2008/11/5

Ukrainian DX Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 1 to 1200Z, Nov 2 (01 Nov 2100 JST - 02 Nov 2100 JST )
RULES: URL:http://www.ucc.zp.ua/urdxc2008rules_eng.htm

 1日21時( 1200 UTC )から7MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつだが、時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくる。1520 頃で今夜の運用を終わる
 主なところはOH6M・YL3FT・VK4DX・OH1VR・LY2W・UU4JMG(KR)・YP9W・UT7QF(ZP)・US7MM(LU)といったところ。合計21QSO

 夜中 1630 頃起き出し7MHz1時間ほど運用するが、あまり局数は伸びない。。主なところはUW2M(LU)・S52AW・UT6EC(DN)・UR6QS(ZP)といったところ。合計27QSO

 2日の午前中「オール大阪コンテスト」に主力を置く。

 0400 頃から14MHzで運用を再開する。コンディションは今ひとつだが時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくる。045021MHzUW1M(LU)UN6GとQSO。21MHzはこの2局だけ。

 その後は14MHzが好調で局数が伸びる。0830 頃まで運用してコンテストを終わる合計73QSO
 主なところはUO6P・UT0AZA(SU)・UW2M(LU)・UT6EY(DN)・UX2X(ZH)・UY8IF(DO)・UZ1H(PO)・SN7C・YP9W・UY0ZG(NI)・UY2RA(CR)・UV2L(HA)・9A3B・UW5U(KO)・F6HKA・HA8TP・UT5PW(VO)・LY5W・DP4Kといったところ。

 結果は次のとおり;

Entry Class: B - Single Op, All Band, Low Power
クリックすると元のサイズで表示します
342 Pts x ( 23 Cty + 16 Area ) = 13338
Claimed Score: 13,338 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
2 points per QSO with different country, same continent
3 points per QSO with different continent
non-UR Stations: 10 points per QSO with Ukraine
MULTIPLIERS: UR Stations: each DXCC/WAE country once per band
non-UR Stations: each DXCC/WAE country once per band
non-UR Stations: each Ukraine oblast once per band
0

2008/11/5

第14回オール大阪コンテスト(特殊部門)  RTTY
開催日時:2008年11月2日(日) 06:00-18:00(JST)
06:00〜11:30 電信部門
   12:30〜18:00 電話部門
   06:00〜18:00 特殊部門
規約: URL:http://www.nn.iij4u.or.jp/~nakasako/contest/kiyaku2008.pdf
URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0811.htm#1102osaka

 11:30からは特殊部門RTTYに出る。まず7MHzCQを連呼するが全く呼ばれない。CQの連呼を見かねたのか「どんなコンテストかわからないので送るナンバーを教えてほしい。」といってJA1JDDが呼んでくる。「59910」を送っていただきQSOが成立。その後もCQを連呼するが全く呼ばれないし、信号も聞こえてこない。

 昼食後14MHzに出るがこちらも同じ。しばらくはCW「Ukrainian DX Contest」に出て、時々RTTYバンドを覗く。
 13:25ごろにCQを連呼するJA3IKGを発見。直ちにQSO。結局この2局だけで諦めてコンテストを終わる

 運用が集中するように、短時間でよいから特殊部門だけの時間帯を設けてほしいものである。

  結果は次のとおり;

Entry Class:  府内局 特殊部門 RTTYマルチバンド (RTTY−O)
クリックすると元のサイズで表示します
2 Pts x 2 Multi = 4
Claimed Score: 4 Points

得点: 完全な交信を1点
       府内の「Y」付加局は2点
        (府外局同士の交信は無効)
(バンドが異なれば同一局も得点)
マルチプライヤー: 府内局:都府県支庁および大阪府内の市郡区数の和
              府外局:大阪府内の市郡区数の和
0

2008/11/5

第14回オール大阪コンテスト(電信部門)  CW 国内
開催日時:2008年11月2日(日) 06:00-18:00(JST)
06:00〜11:30 電信部門
   12:30〜18:00 電話部門
   06:00〜18:00 特殊部門
規約: URL:http://www.nn.iij4u.or.jp/~nakasako/contest/kiyaku2008.pdf
URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0811.htm#1102osaka

 2日6時過ぎから運用を開始する。まず、1.9MHzに出る。コンディションが悪いのか、参加局が少ないのかあまり信号が聞こえてこない。兎に角「CQ TEST」を出す。府内局が3局出来ただけで、後は全く呼ばれないので3.5MHzに変わる。
 3.5MHzも同様なコンディションで、JA1あたりも聞こえるが非常に弱くQSOには至らない。結局、府内局5局とQSOできただけ。もっとも府内だけで60を超えるマルチがあるので、府内局でも全く問題は無いがやはり主催者側なので参加している府外局にサービスしたいものである。

 その後、50MHz144MHzを覗く。いずれも参加局が少なく、局数は伸びない。
 07:00を過ぎると7MHzのコンディションが少し良くなり、、弱いながらも全国的に開けてくる。もっぱら「CQ TEST」を出す。
 8時過ぎに朝食をとる。合計39QSO

 9時から運用を再開する。まず、14・21・28MHz50・144MHzを覗く。144MHzが一番賑やかであるがJA3ばかり10局ほどとQSO。
 10時になると7MHzが本格的に開け11時ごろまで連続してQSOできる。その後、少しレートが落ちたので呼びに回るが、間もなく電信部門終了11:30となる。合計119QSOでコンテストを終わる。

  結果は次のとおり;

Entry Class:  府内局 電信部門 シングルオペ マルチバンド (CM−O)
クリックすると元のサイズで表示します
124 Pts x 75 Multi = 9300
Claimed Score: 9,300 Points

得点: 完全な交信を1点
       府内の「Y」付加局は2点
        (府外局同士の交信は無効)
(バンドが異なれば同一局も得点)
マルチプライヤー: 府内局:都府県支庁および大阪府内の市郡区数の和
              府外局:大阪府内の市郡区数の和
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ