サイエンスカフェというのに行ってきました  ノート雑感

土曜日の午後神田神保町へ。本屋(三省堂書店)で月に一度開かれるサイエンスカフェに参加するため。珈琲を飲みながら科学の話を聞いて、その後講師とおしゃべり。難しい話をスライドを交えてわかりやすく紹介してもらえるので苦手なサイエンスも身近に感じられる。
今日のテーマは雪の結晶。なぜ六角形なのかについて明治大学の長島和茂先生にレクチャーしていただいた。湿度と温度によって結晶の形が違うらしい。その研究は有名な中谷宇一郎先生によって既に研究されているのだが、その形成のメカニズムは単純なものではないらしい。熱力学と流体力学、なにやら複雑系のあたりの関係する話らしかった。印象的だったのは我々が雪の結晶として知っている綺麗な六本の枝が伸びさらにそこから二次枝が伸びた形の雪の結晶というのはめったに見れないということ。今はない雪印のマークのような綺麗に揃った雪は珍しいという話が何か真実とはそういうものだという感じでうれしかった。学校ではどうして物事をすごく単純にそしてそれ以外に疑いようもない真理のように教えるのだろうと常々感じているのでそれを聞いた時何か痛快な気持ちになった。
熱を奪いあってまるで陣取り合戦(大戦略ゲーム)のように枝を伸ばしていく雪の結晶がすごく身近に感じられる話であったし、それをあたかも生き物を愛おしむように話す科学者の姿は不思議な可愛らしさがあった。

久しぶりに知的な午後が過ごせた。

 帰りは神保町の裏通りにある「さぼうる」でコーヒーをもう一杯。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

グッドアイデア!ータイトルでアクセスアップ  ノート雑感

私が持っているgooブログの場合、ユニークアクセス数300(1日)が1000位以内の目安。記事を1日数回に分けて5、6本アップすると実現できる。

だからそれが何になるのと思ったら終わり、そこに山があるから人は登しランキングがあればチャレンジするのだ。とりあえずアクセス数の多いサイトにしてGoogleアドセンスのアカウントを取ることが、今は一番簡単でスマートなアフィリエイト術なのだ。

さてここの場合はping通知しても一回(1記事)で10アクセスもいかない。1日に百アクセスを達成するのに四苦八苦なのだ。実はまだ実現できていない。

タイトルの工夫なのだろうが今ひとつ才能がない。気のきいたタイトルでも収集してみようかな。おお、これはグッドアイデアかも。

早速週末やってみよう!

ひとまず目指せ100アクセスだ。これがノート術にどう結び付くかはわからないが、少なくとも今のノート術にしても小論文にしてもタイトルの重視という話はあまり聞かない。読んでもらうためには大事なんだけどね。制約がない分10文字以内でタイトルを考えるという訓練はされないなあ。

新聞社デスクになったつもりで見出しをつけるトレーニングはありだよね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

キーワードを育てるヒント・自ブログ  ノート雑感

ブログを開設して半年あるいは一年経つ頃にアクセス解析をしっかりとやって今後の方向性を見極めよう。

その時にしっかり見るといいのが「検索ワード」「検索フレーズ」だ。はじめのうちは訪問者の大半がping先やブログサービス内の更新通知からだが検索エンジンに引っかかるようになると検索エンジンからの訪問が多くなり必ずしも最新記事が読まれるわけではない。
ブログの表玄関が最新記事だとすると裏玄関は多く検索される記事だ。これは意図して作れるものではなくアクセス解析してみてわかってくるものだ。
相当前の記事なのに常に上位に来る記事がある。それがあなたのブログの育てるべきキーワードだ。
だからその記事をもっと充実させてひとつのサイトのように作り変えてみよう。
そしてナビゲーションを見直そう。できればブックマークしてもらえるように「お得感」を出そう。このブログは他の記事も面白そうだ、後でじっくり読んでみようと思わせたら勝ちだ。

これは作り手が自分の視点ではなくユーザーの視点から眺め直してみることを意味している。実はユーザーから見るとそこの記事こそがあなたのブログの表玄関なのだ。

そんなことわかってた?わかっていてもやってなかったりしない。このひと手間こそが良いブログへの道なのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

be juicy! スタバでマーケ その4  ノート雑感

今電車のドア横のステッカー広告にbe juicy!というマンゴーオレンジジュースの広告が出ている。スターバックスで会えるよというものだが、確かスターバックスは広告には費用をかけない、その分店に来た人に素晴らしいスターバックス体験をしてもらおうという方針であると本で読んだように思うのだがどうしちゃったねだろうと思って友だちに話したらカゴメの製品だという。だから広告もカゴメだとね。

よく見ると確かにカゴメ株式会社と書いてある。

http://www.be-juicy.jp

クリックすると元のサイズで表示します
0

センス・オブ・ワンダー  ノート雑感

どうしても見たくなってヤフーオークションのアラートに登録しておいたら立て続けに2本が出てきた。私としては必ず欲しいマストバイの商品だったのだが他に入札者もなくあっさり落札。アマゾンでは絶品で定価の4800円より高い中古品がマーケットプレイスに出品されている。実は2本とも落札したので、私のように欲しい人が必ずいるはずで、ちょうどいいロングテールの実験材料。早速出品してみた。

エコロジーブームになると必ず注目されるのがレーチェル・カーソンのはず。『沈黙の春』の新装版、といっても2000年の発行なのだけど、も手に入れてぺらぺらページを繰ってみているが、凄い迫力だ。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ