2019/3/13

[第10週]嗚呼、日常  モブログ

日:
大人びた高校生を見たのだが、「最近の大人が子どもじみてるだけかな?」などと思った。
人のふり見て…ではないけれど、我がふり直せ!と心に留めてしまった。

寒かったこの日の夕飯はお鍋。
なのに作ってる間に息子が寝てしまった!
食いしん坊の息子くんにしては珍しい…。

月:
息子はカレーが大好き。
午後から大人分のカレーと一緒に仕込む。
夕方、私用で外出。

火:
最近、早朝に目が覚める。
昨年も同じようなことを言っていた気がする。歳でしょうか…。

午前中、僅かながら時間ができたので作曲メモを起こす。
以前から「マリンバ・ソロ曲の題材にしたいな」と感じていた題材があり、手書きで音をメモしました。
メモレベルだと、やはり手書きが速いです。(自分自身しか読めないほど雑だけど)
時間を見つけて早々に曲としてまとめたいな。

水:
今日は少しパソコンのデータ整理。
僕は普段使いのMacBookと、全データの保存とパワーが必要な作業の時に使うデスクトップPCの2台使いで、ネットワークHDDなどを導入していないので、時々保存データの移動などのデータ整理が必要になるのでゲス。

メインPCのOSをアップデートしてから、データ移動に使用していたアプリがちゃんと動いていないようで(汗)、人力でのデータ整理となりました。
やれやれ。

木:
この日は朝早くから家族みんなそれぞれ外出。
息子くんに昨夜のうちに「明日は早起きの日ですよ!」と伝えていたけれど、朝起こすとさすがに眠そう。
毛布が好きなのでなかなかお布団から出てこなかったけれど、ちゃんと起きられましたネ。

花粉症の症状がツラい日が増えてきました。
以前から処方していただいて飲んでる薬があるのですが、今年はその薬を飲むとだる〜くなってるなー、と感じちゃっています。(寧ろ今まで「よくその薬飲んで平気だね?」と言われていたのですが 笑。)
今日は早起きだったので、日中も少し眠かったです。
お医者様が「車の運転はしませんね?」と確認されるのも頷けます(コックリ…zzz)。


金:
仕事で少し帰りが遅くなる。
パパッと夕飯を作って食べ、洗濯して息子とお風呂に入り、寝かしつけてから頼まれた事務的な作業。なるべく早く済ませて床に就きました。
明日は車の運転があるので、花粉症の飲み薬はなし!

土:
この日から3日間、家族で予定を合わせることができたので、この春に赤ちゃんが生まれた友人や、久しく会っていなかった友人に会いに行く旅に出ることにしました。

初日のこの日は、赤羽美希さんを訪ねてご実家の長野へ。
午後にお邪魔しましたが、赤ちゃんは泣き叫ぶようなことなく、大人しくよく眠っていました。
女の子だからなのか、我が家の息子ちゃんが男の子&大きい赤ちゃんだったからなのか、とっても小さく感じられました。可愛かった??

親は暫くまとまったちゃんとした睡眠時間が取れない苦しみを味わうことになるかと思いますが、無理をしないで良い意味で手抜き・息抜きをして欲しいなと思いました。
赤ちゃんも赤羽さんもガンバレ!

そして赤羽家を発ち、僕らは愛知県豊田市へ向かうのでした。(続く)


◯今週の音楽
・Can you see? I'm sushi.
Eテレの「みんなのうた」で流れているのですが、息子くんのお気に入りです。
https://youtu.be/PTzYM7xLXx0

◯今週の写真
・なし
0

2019/2/15

[第6週] 誤りに気付く  モブログ

日:
東京都練馬区内で行われたWSに息子と参加。
自分が音楽家であることを伏せてもよよーんっと参加していたのだけれど、息子が妙にプレッシャーを感じてしまったのか途中で泣き出してしまいました。

お昼を食べて少し公園で遊んでから、移動して午後は片岡祐介さんのワークショップにこっそり参加。
終わった後にあれこれ話し、そのまま飲みに行く。もちろん息子も一緒(笑)。
久しぶりにしこたま飲む。
夜はちゃんと息子と帰って寝かしつけましたよん。


月:
いろいろ考える。
この5月にボブフェス(?)的なことをやろうと思っています。
(´-`).。oO(5/11空けといてください!)

それと何年も前から思い立っては書き続けている『空想で描く24のクレヨン画』の続編にあたる曲集『multipl-insp-ired』の曲名を変更しようかなと思っている。
構想を練っているときから「ここが軸だ!」と思っていたことがズレたのではなく、軸だ!と思っていたことがあまりにも当たり前なことだと気づき恥ずかしくなったので…。
今のところ『幻想で描く12の鉛筆画』が候補です。

火:
最近、「見聞きしたくないニュース」がとても多い。
親が自分の子どもを人として皆していないんじゃないかと思うような事件や、バイトテロなどの自分がやらかしていることがいかにバカなことなのかという想像力が欠如しているような事件。

もし「継続は力なり」という言葉が真なのであれば、こういうニュースに触れ続ける(触れることを継続する)のって…。と少し恐怖するのである。
感覚が摩耗し、麻痺してしまわないよう、妄想力と想像力、そしてちょっとやってみる感覚を忘れないでいたいものである。


水:
最近仕事で帰りが遅く、自分が料理したものを口にしていない気がして、パパッと焼うどんを作って食べる。
やはり、作ってすぐにそれを味わえる料理は楽しい。
(´-`).。oO(作曲って美味しいけどすぐに食べられないからね。)

それにしても日付が変わっての帰宅は久しぶりである。

木:
少し時間ができた。
たまって家事を済ませ、新しいプリンターをセッティングする。
と、トラブル発生!
大したトラブルではなかったけれど(OSが対応してなかったw)、ちょっと恥ずかしいトラブルだった。

その後は、少し打楽器の練習。

金:
来週のとある仕事の打ち合わせと練習。


土:
雪がチラチラ降った日。
なぜか脳が動かない感じ(多分眠い)。
そう言えば少し寝不足かもしれん。

日:
銀座方面へ家族でドライブ。
日比谷公園で遊び、高鉄棒で辛うじて逆上がりを決める。

エルメスに行き向井山朋子さんのピアノを聴く。
途中、我慢できなくなった息子と緊急離脱。
緊急離脱だったので荷物を持っていなかった。辛うじて寒さをしのげる場所を見つけ、手持ちの僅かなお金で100円のビスケットを食べて終演を待つ。
高級な銀座のど真ん中でいつも通りなボンビーな佇まいを貫く(苦笑)。

久しぶりに作曲家の牛島安希子さんにお会いする。
お変わりなく、お元気そうで何より。
息子の相手をしなければならず、落ち着いて話せなかったのがちょっと残念(失礼しました)。

向井山さんが弾いておられた『カントオスティナート』。やはり良い曲だ。
なんとなくだけれど楽曲の全体像を把握しているため終演時刻を言い当てた僕に妻が驚いていた。


日記を書いていて気がついた。
今週は第6週だ!(今まで1週ズレてた!)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/2/5

[第5週]比較的音楽と戯れた  モブログ

日:
東京都練馬区内てWS。
自分の記憶力と発想力のお粗末さを感じながら、それを逆手にとって旨味にしなきゃいかんよなと感じる。
帰りに懐かしの江古田に立ち寄り、大学の先輩に会い、昔よく行った餃子屋さんを訪ねる。
親しい友人も誘い、細やかな楽しい時間を過ごす。

月:
家事と休息と作曲をする。
作曲は最近ちゃんと終止線をまたぐ快感を味わえていない気がして、ピアノの鍵盤の上で自由に指が音を採譜してみた。
音を出しながら楽譜を書くのはとても久しぶりで気持ち良かった。
楽譜にするのは後日にしよう。

火:
大変だけれど気持ちの良い仕事の日。
反省がない訳じゃないけど、これは次に活かそう。

水:
マリンバを弾き、ピアノを弾き、音と遊ぶ日。
学生の頃は当たり前のように、息をするように楽器に触れて音と遊んでいたけれど、今は「遊ぶぞ!」って気合が必要になってるかも。
もっと気軽に遊ぶように心掛けよう!と思うのと同時に、今年はそうやって喜びと気づきをもって音楽と再会できる年になると良いなと思った。

木:
月末。いろんな後始末とこれからが入り混じる日。
夜は雪が降るかな?と思ったけど、僕は雪を観測できなかった。
でも久しぶりの雨は、寒かったけど嬉しかった。
夜は作業をしながら床につく。

金:
朝から少しピアノを弾く。
息子と保育園に向かう道中で氷や霜柱を見つける。
今年の冬はあまり見つけられていなかったので、親子でちょっと喜ぶ。
仕事から帰った夜は、翌日の準備などして過ごす。


土:
練馬で「うたってがやがや おどってがやがや」のライブ。
珍しくたくさんピアノを弾く。
ほぼコード弾きなんだけど、パッと掴む鍵盤が以前と異なって来たように思う。
「こんなことが欲しいなー」と思って転回を変えたり、不必要に加えがちなテンション和音を除いたり。
それと、やっぱりたくさんの人に音楽を聴いてもらうのは楽しいなぁーと思った。

実は打楽器アンサンブルTHPRさんのコンサートで『Angel Angle』の再演もあった日。
夜は自宅近くの居酒屋で、家族で細やかな打ち上げた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/2/1

[第4週]月の位置  モブログ

日:
「コチニン」というニコチンの代謝物質があるらしい。
あ、これで1曲作れるなと思った(笑)。
知識検定ってのを知る。
受ける気はないけれど、出題される1000問は見てみたい気もする。でも、試験時間が休憩を挟んで計300分って…。

月:
月が大きかった。

火:
打楽器の練習をした。
全く下手になっていたし、筋力とかの衰えも感じた。
一方で、学生時代まで毎日練習し続けても気づかないことに一瞬で気づくような不思議な感覚もあった。
案外、「初めて通る道は迷いながらだけど2回目は迷わない」的な効果が練習にもあるのかな?と思った。
時間を見つけて練習しよっと。(下手だし)

水:
スタン・ハンセンの入場曲「サンライズ」を鼻歌しながら激しく息子と戯れて遊ぶと、息子が大爆笑する。
我ながら平成生まれとは思えない息子である。

木:
拙曲「宙のレゴリス」について委嘱主がTwitterで触れてくださるだけでなく、続編を!と言ってくださったことが嬉しかった。
「時の」とか「形而上の」とか、勝手に様々なレゴリスのことを空想した。

金:
日が昇る前に目が覚めたので少し楽譜書き。
大規模なミニマル音楽を勝手気ままに書いているのだが、展開を急いでしまっているなぁと感じる。もっとじわじわと、シーンが変わったことに気が付かないくらいの展開速度で、それでも中毒性のある曲にしたいなぁと思っている。
日が昇ってからは慌ただしい日となった。

土:
今らながら月の位置が気になる。
満ち欠けとともに月の満ち欠けは変わっていくんだっけか?と頭の中で太陽系を広げて観測。
…、ちょっと訳が分からなくなったので天球を回転させる方向で考えて、ナルホド月は日々異なる位置から出て入ってるのだなと確信する。
0

2019/1/13

[第2週]停滞期  モブログ

日:ミノムシの日
布団にくるまってひたすらのんびり。(というかグッタリ…)
昔のアニメを飛ばし飛ばし見返したりしながら、ミノムシのように布団にくるまってぼやーっと一日過ごしてしまった。
でも、おかげで(?)口内炎がずいぶん良くなった!


月:息子の歌声
息子くんがよく歌を歌っていることに気がついた。
「おかあさんといっしょ」で聞いたことある歌や、保育園で教わったであろう歌。
音程感がイマイチなのだが、リズムは比較的正しいので曲を判別できる。


火:電車の遅延
なぜか電車が遅れていて、理由は構内放送でもスマホで調べても出てこない。
遅れてきた電車に鮨詰め(と言うより、英語のJam packedに近い)状態で帰る。

そんな帰り道、ひょっとして第三のビールよりも安価でそこそこの味の焼酎をノンアルコールビールで割る方が美味しい?(ホッピーは何故かノンアルより高い)などと考えてていた。
今度、金宮を手に入れたい。


水:神谷浩史さん
「プロフェッショナル -仕事の流儀」の録画を見る。
とても冷めた感じでご自身を客観的に捉え、努力を怠らない姿に尊敬。
そして、キャラクターや物語など作品がなければ成立できないご自身の仕事の内外に「自分の居場所」を探されている姿に感動。
僕の居場所はどこかなぁと考える。

夜、「手拍子の音楽(仮称)」のアイデアを思いつく。
思いつくままにどんどん作曲をしていくべき時なのかな?などと感覚的に思う。


木:またまたミノムシの日
最近、やたらとグッタリしてしまう。(やらなければならないことは沢山あるのに…。関係各位、スミマセン。)

YouTubeでQuizKnockというチャンネルを発見。
動画を見ながら、知識欲の旺盛さと知識の引き出しの正確な操作に驚いた。
サイトでは日々記事を書いていらっしゃるようなので、今度読んでみようと思う。


金:バタバタ
朝からバタバタと仕事に出かけ、夜遅くに帰宅。
ちょっと飲みすぎて就寝。
正月以来作曲ができていなくて、気になっている。作曲ってうーんって悩んだり面倒な作業でもあるんだけど、しないと禁断症状が出る気がしているので。


土:「思いっきり」不足
集中して何かを作るとか、そういう作業が不足している気がする。
思いっきりカレー作ったり、思いっきり運動したり、思いっきり何かしないと精神衛生上よろしくないと思うのじゃ。

-----

今週は「停滞してた」という印象が強かったですね。
無意識に沈んだ気持ちを外からの刺激で上向きになることを期待していたように思うけど、寧ろ内からの衝動で上向きにしていかなきゃいけないよな、と反省。
食べたいものを食べ、やりたいことをやり、そうして小さなことでもやれた事をバネに、やるべき事に手をつけていければと思います。

とりあえず、キンミヤ買って楽譜書いて、食べたいものは我慢せず食べようーっと。
0

2019/1/4

謹賀新年  モブログ

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年はもう少しこのブログも更新頻度を上げたいなと考えておりますが、はてさて…。


2019年が皆様にとって良い年となりますように。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/11/16

before / after 17 years  モブログ

仕事の帰り道。
ふと、息子が成人して一緒にお酒を飲む日のことを想像しようとした。
今、2歳の息子。
あと17〜18年後のことだ。

全く想像がつかないので、今から17〜18年前のことを思い出してみた。
2000年、或いは2001年の秋のこと。

その当時の僕に今の僕なんて想像できるはずがないように、今の僕に17年後のことなんて考えられないけれど、なんだろう。
そんな無茶苦茶未来の話でもないな、という気もしている。


作曲を趣味にして、初めてパソコンに触って、いろんな曲を書くようになりつつあったあの当時。
いろんな本を読んで、万物の共通点を見つけられれば、その応用で世界を俯瞰できると思っていたあの当時。
物事の繋がり方として1対1だけでなく、ネットワークという在り方について無知ながらワクワクしていたあの当時。


あの時の僕に今の僕は全く観測できないし、あの時の僕に今の世界は全く予測できないけれど、何故だろう。

あの時から今までの時間が経過すると息子が成人すると思うと、とてもあっという間な気がする。


そこでふと気がついた。
僕の二十歳から今までの時間と、今から息子の二十歳までの時間。
その真ん中がだいたい今くらいなのかな、って。


楽しみだな。
僕の未来も。家族の未来も。
そして何より、息子の未来が。
0

2018/10/3

「もんてん小学校楽器大行進vol.10」に思うこと  モブログ

この週末6日(土)に、両国門天ホールで『もんてん小学校楽器大行進vol.10』が開催されます。

第1回が開催されたのが2008年6月29日。
当初は、会場にマリンバなどの大型打楽器を用意することができない状況(費用面とかゴニョゴニョな理由で…)に絶望し、演奏者が楽器を持ち寄ることのできる範囲の小物打楽器曲を探したりもしていました。でもそんなマニアックな楽曲って、全然なかったのです。

そこから「ないものは作るしかない!」と腹を決め、小物打楽器二重奏を中心として沢山の曲を作って来ました。その数30曲以上!

アホな曲が多い傾向にありますが、どの曲もそのとき考えていたことなどを羅針盤にして書いて来ました。
また、様々な方に出演して頂き回を重ねることができ、昨今ではアホさがウケたのか?世間様に拙曲を知って頂けるようにもなった訳で、もんてん小が色んなキッカケになった訳で、本当にありがたく思っております。


あれから10年の月日が流れ、今年は10回記念の回となります。
というわけで(もないのですが…)、今回は特に気合を入れて打楽器チームの曲を作りました。

なんと演奏する曲全てが新作初演です!
こんなにたくさん曲を作っていると、以前にも使用した楽器で新しい曲を(例:またトライアングルの曲か…)、ということが当然起こります。
それは悪いことではないのですが、やはり「そんな楽器もありましたかっ!」という驚きや、「その楽器だけで演奏するってマジですか?」という所に斬り込んで行かねばと思いますし、自分がそもそも斬り込んで行きたい性分なのでしょうね。

今回も「は?」な楽器を使用した新曲をご用意しています。

全ては公演当日、簡単な楽曲の解説とその曲を書くに至り考えていたことなどをお話しさせて頂きながら、初演して行きたいと思っています。

14:30開場、15:00開演です。
ぜひお越しくださいませ!
(僕に連絡くださればチケット用意できます!)
http://www.monten.jp/20181006

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/8/16

近況報告  モブログ

こんばんは。
非常に珍しく「この場を暫く動けない」「陽は暮れた」「腹が減った」という条件が整ったので、勇気を出しておひとりさま夕飯をしてみました。
(珍しいのは「おひとりさま」で外食したということなのですが… 笑)※写真参照

非常にバタバタとした毎日を送っておりまして、たまたま数年前の自分の仕事(作曲)について調べなきゃ!と思ったらこのブログしか資料がなくて(苦笑)、改めて自分にとってこのブログの意義(というと大袈裟だけど)を痛感している次第です。

また自分には折木奉太郎くん(とある作品の主人公)のような「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」という要領の良さもなく、「やらなくて良いことも大いにやる。やらなければならないことは頑張ってやる!」という感じでやっておりますが、これ以上やるといろんな意味で大変なことになりそうだ…、と思ったりもする30代後半戦を勤しんでおります。


近況報告といたしまして、10月に「もんてん小学校 vol.10」の開催が決定しました。(チラシ見てね!)ありがたいことに長く続き、問題作(!?)を多数発表させていただいております。
もう小学10年生=高校1年生ですからね。(その辺は関係ないんですがw)
現在は鋭意作曲中!という感じです。


息子が生まれてから、「曲を作らなきゃ!」と思わなくても、思いついたらスケッチを書いて曲を書くように心掛けていたのですが、不思議なものでそういう時に思い浮かぶ楽曲というのは、「いや、そんな編成の曲やる人いないって!」と思うような楽曲ばかりなので困ったものです。
それでもスケッチしたものの中からいくつかのアイデアは曲に仕上げて発表できればと思っています。

のちに振り返った時ように書きますが、今スケッチしている中で最も「!?」な曲は、マリンバ十六重奏です。
『流花 - Flowers Flow Through Leonardo of Pisa -』という仮称も付けてありますので、もし未来に脱稿するようなことがあれば2018年にはスケッチ書いてたんだ!と自分が気づきますように。


閑話休題。
作曲で最近思ったことは、「何かのデータを音楽に落とし込む」「何か特別なルールを自ら定めてそのルールの中で作る」ということに自分は向いてないなぁ、と感じたことです。
前者は「音からデータに逆変換できる可能性があるかも!」と盛り上がっていた時期もありましたが、少なくとも逆変換したくなるような魅力的な変換方法を見つけることに自分は向いてないなと感じた次第です。
変換系の音楽を否定する意味ではありません。そのような手法で書かれた楽曲で好きな曲はいくつもあります。単に自分にはその素質がない!と思い知ったというだけのことです。誤解のないように。(それでも始末の悪いことに書いたり、描こうともがいたりはし続けると思いますが。)
そう言いながら先日1曲書きました。詳細はまた改めてお伝え(ここに記録)できればと思っています。

後者は「あらかじめ定めたルールが、曲を書きすすめるうちに足枷になってくる」という現象があるためです。
ルール設定が甘いのか、ルールに縛られたくないという潜在意識があるのか、書いていてふと「邪魔だな」と思う瞬間が来た時に、「ルールを守る vs 破る」ということを検討している自分がいるのです。大事な検討ですが、曲を書くために考えたルールにどこまで従うのが問題は、あまり難しく考え過ぎずに対処していくのがいいのかな?というのが現時点での考えです。


作曲はそんな感じですね。子育ては楽しくやっております。息子が可愛くて仕方のない親バカをやっております。

その他の様々なことにも、影ながら関わらせていただいております。
拙曲を多くの方に演奏していただいたり、録音・録画・ステマネなどのお手伝いをさせていただいたり、エキストラでお手伝いをさせていただくこともありました。

今週末も毎年お世話になっているバッカス・マンドリーノさんのコンサートでお世話になります。
とても楽しみです。

さて、そろそろやることやらないとね。
それではまた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/8/12

音の手ざわり  モブログ

最近、漠然とだけれど「耳が悪くなったなー」と感じている。

別に難聴とかではないし(健康診断の聴力検査も余裕でクリアしています。実は子供の頃、耳が弱くてあんまり聞こえない時期があったこともあるのですが…)、単に「経年劣化(=老化)だな。」と受け入れられる範疇なのですが、そのこと自体をちゃんと受け入れられることは一つ大事なことかなぁと思ってもいます。

あ、コレ、気のせいかも知れないです。
先日、電気屋のハイレゾ対応プレイヤーで音を聴いてその艶やかさに圧倒されたりもしたので。


ただ、音を感じることについて、耳に頼りすぎないというか、音を聴いて匂いや色を感じるように他の感覚でも補っていくことで、より色んな味わいが持てるかなー?などと考えたりしています。

僕の場合、音に「手ざわり」のようなものを感じるので、そちらの感覚を鍛えようかしら?なんて考えています。


あ、HPを更新しましたのでよろしければ確認してみてくださいまし。
よりローテクなサイトにしてみました(苦笑)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ