2014/8/18

第35回KCJコンテスト  CW 国内
第35回KCJコンテスト
開催日時: 2014年8月16日(土)21:00 〜 17日(日)21:00
規約: URL:http://www.kcj-cw.com/contest/14_kcj_contest_rule_j.pdf
        http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/club-info.htm#aug
RULES: URL:http://www.kcj-cw.com/contest/14_kcj_contest_rule_e.pdf

 16日夜、21:00から7MHz運用を開始する。同時に「Russian District Award Contest」が開催されているが、このコンテストに専念する。
 聞える局を順次呼んでゆく。一通りQSOしてから3.5MHzに変わるが、あまりQSOできないので、すぐに7MHzに戻る。
 22:00で今夜の運用を終わる合計22QSO。QSOできたマルチ3.5MHzCB・SI・KN・HG・HS7MHzGF・NI・NS・CB・KN・OS・ST・TK・AC・IB・AS(BA4TB)・NA(K6XX)

 17日朝07:00から運用を開始する。14MHzを覗くと2・3信号が聞えるので、しばらく14MHzに出る。
 一通りQSOしてから7MHzに出る。全国的に開けており、やはり一番効率が良いようである。一通りQSOしてからは専らCQを出す。
 08:15で朝食のため一休みする合計71QSO。QSOできたマルチ7MHzKA・KT・EH・HG・HS・TT・SI・MG・NR・OY・SG・ME・IT・TY・IK・NN・FO・SO14MHzGF・MG・ST・SG・HS・IS・RM・FO

 朝食後09:30少し前から運用を再開する。Eスポが発生しているのかハイバンドが好調なので、14・21・28MHzを行き来する。
 正午合計142QSO。その後QSOできたマルチ14MHzKG・YM・OS・TK・CB・KN・IB・NI・IT・NR・NA(K6XX)・AS(UA0CMG)・HD・AC・NS21MHzNS・NA(K6XX)・AS(JT1CD)・IS・GF・GM・HD・CB・FO・SG・HS・OS・KT28MHzAS(BA4TB)・HS・GF・IS

 午後13:30頃から運用を再開するが、まず、「Russian District Award Contest」のためDXバンドを覗きに行く。
 14:15頃からこのコンテストに専念する。引き続き14・21・28MHzを行き来する。
 17:20を過ぎるとハイバンドではあまり信号が聞えてこなくなったので7MHzに変わる。
 18:00から3.5MHzに出る。夕食時合計212QSO。その後増えたマルチ3.5MHzST・MG・OS・AC・TY・OY7MHzGM・YM・IS・HD14MHzON・GM・TT・EH・SO21MHzMG・OM・EU(UA1AFT)・TC・IT・YM・ON・NR・TK・ST

 夕食後20:00から運用を再開する。引き続き3.5MHzに出る。
 あまり局数が伸びなくなったので20:30頃から7MHzに変わる。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計242QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ3.5MHzTT・GF・TK・NI・NS・EH・KT・NN7MHzYN

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 個人局 マルチバンド
310 Pts x ( 101 都府県振興局 + 8 大陸 ) = 33790
Clamed Score: 33,790 Point

得 点:  国内局…バンドごとに異なる国内局との交信1点・国外局との交信5点
       国外局…バンドごとに異なるJA局との交信1点・それ以外は0点
マルチプライヤー: 国内局:バンドごとに異なる都府県振興局・大陸の数
             国外局:バンドごとに異なる都府県振興局の数

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ