2009/4/29

第51回(2009)ALL JAコンテスト  CW 国内
第51回(2009)ALL JAコンテスト
開催日時: 2009年4月25日(土)21時00分 〜 26日(日)21時00分(JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_ja/all_ja_rule.htm

 25日21時からこのコンテスト「SP DX RTTY Contest」が同時にスタートする。もう1台のPCをRTTYに設定して掛け持ちをする。
 まず、「SP DX RTTY Contest」でスタートするが、コンディションが今ひとつで30分ほどで諦め、以後このコンテストに主力を置く。

 21:30から14MHzで運用を開始する。30分ほどで47・46・103・42・106・14・33・06・109・12・39マルチを得る。
 22時台30分ほど7MHzに出る。JA6/7/8が主で、時々JA1あたりが聞こえてくる。106・25・16・103・40・41・27・46・24・11・43・13・03・04・15・05・06・14・08・26等のマルチを得る。
 22:40頃から3.5MHzに出る。全国的に開けているが、多くの局が呼ぶのでなかなかQSO出来ない。それでもなんとか局数が伸びる。マルチ18・31・22・13・20・08・42・11・27・43・10・05・14・09・16・41・24・40・04・28・06・15・25・03・36・106・47・19・39・12、とほぼ全国的に出来る。
 01:3050MHzJH0MUC/0(09)QSO出来る。02時過ぎに今夜の運用を終わる合計105QSO

 26日05:30ごろ、まず、50MHzを覗く。22・37QSO
 8時台前半14MHzに出る。108・09・03とQSO。後半7MHzに出る。JA6/7JA1あたりとQSO出来るがマルチ10・12のみ。
 10:30から再び50MHzに出る。24・31・25・23とQSO出来る。
 11時台28・21・14・7MHzを行き来する。28MHz25・2721MHz27・08・257MHz42が増えただけ。
 正午合計166QSO

 午後13:20頃から運用を開始する。21・50・14MHzを行き来する。21MHz106・103・0414MHz04・114・44とQSO。
 14時台7MHzに出る。全国的にQSO出来るが、増えたマルチ38・39・18・22のみ。
 15時台14MHzに出る。Eスポで時々JA1あたりが浮き上がってくる。10・13・16・31・17・24・18が増える。
 16時前後7MHzに出る。36・35・20・02・45が増える。
 17時台21MHz28MHzに出る。21MHz31・19・20・13・4328MHz31・06・08・23・15・14・47が増える。
 夕食時合計263QSO

 夕食後18時台14MHz19時・20時台7MHzに出る。聞こえて来るのはQSOした局が多くなり、局数・マルチともあまり伸びない。
 14MHz40・36・15・257MHz114・30・108・33が増えただけ。
 間もなくコンテスト終了21:00となる。合計297QSO
 Eスポが発生してハイバンドが好調で、目標とした250QSOを軽く超える。

  結果は次のとおり;

Entry Class:  電信 シングルオペ オールバンド
クリックすると元のサイズで表示します
297 Pts x 126 Pref = 37422
Claimed Score: 37,422 Points

得 点: 各バンド毎に異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 完全な交信を行なった相手局の運用場所を示す異なる都府県支庁

0

2009/4/29

SP DX RTTY Contest  RTTY
SP DX RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Apr 25 to 1200Z, Apr 26 (25 Apr 2100 JST - 26 Apr 2100 JST)
RULES: URL:http://www.pkrvg.org/zbior.html

 25日21時( 1200 UTC )、コンテストのスタートと同時に14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けてはいるが、信号は強くなく、しかも参加局が少ないのかあまり聞こえてこない。
 RD3A・S53M・SO4M(J)・RA9XF・YL2CI・UR7GO・LY6A・SN8R(L)等とQSO出来るが、30分ほどで運用を中断し、同時にスタートしている「ALL JAコンテスト」に変わる。
 その後は「ALL JAコンテスト」に主力を置き、時々RTTYバンドを覗きにくる。
 1700 を少し過ぎて今夜の運用を終わる合計17QSO
 その後増えたマルチ7MHzUA0FAI・BD2IKO・RA3CM・LZ8E・TA2ZFといったところ。

 26日朝は5時( 2000 UTC )頃に起き出す。7MHzS52XUA4が出来ただけ。その後は昨夜と同様に「ALL JAコンテスト」に主力を置き、時々RTTYバンドを覗きにくる。正午合計34QSO
 増えたマルチ14MHzDV1JM・VR2XMT・BD2IKO・YB0JIV・E21YDP・JA・BX4AFといったところ。他はUA9/0ばかり。

 午後0400 頃から運用を開始する。すぐにRN3ZCUW8IとQSO出来るが、他は近場すら聞こえてこない。夕食時合計40QSO

 夕食後「ALL JAコンテスト」に主力を置く。マルチ14MHz9V1UV・TA2ZF7MHzW6WRT(NA)HL2PCUが増えただけ。
 間もなくコンテスト終了1200 となる。合計47QSOでコンテストを終わる。
 今年から「ALL JAコンテスト」土・日の開催となったが、やはり29日(祝)の開催がDXコンテストと重ならなくて良い。この辺は少数意見で全く配慮されていないようである。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  SINGLE-OP ALL-BAND
クリックすると元のサイズで表示します
326 Pts x ( 26 Cntry + 2 SP-Prov ) x 4 Conti = 36512
Claimed Score: 36,512 Points

POINTS: 2 points per QSO with same country
    5 points per QSO with different country same continent
    10 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS:Each SP province once per band
      Each DXCC country once per band
      Each continent once

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ