2014/11/24

第35回オール九州コンテスト  CW 国内
第35回オール九州コンテスト
開催日時:2014年11月22日(土)21:00 〜 23日(日)15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/fukuoka/2014%2035th%20ALL%20KYUSHU%20CONTEST%20KIYAKU.pdf
          http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1411.htm#1122kyushu

 22日夜、21:00、同時に「LZ DX Contest」がスタートしたので、まずこのコンテストに出る。ところがコンディションが悪く、ほとんどQSOできないので諦めて、以後は「オール九州コンテスト」に専念する。
 まず、7MHzを覗くが全く信号は聞えてこない。すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzは賑やかでJA6も何局か聞える。しかし、全国から呼ばれているので全く歯が立たない。コンテストバンド上の方で何とか局数を伸ばす。
 23:00で今夜の運用を終わる合計14QSO。QSOできたマルチ3.5MHz4616・4007・4201・4205・400103・4712・41003・400106・402106・4404・4036・43010・4504

 23日朝06:00から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るがあまり信号は聞えてこない。1局とQSOしただけで7MHzに変わる。
 まず、ヨーロッパ方面に開けるのを期待して「LZ DX Contest」に出るが、あまり信号は聞えてこない。4局とQSOできただけで諦めて、以後は「オール九州コンテスト」に専念する。
 国内局はあまり聞えない。聞えても信号が弱い。06:20を過ぎてJA6GCEのCQが聞こえ出す。
 06:40を過ぎて何局かのJA6の「CQ TEST」が聞こえ出すが信号はまだ弱い。
 07:00を過ぎると信号も強力となり、賑やかになってくる。
 07:4514MHzを覗くと信号は弱いが2・3JA6が聞える。何回か呼んで何とかQSOできる。
 08:00で朝食のため一休みする。合計34QSO。その後QSOできたマルチ7MHz43010・4712・4504・4201・4626・4616・4024・4306・4601・4404・4105・4415・4020・40010614MHz400106・4626

 朝食後は、09:50から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来する。7MHzは次第に聞えるのはQSOした局のCQばかり、の状態となる。
 10:20頃、28MHzを覗くとJK6SEWのCQが聞える。呼ぶとすぐに応答がある。しばらくワッチしていると聞えなくなったので21MHzに変わると、同じくJK6SEWのCQが聞える。呼ぶとすぐにQSOできる。同様に14MHzでもQSOできる。
 その後は14MHzでワッチを続けるが信号はあまり聞えてこない。ノイズが多く、コピーができないこともあるが、こちらの電波が届かないことも多い。
 正午合計48QSO。その後増えたマルチ7MHz4032・40005・4501・4001414MHz4712・4211・4616・43010・4202・4600521MHz4616・4301028MHz4616

 午後13:30から運用を再開する。7MHzQSOした局と管外局のCQばかり。14MHzをメインにしてワッチを続ける。
 14:00を過ぎると21MHzや28MHzDX局が聞こえ出したので「LZ DX Contest」に主力を置いて、時々国内コンテストバンドを覗きにくる。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計55QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ14MHz4201・4302・4701・40005、だけ。

   結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 電信部門 シングルオペレーター マルチバンド (XCSM)
55 Pts x 46 市郡区 = 2530
Clamed Score: 2,530 Point

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ