2008/6/3

第10回 Let's A1 コンテスト  CW 国内
開催日時: 2008年6月1日(日) 14:00-19:59 JST
規約: URL:http://a1club.net/test/A1_contest.htm

 1日14時から7MHzで運用を開始する。このコンテストは「縦振り電鍵」しか使用できないので久々にキーをたたく。結構にぎわっており、順調に局数が伸びる。
 16時からは「ALL JA1 コンテスト」LOWバンド部門が始まり、バンド内は「CQ JA1 TEST」「CQ A1 TEST」が入り乱れる。もう1台のコンピューターで両コンテストを掛け持ちする
 次第にこのコンテストへの参加局が増えてきたので、17時以降はこちらに主力をおく。夕食で1時間ほど空いたがコンテスト終了19:59まで運用する。合計74QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class:  一般局部門
クリックすると元のサイズで表示します
74 Pts x 41 Multi = 3034
Claimed Score: 3,034 Points
0

2008/6/3

第20回 ALL JA1 コンテスト  CW 国内
開催日時: 2008年6月1日(日)09:00〜20:00 (JST)
HIGHバンド部門 09:00〜12:00 (周波数:14/21/28/50MHz)
LOWバンド部門  16:00〜20:00 (周波数:1.9/3.5/7MHz)
規約: URL:http://ja1zlo.u-tokyo.org/allja1/20rule.html

HIGH バンド部門
 1日10時頃から運用を開始する。「オール釧根コンテスト」も同時にスタートしているので「RTCL」「.cgf」「.log」を一つにまとめ、いずれにも対応できるように設定する。
 各バンドをワッチするが、14MHzJA8の局がJA1QSOするのが聞こえるが、JA1の信号は聞こえてこない
 11時になって弱いながらもJA1が聞こえ出す。こちらの信号も何とか届いている。21・28MHzは相変わらず何も聞こえないので14MHzで新しい局を探す。局数が伸びない内にコンテスト終了12:00となる。合計14QSO

 結果は次のとおり;
Entry Class:  管外局 HIGHバンド シングルバンド 14MHz
クリックすると元のサイズで表示します
14 Pts x 14 Multi = 196
Claimed Score: 196 Points


LOW バンド部門
 1日16時からコンテストがスタートする。7MHzで運用を開始するが「Let's A1コンテスト」14時から始まっており、バンド内は「CQ JA1 TEST」「CQ A1 TEST」が入り乱れている。
 しばらくは「ALL JA1 コンテスト」を主力に運用する。しかし、「Let's A1コンテスト」の方が全国的にQSOできるので参加局が多く、自然と「Let's A1コンテスト」に主力が移ってゆく。
 「Let's A1コンテスト」「縦振り電鍵」しか使用できないので別のコンピューターでロギングしていたが、切り替えが面倒なので、「ALL JA1 コンテスト」も手送りで送信して、ログも「Let's A1コンテスト」のものに入力してどちらにも対応できるようにする。
 その後局数はあまり伸びず、コンテスト終了20:00となる。合計16QSO

 結果は次のとおり;
Entry Class:  管外局 LOWバンド シングルバンド 7MHz
クリックすると元のサイズで表示します
16 Pts x 16 Multi = 256
Claimed Score: 256 Points
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ