2008/7/4

坂本龍一×役所広司 〜世界が求める日本のカタチ〜   分類なし・音楽

新作DVDの「シルク」を見ている途中、これの前に、今年初旬、作品に出演の役所さんと音楽担当の坂本龍一のトーク番組を録画したままだったので、それをチェック。坂本龍一は昨年「プレミアム10 YMOからHASへ」以来。

2人の海外での活動の中、やはり特にフランス等では、映画を文化、芸術として大切に扱っている、ハリウッドでの、関わる人の多彩さや多さ、徹底した作業の細分化、とか、システムの違い、坂本氏が自分はヨーロッパや日本型の少人数スタッフでの方がやり易い、等コメント。

「ラストエンペラー」「Shall we ダンス?」の話も出て、坂本氏がアカデミー授賞式で、映像に出ないカメラ、演出家、フロアの人々も、男性は全員タキシードだったり、進行はジョークまで書かれた台本通り読んでいく、完全に計算された世界、というのが面白かった、でもやはり呼ばれた時はひざがガクガクしたり頭が白くなって、一種の権威は感じ、普通にイーストウッドとかがいて、自分がここにいていいのかな、という現実的じゃない感じはあった、等回想。こういう話は多分初耳。

「Shall we・・」は、これをアメリカで見た坂本氏談交え、アメリカ人はパーティ好きでダンスは慣れていそうでも、意外と習慣なので仕方なく、で、主人公のようなシャイな人も多く、弱者が最後に勇気を持っていく、という展開が受ける要素もあって、海外で一般人の共感も得たのでは、等の話。

これは大貫妙子テーマ曲共に愛着あった作品、当時この作品がアメリカで展開していく本も読んだりしたけれど、リメイクもされる程に、というアメリカでの受け、というのはそういう日常背景も、と改めて。

坂本氏が、小津作品も、「東京物語」等の親子関係が判るのかな?と思うけど、意外と家族関係の共通感、というか、見て泣いたりするアメリカ人がいる等コメント、2人が西洋の観客の方が、作品を好意的に楽しもうとして来ていて、反応もダイレクト、日本人にはそういうフランクさがなくなってきて少し残念、とも。

それはお国柄とか、どの国でも発散タイプ、じっくり感動を溜めるタイプとか、個人差もあってのこと、とは思うけれど、見せる側、からすればダイレクト反応の方が、判り易い、のではあるのだろうけれど。

また、「バベル」のイリャニトゥ監督が、映画祭で来日の時、渋谷のコギャルを見て、映画に撮りたいと思ったらしい、とか、東京が海外から注目の場所だったり、ソフィア・コッポラが中野のある店がいい、と知ってたり、日本の事にかなり詳しい外国人も多く、言語が流暢等、という以前に、日本人として日本(の文化)を理解していないと価値がないし、かえってローカルであることの方が新鮮で、それが今の新たな国際水準では、等の話。

この2人の接点として、「バベル」の音楽担当が坂本氏だったそうで、それは知らずDVDで見たのだったけれど、ラストシーンの曲「Bibo no Aozora」を演奏。役所さんが、監督がこの曲を聞きながらシーンを撮っていて、俳優もテストの時この曲を聞き雰囲気を追いながら演じて、シーンにどんなイメージを持っているか、言葉よりもダイレクトに入ってくるので助かった、等コメント。

記憶ややおぼろげだけれど、ややメランコリックな曲バックに、科白も少ない微妙なシーン、演じる側にすれば心理的に、そういう音楽影響の要素も大きいかも、と。

「シルク」のフランソワ・ジラール作品は未見だけれど、結構音楽作品を扱ってきた監督らしく、今回フランスと日本舞台、ということでも、西洋東洋音楽を扱う坂本氏を希望、坂本氏は同監督と以前セッション、ピアノも割りと上手く、映画での音楽の使い方も、映像と音楽が深く関わっている、と。役所さんはミステリアスなムード漂わす、キーとなる日本人役。

この作品は、旅がテーマ、旅の時間を音楽で表わしていて、全編が旅(を回想)しているような作品、言葉が少なく詩的、物語の筋を追うのでなく、観客が感じていくような作品、とのことで、今回このテーマ曲も演奏。まだ見ている途中だけれど、確かにフランス〜日本間を、蚕を求めて主人公マイケル・ピットが行き来する展開。(http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B100022000プレミアム10 YMOからHASへバベル(’06)http://www.silk-movie.com/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/1

原田知世 Life & Live  分類なし・音楽

先週土曜夜放映の録画を見た番組。原田知世が運転、鈴木慶一、伊藤ゴローと九十九里浜へドライブ一日旅の様子、ライブ映像を交えて。天気は曇り、色々話しつつ焼き蛤を食べ乗馬したり。「サヨナラColor」ロケ地だったそうだけれど、この人と海と言えば「落下する夕方」を思い出す。

冒頭まだ都内、西麻布の道路標示があった辺りで、鈴木慶一が脇のとんかつ屋を指して、ここで昔はっぴいえんどの入団テストを受けて、大瀧、細野氏とでとんかつを食べた、という意外な話。18才の時、と。

原田知世は「紙屋悦子・・」の舞台挨拶以来、相変らずマイペースのおっとりした物腰、デビュー10年目に出会った、という鈴木慶一は「悪い言い方かもしれないけれど、歌っている彼女は虚像でなく”素”なので、自分も素で付き合える」旨。38才での晩婚、というのも、どことなく似合っている気が。以前薬師丸ひろ子は墨汁の筆タッチに対して、彼女は5Hの鉛筆のようなカリカリした味、という比較、今の活動ぶりもそう思う。でも音楽にしても、アイドル扱いから、自ら色んなミュージシャンとセッションして開拓したり、決して声高ではないけれどシンある風情。

手元には初期の頃のアルバム何枚かの録音、今回、以前は、大人になってもう恥ずかしくて歌えない、と言っていた、当時のファンも好意的という現代版ボサノバ調「時をかける少女」には少し感慨。ライブ映像でもセッションしていた大貫妙子の「色彩都市」カバーシーンが少しだけ、フルコーラスでなく残念。「色彩・・」は薬師丸版もあった。

大貫作品、と言えば少女期の原田知世にフィットの「地下鉄のザジ」があって、自分でも歌っているけれど、これがきっかけで「地下鉄のザジ」('60)をビデオで見たのだった。大貫、原田、というのは刺激が強い物が多い現代への静かな反骨、という感もして、今やメンタル的清涼剤、とも。GWで6日まで一応オフ、旅行計画も立て損ね、雑用もあるけれど最低限目標は、押入れと部屋の整理、母とも近場でリフレッシュ、録画も溜まっているけれど新作幾つか鑑賞等、先刻床の張替え。昨夜「SONGS 水谷豊」「マイケル」録画。(http://www.bounce.com/news/daily.php/13898/headlineclickサヨナラCOLOR(’04)大停電の夜に(’05)「紙屋悦子の青春」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/26

吉川晃司が外科医役/山田洋次監督談「日本の里100選」  分類なし・音楽

まだ見ている途中の録画もありつつ、今日の朝日新聞の広告特集で、来月9日公開の「チーム・バチスタの栄光」を取上げていて、主演は竹内結子、安部寛のようだけれど、天才外科医役の吉川晃司と医療監修を務めた心臓外科医須磨久善氏との対談。原作は海堂尊のミステリー、吉川晃司は須磨氏の手術のビデオ等参考に2ヶ月程練習、須磨氏が、やはりミュージシャンだけあってか相当器用、と賞賛。

手術シーンの際、力の入った彼に須磨氏が「バラードを歌うように」などとアドバイス、スピードを意識して「ロックっぽい感じに見えたから」、というようなエピソードも。思えば吉川出演作品は一昨年「大停電の夜に」を見たのみ、この作品も彼の外科医ぶり等興味はあるけれど、DVD待ちになるかとは。

昨年最もインパクト残った歌番組、と振り返れば、彼の出た「みゅーじん」で、精力的な散策の後、ギターを抱えて海岸沿いで「終わらないSun Set」を歌ったりしたシーンが良かった。

また同新聞19面に「日本の里100選」選定委員会の委員長として、山田洋次監督談、中2の時旧満州から引き揚げ、日本の風景への憧れ、寅さんに似合うロケ地として、人の暮している歴史が見える所、という条件、寅さんを始めた’69年から撮影を進めるうちに、土の道がなくなったり、地方の美しい風景がどんどん消えてしまった、というような談話。寅さんシリーズというのは、風景+人情的にも日本の原風景だった、と改めて。(http://www.team-b.jp/main.htmlみゅーじん 吉川晃司http://www.sato100.com/news/index.php

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/17

SONGS ゴダイゴ・夏目雅子  分類なし・音楽

先週の「SONGS」は昨年再結成したゴダイゴ、演奏曲は「MONKEY MAGIC」、メドレーで「僕のサラダガール」「ビューティフル・ネーム」「ホーリー&ブライト」「銀河鉄道999」、「ガンダーラ」「BIG MAMA」、’80年頃アジア各地でコンサートや即興演奏した時の様子。

やはりマイベストは「ガンダーラ」、久保田早紀の「異邦人」等同様、エキゾチックなアジアの異国情緒の感触が懐かしい。タケカワユキヒデも歳をとった、とは。久方に聞いて、以前はそう気に留めなかったけれど、今の時代、「ビューティフル・ネーム」のような曲が必要、な感もした。

また主題歌関連でドラマ「西遊記」、三蔵法師役だった夏目雅子の映像も映り、前に渋谷の百貨店で「ひまわり基金」紹介もあった写真展に立ち寄ったけれど、やはり誰のような、という比類ない美しさ。AOLのサイトで今日が誕生日だったらしい。亡くなる2年前に撮影のロンドン〜ヴェニスをオリエント急行で旅する映像の「輝きの時間」('96)というビデオが手元にあったのを思い出し、クリスティ作品等でも馴染みのオリエント急行自体の興味+この人の優美さ、で買ったのだった。折あらば見直してみようとは。昨夜「みゅーじん 宇崎竜童」録画。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ