2016/9/8

9月7日 飲み会  

久しぶりに外で飲みました。
外食する機会も減りましたからねぇ(笑)。
そしてお酒が弱くなったなぁ〜と思いました。

飲み会の最中、思いがけない方と「少女時代」トークになりました。
『Gee』や『Genie』は名曲だよね!なんて話から、音楽ネタが話題になったことが嬉しくて、「モードによるポップスはカッコいいよね!」といきなりアクセル全開なことを口走ってしまいました(反省)。
その前にぜひ「韓国語派or日本語派」という談義をしたかったです。(僕は韓国語派)


0

2016/9/7

9月6日 リハーサル  

19日のがやがやライブのリハーサルのため、チャーリー高橋さん宅へお邪魔しました。

開始時刻の連絡が上手くいっていなかったようで、チャーリーさん宅前でしばらくぼーっとする時間がありました。
こういう時間、なんだか久しぶりで有り難かった気もします。

リハーサルは演奏する曲の候補を確認し、一通り演奏してみる感じ。
いつものように僕はただ演奏を聴いて、どんな楽器でどんな風に演奏に参加するか考える時を過ごしました。

家に帰ってのことを考えて、遅くならないうちに家路に就きました。
0

2016/9/6

9月5日 子守  

半日、息子と二人きりで過ごした。子守だ。
体力(HP)を奪われるというよりは、気力(MP)を奪われたような独特な疲労感。
これは大変だ。母親は毎日本当に大変なんだなぁと、痛感した。

すやすやと眠ってくれた隙に家事やら仕事をやろうと思っていたのだが、家事がやっとで映像データの整理や楽譜書きは全く進まなかった。

仕方なく、妻が帰ってきてから少し作業をさせてもらう。
辛うじてすべきデータ処理は終わったが、楽譜書きは1音も進めることが出来なかった。

こりゃ、今後の作曲・編曲の仕事は慎重に受けなければ!と思った。
0

2016/9/5

9月4日 天気予報が当たらない  

天気予報と自分のカンで、傘を持ったり折りたたみ傘を鞄に入れたり、手ぶらで出かけたりしているのだが、最近は天気予報と自分のカンが当たらない。

長い傘を持って出かけてきたのに、全く降らずに一日を終えてしまうことなどがある。

「降られなくて良かったね」というところなのかも知れないが、もの哀しいものがある。

んー、当たらない。
こうも当たらないなら、明日は"はれときどきぶた"になると予想して、フライパンでも持っていこうか。(食べる気だ!)
0

2016/9/4

9月3日 貧困について  

貧困というキーワードをよく目にするようになった気がする。
この国にあっては自分には関係ないと思っている人も多いだろう貧困は、残念ながら気候や戦争だけではなく、日常に当たり前のように存在する哀しい問題だ。

「生活保護をもらっておきながらパチンコに行くとは!」とか、そういうニュースも耳にしたこが誰にでもあるだろう。
そういう人の言いたいことが分からなくもない。
「ちゃんと働け!」と仰りたいのだろう。

しかし、ちゃんと働くことができない事情があったり、そもそもちゃんと働く働き口がなかったり、問題は多岐に及んでいると思うし、何もうまくいかない日々を送っていたら映画やパチンコ、お酒やたばこで気を紛らわしたり明日への活力を得ようとするのは、人の性だとも思う。

「絶対的貧困」と「相対的貧困」と、貧困にも2種類あるようだ。
よくよく心して、よくよく考えて、人類にとってメリットのある選択をして行きたいものである。

<貧困>「貧乏人らしく」女子高生たたきの大誤解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00000016-mai-soci

かつて、勉強など努力をすることで立身出世を成し遂げた歴史上の重要人物がいた。
二宮金次郎もその一人だろう。
しかし現代の人には、彼の姿は歩きスマホのような行為としか見えないのだろうか。
哀しいことである。

二宮金次郎が座る
http://spotlight-media.jp/article/254494350860009182

-----

夜中、隙をみて少し編曲作業。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/3

9月2日 片付けと準備  

大学時代からお世話になっている先生が事務所を畳まれると伺い、午前中にお片付けのお手伝いに行きました。

まずは箱詰めするための段ボールを手に入れよう!と近所のスーパー(?)に行ってみたのですが、今の時代、必ずしも不要なダンボールを分けてくださるとは限らないんですね。。。
残念ながら手に入れることが出来ず、悔しいのでダメもとで入ったコンビニが小さいながら少し分けてくださいました。コンビニはあんまりダンボールで納品してるイメージがなかったので、寧ろ分けてくれたことに驚きました。

あとは荷物を分けて箱詰め作業。
箱の入手に手間取ってしまったこともあり、整理できた分量は僅かになってしまいましたが、少しは恩返しできたかな。。。

-----

午後は家族で買い物に出かけ、お食い初めに使うものなどを買いました。
当たり前のことですが、すっかり息子が生活の中心におります。
0

2016/9/2

9月1日 編曲の工夫  

編曲作業を開始しました。
とはいっても、なかなか楽譜(PC)に向かう時間は確保できません。
なので、編曲作業のやり方自体を工夫することにしました。

今までは漠然と頭に浮かんだ構想を持って楽譜に向かっていましたが、もう少しクリアに旋律や和音、構成を整理して、頭の中で鳴っている音を書き留めるように心がけてみる事にしました。

こんな方法で楽譜を書いたことはあまりないので、どんな感じに仕上がるのか僕自身、興味津々です。
0

2016/9/1

8月31日 人類にとって  

例えば「どう考えてもだめだろ?」と感じてしまうニュースを見た後、ネット上で熱く議論が交わされていたりします。

“常識”と教えられていたことが“常識”ではなくなり、“当たり前”と思っていたことが“当たり前”ではなくなっていくような感覚もあって、非常に危ういなぁーなどと思ったりもするのですが、一つ思い出したことがあります。
“人類にとって”という視点です。

「この病原菌は人類にとって脅威になる」とか、「地球温暖化が人類存続を危ういものにしている」という場合、議論の余地なく誰もがヤヴァイ!と感じられるもののように思うのです。それは誰にとっての脅威かといえば“人類にとって”であるためです。
(昔、「地球が危ない!」みたいな本を図書館で見かけるたびに“人類が”だろ!と思っていたものです。)

今さえ良ければ、今幸せなら、将来の人類はどうなっても知らん!という発想もあるでしょう。
そんな発想を持っていないつもりでも、小さな行動一つ一つが人類を危険にさらしてしまっているかも知れません。

と言っても、「危機意識を持て!持ち続けろ!」とは思っていません。
ただ昔は多かった“人様”という発想が廃れてきているようにも思え、それならば“人類にとって”という発想に更新されても良いのでは?と思ったのです。

全宇宙から地球を俯瞰すれば地球はちっぽけです。
そんな地球上の多種多様な生命の一種類でしかない人類。
ちっぽけな地上のちっぽけな人類。
その仲間の一個体である自分。

“人類にとって”大切なこと、大事な判断をするのは、人類である僕らです。

-----

久しぶりの自宅での夕飯。
仲良しの茄子を使って夏っぽいカラフルな野菜炒めを作りました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2016/8/31

8月30日 判断  

新潟県の泉田知事が、次回の知事選には出馬しない意向であることを発表されました。
http://www.h-izumida.jp/topics/20160830.html

特に原発問題について、国民・県民の安全性を第一に考えて判断をされる方であると感じていたので、そのように判断されたことにていては個人的に残念だなぁと思っています。

もちろん、出馬されるかどうかお決めになるのもご本人以外にない訳なのですが、何か事情がありそうな感じでスッキリしませんし、案の定、名指しされた側からもリアクションのような記事が出されています。

『泉田氏出馬断念 説明責任を果たすべきだ』
http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20160831276818.html

こちらの説によると県政運営や市町村との関係悪化などもあるようですし、件のフェリーの件も…。。。

客観的な視点が欠如した状態で何もいうことはできないのですが、最近はこういう客観的な視点がしっかりと確保された情報ではなく、当事者や当事者の言動へのリアクション的にいろんな方がコメントされて…。

って、僕のこういう日記もその一端みたいになっちゃってるんですよね。。。
よく分かりません。

-----

僕が先日判断した「台風からの避難」ですが、結局何事もなくやり過ごすことができましたので、避難先の実家から自宅へ戻りました。

単なるバケーションになっちゃいましたね(笑)。
0

2016/8/30

8月29日 夢のエンジン  

千葉県の実家に避難中ですが、仕事のため都内には来ております。
こういう生活をされている方も沢山いらっしゃることは承知していますが、片道1時間〜2時間かかるというのは、体力的にも僕にはツラそうです(汗)。

都内や今の住まいは電車やバスの便が良いですが、実家は完全に自家用車がなければお話にならない環境です。
千葉県はガソリンが比較的お安い都道府県ではありますが、父の運転する車の中で、無意識にガソリンスタンド前の看板に表示されるレギュラーガソリンの価格に目が行ってしまうのは僕だけでしょうか...。

そう言えばそんな車内で父とも話していたのですが、燃費を格段に上げる新エンジンが開発されたそうですよ。

夢のエンジン
https://blog.esuteru.com/archives/20001297.html

自動運転車も気になるところではありますが、こういう技術革新の更なる研究開発にこそ、個人的には期待しています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ