった。一昨夜「スイミング・プール」録画。(http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7403http://www.hatsu-yuki.com/top.html公式サイト但し音調整無)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/11

コウノトリの歌(’01)  アジア

先週月曜深夜放映録画を見た、ベトナム・シンガポール合作のジョナサン・フー、グエン・ファン・クアン・ビン 監督作品。ベトナム戦争を、ベトナム兵の若者達に焦点を当てて描いた作品。

折に実際の映像フィルムも織り込まれて、ドキュメンタリータッチでもあり、エスニックな風景の瑞々しい映像もあったり、この戦争のアメリカ側からの作品はあっても、ベトナムの生身の若者の友情、結婚、家族、国内の動乱、戦場での様子が描かれた異色作の価値、ではあるけれど、前半が従軍カメラマン、後半がそのマッサージ師の当時のスパイ活動生活の回想で、少し散漫な気がしたり

前半の生き残った映像作家と元米兵が、木の下で、ヘリコプターから銃撃した側とされた側の立場、互いへの気持等語るシーンが、印象深くはあったけれど、それが丁度半ばに入った構成がどうも落ち着かなく、映像作家の現代の街での回想の姿と共に、ラストの方が、とは思った。先日「SONGS 槙原敬之」「椿山課長・・」録画。一昨夜「プレミアム10 松たか子」はし損ね後半を見たのみ。昨夜「さよなら、さよならハリウッド」保存録画。(http://www.amazon.co.jp/SONG-STORK-%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/7/10

あなたを忘れない(’07)  アジア

先日新作DVDリリースの日韓合作の花堂純次監督作品。’01年JR新大久保駅で線路に転落した人、助けようとした韓国人留学生と日本人の3人が電車に轢かれ亡くなった事故題材、この事故は当時記憶に残ったし気にはなっていた作品。

主人公の音楽好きな韓国人青年の、スピッツの「チェリー」に愛着を持ったりもする、父が生まれた隣国への若者らしい率直な思いが留学に繋がり、祖父の代の強制労働や祖国での反日感情の影もありつつ、シンガーの卵の少女との淡い恋等含めて青春物語として進み、「パッチギ!」よりは「チルソクの夏」のテイストのような感も。

評価は両極端のようで、天皇皇后両陛下の鑑賞等もあり、政治的に利用された、事実の意図的脚色、日本人が酷く描かれすぎ、のようなレビューも目にしたけれど、ストーリーの流れ自体そうあざといものは感じず、終盤事故のシーンでは久方に一瞬涙腺にくるものがあったりもした。

故国での義務の兵役の経験を経て、日本人の同世代の音楽仲間の捨て鉢な態度を甘く感じ憤ったり、日本への愛着や戸惑い等、若い韓国人留学生としての目線の追い方に、一応筋が通ったものを感じ、その結末の(題材になった実際の)行動自体、余分な解釈の余地のない人道的無償の行為、で、そういう純粋、シンプル過ぎるものはかえって伝わりにくい現代の常かもしれないけれど、必要も。

主人公の若手イ・テソンはてらいない演技で、相手の少女役、マーキーは演技力は未知数な感でムード、歌はELTの持田香織似のような印象も。主人公父役ジョン・ドンファンはやはり穏和な存在感が。事故を聞いた直後の少女と父の反応〜ラストには、浮いた演出を感じやや醒めてしまって残念。(http://www.korea-japan.jp/

引き続き教本「まぎらわしい語句」の章チェック、やや停滞気味。さっきから雨が。この夏は猛暑、と聞いた。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/18

夏物語(’06)  アジア

先日新作DVDリリースの、イ・ビョンホン主演とのことで気になっていたチュ・ダンシク監督作品。独身の老教授が回想する、若い日の生涯一度の恋を描いた作品。

主人公の大学生が夏にボランティアに出かけた農村が舞台、伸びやかな緑の瑞々しさ、夜に二人で川を渡るシーン、蓮池、野外での映画上映会等、ノスタルジックな風景がバック。’60〜70年代の反戦運動と韓国の独裁体制の摩擦の中、少女の亡き父が共産主義者だったことで、恋の道行に大きな影を落とす、という特に目新しいパターンではないけれど、予想よりは、内容が単純なラブストーリーというよりは、歴史のあやに翻弄されてしまう二人、という切実さの余韻が。

今回のイ・ビョンホンは60代の老人役は微妙な気もしつつ、「バンジージャンプ・・」等同様ラフで純朴な役柄に好感が。相手役のスエはやや(原田知世+萬田久子)÷2のような面差し、ナチュラルなムードがこの作品には合っていた印象。(http://www.excite.co.jp/cinema/natsu2007/「バンジージャンプする」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/27

連理の枝(’05)  アジア

キム・ソンジュン監督作品。「誰にでも秘密がある」以来のチェ・ジウ出演作、とのことで気になっていた作品。雨の日の出会いに始まる、病魔に冒された女性と若い実業家青年との、限られた日々の物語。

「誰にでも・・」ではコミカルな味だったチェ・ジウ、30代になって演技幅はあっても、やはり基本的に明るい純粋さが似合う感。今回相手役の若手チェ・ハンソンは、どこか昔の神田正輝が重なる面差し。お話的には病気の悲劇パターンで、ファンタジー気味な二人の設定、プレイボーイぶりからの転身、暖かく見守る友人や先輩等、やはり邦画だとどこかあざとくなりそうな、こってり気味の韓国純愛路線だけれど

二人の運命の象徴のような”連理の木”自体はセットのようながら、木が立つ海を見下ろす広い見晴らしの丘、雨の遊園地等、柔らかな風景も目に残る。チェ・ジウ出演の昨年の日本ドラマ「輪舞曲」は気にはなりつつほとんど見ないままだっただったけれど、先週から始まったドラマ「ホテリアー」で、「四月の雪」以来、特別出演のヨン様も見かけていた。(http://www.renri-no-eda.com/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/9

ミモラ 心のままに(’99)  アジア

先週木曜深夜放映を録画のサンジャイ・リーラー・バンサーリー監督作品。イタリアの青年と恋に落ちた18歳のインドの娘が両親に弁護士との結婚を強いられ、その実直な夫は娘の気持を知って、青年に会いに二人でイタリアへ、というロードムービー的でもあるラブストーリー。

インド作品は「ムトゥ踊るマハラジャ」以来、とにかくヒロインの、ミス・ワールドだったらしいアイシュワーリヤー・ラーイのエキゾチックな美貌、憂いの瞳(石川セリの面差しが少し)、達者なダンス、女性陣の色とりどりのフワフワとした民族衣装サリーが艶やか、とってつけたようなオーバーアクションに、折に効果音的に入る派手な民族音楽、華やかなミュージカルシーン等マサラムービーらしく、

実際は3時間余りの内容が放映では結構端折られていたようで、(多分全編通しても)やはりお話的には単純だけれど、一応夫の無償の愛情に心動かされる娘の心の軌跡を追ったドラマらしい筋もあり、予想よりは意外にしっとりした後味も。(http://www.minipara.com/movies2002-1st/mimora/http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A2%E3%83%A9~%E5%BF%83%E3

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/12

弓 (’05)  アジア

新作DVDリリースのキム・ギドク監督作品。清冽だった「春夏秋冬そして春」('03)の湖に浮かぶ寺、の状況に似た海の一双の船での老人と少女の物語、とのことで気になった作品。

6才から老人の船で10年を過す少女。言葉を交わさないまま表情や、少女に近づく者に対してや、束縛に対する憤りで放つ弓、で示す互いの感情。心を移す青年が現れ去りゆく少女を引き止めた老人の壮絶な行為。筋だけを追うと納得出来かねる部分もあるけれど、ある種の官能的な純愛というか恋愛ファンタジー。

船から吊らされたブランコで微笑む少女を掠めるように、老人が放つ弓占いの矢。青年の登場で二人の信頼の均衡が乱れ、弓を放つ手の動揺が、切なく象徴的。

ヒロインのハン・ヨルムはやや以前の富田靖子を思わすような面差しで、言葉なく心情を表わす風情が印象的。寡黙、粗野な純愛感情を抱く老人役の深い瞳を持つチョン・ソンファンの存在感は独特なものが。(http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%93-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/21

春の日のクマは好きですか?(’03)  アジア

少し前に見た新作DVDリリースの韓国のヨン・イ監督作品。ブルーハーツ熱唱がインパクトあった「リンダ・リンダ・リンダ」以来のぺ・ドゥナがヒロイン、とのことで気になっていた作品。

冒頭、ルックスはキュートなのに動作が無骨、真剣なのにどこかずれて失恋しがちなヒロインには何だか愛着が。図書館の美術書に見つけた得体の知れない愛の告白に、夢見心地に、という、突っ込み所も少なくなく、お話的にはメルヘン。妥当なハッピーエンドも用意されていて、韓国の純愛作品らしく、朴訥なラブストーリー。美術書や赤い手袋等の小道具がファンタジックで女性向作品のようで。

やはりぺ・ドゥナは様々な表情が魅力的で存在感があり、本人が、自分が演じた「ほえる犬は噛まない」のヒロインが恋するとこんな感じ、と評しているとのことで、あの時のややダイナミックなヒロインと通じる所があるかもしれない。相手役のモデル出身の優しい物腰のキム・ナムジンとのバランスも。(http://www.at-e.co.jp/harukuma/http://www.amazon.co.jp/%E6%98%A5%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/6

星に願いを〜星星点灯〜(’96)  アジア

新作DVDリリースになった、日本未公開のチャン・ツィイー17才時のデビュー作のTVドラマ。ダンサーを夢みていた少女がガンに冒され右足を失くしつつ、前向きに生きる物語。「星に願いを」は彼女が携わる障害者のためのラジオ番組名。

幼少時の役の子は、どことなく「SAYURI」でチャン・ツィイーの子供時代を演じた大後嬢に似ていたようでも。お話的には病魔に襲われるヒロインの悲劇の類型、と思って見始め、周囲には舞台廻し役でもある彼女に義足の手配をする隣人や、温かく励ます家族等、ほぼ好意的な人々しか登場せず、やや訥々とした展開、ながら

「初恋のきた道」の彼女に通じるような凛とした瑞々しさが、悲運の中、障害者としての痛みを踏まえ自分に出来る限りの活動をして過すヒロインの姿勢に似合っていて、2話構成の後半は、意外と結構見入ってしまった。(http://shoes.valuebiz.jp/2007/01/blog-post_116821734287620714.html「SAYURI」「ジャスミンの花開く」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/5

ターンレフト ターンライト(’02)  アジア

一昨日深夜放映を録画のジョニー・トーとワン・カーウァイ監督の香港・シンガポール合作。日本では’04年公開時、やや気にはなった作品。最近「ウインターソング」で見かけた金城武と、ジジ・リョン演じる、台北に住む無名のバイオリニストと雇われ翻訳家とのラブストーリー。この時間帯にしては、吹き替えだったのが残念。

シンガーでもあるジジ・リョンはやや釈由美子似なムードもあり、彼女が身にまとう派手ではないけれどカラフルなセーターやマフラー、部屋の色調のほのぼのさも若い女性の楚々とした一人暮らし、の感触。お話的には他愛ない、学生時代にさかのぼる運命の出会い、ながら実は近くにいつつ不思議と連絡が取れず、都会の中ですれ違い続ける悲劇。

絡んでくるもう一組の男女のダイナミックさもあってコミカルな流れ、冒頭の雨のシーンも印象的なソフトな映像、やはり特に好きでも嫌いでもないけれど、バイオリン演奏シーンも見せた金城武のやや優柔不断、甘いタッチが似合う和み系の作品。(http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%95%E3「ウインターソング」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/1/25

風の前奏曲(’04)  アジア

ティスントーン・ウィチャイラック監督作品。タイの伝統楽器”ラナート”の、19世紀末生まれの実在した演奏家が題材のフィクション作品。ラナートは”心を癒す”という意味らしいタイ式の木琴。

主人公の晩年の病床からの回想に始まり、やや紛らわしかったけれど晩年と幼少〜若年時代の場面が交錯しながら進む。タイの湿気を孕む瑞々しい緑の風景を背景に、響く音色。若年期の彼はやや織田裕二の雰囲気も重なる濃い目、精悍な風貌。仄かな恋やライバルとの凌ぎ合い。

競演会等の壮絶な演奏バトルシーンの、駆使されるテクニックが放つ音色に合わせ周囲の木々の葉が揺れる場面等、作風は全く違うけれど邦画「オーバードライヴ」の津軽三味線バトルを思い出したり。

何度か親族の不幸にも遭いつつ、晩年、第二次大戦下で音楽にも及ぶ統制下、一音楽家として信念を貫く波乱の生涯。素朴な音色の余韻が残る珠玉作。(http://www.enjoytokyo.jp/OD009Detail.html?TITLE_ID=7786http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/11/15

僕らのバレエ教室(’04)  アジア

女性監督ビョン・ヨンジュの韓国作品。春の韓流フェスティバルのサイトで知り、ダンスものとして脳裏にあったけれど、高校生達がひょんなことから通うことになったバレエ教室、そのレッスンや発表会は話の一部分、という感で、彼らの家庭内のひずみ、逆境、恋、大学進学、進路等に悩みながらの思春期をシュールに描いた作品。

主人公役ユン・ゲサンは元人気グループの歌手だったとかで、今回映画デビュー、高校生役だったけれど実際26才、漂々としたナイーブな表情がやや印象的。恋の相手役キム・ミンジョンも、慣れないぎこちない気持を持て余す少女を演じ個性的な風貌。

韓国の家族間の密度等、も背景にあり、色々葛藤しながらの緩やかな友情、父と息子の和解等人情味も折りいれられ、純粋に熱を入れていた、というわけでもないバレエのレッスンだけれど、やはり彼らがエネルギーを発散する発表会は、ハイライトの1つ。

近隣のレンタル店では第2、4火曜が半額日、で洋邦画数枚借り、目当てのずっと出払っているものもあり、先日リリースの「カーズ」等もコーナーが出来ずっと在庫はなかったけれど、返却時に発見。(http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6507

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ