2009/3/22

第49回東海QSOコンテスト  CW 国内
第49回東海QSOコンテスト
開催日時: 平成21年3月20日(祝)09:00〜15:00(JST)
規約: URL:http://isotope.iso.sccs.chukyo-u.ac.jp/tkitest/regulation/49th-tkiqso.html

 20日9時30分から3.5MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。全般的に信号は弱い。
 早速JS3CTQJF2BNG/2で出ているのを発見。直ちにQSOJA2はかなり聞こえるが全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。それに次第に信号が弱くなってくる。10:00合計11QSO
 10時を過ぎるとほとんど局数が伸びなくなったので7MHzを覗くが、JA2はほとんど聞こえてこない。
 そこで144MHzをワッチする。JJ2NKX(1914)JE2HYF(2101)とQSO出来る。
 藤井寺球場跡地に建設中のマンションで二上山はすでに見えなくなっているが、高さがまだ半分ほどなので何とかJA2までは届くようである。
 11時を過ぎると7MHzで弱いながらも何局かのJA2が聞こえ出す。正午合計17QSO

 午後からも7MHzに出るがほとんど局数は伸びない。
 14時から少し早いが3.5MHzに出る。こちらもほとんど局数は伸びない。コンテスト終了15時まで頑張って合計29QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class:  管外局 シングルOP 電信 オールバンド ( X−SCM )
クリックすると元のサイズで表示します
29 Pts x 28 Multi = 812
Claimed Score: 812 Points

得 点: 3.5〜21MHz帯 1点
     28MHz帯 2点
     50〜430MHz帯 1点
   ※同一局とは同一バンドにおいて電信・電話それぞれ1交信(受信)ずつ有効
マルチプライヤー: 管内局:異なる2エリア内の市郡区の数および2エリア外の都府県支庁数
    管外局・SWL:異なる2エリア内の市郡区の数

0

2009/3/19

「第38回 XPO記念コンテスト」の結果発表  CW 国内
第38回 XPO記念コンテスト
開催日時:2008年9月15日(祝) 06:00〜18:00 (JST)
規約: URL:http://www.tcn.zaq.ne.jp/akaal304/08xpokiyaku.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/287.html

 「第38回 XPO記念コンテスト」の結果がメールで送られてきた。内容はJARL関西本部コンテスト委員会のサイトでも見ることができる。
 参加した「CM 電信 シングルオペ マルチバンド」部門で 26/91 とのこと。
 結果の一部を紹介する。

2008年9月15日実施
第38回 XPO記念コンテスト 結果

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果はこちらで( http://www.tcn.zaq.ne.jp/ja3atj/08xpo.htm )

 提出していたレポートは次のとおり;

Entry Class:  電信 シングルOP マルチバンド ( CM )
クリックすると元のサイズで表示します
139 Pts x 69 Multi = 9591
Claimed Score: 9,591 Points

得点: 完全な交信を1点とする。ただし、同一バンド内における重複交信は得点にならない
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都府県支庁の数

0

2009/3/18

EA PSK31 Contest  PSK
EA PSK31 Contest
CONTEST PERIODS: 1600Z, Mar 14 to 1600Z, Mar 15 (15 Mar 0100 JST - 16 Mar 0100 JST)
RULES: URL:http://www.ure.es/concursos/23-ea-psk31/295-bases-concurso-ea-psk31.html

 夜中の14日 1730 UTC 頃から起き出して1時間ほど7MHzで運用する。信号は2・3聞こえるが全般的に弱く、こちらの電波も届かない。何とかUA3/4IN3BFWとQSO出きる。

 2130 頃に起き出す。UA3が3局とDS2MEVとQSO出来ただけ。合計10QSO
 8時( 2300 UTC )から「ALL JAφ 7MHz コンテスト」が始まったのでしばらくはそちらに主力を置く。その後 0000 頃に14MHzRW0SR・YB0JIVとQSO。

 午後13時( 0400 )頃から14MHzで運用を開始する。UA3あたりも聞こえているが全般的に信号が弱く、あまりQSO出来ない。夕食時までで合計25QSO
UA以外でQSO出来たのはUN6P・UN1L・B4TBくらい。JAJA2XYOJA8MXCだけ。

 夕食後7MHzで運用するがQSO出来たのはJA7BME・RA0WHE・UA9JMBだけ。他に14MHzDV1JMとQSO出来るが、信号がほとんど聞こえないので 1200コンテストを終わる合計31QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single operator all band non-EA
クリックすると元のサイズで表示します
89 Pts x ( 12 Cntry + 3 Call-area + 0 EA-prov) = 1335
Claimed Score: 1,335 Points

POINTS: 1 point/QSO with same continent on 20-10m
2 points/QSO with different continent on 20-10m
3 points/QSO with same continent on 80-40m
6 points/QSO with different continent on 80-40m
MULTIPLIERS: - EADX100 entities.
- Spanish Provinces.
- USA, Canada, Japan and Australia call areas (VE3, VE6, W5, JA1...).

0

2009/3/18

2009年ALL JAφ 7MHz コンテスト  CW 国内
2009年ALL JAφ 7MHz コンテスト
開催日時: 3月15日(日)08:00〜12:00(時報まで)
規約: URL:http://jarl-nn.asama.net/index.php?html_id=00000087

 15日8時から運用を開始する。コンディションは今ひとつ。JA0のほかはJA1/2/3しか聞こえてこない。聞こえてくる局を順次呼んでゆく。やはり国内QSOのメインバンドだけあって参加局が多い。順調に局数が伸びる。
 9時から1時間ほど朝食のため休憩する。
 朝食後は専らCQを出す。10時30分頃にはJA6/7あたりも呼んでくるが、信号も弱く、今ひとつコンディションは良くならない。
 
その後も専らCQを出し続け、コンテスト終了の12時となる。合計78QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

Entry Class: 7MHz 個人局 電信部門 (C7)
クリックすると元のサイズで表示します
116 Pts x 18 Mult = 2088
Claimed Score: 2,088 Points

得 点: φエリア管内局との交信:3点(例 / 相手がJAφIXW, JK2XXK/φ,JIφVWL/1等の交信)
    管外局との交信:1点(例 / 相手がJA9BOH, JA6AHB/6, JA5FNXなどの交信)
マルチプライヤー: 異なるφエリアの呼出符号の局及びφエリア内から運用する局のみのプリフィックスの2文字目とラストレターの組み合わせの数

0

2009/3/18

2009年ALL JAφ 3.5MHz コンテスト  CW 国内
2009年ALL JAφ 3.5MHz コンテスト
開催日時: 3月14日(土)21:00〜24:00
規約: URL:http://jarl-nn.asama.net/index.php?html_id=00000087

 14日21時から運用を開始する。JA0は結構聞こえるが、コンディションは今ひとつである。全般的に信号が弱く、JA1/2/3あたりしか聞こえてこない。
 聞こえる局を順次呼んでゆく。順調に局数が伸びるが1時間もすると聞こえるのはQSOした局ばかり、の状態になる。
 23時を過ぎると信号も弱くなり、ほとんど新しい局は聞こえてこなくなる。何とかコンテスト終了の24時まで粘るが、合計47QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

Entry Class: 3.5MHz 個人局 電信部門 (C35)
クリックすると元のサイズで表示します
85 Pts x 18 Mult = 1530
Claimed Score: 1,530 Points

得 点: φエリア管内局との交信:3点(例 / 相手がJAφIXW, JK2XXK/φ,JIφVWL/1等の交信)
    管外局との交信:1点(例 / 相手がJA9BOH, JA6AHB/6, JA5FNXなどの交信)
マルチプライヤー: 異なるφエリアの呼出符号の局及びφエリア内から運用する局のみのプリフィックスの2文字目とラストレターの組み合わせの数

 翌日、ログをメールで送るが、「スコアが間違っている」として受け付けてくれない。どうやらマルチが一つ足りないようである。私の計算の方が正しいと思うが、「ロボット様」のおっしゃるとおり、マルチを一つ増やして「 85 Points x 19 Multi = 1615 」にサマリーを修正して再度メールで送る。今度はうまく受け付けてくれる。

0

2009/3/10

Open Ukraine RTTY Championship  RTTY
Open Ukraine RTTY Championship
CONTEST PERIODS: 2200Z-2359Z, Mar 7 (Low Band(1,8 & 3,5 MHz)) (08 Mar 0700 JST - 0859 JST)
0000Z-0159Z, Mar 8 (Low Band(1,8 & 3,5 MHz)) (08 Mar 0900 JST - 1059 JST)
0800Z-1159Z, Mar 8 (High Band(7, 14, 21 & 28 MHz)) (08 Mar 1700 JST - 2059 JST)
RULES: URL:http://www.ucc.zp.ua/rtty2009rules_eng.htm

 8日17時( 0800 UTC )から「High Band」部門に参加する。14MHzはノイズが多くおまけに時々「ジ・ジー」という強烈なノイズがある。このときは完全にマスクされて何も聞こえない。
 コンディションは非常に不安定で時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくるという感じ。このピークにうまくタイミングが合わないとQSO出来ない。UT1PA・UY2UA・UR0MC・US0KW・PA7LV等とQSO出来る。
 08577MHzを聞いて見ると7L4IOUCQを出している。直ちにQSO。他は何も聞こえてこない。夕食時合計8QSO

 夕食後14MHzに出る。S53EO・OK5MM・UR5MW等とQSO出来るが、他はあまり信号が聞こえてこない。同時に「ARRL Inter. DX Contest, SSB」が開催されているので、皆さんそちらに出ているようである。
 1100 過ぎまで運用するが、信号が聞こえなくなったのでコンテストを終わる合計12QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class: HIGH BAND-part Single-Op Multi-Band
クリックすると元のサイズで表示します
Claimed Score: 134 Points

POINTS: 2 points per QSO on HIGH BAND-part and in each round LOW BAND-part
10 points per new region once per band per period
MULTIPLIERS: None

0

2009/3/7

「OK DX RTTY Contest」の結果発表  RTTY
OK DX RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z-2400Z, Dec 20 (20 Dec 0900 JST - 21 Dec 0900 JST)
RULES: URL:http://www.crk.cz/ENG/DXCONTE.HTM
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/342.html

 「OK DX RTTY Contest」の結果がメールで送られてきた。参加した「A2 - single op. - all bands - Low Power」部門で 211/317 とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果はこちらから( http://www.crk.cz/FILES/OKDXRT08.ZIP )ダウンロードできる。

 提出していたレポートは次のとおり;

Entry Class: A2) Single operator all bands low power
クリックすると元のサイズで表示します
188 Pts x ( 29 Cntry + 6 OK ) = 6580
Claimed Score: 6,580 Points

POINTS: 10-20m: 1 point same continent, 2 points different continent
40-80m: 3 points same continent, 6 points different continent
MULTIPLIERS: DXCC Countries, once per band
OK stations, once per band

0

2009/3/6

「Hungarian DX Contest」の暫定結果発表  CW DX
Hungarian DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jan 17 to 1159Z, Jan 18 (17 Jan 2100 JST - 18 Jan 2059 JST)
RULES: http://www.ha-dx.com/HadxHomePage/contest_rules.html
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/358.html

 「HA DX Contest 2009」の暫定結果がメールで送られてきた。内容はHA DX CONTESTのサイトでも見ることが出来る。
 参加した「SINGLE-OP, ALL, LOW, CW」部門で 195/234 とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

Entry Class:  Single-Op All-Band CW
クリックすると元のサイズで表示します
151 Pts x 13 Multi = 1963
Claimed Score: 1,963 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
      1 point per QSO with different country, same continent
      3 points per QSO with different continent
      6 points per QSO with HA station
MULTIPLIERS: Hungarian counties, once per band


0

2009/3/6

「第29回全市全郡コンテスト」の結果発表  CW 国内
第29回全市全郡コンテスト
開催日時:2008年10月11日(土)21時00分から12日(日)21時00分(JST)
規約: http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/300.html

 「第29回全市全郡コンテスト」の結果がJARLのサイトで発表されている。
 参加した 「電信部門 シングルオペ オールバンド CA 」 部門で 51/158 とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果はこちらで( http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/2008/entry.html )

 提出していたレポートは次のとおり;

Entry Class:  電信 シングルオペ オールバンド(CAM)
クリックすると元のサイズで表示します
243 Pts x 234 Multi = 56862
Claimed Score: 56,862 Points


得点: 完全に行なわれた交信を1点とする
(同一バンドにおける重複交信は、電波型式が異なっても得点としない)
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数

0

2009/3/5

第6回JLRS3・3雛コンテスト  CW 国内
第6回JLRS3・3雛コンテスト
開催日時:2009年3月3日 00:00〜24:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/jlrs/contest/33con.html

 3日11時過ぎから7MHzで運用を開始する。このコンテストは参加条件としてYL3局以上とQSOする必要がある。幸先よく開始早々2局のYL局、JS6RFE/8・JQ6FQIとQSO出来る。
 コンディションは一応全国に開けているが、全般に信号が弱く今ひとつである。正午合計10QSO

 午後13:40ごろから運用を再開する。コンディションは更に悪くなったようでJA6/7以外はほとんど聞こえてこない。15時合計18QSO
 その後も運用を続けるがほとんど局数は伸びない。少し早いが16:30ごろから3.5MHzに出る。このバンドもコンディションは今ひとつだが7MHzよりはましである。18時合計41QSO
 ここで一休みするが条件のYL局3局のあと1局がなかなかQSOできない

 少し諦め気分で19時から運用を再開する。直後にYL局、JE1LUYのCQを発見。全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。19:08に応答があり、条件のYL局3局を達成する。
 その後、3.5MHzのコンディションも悪くなってきてあまり信号が聞こえてこない。そこで試しに1.9MHzに出る。2・3聞こえるがこちらの電波が届かない。何とか7M3QQPとQSO。その後は局数も増えないので20時コンテストを終わる
 合計52QSO
 
 終了後すぐにメールでログを送る。翌日コンテスト・マネージャーからメールがあり、「3.5MHzで多数マルチが抜けている。追加してログを受け付ける。」とのこと。よく見るとマルチの計算が間違っているようである。
 改めて規約を読むと「マルチ :異なるプリフィックス」となっている。これでマルチはバンドを通して1回しか計上できないと解釈したようである。使用している「RTCL」「.cfg」バンド毎に計上するように修正して再計算をする。これでコンテスト・マネージャーのご指摘どおりの得点となる。毎度のことながらまたコンテスト・マネージャーにお世話をかけてしまった。マネージャーに感謝


  結果は次のとおり;

Entry Class:  B部門 OM 個人局 マルチバンド
クリックすると元のサイズで表示します
(再計算したもの)
79 Pts x 43 Multi = 3397
Claimed Score: 3,397 Points

得 点: YL=10点 A、B部門ともYL3局以上含む事
 OM=1点 「OM局同士の交信可」
マルチプライヤー: 異なるプリフィックス (バンド毎) 

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ