2009/3/4

UBA DX Contest, CW  CW DX
UBA DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 1300Z, Feb 28 to 1300Z, Mar 01 ( 28 Feb 2200 JST - 01 Mar 2200 JST )
RULES: URL:http://www.uba.be/hf_contests/rules/ubatest_dx.pdf

 28日22時( 1300 UTC )頃から7MHzで運用を開始する。コンディションは悪いようである。1400 頃まで運用してUA0YAYLY2Wのみ。参加局も少ないようである。

 夜中1700 頃起き出す。7MHzOK5MM・RD3A・RA3CMとQSO出来ただけ。合計5QSO

 3月1日朝は 2000 頃起き出す。やはりコンディションは今ひとつ。RZ9IR・RK3DZB・RT4D3局のみ。

 午後は掛け持ちをしている「 広島WASコンテスト」の合間に14MHzを覗く。
 0600 を過ぎるとヨーロッパ方面が聞こえ出す。UZ2M・YL2BJ・UA3R・RZ3TZZ・UW5U・UT8EU・LZ2BE・RK3DZB・EW8KY・9A3B・HA8TP・YL3FT・9A3VM・RD3A・SN5N・9A5X等とQSO出来る。
 0900 を過ぎるとコンディションが悪くなり、電波が届かなくなったのでコンテストを終わる合計34QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class: C. Single-Operator Multi-Band Low-Power
クリックすると元のサイズで表示します
78 Pts x ( 13 Cntry + 0 ON-call + ON-area ) = 1014
Claimed Score: 1,014 Points

POINTS: 10 points per QSO with Belgian station
3 points per QSO with other EU stations
1 point per QSO with non-EU stations
MULTIPLIERS: Each Belgian province once per band
Each Belgian prefix once per band
Each EU DXCC country once per band

1

2009/3/4

第17回 広島WASコンテスト  Digi/CW 国内
第17回 広島WASコンテスト
開催日時:2009年2月28日(土) 21:00 〜 3月1日(日) 17:00 JST
1.9MHz 2/28 21:00〜24:00(3H)
3.5MHz 2/28 21:00〜24:00(3H)
7MHz 3/01 13:00〜17:00(4H)
14MHz 3/01 09:00〜12:00(3H)
21MHz 3/01 09:00〜11:00(2H)
28MHz 3/01 08:00〜10:00(2H)
50MHz 3/01 09:00〜12:00(3H)
144MHz 3/01 09:00〜12:00(3H)
430MHz 3/01 10:00〜12:00(2H)
1200MHz 3/01 10:00〜12:00(2H)

規約: URL:http://www.hs-contest.org/was-2009/rule.html

 このコンテストは時間によって運用できるバンドが決められている。

 28日21時から運用を開始する。この時間帯は 1.9MHz/3.5MHz が運用できる。まず、3.5MHzに出る。コンディションは今ひとつ。全般的に信号が弱い。
 聞こえてくる局と一通りQSOして1.9MHzを覗く。やはり飛びが悪く、QSOできたのはJH6WMJ/4JA4DEYだけ。いずれも広島県の局でポイントが高いのでありがたい。
 その後3.5MHzに戻るが22時が近づくと、信号がほとんど聞こえなくなったので今夜の運用を終わる合計19QSO

 3月1日8時から運用を開始する。
 この時間帯で運用できるのは28MHzだけである。CQを出しているとJA3AAが呼んでくる。他に2局のJA3とQSOできるがいずれもPM74でマルチは増えない。

 9時からは運用できるバンドに 14MHz/21MHz/50MHz/144MHz が加わる。
 まず、144MHzに出る。QSOできるのはJA3(PM74)だけである。50MHzも同様にJA3のみ。
 09:40ごろから21MHzに出る。JA3のほかにJA6BWH(PM53)とQSOできる。
 10時からは430MHzが加わる。早速430MHzに出るが、やはりJA3(PM74)だけ。
 その後14MHzCQを出しているとN6TI(DM13)が呼んでくる。この局は海外局が参加できるコンテストによく出ており、いつも呼んでくれる。
 他にJR8NOD(QN03)・JS6GIM(PL36)・JA8AJEとQSOできる。正午合計47QSO

 午後13時からコンテストの再開である。この時間帯で運用できるのは7MHzだけである。やはり国内QSOのメインストリート、コンディションは今ひとつであるが、非常に賑やかである。専らCQを出す。
 14時頃、コンテストバンドの上の方を聞いて見るとRTTYの信号が多く聞こえる。RTTYにセットしてワッチすると「CQ WAS TEST」を出している。急いで聞こえる局を呼んで回る。9局とQSOできる。このコンテストはデジタルも運用可能でCWでQSOしていても新しく得点となるのでありがたい。

 その後時々14MHz「UBA DX Contest, CW」を覗きながら、コンテスト終了の17時まで運用する。
 合計120QSOでコンテストを終わる。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  広島県外 シングルオペ マルチバンド (G−M)
クリックすると元のサイズで表示します
180 Pts x 52 Multi = 9360
Claimed Score: 9,360 Points

得 点: 県内局との交信: 5点
        県外局との交信: 1点
          ※県外局同士の交信も有効。また、海外局との交信も有効。
          同一バンドにおいて同一局との交信は電信・電話・デジタルそれぞれ1交信ずつ有効
マルチプライヤー: 異なる広島県内の市郡区ナンバー及び、異なるGL数。
              但し、バンドが異なれば同一市郡区/GLでもマルチとする。

0

2009/3/4

North American QSO Party, RTTY  RTTY
North American QSO Party, RTTY
CONTEST PERIODS: 1800Z, Feb 28 to 0600Z, Mar 01 (01 Mar 0300 JST - 1500 JST)
RULES: URL:http://www.ncjweb.com/naqprules.php

 28日7時( 2200 UTC )から14MHzで運用を開始する。先週の「ARRL Inter. DX Contest, CW」の時のようにイーストコーストも開けるコンディションを期待したが、ほとんど信号が聞こえてこない。しかもノイズがひどい
 2300 頃まで運用するがQSOで来たのはKL5E(AK)・KT0DX(CO)・VE6AO(AB)・KL7RA・WX4TM(AL)のみ。

 以後は「広島WASコンテスト」に主力を置き、時々14MHz・RTTYを覗きに行く。その後QSOで来たのは 0059N6AJR(CA)だけ。
 コンテストの時間は 0600 まであるが、北米方面に開ける見込みがほとんど無いので、正午に諦めてコンテストを終わる
 合計6QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-Op Low-Power
クリックすると元のサイズで表示します
6 Pts x ( 0 Cntry + 5 states ) = 30
Claimed Score: 30 Points

POINTS: NA station: 1 point per QSO
non-NA station: 1 point per QSO with an NA station
MULTIPLIERS: Each US state (including KH6/KL7) once per band
Each VE province/territory once per band
Each North American country (except W/VE) once per band

0

2009/3/4

Russian PSK WW Contest  PSK
Russian PSK WW Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Feb 27 to 2100Z, Feb 28 (28 Feb 0600 JST - 01 Mar 0600 JST)
RULES: URL:http://www.qrz.ru/contest/detail/384

 このコンテストは数少ないPSKだけのコンテストである。しかもPSK31・PSK63・PSK125のサブモードでも運用できる。ルールを見ても良くわからないが、同一局とでもそれぞれのサブモードでQSOできるようである

 28日6時( 2100 UTC )頃から7MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面も聞こえるが信号が弱く、呼んでもこちらの電波が届かない。
 2230 頃まで運用してやっとUA03QSO。朝食をとる。

 午前0120 頃から14MHzで運用を開始する。聞こえて来るのはUA0ばかり。ロシア以外の参加局はほとんどいない。各局がいろいろなサブモードで出ているので、それぞれのサブモードに頻繁に切り替えて対応する。
 正午までに合計13QSO

 午後 0320 頃から14MHzで運用を再開するが、相変わらず聞こえて来るのはUA9/0ばかりである。ただ、オブラストがマルチになるのでそれなりに楽しめる。0548RK3MWIとQSOできるが、他のヨーロッパは聞こえてこない。
 0700 を過ぎるとヨーロッパ方面が聞こえ出し、UA6CE・RX3AGD・RA3BB・UA3PAB・RK3SWS・RF3C・DK7ZT等とQSOできる。
 夕食時合計46QSO

 夕食後もしばらく14MHzに出て 1100 頃から7MHzに変わる。こちらもUA9/0だけである。
 1200 から「広島WASコンテスト」1300 から「UBA DX Contest, CW」がそれぞれ始まったのでしばらくはそちらに主力を置く。
 1400 過ぎで今夜の運用を終わる合計56QSO

 3月1日朝は 2000 頃に起き出すがコンディションが悪く、UA9/02局出来ただけなのでコンテストを終わる合計58QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-Op All-Band
クリックすると元のサイズで表示します
340 Pts x ( 6 Cntry + 24 Rus-area ) = 10200
Claimed Score: 10,200 Points


POINTS: 1 point per QSO with same country on 14/21/28MHz
2 points per QSO with same country on 3.5/7MHz
3 points per QSO with different countries on same continent on 14/21/28MHz
6 points per QSO with different countries on same continent on 3.5/7MHz
5 points per QSO with different continent on 14/21/28MHz
10 points per QSO with different continent on 3.5/7MHz
MULTIPLIERS: Each country on the list of DXCC per band
Each Russian oblast per band

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ