2015/5/4

ARI International DX Contest  Digi/CW DX
ARI International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 2 to 1159Z, May 3 (May 2 21:00 - May 3 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.ari.it/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=250&Itemid=270&lang=en

 2日夜、1200 UTC から運用を開始する。各バンドをチェックすると21MHzでヨーロッパ方面に開けているので、21MHzに出る。
 21MHzCWよりもRTTYの方が賑やかなので、まず、RTTYに出る。主催のイタリアの局も何局か聞えるので順次呼んでゆく。
 30分ほどしてCWに変わる。こちらも賑やかになってイタリアの局ともQSOできる。
 1300 から「7th Call Area QSO Party」が始まったので、しばらくは「7th Call Area QSO Party」に主力を置く。
 1415 ごろに今夜の運用を終わる合計16QSO。QSOできたマルチ14MHzUA921MHzTN・VR・DL・TV・GE・UR・UA9・FI・VE・MI・CN・UN・CT・JT・OH

 3日朝2030 から運用を開始する。14MHzでヨーロッパ方面に開けているので聞える局を順次呼んでゆく。しかし、すぐにこちらの電波が届かなくなったので、その後は「7th Call Area QSO Party」に主力を置く。2110 頃から一休みする
 2230 から運用を再開する。局数は少ないが2・3信号が聞える。呼ぶと何とかQSOできる。「7th Call Area QSO Party」を狙って時々21MHzと28MHzを覗きに行く。
 2330 で朝食のため一休みする合計24QSO。その後QSOできたマルチ14MHzVE・RN・4X・BM・CN・JA・LA21MHzYB

 朝食後0015 頃から運用を再開する。09:00から「東京コンテスト」が始まったので「東京コンテスト」に主力をおき、時々DXバンドを覗きに来る。
 正午合計27QSO。その後増えたマルチ14MHzYB・JT、だけ。

 午後は同様に「東京コンテスト」に主力を置いて時々DXバンドを覗きに来る。
 0600「東京コンテスト」が終わったので、その後はこのコンテストに専念する。
 0700 を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が好調となる。聞える局を順次呼んでゆく。
 夕食時合計55QSO。その後QSOできたマルチ21MHzS5・UA・YO・HA・LI・YL・SP・OK・ES・PR・UD・VI・OZ

 夕食後1025 頃から運用を再開する。まず、14MHzに出るが信号があまり聞えてこないので、すぐに21MHzに変わる。
 21MHzRTTYが好調イタリアの局ともかなりQSOできる。その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計73QSO。その後QSOできたマルチ14MHzES・K・9M621MHzPG・CS・AN・GW・BG・BE・FE・VO・F。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator - MIXED - LOW POWER
392 Pts x ( 28 Cntry + 23 Prov ) = 19992
Clamed Score: 19,992 Point

POINTS: 0 points per QSO with same country (but is good for the multipliers credit)
       1 point per QSO with different country same continent
       3 points per QSO with different continent
       10 points per QSO with I/IS0 stations
MULTIPLIERS: Each Italian province(110) once per band
          Each DXCC country(except I & IS0) once per band
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ