2007/7/31

RSGB IOTA Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 28 to 1200Z, Jul 29 (Jul 28 2100 JST - Jul 29 2100 JST)
RULES: URL:http://www.contesting.co.uk/hfcc/rules/riota.shtml


 28日21時からコンテストがスタート。ヨーロッパのビッグガンが2・3聞こえるがコンディションは悪いようである。また、マルチとなる「 Island 局 」がほとんど聞こえてこない。ということで数局とQSOしただけで今夜の運用を終わる。
 29日9時すぎから運用を開始する。コンディションは相変わらずで、近場しか聞こえない。そうこうするうちに10時30分頃から所用が入りわずか27局のQSOで運用を中止する。結局所用は21時過ぎまでかかってしまい、運用を再開することはできなかった。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single Op 12 hrs (Island CW Low)

クリックすると元のサイズで表示します

213 Pts x 9 Multi = 1917

Claimed Score: 1,917 Points
0

2007/7/31

第 26 回電通大コンテスト  CW 国内
開催日時: 平成19年7月28日17:00 - 20:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/ja1zgp/events/uec_contest/rule/rule_26.html


 28日17時7MHzで運用を開始する。20分ほどで聞こえている局と一通りQSOし、ほかのバンドを覗いてみる。14MHzが結構にぎやかなので、14MHzに変わる。
 14MHz20分ほどで聞こえる局はやり尽した感じなので、7MHzに戻る。
 電通大関係者も結構参加しているので楽しめる。夕食までに合計31局とQSO。
 夕食後も7MHzで運用。コンテストもあと30分となるとさすがに聞こえてくる局はQSOした局ばかり14MHz21MHzでマルチを稼ぐ。
 20時、コンテスト終了、合計58QSOとなった。

 結果は次のとおり;

Entry Class: オールバンド

クリックすると元のサイズで表示します

166 Pts x 40 Multi = 6640

Claimed Score: 6,640 Points
0

2007/7/24

DMC RTTY Contest  RTTY
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 21 to 1200Z, Jul 22 (Jul 21 2100 - Jul 22 2100 JST)
RULES: URL:http://www.digital-modes-club.org/dmccontest.htm

 21日21時から運用を開始する。14MHzをワッチするとUA3PABが「CQ DMC TEST」を出している。すぐにQSO成立。ヨーロッパが聞こえてくるのを期待するが、ほかには何も聞こえてこないので今夜の運用を終わる。
 22日10時頃から14MHz21MHzをワッチするが、コンディションが悪いのか、参加者が少ないのか、何も聞こえてこない。
 その後は「オホーツクコンテスト」や「オールJA5コンテスト」の合間に時々覗きに来る。午後から21MHzJG3FEAE21YDPとQSOができただけで局数はまったく伸びない。
 夕食後14MHzをワッチする。少しはコンディションが良くなったが近場ばかりである。7MHzVR10XLN7L4IOUとQSO出来ただけ。という状態でコンテスト終了の時間となり運用を終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-OP All-Band Low-Power

クリックすると元のサイズで表示します

11 Pts x ( 7 Cty + 2 Area ) x 3 Cnti = 297

Claimed Score: 297 Points
0

2007/7/24

2007 オールJA5コンテスト  CW 国内
開催日時: 2007年7月21日(土) 21:00 〜 7月22日 21:00(JST)
規約: URL:http://www2.ocn.ne.jp/~jarl/contest/07_ja5.htm

 21日21時コンテストがスタート。7MHzJA5MAJJR5CAGとQSOするも、スキップしているようで、JA1やJA7の局がしきりにJA5とQSOしているが、こちらでは「ここに信号があるかな?」という程度にしか聞こえないので、今夜の運用を終わる。
 22日9時30分頃から運用を開始する。当初は7MHzでは信号が弱く、QSOが困難であったが、10時を過ぎると信号も強くなってくる
 ところが使っている「zlog」の「data file」が古いためか、入力を受け付けないことがあり、手間取るので、ログをいつも使っている「RTCL」に変更する。

クリックすると元のサイズで表示します
並列立上げした「zlog」の画面

クリックすると元のサイズで表示します
「RTCL」の画面

 午後からは14MHz21MHzでもJA5強力に聞こえ出し、局数が伸びる。15時には合計22局とQSO。
 15時を過ぎると14や21MHzでは信号が弱くなり7MHzに変わる。しかし聞こえてくるのは同じ局ばかりで局数は伸びない。
 夕食後14MHz・RTTYのコンディションが良くなってきたので、「 DMC RTTY Contest 」に専念し、このコンテストの運用を終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 個人 マルチバンド 電信

クリックすると元のサイズで表示します

26 Pts x 23 Multi = 598

Claimed Score: 598 Points


0

2007/7/24

第31回オホーツクコンテスト  CW 国内
開催日時: 2007年7月21日(土)18:00〜22日(日)21:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0707.htm#0721abashiri

 21・22日は「 DMC RTTY Contest 」「オホーツクコンテスト」「オールJA5コンテスト」等が開催される。
 「オホーツクコンテスト」と「オールJA5コンテスト」が時間的のもほとんど重なるので、今回は重複立上げが可能な「zlog」を使って、「オホーツクコンテスト用」と「オールJA5コンテスト用」を立上げ、同じ画面に並列に配置してコンテストに備えた。
 21日18時、まず「オホーツクコンテスト」がスタートする。7MHzをはじめ14から50MHzまで各バンドをワッチするが何も聞こえない。そうこうする内に「 DMC RTTY Contest 」と「オールJA5コンテスト」もスタートする21時になる。
 まず、14MHz・RTTYをワッチ。1局だけQSO7MHzから144MHzまでワッチしてJA5JA8を探す。
 21:187MHzで「CQ OKH TEST」を出すJA8JXCを発見、直ちにQSOする。その後JA53局QSOするが、ほかに聞こえてこないので今夜の運用を終わる。

 22日9時30分ごろから運用を開始する。今日は14MHz21MHzJA8が聞こえる。しかし、「zlog」の調子がおかしいので、途中だが、使い慣れた「RTCL」に変更する。コンテストの切り替えが面倒であるが、やはり運用が楽である。
 昼までに14MHz3局21MHz3局とQSO。
 その後はJA5がよく聞こえだし、夜はRTTYのコンディションも少し良くなって、このコンテストでは1局も局数が増えず、コンテストの終了時刻21:00になる。
 やはりローカルコンテストでは管内局の参加数が問題である。期間中通して聞こえていたのは「JA8JXC」だけであった。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 個人 マルチバンド 電信

クリックすると元のサイズで表示します

7 Pts x 6 Multi = 42

Claimed Score: 42 Points
0

2007/7/18

第11回ALL滋賀コンテスト  CW 国内
開催日時: 平成19年7月16日(月・祝) 10:00〜15:00 (JST)
               7MHz: 11:00〜12:00,13:00〜15:00
               14,21MHz: 10:00〜11:00,14:00〜15:00
50MHz: 11:00〜13:00
144,430MHz: 12:00〜14:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0707.htm#0716shiga

 16日10時、コンテストのスタートである。このコンテストは時間によって運用できるバンドが決められている10時からは14MHz21MHzである。
 まず、14MHzで運用を開始する。全国的に聞こえるが、参加局は少ない。1042滋賀県の局、JJ3JHPとQSO出来たので、21MHzに変わる。こちらもそこそこ開けているようであるが、参加局は少ない。14・21MHzで合計12局とQSO。
 11時からは7MHz50MHzで運用できる。まず50MHzに出る。早々に滋賀県JH3XCU/3とQSO出来たので、4局のQSOで7MHzに変わる。
 やはり参加局は一番多い。12時までに12局とQSO。滋賀県JA3BLN/3ともQSOできる。
 昼食後144MHzに出る。滋賀県JA3APUが聞こえるが、何回も呼ぶも応答なし。アンテナが軒先よりも低いし、ビームが東を向いたままなので仕方がない。(滋賀県の方向は東北)それでも呼び続けるとついに応答があり、「参加バンドの1/2以上のバンドで少なくとも1局以上の県内局と交信が必要」の条件をクリアすることができる。
 その後は主に7MHzで運用し、終了の15時を迎える。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 県外局 電信 シングルオペレーター マルチバンド

Band Qsos Pts Multi1 Multi2
7MHz 27 31 1 17
14MHz 8 12 1 8
21MHz 5 5 0 4
50MHz 4 8 1 4
144MHz 4 8 1 3
430MHz 2 2 0 2
------- ----- ---- --- ----
Total 50 66 4 38
----------------------------

66 Pts x 4 Multi1 x 38 Multi2 = 10032

Claimed Score: 10,032 Points

0

2007/7/18

2007年 第18回高等学校アマチュア無線コンテスト  CW 国内
開催日時: 2007年7月15日(日)0900JST〜1300JST
規約: URL:http://www.ishitani.com/h-test.htm

 15日9時IARU HF World Championship」を中断して7MHz・CWに出る。JA0DVEが「CQ HS TEST」を出している。直ちにQSO。
ほかの局が聞こえてこないので「CQ HS TEST」を出す。5局ほど続けて呼ばれたが後が続かない。0922高校局JQ1YCK/1」を発見、続いて「JA1YOU」と2局の「HS」局とQSO。
 後は新しい局が聞こえないので、JAとのコンディションが良かった21MHzで「CQ HS TEST」を出す。JA7ZPが呼んできたので「59925C」を送ると何か驚いたように一瞬遅れて「59903C」とレポートをくれる。
 その後、2局ほど呼んできたが「IARU」と勘違いしているようで「59945」とナンバーを送ってくる。今度はこちらが慌てて手送りで59945」と送りなおす。結局1局は無理やり「HS TEST」のQSOにしてしまったが、後は「IARU」のQSOとする。
 これで21MHzの運用をあきらめ再び7MHzに戻る。しかし新しい局が聞こえてこないので、時々7MHzを覗きに来ることとして、「IARU」に戻る。
 結局、合計12局でコンテストを終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 一般 シングルオペレーター マルチバンド

Band Qsos Pts Multi
7MHz 12 36 10
21MHz 1 3 1
50MHz 0 0 0
144MHz 0 0 0
430MHz 0 0 0
------- ----- ---- ---
Total 12 39 11
-----------------------

39 Pts x 11 Multi = 429

Claimed Score: 429 Points
0

2007/7/18

IARU HF World Championship  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 14 to 1200Z, Jul 15 (Jul 14 2100 JST - Jul 15 2100 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/contests/rules/2007/iaru.html
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2-6_stations/iaru-test2007.htm

 14日 1200UTC スタート。まず14MHzOH1VRRA3UTがQSOでき、幸先が良い。しかしコンディションはいまひとつ。
 7MHzを覗いた見るが、こちらも近場だけ。しばらくは14MHzでがんばることにする。1400 ごろまでに、9V1YC・UA4LU・JT1DA・9M2CNC・OL7T・RD3A・RL3A 等とQSO。
HQ局ではHL0HQ(KARL)・EM5HQ(UARL)・HS0AC(RAST)・R9HQ(SRR)・YL4HQ(LRAL)・LY0HQ(LRMD) 等とQSO。
 1400 頃から7MHzW6あたりが聞こえだしたので7MHzに変わる。9V1YC・NA8O/AH0・ZL1V・ZM2B それに 8N3HQ(JARL) 等とQSO。
 1430 頃からは再び14MHzに出る。ヨーロッパが開けだしたが、マルチが ITU Zone なのでスコアはあまりあがらない。HQ局では B1HQ(CRSA)・SN0HQ(PZK)・OE1A(OVSV)・EK0HQ(FRRA)・OL4HQ(CRC)・OM7HQ(SARA)・S50HQ(ZRS) 等とQSO。
 珍しく夜中過ぎまで運用して1555 に今夜の運用を終わる。QSO局数はやっと92局。「250 QSO 」または「75 Multi 」で「 Achievement level award 」が得られるが達成できるかどうか、微妙なところである。

 15日朝2030 頃から運用を開始する。7MHz LR4A(RCA) とQSOできるがほかはJA・HL・BYだけである。2055 21MHzでJF3EIG Op 8N3HQ とQSO。ほかは B5HQ(CRSA) だけ。コンディションは良くない。
 2400 までは14MHzで運用。8N1HQ(JARL)・NA8O/AH0・KG6DX・YE1ZAT・E21EIC・DU3NXE 等近場ばかり。ちょっと変わったところでは UA0YAY(Zone:42) くらい。
 午後からは21MHzをメインにして時々14MHzと28MHzを覗きに行く。21MHzでは E21EIC・RZ0IWZ(Zone:25)・HL0HQ(KARL)・NA8O/AH0・KG6DX・VR2BG・BV0HQ(CTARL)・E21EJC・VK7GN 等。28MHzではJA・HLのほか HL0HQ(KARL)、14MHzでは K0RF・KC7V ができただけ。1630 154QSO。250QSOまであと100QSOも必要、前途多難である。
 その後夕食まで主に14MHzに出てJAで局数を稼ぐ。211QSOとなり、250QSOにも目鼻がつく
 夕食後7MHzに出る。こちらもJAが主で、LW4EU・KL3R・PS2T・RN9S(Zone:30)・ZL6A(NZART)・PP5IZ 等とQSOできる。
 1117 N7WA250QSO達成。DUP等があるのであと10QSOくらいは必要と思われる。1150 AA6XVとのQSOでコンテスト終了261QSOの結果となった。DUPやミスコピーなどを差し引いても何とか250QSOは達成できたと思われる。マルチ71で75マルチには及ばなかった。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-OP CW-only Low-Power


クリックすると元のサイズで表示します

761 Pts x ( 45 Zones + 26 HQ stns ) = 54031

Claimed Score: 54,031 Points

0

2007/7/10

第17回鹿児島コンテスト  CW 国内
開催日時: 平成19年7月8日(日) 09:00〜21:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/kagoshima/contest/

 8日9時からコンテストのスタートである。「DL-DX RTTY Contest」や「6m AND DOWN コンテスト」の合間にCWバンドをワッチするが何も聞こえない
 10:0514MHzJH6QILとQSO。その後11時過ぎに21MHzJH6QILJM6EKY14MHzで県人局のJQ6JWLとQSO。
 その後は「6m AND DOWN コンテスト」に専念。16時過ぎからは7MHzをワッチするも何も聞こえず。16:55にやっとJQ6JWLとQSO。合計5QSOで運用を終わる。
 「オール青森コンテスト」もそうであるが、参加局を増やす意味でも、「6m AND DOWN コンテスト」のような全国的なコンテストと時間的に重ならないようにしてほしいものである

 結果は次のとおり;

Entry Class: 県外局 シングルOP マルチバンド 電信

クリックすると元のサイズで表示します

5 Pts x 5 Multi = 25

Claimed Score: 25 Points

0

2007/7/10

第37回 6m AND DOWN コンテスト  CW 国内
開催日時: 2007年7月7日(土)21:00 〜 8日(日)15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm

 7日21時、コンテストのスタートと同時に430MHzで運用開始。20分ほどで聞こえている局は全部QSOした感じなので144MHzに変わる。QSOしたマルチは22・24・25・37
 22時ごろまで運用して今夜の運用を終わる。144MHzでQSOできたマルチは19・20・22・24・25・27
 8日6時少し過ぎから運用を開始する。昼までに合計75QSO。QSOできたマルチ50MHz26・22・27・111・31・25・107・30・29・35・19・09・24・103144MHz35・33・21・09・26430MHz35
 午後からは主に50MHzで運用したがマルチはほとんど増えない。合計94QSOで運用を終わる。軒先よりも低く、東を向いたままのアンテナではこんなところか。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 電信 シングルオペレーター オールバンド

クリックすると元のサイズで表示します

94 Pts x 35 Multi = 3290

Claimed Score: 3,290 Points
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ