2008/10/28

JAIAアワード賞状到着  
7月13日から8月31日までが交信期間であったJAIAアワードの賞状が送られてきた。

クリックすると元のサイズで表示します
JAIAアワード Class:ONE DAY
         条件:8月3日に100ポイント以上
         申請:310ポイント

クリックすると元のサイズで表示します
JAIAアワード Class:SS
         条件:2000ポイント以上
         申請:2240ポイント
0

2008/10/27

2008 第8回 A1クラブ.コンテスト  CW 国内
開催日時: 2008年10月26日(日) 12:00-15:59 JST
規約: URL:http://a1club.net/test/A1C_contest.htm

 26日13時から7MHzで運用を開始する。このコンテストはCQを出して1局とQSOすると1kHz以上はなれた周波数にQSYしなければならない「QSYルール」がある。従ってランニングする局もないし大きなパイルアップもない。一見バンドが静かに思えるが、各局がバンド中に散らばっているので結構賑やかである。それにCQを出す機会も増え、リズム感がある楽しいコンテストとなる。

 15時を過ぎるとさすがに聞こえて来るのはQSOをした局ばかり、となって、局数が全く伸びなくなる。14MHzも聞いて見るがノイズがひどく、信号も聞こえてこない。
 
 そのうちにコンテスト終了15:59となる。合計67QSOでコンテストを終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  7MHzシングル部門
クリックすると元のサイズで表示します
67 Pts x ( 40 免許年 + 0 ZONE ) = 2680
Claimed Score: 2,680 Points

得 点: 各バンドにおける異なる局との完全な交信が1点
マルチプライヤー:「異なる従免許年(西暦の下2桁)」
「DX局の異なるZONE」
0

2008/10/27

第13回東京CWコンテスト  CW 国内
開催日時:平成20年10月26日(日) 07:00〜13:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl-tokyo.com/kiyaku_tokyocw.htm

 「CQ Worldwide DX Contest, SSB」25日9時から始まっているが、SSBは飛ばないし、くたびれるので参加を見送る

 26日7時過ぎから3.5MHzで運用を開始する。コンディションが悪いのか、参加局が少ないのか信号があまり聞こえてこない。JA1あたりまで聞こえるが全般に信号が弱い。
 30分ほどがんばって7MHzに変わる。合計10QSO
 7MHzはまだ完全には開けていない。信号は弱いが全国的には聞こえてくる。8時過ぎに朝食をとる。合計17QSO

 9時過ぎに運用を再開する。JA1あたりも強力に聞こえ出し、結構賑やかになる。このコンテストは全国どの局ともQSO出来るので順調に局数が伸びる。
 ところが、11時を過ぎると聞こえて来るのはQSOした局ばかりで、全く局数が伸びなくなる。12時に諦めてコンテストを終わる合計73QSO
 
  結果は次のとおり;

Entry Class:  都外の部 マルチバンド
クリックすると元のサイズで表示します
93 Pts x 50 Multi = 4650
Claimed Score: 4,650 Points

得点: 完全な交信で相手局が「都内局」の場合は2点
「都外局」の場合は1点
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都内の市区町村島と道府県数
0

2008/10/24

第20回電信電話記念日コンテスト  CW 国内
開催日時:2008年10月23日(木) 18:00〜24:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/nttrd/ntt20rule.html

 23日18時40分頃から7MHzで運用を開始する。信号はほとんど聞こえてこない。JA6・JA7・JA03局だけQSOして3.5MHzに変わる。

 3.5MHzは結構賑やかである。弱い信号ながら一応全国的に飛んでくれる。21時合計32QSO

 21時から1.9MHzに出る。信号はあまり聞こえてこない。呼んでも届かないようで、何とかJR1YRIJI3DST/3とQSO。

 3.5MHzに戻るが新しい局はあまり聞こえてこず、局数は伸びない。22時で諦めてコンテストを終わる合計40QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class:  一般部門  電信 シングルオペ HF
クリックすると元のサイズで表示します
52 Pts x 35 Multi = 1820
Claimed Score: 1.820 Points

(RTCLの DenshinDenwa.cfg は「NTTグループ局」の得点計算に対応していないのでログを手直しする。)

得点: NTTグループ局との交信 2点
NTTグループ局以外との交信 1点
マルチプライヤー: 完全な交信の、異なる電気通信番号
0

2008/10/23

JARTS WW RTTY CONTEST 2008  RTTY
CONTEST PERIODS: 0000UTC Saturday, Oct. 18 thru 2400UTC Sunday, Oct.20 (18 Oct 0900 JST - 20 Oct 0900 JST)
RULES: URL:http://www.edsoftz.com/JARTS/2008/rules2008.html
規約: URL:http://www.edsoftz.com/JARTS/2008/rules2008j.html

 18日 0000 UTC から14MHzで運用を開始する。コンディションはW全土に開けているようであるが、私の設備ではW5止まりである。
21MHzもワッチするが近場ばかり。正午までで合計27QSO
 主なところは14MHzKK5OQ・WA5ZUP・E21YDP・W9NGA・NL7V・9M1CSP・VE7CC・9M6YBG・YB2ECG・AH7C21MHzYB4IR・AH7C・VK6HD・ZL1BYZ・E21YDPといったところ。

 午後からは、一時「オール千葉コンテスト」「CW王座決定戦」に出て抜けるが、引き続き14MHzをメインにして運用する。コンディションはそこそこの様であるが、参加局が少ないのかあまり局数は伸びない。0800 までで合計49QSO
 主なところは、14MHzでUN1L・UR7GO・OH6R・RD3A・UO6P・ES5RY・ZL1BYZ・UX2X・OH2HAN・DK7ZT・YL2NN・9M6XRO・SP3GXH・OG8A・SK4TL、といったところ。

 0800 からは7MHzに出る。コンディションは今ひとつ。JAHL等近場ばかり。ちょっと変わったところでAH7C・YC8FEF・ZM2A、くらい。夕食時合計62QSO

 夕食後7MHzで運用する。W方面W4UAT・W7WW・W8OX・W9NGA・WA5ZUP等。ヨーロッパ方面も時々浮き上がってくる。UO6P・OH6R・RD3A・UN1L・OH7MN・OH7UE・RN4HBU・UA3QGT等。
 14MHzヨーロッパが時々浮き上がってくる。LA5HPA・7S4B・M0OXO・G0REK等とQSOできる。
 1500 で今夜の運用を終わる。丁度合計100QSO

 夜中1700 ごろ起き出すが、7MHzYB4IRと出来ただけ。

 19日朝2130 頃に起き出す。7MHzZ37M・HG4I・RK9CWAが出来ただけ。
 14MHzW全土に開けているようであるが、私の設備ではW5止まり2300 から1時間ほど朝食のため休憩合計109QSO

 朝食後14MHzに出るが今ひとつで局数は伸びない。正午120QSO

 午後からは「オール千葉コンテスト」「CW王座決定戦」に出て時々RTTYバンドを覗きに来る。
 0500 を過ぎると時々ヨーロッパが浮き上がってくるが局数は伸びない。21MHzRD3A14MHzOH7MN・EU1DX・RU4PU・RT4M・UW2M等とQSO。夕食時合計130QSO

 夕食後7MHzに出る。W方面が聞こえてこず、全く局数が延びない。JAVK5NPR・RT4M・UN5J・VE7CC等が出来ただけ。1500 で今夜の運用を終わる。合計141QSO

 夜中1700 頃に起き出すが、7MHzUA3PABと出来ただけ。

 20日朝は寝坊してしまい、目が覚めると 232030分ほど14MHzに出てコンテスト終了の 2400 となる。合計147QSOでコンテストを終わる。

 最低でも200QSOという目標を立てたが全く及ばない国内コンテストと掛け持ちしたこともあるが、参加局が少なかったように思われる。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single Op, All Band, Low Power
クリックすると元のサイズで表示します
379 Pts x ( 44 Cty + 23 Area ) = 25393
Claimed Score: 25,393 Points

POINTS: Two(2), QSO point for contact within your own continent.
Three(3), QSO point for contacts outside your own continent
MULTIPLIERS: Each DXCC entity except JA/W/VE/VK(mainland).
Each call area of JA/W/VE/VK(mainland).
0

2008/10/22

2008 JAG QSO パーティ&コンテスト  CW 国内
開催日時:2008年10月18日(土)06:00JST〜10月19日(日)21:00JST
規約: URL:http://www.jarl.com/jag/

 18日9時から始まっている「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間にCWバンドを覗くが「CQ JAG TEST」は一向に聞こえてこない

 14時過ぎに7MHzJI3DST/3の「CQ JAG TEST」を発見。直ちにQSOする。その後も時々CWバンドを覗くが他は聞こえてこない。

 19日9時過ぎにやっと「CQ JAG TEST」を出す局を発見。続けてJA3BYR・JF1RWZ・JA1CKE3局とQSO。その後JAGメンバー局を呼びに回っている「JAGメンバー局」を何局か聞いたが、これらの局はCQを出してくれない。(従ってQSOしたくても出来ない。)メンバー局はぜひ「CQ」を出してほしいものである

 その後もCWバンドをワッチするが「JAGメンバー局」は一向に聞こえてこない長時間聞こえていたのはJI3DST/3だけである。もっと時間を短縮し運用が集中するのを図るほうが良いと思う。

 結局、合計4QSOでコンテストを終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  一般局 マルチバンド 電信部門
クリックすると元のサイズで表示します
4 Pts x 4 Multi = 16
Claimed Score: 16 Points

得点: 完全な交信を1点
同一局との交信はバンドおよびモードごとに有効.一般局どうしのQSOは無効
マルチプライヤー: 周波数ごとのプリフィックスの数
0

2008/10/22

CW王座決定戦  CW 国内
開催日時:平成20年10月19日(日)15:00〜19:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/jo1zrw/tomonokai_contest_rule.htm

 19日15時から「JARTS WW RTTY CONTEST」「オール千葉コンテスト」を中断して運用を開始する。コンディションは今ひとつ。近場とJA6・JA7/8しか聞こえてこない。

 このコンテストはCW運用可能な免許を受けた年がマルチなので、相手局の地域には関係がない。兎に角、聞こえてくる局と多くQSOすれば良い。それと「ストレートキー」を使用すれば得点が高くなるので「ストレートキー」を使用する。

 1時間ほどで聞こえる局はやりつくした感じなので、「JARTS WW RTTY CONTEST」に戻る。合計22QSO

 その後「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間にCWバンドを覗くが2局QSO出来ただけでコンテスト終了の19時となる。合計24QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class:  7MHzシングルバンド
クリックすると元のサイズで表示します
44 Pts x 21 Multi x 13 = 12012
Claimed Score: 12,012 Points

得点: 交信相手がストレートキー使用者(S)の場合・・・2点
            それ以外の使用者(X)の場合・・・・・1点
        得点係数 : ストレートキーでの参加者は  ×13
               ストレートキー以外での参加者は ×10
マルチプライヤー: CW運用可能となった従事者免許の取得年(西暦)の下二桁
0

2008/10/22

第23回オール千葉コンテスト  CW 国内
開催日時:2008年10月19日(日)(第3日曜日) 12:00-18:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl-chiba.com/

 19日13時頃から7MHzで運用を開始する。コンテストバンドの下の方は結構賑わっている。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 1時間もすると聞こえる局はやりつくした感じなので、「JARTS WW RTTY CONTEST」に戻る。合計20QSO。合間にCWバンドを覗くが新しい局は聞こえてこない。

 15時からは「CW王座決定戦」が始まったのでしばらくはそちらに主力を置く。

 17時過ぎから3.5MHzに出る。5・6局とQSO出来るが飛びが悪いので17:40ごろ運用を諦める合計27QSOでコンテストを終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  個人局 電信 マルチバンド(X−CW)
クリックすると元のサイズで表示します
81 Pts x 23 Multi = 1863
Claimed Score: 1,863 Points

得点: ※ 県内局(自局) ※  
 県内局 3点、 県外局 2点 (電信)
 県内局 2点、 県外局 1点 (電話)
※ 県外局(自局) ※  
県内局 3点 県外局 0点 (電信)
県内局 2点 県外局 0点 (電話)
※同一バンドで同一局と電信と電話で交信した場合は、それぞれ1回ずつ得点として計上してよい
マルチプライヤー: 県内局:異なる都道府県支庁の数および千葉県内の異なる市郡区の数 
              県外局:千葉県内の異なる市郡区の数
0

2008/10/21

オール鳥取コンテスト  CW 国内
開催日時:2008年10月19日(日)、05:00 〜 12:00>
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0810.htm#1019tottori

 18日9時から始まっている「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間を見て19日06:30ごろから3.5MHzで運用を開始する。
 2・3信号が聞こえるがあまり強くない。JR4FLW/4JH4MGUとQSO。その後7MHzをワッチするが何も聞こえてこない。

 再び9時過ぎから7MHzをワッチする。JA4XNFJR4FLW/4・JH4MGUとQSO。その後も時々各バンドをワッチするが新しい局は聞こえてこない。

 結局、以上の5QSOでコンテストを終わる。やはり県内の参加局が少ない。長時間聞こえていたのはJR4FLW/4JH4MGUだけである。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  県外局 個人局 電信電話 マルチバンド
クリックすると元のサイズで表示します
5 Pts x 5 Multi = 25
Claimed Score: 25 Points

得点: 完全な交信を1点
マルチプライヤー: 県内局:鳥取県内の異なる市郡数+鳥取県外の異なる都道府県数
県外局:鳥取県内の異なる市郡数
0

2008/10/21

「DL-DX RTTY Contest」の結果発表  RTTY
DL-DX RTTY Contest 
CONTEST PERIODS: 1100Z, Jul 5 to 1059Z, Jul 6 (Jul 05 2000 JST - Jul 06 1959 JST)
RULES: URL:http://drcg.de/index.php?option=com_content&task=view&id=24&Itemid=36&lang=en
関連ページ:http://diary.jp.aol.com/contest/250.html

 「DL-DX RTTY Contest」の結果が Web サイトで発表されている。
 参加した「C: Single Op Multi-Band Dipole Single Radio」の結果の一部を紹介する。

DL-DX RTTY Contest 2008 Result
Category C (Single OP, All Band, Limited Antennas, one TRX)
Place Class Call Operator QSO's QSO-Poi. DXCC's Area's Point's Remark
1 C DJ6BQ 662 7079 167 29 1387484 1. WW, 1. EU, 1. DL
2 C YL3CU 535 5918 128 8 804848 2. WW, 2. EU, 1. YL
3 C US0HZ 506 5499 128 12 769860 3. WW, 3. EU, 1. UR
4 C RA9CB 421 6540 111 6 765180 1. AS, 1. UA9
5 C DH6BH 469 4932 127 20 725004 2. DL
|
51 C 7N2UQC 153 1420 47 32 112180 1. JA
58 C JA1BNW 145 1280 39 34 93440 2. JA
82 C JA2GHP 60 630 26 14 25200 3. JA
84 C JH3PTC 70 525 25 21 24150
86 C JH7RTQ 69 620 26 12 23560
88 C JA3JM 66 590 18 16 20060
89 C JG3FEA 74 485 17 24 19885
90 C JA1BWA 49 405 22 19 16605
96 C JA1HFY 39 260 14 17 8060
103 C 7K3OZQ 4 25 2 3 125

  全結果はこちらで( http://drcg.de/images/DRCG_Dateien/dldx-rtty-contest-result-2008.pdf )

 提出していたレポートの内容は次のとおり;

Entry Class:  C: Single Op Multi-Band Dipole Single Radio
クリックすると元のサイズで表示します
640 Pts x ( 19 Ctry + 17 CallArea ) = 23040
Claimed Score: 23,040 Points

POINTS: 5 points per QSO with same country
10 points per QSO with different country same continent
15 points per QSO with different continent
EU Stations: Add 3 QSO points for QSO with DL station
non-EU Stations: Add 5 QSO points for QSO with DL station
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band (including first contact with VK, VE, JA and W)
Each VK, VE, JA and W call area once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ