2012/2/27

第20回 広島WASコンテスト  CW 国内
第20回 広島WASコンテスト
開催日時:2012年2月25日(土) 21:00 〜 2月26日(日) 17:00 JST
規約: URL:http://www.hs-contest.org/was-2012/rule.html
使用周波数帯: 周波数 月日 運用時間
        1.9MHz 2/25 21:00〜24:00(3H)
        3.5MHz 2/25 21:00〜24:00(3H)
        7MHz 2/26 13:00〜17:00(4H)
        14MHz 2/26 09:00〜12:00(3H)
        21MHz 2/26 09:00〜11:00(2H)
        28MHz 2/26 08:00〜10:00(2H)
        50MHz 2/26 09:00〜12:00(3H)
       144MHz 2/26 09:00〜12:00(3H)
       430MHz 2/26 10:00〜12:00(2H)
       1200MHz 2/26 10:00〜12:00(2H)

 25日、21:00から運用を開始する。この時間帯は3.5MHz1.9MHzで運用できる。1.9MHzはアンテナが無いので3.5MHzに出る。
 結構にぎやかであるが、呼び合いになっているのでなかなか応答が得られない。時々CQを出してみるが電波が弱いのかほとんど呼ばれない。とにかく聞こえる局を順次呼んでゆく。
 くたびれたので23:15で今夜の運用を終わる合計36QSO。QSOできたマルチQM08・3513・PM95・PM86・PM65・3512・PM74・350106・PM85・3502・PM75・350101・PM94・PM96・PM84・PM97・3514・PM64・PM53・3508

 26日朝08:10頃から運用を開始する。この時間帯で運用できるのは28MHzだけである。しばらくワッチするがほとんど信号は聞こえてこない。3局(いずれもPM74)とQSOできただけで朝食のため一休みする
 09:15から運用を再開する。この時間帯は14・21・28・50・144MHzで運用ができる。まず、21MHzに出る。あまり信号が聞こえてこないのでCQを出しているとN6TI(DM13)に呼ばれる。30分ほどで6局とQSOできただけ。09:35から14MHzに変わる。
 14MHzJA7/8が強力に聞こえるほかは信号が弱くノイズも多いのでコピーが難しい。時々50MHz144MHzを覗くが全く信号は聞こえてこない。
 12:00午前の部が終了する。合計70QSO
 QSOできたマルチ28MHzPM74
 21MHz3508・PM74・DM13・OJ88
 14MHz3502・QN03・QM08・PM74・3508・PM51・PM84・OJ88・PM75・PN53・PM98・PM95・DM13・350101・PM53

 午後13:00から運用を開始する。この時間帯は7MHzだけである。さすがににぎやかであるがお互いに呼び合いになっているのでなかなか応答が得られない。そこで比較的に空いているバンドの高いほうでCQを出す。
 1時間もすると聞こえるのはQSOした局ばかり、の状態になったのでしばらくは同時に開催されている「UBA DX Contest」に主力を置く。
 コンテスト時間が残り少なくなったので16:30から運用を再開する。新しい局を探して順次呼んでゆく。その内にコンテスト終了の17:00となる。合計130QSO
 その後QSOできたマルチ7MHzPM75・PM95・3513・PM74・PM86・QM08・3508・PM53・PM96・PM94・PM84・PM63・QM09・PM85・3512・PM42・PM97・PM98・PM64・350107

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 広島県外 シングルオペ マルチバンド (G-M)
214 Pts x 60 市郡区/GL = 12840
Clamed Score: 12,840 Points

得 点: 県内局との交信: 5点
      県外局との交信: 1点
          ※県外局同士の交信も有効。また、海外局との交信も有効。
          同一バンドにおいて同一局との交信は電信・電話・デジタルそれぞれ1交信ずつ有効
マルチプライヤー: 異なる広島県内の市郡区ナンバー及び、異なるGL数。
              但し、バンドが異なれば同一市郡区/GLでもマルチとする。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ