2008/11/24

LZ DX Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 22 to 1200Z, Nov 23 (22 Nov 2100 JST - 23 Nov 2100 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/index.php/rules

 22日21時( 1200 UTC )からは「オール九州コンテスト」「LZ DX Contest」が同時にスタートする。2台のPCに「RTCL」を設定して掛け持ちをする。
 14MHz7MHzをチェックするがいずれもDXの信号が聞こえてこないので、しばらくは「オール九州コンテスト」に専念する。

 1300 から7MHzで運用を開始する。まず、幸先よくLZ9W(PK)・LZ4RR(DO)とQSO出来たので期待するが、後が続かない。1430 頃まで運用してRT3T(29)・EW7LOだけ。合計4QSOで今夜の運用を終わる

 夜中1730 頃から起き出し1時間ほど7MHzで運用する。YO8DOH(28)・UA9APA(30)・UN9GD(31)・S53M等とQSOできる。合計11QSO

 23日6時( 2100 )過ぎに起き出す。7MHzがまだヨーロッパ方面に開けており、LY2OX・LY3BB・SN5G・EW8CY・RD3A・YO9HP・LZ2JR(GA)・SN5N・SP9JZT・UT3L・YU9DX・SP2LNW等とQSOできる。8時ごろに朝食をとり、1時間ほど休憩する。合計33QSO

 朝食後14MHzに出るがほとんど信号が聞こえて来ないので「オール九州コンテスト」に主力を置く。

 午後0440 頃からヨーロッパ方面が聞こえ出したので14MHzで運用を再開する。15時( 0600 UTC )「オール九州コンテスト」が終了。以後はこのコンテストに専念する。

 コンディションはまずまずで、RX0AW(32)・RT4D・RV9JE(20)・RW0UM(33)・LZ9W(PK)・LZ6W(VT)・LY6A・UA0FDX(34)・RX0QA(23)・HA8TP・F5VIH(27)・F5IN・LZ2JR(GA)・DL4CF・YT9A・YO8DOH等とQSOできる。夕食時合計70QSO

 夕食後14MHzではYB0ECT(54)が出来ただけで信号が聞こえなくなる。その後は7MHzに出るが「CQ LZ TEST」は聞こえてこない。

 7MHzでは 1100 を過ぎるとちらほらとヨーロッパ方面が聞こえ出すが、信号が弱く局数も少ない。何とかOH6M(18)・LY1C・E21EJC(49)等とQSO。程なくコンテスト終了1200 となる。合計76QSOでコンテストを終わる。

  結果は次のとおり;

Entry Class: B - Single Operator/Multi Bands/CW
クリックすると元のサイズで表示します
226 Pts x ( 20 Zone + 6 LZ-dist ) = 5876
Claimed Score: 5,876 Points

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
3 points per QSO with different continent
1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band
0

2008/11/24

第28回 オール九州コンテスト  CW 国内
開催日時:2008年11月22日(土)21:00〜23日(日)15:00
規約: URL:http://qshu.hp.infoseek.co.jp/ALLCON9.html
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0811.htm#1122kyushu

 22日21時( 1200 UTC )からは「オール九州コンテスト」「LZ DX Contest」が同時にスタートする。2台のPCに「RTCL」を設定してそれぞれに対応する。
 14MHz7MHzをチェックするがいずれもDXが聞こえてこないので、しばらくは「オール九州コンテスト」に専念する。

 まず、1.9MHzに出る。JA6の信号が2・3聞こえるが、私の電波が届かないのかいくら呼んでも応答が無い。諦めて3.5MHzに変わる。

 3.5MHzは結構賑やかで、電波も何とかJA6に届く。1時間ほど運用して、「LZ DX Contest」に変わる。
 23時過ぎに運用を再開するがほとんど局数が伸びない。23時30分頃、今夜の運用を終わる。合計11QSO

 23日7時過ぎから運用を開始する。まず、3.5MHzをワッチするが、聞こえて来るのは昨夜QSOした局ばかり。7MHzに変わるが、まだバンドが開けておらず、QSOできたのはJR6YAA/6だけ。朝食をとり、しばらく休憩する。

 9時30分過ぎから運用を再開する。コンディションも良くなりJA6が強力に入感するが、全国から呼ばれているのかなかなか応答が得られない。14MHzも時々覗くがQSOで来たのはJR6YAA/6だけ。正午合計39QSO

 午後からも7MHzで運用するが聞こえて来るのはQSOした局ばかりで局数はほとんど伸びない。13時30分を過ぎると14MHzDXが入感し始めたので「LZ DX Contest」に専念することにして、このコンテストを終わる。

  結果は次のとおり;

Entry Class:  電信部門 管外局 個人局シングルバンド (XCM)
クリックすると元のサイズで表示します
43 Pts x 33 Multi = 1419
Claimed Score: 1,419 Points

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ