2007/11/30

「第28回KCJコンテスト」結果発表  
開催日時: 2007年8 月18 日(土)2100〜19 日(日)2100 (JST)
規約: URL:http://www.jh3hgi.net/kcj/contest/07_kcjtest_rules.pdf
関連ページ:http://diary.jp.aol.com/contest/89.html

 本日、KJCから「第28回KCJコンテスト」の結果が掲載された会報「ザ・キー」の pdf ファイルが送られてきた。

 私の順位は 52/126 とのこと。まずまずである。


*** KCJ Contest 2007 Results ***

Multi Band CLMD Final Results I U R R M M N T W O No
rank CALL QTH QSO Pts Mul Score M M R S R S F M C F Log
--------------------------------------------------------
1 * JH4UYB HS 577 547 205 112135 0 5 0 0 0 0 3 0 0 1 105
2 * JA0FVU NI 452 400 142 56800 1 4 0 0 1 1 5 0 0 0 104
3 * JI1RXQ IB 390 387 143 55341 0 3 0 0 0 2 6 1 1 1 65
4 * JA8AJE IS 371 370 146 54020 1 0 0 0 1 3 4 1 0 0 55
5 * JA0CGJ NI 366 355 147 52185 2 3 0 0 0 1 8 0 0 0 61
6 * JF1OIJ CB 395 359 140 50260 5 2 0 0 3 0 10 0 2 0 70
7 + JJ1KXB TK 366 347 141 48927 3 1 1 1 0 4 1 0 0 1 59
8 + JR3KQJ HG 374 342 140 47880 1 2 0 0 1 2 5 0 0 0 65
9 + JA1XEM TG 304 326 133 43358 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 39
10 + JA1CP KN 319 288 122 35136 2 2 0 0 0 1 2 2 0 0 58
       
52 JA3JM OS 133 116 55 6380 1 1 0 0 2 3 2 0 0 0 20
126

表中の記号説明

clmd QSO : 照合前の申請スコア final Score :照合後の確定スコア
IM : 相手局コールのミスコピー
UM : コールをミスコピーされた
RR : 受信RST の不一致
RS : 送信RST の不一致
MR : 受信マルチコードの不一致
MS : 送信マルチコードの不一致
NF : 相手のログに交信記録なし
TM : 時刻差10 分以上
WC : 交信ポイントまたはマルチの重複計上
OF : コンテストルール違反
nolog : 相手局はログ不提出

 全体の結果はこちらで


 レポートしていた内容は次のとおり;

Entry Class: マルチバンド

Band Qsos Pts Mult1 Mult2
3.5MHz 0 0 0 0
7MHz 76 96 30 1
14MHz 48 64 21 3
21MHz 9 13 7 1
28MHz 0 0 0 0
------- ----- ---- --- ----
Total 133 173 58 5
----------------------------

173 Pts x ( 58 Mult1 + 5 Mult2 ) = 10899

Claimed Score: 10,899 Points
0

2007/11/28

CQ Worldwide DX Contest, CW  CW DX
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 24 to 2400Z, Nov 25 (24 Nov 0900 JST - 26 Nov 0900 JST)
RULES: URL:http://www.cq-amateur-radio.com/CQWWDXContestRules8407.pdf

 24日9時前から各バンドの状況をチェックする。28MHzは何も聞こえない、21MHzLUがCQを出しているほか2・3の信号が聞こえる。14MHzはW6・7等が聞こえ結構にぎやかである。試しに21MHzのLUを呼んでみると即応答がある。0000 UTC になるとこのLUがLS1Dとコールサインを代えてCQを出し始める。そこで運用開始を21MHzに決めてLS1Dを呼ぶ。続いてAH2R・DU3NXE・KH6YR・KH7XとQSOするが後が続かない。20分ほどして14MHzに切り替える。
 14MHzW6・7のほかT88WV・9M2CNC・9V1YC・9M6XRO・T88RJ・XE2GG・9M8YY・HS0ZAR・LU7KAT・T88FY等とQSO。
 0130 からは21MHzに出る。BY・KH2・VR2等のほかJT1CO・ZL1BYZ・LT1F・JT1T・LU7HN・9M50MP・HS0ZAR・VK2NUなどとQSO。昼食までに合計87局

 午後からは14MHz21MHzを行ったり来たり。0430 を過ぎると14MHzヨーロッパが聞こえ出す。主なところは21MHzE51A・UN5J・XW1A・S21ZDX・UP1G・T88FY・T88RJ・9M6XRO等。14MHzV73NS・VK9AA・ZL1BYZ・LU7YZ・9M6AAC・4L8A・LU8YE・UV2L・CX5BW・ZX3S・ER0WW・E51A・C4N等。
 0730 からは7MHzに出る。W6・7・KH6等のほかはLT1F・T88RJくらい。夕食までに合計184局とQSO。

 夕食後も引き続き7MHzに出る。BY・HL・UA0/9・W6/7等のほかはVK1AA/4・HC8N・RU1A・LU1DK・RL3A・ZL1BYZ・ZL4PW・OH2BH・OF8X・SP4Z・YC1KAF・T88WV等、1100 を回るとヨーロッパともQSOが出来る。少しくたびれたので 1430 で一寝入るする。合計250QSO。まずの目標、400QSOは達成できそうである。

 その後 1600・1830 におきだしてそれぞれ1時間ほど運用する。ちょっと変わったところではHS0ZAR・SV9CVY・4O3Aくらい。合計280QSO

 25日6時過ぎに起きだす。7MHzはフェードアウト寸前でQSOできたのはOM7MB1Cのみ。14MHzに変わる。
 14MHzゾーン4まで開けている。ゾーン5K3LRのみ。昼までは主に14MHzで運用。ちょっと変わったところではV85SS・XU7MWA・HC8N・9M6YBG・XW1B21MHzT88WV・LP3Uくらい。合計332QSO

 午後からは28MHzに出る。B1Z・WH2D・XW1A・AH2RとQSO。その後21MHz3W3W・VK4TT・VK3TDX等とQSOして 045614MHzに変わる。
 その後順調に局数が伸び、夕食前で411QSO。何とか初期の目標を達成。しかしマルチが増えずスコアは昨年をかなり下回っている

 夕食後7MHzに出る。少し変わったところではCW6V・9M6XRO・XW1Bくらい。
 夜中は 16201900 頃に起き出す。DK9IPでやっとゾーン14が出来る。そのほかTC3A・E7/9A8A・IH9R(ゾーン33)・IR4Xくらい。合計453局となる。

 26日朝は目がさめると8時少し前。21MHzでまだWが出来ていないので21MHzに出る。W6・7のほかはKH7XZX5Jだけでコンテスト終了の 2400 となる。合計464局。デュープがあるので合計457局となる。

 結果は次のとおり;(昨年より5000点ほど少ない。)

Entry Class: Single-Op All-Band Low-Power

クリックすると元のサイズで表示します

1067 Pts x ( 131 Ctry + 68 Zone ) = 212333

Claimed Score: 212,333 Points

0

2007/11/27

「DL-DX RTTY Contest」 結果発表    
 
CONTEST PERIODS: 1100Z, Jul 7 to 1059Z, Jul 8 (Jul 07 2000 JST - Jul 08 1959 JST)
RULES: URL: http://drcg.de/index.php?option=com_content&task=view&id=24&Itemid=36
関連ページ:http://diary.jp.aol.com/contest/71.html

 「DL-DX RTTY Contest」の結果が発表された旨のメールが届いた。結果は pdf ファイルで添付されていたが、その一部を紹介する。
 私の順位は 119/123 、参加するのに意義がある??

Contest Result 2007

Category C (Single OP, All Band, Limited Antennas, one TRX)

Place Class Call Operator QSO's QSO-Poi. DXCC's Area's Point's
1 C YZ1DZ 748 8662 130 27 1359934 1. WW, 1. EU, 1. YU
2 C DJ6BQ 619 6664 155 23 1186192 2. WW, 2. EU, 1. DL
3 C SP6OJG 554 6303 136 26 1021086 3. WW, 3. EU, 1. SP
4 C OK1WCF 498 5530 136 18 851620 1. OK
5 C HI3T 578 7505 73 37 825550 1. NA, 1. HI
6 C YL2TB 544 6167 112 8 740040 1. YL
7 C UT8EL 455 4989 118 9 633603 1. UR
8 C RX3ZX 455 4941 113 11 612684 1. UA
9 C DK1WU 438 4522 116 15 592382 2. DL
10 C SA5N SM5NBE 458 5173 103 8 574203 1. SM


95 C G8UYD 86 944 26 3 27376 2. G
96 C IK2NCF 67 728 37 0 26936
97 C VE3KAO 75 800 16 17 26400 2. VE
98 C 7N2UQC 76 795 22 11 26235 1. JA
99 C SP6NVK 73 769 33 1 26146
100 C RA0ACM 62 815 19 8 22005 3. UA9
101 C RV3DCZ 64 665 31 0 20615
102 C SM5OSZ 70 788 26 0 20488 3. SM
103 C DL8DZV 57 582 31 4 20370
104 C N1WQ 67 510 18 21 19890
105 C VE7HL 66 630 8 21 18270 3. VE
106 C OK1KMG OK1ULE 49 550 27 2 15950
107 C ZP9EH 45 675 19 3 14850 2. SA, 1. ZP
108 C UN7CN 43 600 20 2 13200 1. UN
109 C SP3NYR 52 545 24 0 13080
110 C DJ3EF 45 453 27 0 12231
111 C K0LDS 77 450 7 17 10800
112 C UR8QM 57 595 18 0 10710
113 C JA2GHP 41 420 15 10 10500 2. JA
114 C W3TUA 46 340 12 17 9860
115 C JH4GLG 43 395 16 8 9480 3. JA
116 C LY2CV 36 414 17 1 7452 2. LY
117 C IZ5HQB 29 335 18 3 7035
118 C JG3FEA 30 285 12 6 5130
119 C JA3JM 25 260 11 7 4680
120 C SQ9AOR 25 288 11 1 3456
121 C DK3WJ 14 175 10 1 1925
122 C DO1BEN 15 144 12 0 1728
123 C VU2PTT 4 55 3 0 165 1. VU

  全結果はこちらで

 レポートしていた内容は次のとおり;


Entry Class: Single-Op All-Band Dipole Antenna

Band Mode Qsos Pts Cty Area
80M RTY 0 0 0 0
40M RTY 0 0 0 0
20M RTY 23 255 10 4
15M RTY 4 25 2 3
10M RTY 0 0 0 0
--------- ---- ----- ----- ----
Total 27 280 12 7
--------------------------------

280 Pts x ( 12 Cty + 7 Area ) = 5320

Claimed Score: 5,320 Points

0

2007/11/26

第28回 オール九州コンテスト  CW 国内

開催日時:2007年11月22日(木)21:00〜23日(金/祝)15:00
規約: URL:http://qshu.hp.infoseek.co.jp/ALLCON9.html
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0711.htm#1122kyushue

 23日10時30分頃から7MHzで運用を開始する。一見賑やかそうであるが、数少ない管内局に全国からパイルアップになっているだけ。15分もすれば聞こえる局はやり尽した感じ。そこで14MHzを聞いてみると沖縄の局2局聞こえる。九州本土の局は非常に弱くQSOできる状態ではない。沖縄の局とQSOしてまた7MHzに戻る。その後昼までに14MHzを覗いたりして14局とQSO。

 午後からは管内局が少し増えた感じで局数が伸びる。しかし、14時を過ぎると聞こえてくるのはQSOした局ばかりで新しい局はなかなか見つからない。そうこうしているうちにコンテスト終了の15時となる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 管外 電信 個人局 マルチバンド

クリックすると元のサイズで表示します

30 Pts x 26 Multi = 780

Claimed Score: 780 Points
0

2007/11/21

LZ DX Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 17 to 1200Z, Nov 18 (17 Nov 2100 JST - 18 Nov
2100 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/index.php/rules

 17日 1220 UTC 頃から7MHzで運用を開始する。コンディションは良くない。YC1KAF・UA3MIF・RK0AB等とQSOできるが1時間で4局のみ。諦めて一寝入りする。
 1400 から7MHzで運用を再開。HG7T・OF6M・RA3QN等ヨーロッパとQSOできるが、コンディションは非常に不安定でQSBもひどい。ピークでS9の局も谷では聞こえなくなる。その後 1650, 2030, 2250, 頃に起き出すがあまり局数は増えない。合計21局

 18日0000 頃から14MHzで運用を開始するが、コンテストへの参加局はまったく聞こえてこない。0053 にやっとYB0DPOとQSO。正午までにUA9・0が4局QSOできただけ。近場でのコンテスト参加局はほとんどいないようである。
 午後からは 0400 を過ぎるとヨーロッパが聞こえ出し、RG3K・RT4D・UN7FW・LZ9W・LY6A・RV3FF・RD3A・YT5T・YL5T・ES4RD・HG7T等とQSOできる。しかしマルチがITUゾーンなのでほとんどマルチが増えない。いろいろなゾーンがあるUA9やUA0のほうが有難い。
 0645 頃には21MHzRQ9I・RG3K・RD3AとQSOできるが他は聞こえてこない。その後も14MHzは好調で,LZ局もLZ9W・LZ9X・LZ2SXとQSO。夕食前までに合計76QSOとなる。

 夕食後7MHzに出るがコンディションが悪く、UA9・0が3局できただけでコンテスト終了の 1200 となる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: B - Single-Op Multi-Bands CW

クリックすると元のサイズで表示します

203 Pts x ( 23 Zone + 4 LZsec ) = 5481

Claimed Score: 5,481 Points
0

2007/11/21

「第33回JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト」結果発表  
第33回JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト
開催日時: [第1日目]…2007年8月11日(土曜日)
         28MHz    19:00〜20:00
         50MHz    20:00〜21:00
        144MHz    21:00〜22:00
        430MHz    22:00〜23:00
       1200MHz&UP 23:00〜24:00

  [第2日目]…2007年8月12日(日曜日)
       1200MHz&UP 08:00〜09:00
        430MHz    09:00〜10:00
        144MHz    10:00〜11:00
         50MHz    11:00〜12:00
         28MHz    12:00〜13:00
規約: URL:http://www.dental.gr.jp/web/jarl-nara/cont_07.htm
関連ページ:http://diary.jp.aol.com/contest/85.html

 何気なくJARL奈良県支部のサイトを見ると「JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト」の結果がアップされている。記事を書こうと思っているうちにJS3CTQさんに先を越されてしまった。(CTQさん入賞おめでとうございます。)
 28〜430MHzの4バンドのシングルバンドCWでログを送ったが、そのうち2部門で入賞
 奈良県は山の向こうで伝播的に中途半端なところで信号がお互いに弱く難しいところであるが、他に申請者が無く、入賞は「たなぼた」の感じである。


第33回 奈良V・UHFコンテスト結果 (2007年8月11日〜12日実施)

県外局
28MHz CW  
1 ● JA3JM 216
2 JH4JUK/4 1

50MHz CW  
1 ● JA3JM 1,100
2 JH4JUK/4 27
3 JA9XAT/3 1

144MHz CW  
1 ● JN3LQP 2,856
2 JA3JM 1,440
3 JH4JUK/4 8
4 JQ2CZJ 1
5 JA9XAT/3 1

430MHz CW  
1 ● JA3IUB 567
2 JA3JM 294

  全結果はこちらで

 レポートしていた内容;

Entry Class:  電信 シングルバンド

Band Qsos Pts Mlt1 Mlt2
28MHz 6 6 6 6 6 Pts x 6 Mlt1 x 6 Mlt2 =  216 Claimed Score: 216 Points

50MHz 11 11 10 10 11 Pts x 10 Mlt1 x 10 Mlt2 = 1100 Claimed Score: 1100 Points

144MHz 13 12 10 12 12 Pts x 10 Mlt1 x 12 Mlt2 = 1440 Claimed Score: 1440 Points

430MHz 7 7 6 7 6 Pts x 6 Mlt1 x 7 Mlt2 = 294 Claimed Score: 294 Points

0

2007/11/20

「第37回 6m AND DOWN コンテスト」結果発表  
第37回 6m AND DOWN コンテスト
開催日時: 2007年7月7日(土)21:00 〜 8日(日)15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm
関連ページ: http://diary.jp.aol.com/contest/72.html

 第37回 6m AND DOWN コンテストの結果が発表された。
 順位は参加した「電信部門シングルオペオールバンド」で、関西 7/13 である。

結果の一部

電信部門シングルオペオールバンド CA

 関西
1 JR3KQJ/3 418 × 100 41,800
2 JR3UIC/3 349 × 77 26,873
3 JS1PWV/3 317 × 72 22,824
4 JF3IYW/3 272 × 65 17,680
5 JH4PUL/3 207 × 53 10,971
6 JI3DNN/3 121 × 31 3,751
7 JA3JM 94 × 35 3,290
8 JI3OQO/3 66 × 26 1,716
9 JP3DVP/3 58 × 22 1,276
10 JN3ANO 51 × 20 1,020
11 JH3HGI 43 × 23 989
12 JP3ILG 16 × 11 176
13 JI3FHR 11 × 10 110

  全結果はこちらで

 レポートしていた内容は次のとおり;

Entry Class: 電信 シングルオペレーター オールバンド

Band Qsos Pts Multi
50MHz 38 38 16
144MHz 39 39 12
430MHz 17 17 7
1200MHz 0 0 0
2400MHz 0 0 0
------- ----- ---- ---
Total 94 94 35
-----------------------

94 Pts x 35 Multi = 3290

Claimed Score: 3,290 Points
0

2007/11/20

JA9コンテスト HF 2007 電信の部  CW 国内

開催日時:2007年11月17日(土) 21:00 〜 18日 (日) 15:00
規約:URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0711.htm#1102hokuriku

 17日21時、コンテストのスタートと同時に7MHzをワッチする。信号はほとんど聞こえない。1局かすかにJA9が聞こえるが、とてもQSOできる状態ではない。諦めてしばらく同時にスタートした「 LZ DX Contest 」に出る。
 その後も時々7MHzをワッチするがダメである。そこで3.5MHzを聞いてみると2・3局JA9が聞こえる。相変わらずアンテナがダメであるが、そのままで呼んでみる。かろうじて1局とQSOできるが、他はダメである。諦めて「 LZ DX Contest 」に専念する。

 18日8時ごろから運用を開始するが、7MHzはまだ開けておらず、3.5MHzに出る。昨夜と同様であるが何とか2局とQSO。その後はまた「 LZ DX Contest 」に専念する。
 10時を過ぎると7MHzJA9が聞こえ出し、11時過ぎまでで合計11局となる。

 午後からは「 LZ DX Contest 」の合間に時々7MHz14MHzをワッチするが新しい局はあまり聞こえてこない。14時過ぎまで運用して合計17局でコンテストを終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: シングルオペレーター マルチバンド

クリックすると元のサイズで表示します

17 Pts x 17 Multi = 289

Claimed Score: 289 Points


0

2007/11/14

第22回オール千葉コンテスト  CW 国内

開催日時:2007年11月 11日(日)(第2日曜日) 12:00-18:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl-chiba.com/

 11日13時頃から7MHz・CWに出る。20分ほど運用すると聞こえてくるのはQSOした局ばかり14MHz等ほかのバンドを聞いても何も聞こえてこない。
 その後「WAE DX Contest, RTTY」の合間に時々7MHzを聞くが新しい局はあまり聞こえてこない。
 夕方3.5MHzに出るが、やはりアンテナにうまく乗らないので2局とQSO出来ただけで、諦めて運用を終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: 県外部門 個人局 電信 マルチバンド

Band Qsos Pts Mulit
1.8MHz 0 0 0
3.5MHz 2 2 2
7MHz 15 15 13
14MHz 0 0 0
21MHz 0 0 0
28MHz 0 0 0
---------------------
Total 17 17 15
---------------------

17 Pts x 15 Multi = 255

Claimed Score: 255 Points
0

2007/11/14

OK-OM DX Contest, CW  CW DX

CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 10 to 1200Z, Nov 11 (10 Nov 2100 JST - 11 Nov 2100 JST)
RULES: URL:http://okomdx.crk.cz/g.html

 当初このコンテストは参加を見送るつもりであったが、11日2時過ぎに7MHz・RTTYに出ているとRTTYバンドOM3CGNの「CQ TEST」が強力に聞こえてきたので、CWに切り替え、QSOする。
 「RTCL」にはこのコンテストの cfg ファイルが無いので、シリアルナンバーが送出できて、3桁の文字のナンバーを受信できる「RussianDX.cfg」を使用する。これで問題なくQSOが出来る。
 コンディションはまずまずであるが、「JIDX SSB」や「WAEDX RTTY」等のビッグなコンテストが同時に開催されているためか、参加者が少ないようで、呼び合う局が無く一発で応答がある。1時間ほどで7局OK/OM局とQSO。

 11日0630 から1時間ほど「WAE DX Contest, RTTY」を中断して14MHz・CWに出る。OLの「2x1」が多数出ており、いずれも強力で耳も良い。やはり呼び合う局が少ないためか一発で応答があり、結構楽しむことが出来た。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-Op All-Band Low-Power

クリックすると元のサイズで表示します

72 Pts x 23 Multi = 1656

Claimed Score: 1,656 Points
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ