2009/5/27

2009年5月 CONTEST MENU  
2009年5月 CONTEST MENU
  (###):http://sun.ap.teacup.com/contest/###.html

第31回東京コンテスト (418)
  5月3日 (日) 09:00 〜 15:00

ARI International DX Contest (419)
  2000Z, May 2 to 1959Z, May 3

第19回静岡コンテスト (420)
  5月4日(祝)12:00 〜 20:00

関西VHFコンテスト (421)
  5月9日(土)21:00 〜 10日 12:00

第7回オール山口コンテスト (422)
  5月9日(土)21:00 〜 10日 15:00

CQ-M International DX Contest (423)
  1200Z, May 09 to 1159Z, May 10

VOLTA WW RTTY Contest (424)
  1200Z, May 09 to 1200Z, May 10

第37回オール群馬コンテスト (425)
  5月16日(土)20:00 〜 24:00
    17日(日)06:00 〜 12:00

第9回新潟コンテスト (426)
 7MHz 5月17日(日)13:00 〜 16:00
 14/21/28MHz      16:00 〜 19:00

EU PSK DX Contest (427)
  1200Z, May 16 to 1200Z, May 17

S.M. El Rey Contest (EA DX Contest), CW (428)
  1200Z, May 16 to 1200Z, May 17

UN DX Contest (429)
  1200Z, May 23 to 1200Z, May 24

CQ WW WPX Contest, CW (431)
  0000Z, May 30 to 2359Z, May 31 
 
0

2009/5/25

UN DX Contest  CW DX
UN DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 23 to 1200Z, May 24 (May 23 2100 JST - May 24 2100 JST)
RULES: URL:http://kw.cqun.kz/undxc_eng.html

 金曜日にARRLのDXニュースレターでこの「UN DX Contest」の開催を知る。WA7BNMのサイトからのリンクでルールを入手する。
 ルールをよく見ると先週に開催された「S.M. El Rey Contest (EA DX Contest)」とよく似ている。そこで「EaRtty.cfg」から改造した「EADX.cfg」をさらに改造して「UNDX.cfg」を作成する。マルチの処理に必要な「.sec」ファイルはルールからKDAのリストをコピーして「UNDX.sec」を作成する。
 これで準備完了。試しにダミーのデータを入力してみると得点・マルチとも問題なく処理してくれる。

 23日21時( 1200 UTC )から14MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。主催のUN局2・3聞こえるが、ほかはUAばかり。
 1500 合計48QSO得点が高くマルチにもなるUN局は、UN7TX(T04)・UN8PT(P04)・UN5J(J16)・UN7FW(F13)・UN7PL(P17)・UN9LW(L17)・UN0GL(G01)・UN1EW/7(C11)・UN3GA(G04)・UN3M(M03)・UP7A(A05)・UN7EW(B18)・UN5C(C14)等、 カントリーではUA以外でLY5W・UR5LF・VR2ZQZ/P・UA2FL・HA9RU・IZ3DBA・F5IN・EU1CL・SP2FAP等。
 1500 過ぎから7MHzに出る。UN5J(J16)UN8LF(L17)のほかはUA9だけで合計52QSO1520 に今夜の運用を終わる

 夜中1700 ごろと 1930 ごろにそれぞれ30分ほど起き出す。
 1700 ごろは14MHzSN5G・EW6GFE・UY4WWA・YO5CBX1900 ごろは7MHzUO6P(P17)・UN9GD(G02)・UN9LWUT7QF・SN5G・UT2UZ等とQSOできる。合計64QSO

 24日0120 ごろから運用を開始するがコンディションは非常に悪い。すでにQSOしたUA9UNが時々かすかに聞こえるが、他は聞こえてこない。
 夕方までにQSOできたのは 0123RW9UFだけ。

 夕食後、1130 ごろから少しコンディションがよくなり、14MHzUN7TW(T11)・UT2UZ・SN8R・SN5N等とQSOできる。
 程なくコンテスト終了1200 となる。合計71QSOでコンテストを終わる。

 PR期間が短かったためか、参加局が少なかったように思う。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:  SOABCWLP - Single Op, All Bands, CW, Low Power
413 Pts x ( 17 Cntry + 18 UN-KDA ) = 14455
Claimed Score: 14,455 Points

POINTS: 2 points per QSO with same country
      3 points per QSO with different country, same continent
      5 points per QSO with different continent
      non-Kazakhstan: 10 points per QSO with Kazakhstan station
MULTIPLIERS: Each KDA district once per band
          Each DXCC country once per band

0

2009/5/19

S.M. El Rey Contest (EA DX Contest), CW  CW DX
S.M. El Rey Contest (EA DX Contest), CW
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 16 to 1200Z, May 17 (May 16 2100 JST - May 17 2100 JST)
RULES: URL:http://www.ure.es/contest/431-sm-el-rey-contest-english-version.html

 16日 1430 7MHzを聞いているとRK0QZ「CQ EA TEST」を出している。手送りで呼んで見るとすぐに応答がある。
 当初は参加を見送るつもりであったが、14MHz・CWバンドを覗いて見ると結構「CQ EA TEST」が聞こえる。そこでRTCL「EaRtty.cfg」を使って、とりあえずQSOできるように設定する
 その後 1500 頃まで運用して12局とQSOできる。UAのほかはHA8TP・UA2FLくらい。

 夜中1830 頃に起き出し14MHzをワッチする。なぜか聞こえて来るのは主催国のEAだけ。EA5HT(MU)EA4KT(M)とQSOできる。
 
 17日朝014514MHzRA0QCとQSOできただけ。
 
 午後0630 を過ぎるとヨーロッパ方面が時々聞こえてくる。夕方までにOH4MDY・OH2BAN・F6HKA等とQSOできる。合計21QSO

 1100 頃から14MHzで運用を再開するがQSOできたのはJAUA0だけ。合計27QSOコンテストを終わる。 

 結果は次のとおり;

Entry Class:  SOAB DX - Single Operator All Band DX
クリックすると元のサイズで表示します
27 Pts x ( 8 Cntry + 2 EA-Prov ) = 270
Claimed Score: 270 Points

POINTS: DX stations: QSO with DX stations, 1 point.
           QSO with EA stations, 3 points.
MULTIPLIERS:Each EA province once per band
      Each EADX100 entity, except EA, EA6, EA8, EA9, once per band

0

2009/5/19

EU PSK DX Contest  PSK
EU PSK DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 16 to 1200Z, May 17 (May 16 2100 JST - May 17 2100 JST)
RULES: URL:http://eu.srars.org/index.php?option=com_content&task=view&id=20&Itemid=48

 16日 1200 過ぎから14MHzで運用を開始する。多数の信号が聞こえるが、ヨーロッパ局同士がQSOしているので、弱小な信号ではなかなか割り込めない。1300 過ぎまで頑張るがわずか8QSOしかできない。
 その後は掛け持ちをしている「オール群馬コンテスト」「S.M. El Rey Contest (EA DX Contest)」に主力を置く。

 1500 から運用を再開する。コンディションが少し良くなったようで、UAのほかYO9HP(RO41)・PF7M(NL03)・UX5IO(UR09)・IN3BFW(IT85)・DK9WB(GM37)・SP4TXI(PL07)・S53EO(SL06)・HA9PP(HG35)等とQSOできる。1620 ごろ今夜の運用を終わる合計21QSO

 17日0100 頃から運用を開始するが、「CQ EUPSK」はほとんど聞こえてこない。夕方まで「オール群馬コンテスト」「新潟コンテスト」に専念する。

 1100 頃から運用を再開するがUA以外はほとんど聞こえてこない。そのうちにコンテスト終了1200 となる。合計30QSOでコンテストを終わる。信号が聞こえていた割にはQSOできず、ストレスがたまるコンテストであった。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  Single Op High Power
クリックすると元のサイズで表示します
27 Pts x ( 13 Cntry + 14 Call-Area ) = 2943
Claimed Score: 2,943 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
    2 points per QSO with different country, same continent
    3 points per QSO with different continent
    non-EU Stations: 5 points per QSO with EU
MULTIPLIERS:Each DXCC country once per band
      Each EU area code once per band

0

2009/5/19

第9回新潟コンテスト  CW 国内
第9回新潟コンテスト
開催日時: 7MHz 2009年5月17日(日) 1300〜1600
   ハイバンド(14/21/28MHz) 2009年5月17日(日) 1600〜1900
規約: URL:http://www.jarl.com/08test/contest/2009/niigata/rule.html
 
7MHz部門

 17日13時から運用を開始する。コンディションは今ひとつ。全般的に信号が弱い。強力な局は全国から呼ばれており、なかなか応答が得られない。弱めの局はほとんどが一発コールで応答がある。
 午前中「オール群馬コンテスト」に出ていた7M3QQP新潟県の県内局として出ている。
 1時間ほどすると聞こえるのはQSOした局ばかり、の状態になったのでしばらく一休みする合計10QSO

 コンテスト終了が間近になったので運用を再開するが、新しい局はほとんど聞こえてこない。JG0EXPとQSOできただけでコンテスト終了16時となる。合計11QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class:  7MHz部門 県外局 電信(GC7)
クリックすると元のサイズで表示します

11 Pts x 10 City/Gun = 110
Claimed Score: 110 Points


ハイバンド部門

 引き続き16時からは「ハイバンド部門」である。Eスポを期待するが21・28MHzは全く聞こえてこない。14MHzで弱いながら2・3JA0が聞こえる。やはりノイズが多く、かなり厳しい。
 17時前後21MHzJA0EMSJA0FVU2局とQSOできる。
 18:00合計11QSO。その後は局数が伸びる見込みがほとんど無いので諦めてコンテストを終わる

 結果は次のとおり; 

Entry Class:  ハイバンド部門 ハイバンドマルチ 県外局 電信(GCHM)
クリックすると元のサイズで表示します
11 Pts x 10 City/Gun = 110
Claimed Score: 110 Points

得 点: 完全な1交信を1点
    同一局との交信は同一バンドにおいて電信・電話それぞれ1交信ずつ有効
    またバンドが異なれば有効
マルチプライヤー: 県内局…新潟県を除く都府県支庁及び新潟県内の市郡区の数
          県外局…新潟県内の市郡区の数

0

2009/5/19

第37回オール群馬コンテスト  CW 国内
第37回オール群馬コンテスト
開催日時: 平成21年5月16日(土)20:00 〜 00:00 17日(日)06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.com/gunma/event_agc%20etc.htm

 16日20時から7MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。全般的に信号が弱いようである。
 聞こえてくる局と一通りQSOすると、30分ほどでQSOした局ばかりとなったので3.5MHzに変わる。こちらもコンディションは今ひとつ。こちらの信号も届かない場合が多い。
 21時になると「S.M. El Rey Contest , CW」「EU PSK DX Contest」が始まったのでしばらくはそちらに主力を置く。
 23時から3.5MHzで運用を再開するが局数が伸びない。7MHzも同様なので23:30ごろ今夜の運用を終わる。合計26QSO

 17日朝06:30ごろに起き出し。まず7MHzで運用を開始する。8J1M/1とQSOできただけであまり信号が聞こえてこないので、3.5MHzに変わる。こちらも今ひとつ。3局とQSO出来ただけ。いつも県内局として移動運用している7M3QQPとQSOできる。
 その後は7MHzに出るが局数が伸びないので07:40から一休みする。

 09:40から運用を再開する。Eスポを期待して14MHzをワッチすると弱いながらも2・3信号が聞こえる。ノイズが多くQSBもあるので、コールサインもコピーできないことが多い。30分ほどで7QSOのみ。
 その後は7MHzと行き来するが、局数が伸びないうちにコンテスト終了正午となる。合計46QSO

  結果は次のとおり;

Entry Class:  県外の部 電信 マルチバンドHF(2E)
クリックすると元のサイズで表示します
138 Pts x 32 City/Town = 4416
Claimed Score: 4,416 Points

得 点: CWによる完全な交信は3点とし、CW以外のモードによる完全な交信は1点とする。
マルチプライヤー: 群馬県内局は、都府県支庁および群馬県内の市町村の数
          群馬県外局は、群馬県内の市町村の数

0

2009/5/13

43rd ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST  RTTY
43rd ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 09 to 1200Z, May 10 (May 09 2100 JST - May 10 2100 JST)
RULES: URL:http://www.contestvolta.com/volta43.pdf

 9日 1220 頃から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けているが、参加局が少ないのか信号はあまり聞こえてこない。
 1600 で今夜の運用を終わる。合計13QSO
 14MHzVR2XMT・UA4FBG・OK3R・UN6P・9M6XRO・9V1UV・YU7AE・SP4TXI・UX5IO・UW8I7MHzDS5TUK・DV1JM等とQSOできる。

 10日朝2240 頃から14MHzで運用を開始する。他のヨーロッパが全く聞こえないのに、どうしたことかT77NMだけが強力に聞こえる。パイルアップ状態なので呼んでもなかなか応答が得られない。2248 応答があり、QSO成立
 その後は「関西VHFコンテスト」に主力を置き、時々14MHz・RTTYを覗きにくる。
 正午までにQSOできたのはUA0ZEODV1JMだけ。合計16QSO

 午後0400 頃から運用を再開する。ヨーロッパ方面に開けてはいるが、信号はあまり聞こえてこない。
 夕食時合計22QSOUS5IQ・F4JRC・OE9R・KH6ZM・OH8A等とQSOできる。

 夕食後7MHzに出る。国内に開けているので専らCQを出す。JAコールエリアがマルチになるのでありがたい。JAのほかにE21YDP・KK5OQ・9M6XRO等に呼ばれる。
 1100 を過ぎるとほとんど信号が聞こえなくなる。1108KH6ZMを最後にコンテストを終わる合計44QSO

 結果は次のとおり;

Entry Class:  Single-Op All-Band
クリックすると元のサイズで表示します
533 Pts x ( 22 Cntry + 8 Call-area + 0 Extra-mult ) x 44 QSO = 703560
Claimed Score: 703,560 Points

Points: Point Table
MULTIPLIERS: Each country(DO NOT COUNT JA-VE-VK-W-ZL) plus each call-area in JA-VE-VK-W-ZL, once per band
         Each country on a different continent worked on at least 4 bands once (extra mult)

0

2009/5/12

CQ-M International DX Contest  CW DX
CQ-M International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 09 to 1159Z, May 10 (May 09 2100 JST - May 10 2059 JST)
RULES: URL:http://www.cq-m.andys.ru/rules_eng.html

 9日21時からはこの「CQ-M International DX Contest」の他に「VOLTA RTTY DX CONTEST」、「関西VHFコンテスト」、「オール山口コンテスト」等が同時にスタートする。いずれも参加したいので掛け持ちをする

 9日21時30分( 1230 UTC )頃から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けているがコンディションは今ひとつ。やはりUAが多い。
 UAのほかはS53EO・LY9Y・UP6Aのみ。
 1545 から7MHzに出る。QSOできたのはRP3D・RT4M・RP4Wのみ。1630 で今夜の運用を終わる。合計18QSO

 夜中1820 から30分ほど起き出す。7MHzUAのほか、LY9Y・UU0A・UZ2M・UT8EU等とQSOできる。合計27QSO

 10日朝2030 頃に起き出し、7MHzで運用を開始する。UR7QC・UN9L・RZ3TZL・RP6A等とQSOできるがすぐに信号が弱くなったので、その後は「関西VHFコンテスト」に主力を置く。

 0000 頃から14MHzで運用を再開する。コンディションが悪く、UA9/0しか聞こえてこない。正午合計39QSO

 午後0400 頃から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けてはいるがコンディションは今ひとつ。夕食時までにUW1M・UY4WWA・F5IN・G3TXF・RW2F等とQSO。夕食時合計54QSO

 夕食後も引き続き14MHzに出る。LY5W・UN7TX・UR2P等とQSOできるがほとんど局数は伸びない。
 間もなくコンテスト終了1200 となる。合計63QSOでコンテストを終わる。

  結果は次のとおり;

Entry Class: B1 Single Operator - All bands CW Only
クリックすると元のサイズで表示します
160 Pts x 17 Cntry = 2720
Claimed Score: 2,720 Points

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
Same country - 1 point
Different Country, Same Continent - 2 points
Different Continent - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band

0

2009/5/12

第8回オール山口コンテスト  CW 国内
第8回オール山口コンテスト
開催日時: 2009年 5月9日(土)21:00 〜10日(日)15:00JST
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0905.htm#0509yamaguchi
         http://jarl33ja4auw.web.fc2.com/8yg-test.pdf

 9日21時からはこの「オール山口コンテスト」の他に「CQ-M International DX Contest」、「VOLTA RTTY DX CONTEST」、「関西VHFコンテスト」等が同時にスタートする。いずれも参加したいので掛け持ちをする。

 10日07:30頃から7MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつであるがJA42・3聞こえる。順次聞こえる局を呼んでゆく。その後時々7MHzを覗きにくる。14MHz等他のバンドも覗くがこちらは何も聞こえてこない。正午合計7QSO
 増えたマルチ3315・3316・3301・3302・3307・3333といったところ。

 午後14時ごろから7MHzで運用を開始する。山口県以外の局も聞こえだし賑やかである。
 間もなくコンテスト終了15時となる。合計16QSOでコンテストを終わる。
 その後増えたマルチ3110・3101・34003・3311・3206・3401・3310といったところ。

  結果は次のとおり;

Entry Class:  エリア外局 電信:HF(GHFC)
クリックすると元のサイズで表示します
27 Pts x 13 Pref = 351
Claimed Score: 351 Points

得 点: 各バンドごとの完全な一交信につき1点。
      山口県内局との交信は一交信につき2点。
マルチプライヤー: 各バンドで得た中国地方市郡数
             山口県内の市町数

0

2009/5/12

関西VHFコンテスト  CW 国内
関西VHFコンテスト
開催日時: 2009年5月9日(土)21:00 〜 10日(日)12:00
規約: URL:http://www.tcn.zaq.ne.jp/ja3atj/kanv09kiyaku.htm

 9日21時からはこの「関西VHFコンテスト」の他に「CQ-M International DX Contest」「VOLTA RTTY DX CONTEST」、「オール山口コンテスト」等が同時にスタートする。いずれも参加したいので掛け持ちをする

 まず、このコンテスト430MHzで運用を開始する。
 信号はあまり聞こえてこないので50MHz・144MHz・430MHzを行き来する。
 01:20頃に今夜の運用を終わる。合計65QSO
 ほとんどが2527である。そのほかは50MHz2606・37・8N3HAM/3(2214)・24004・2207・24007・2212144MHz2406・2401・2409・2301・24007430MHz220107・220106・2212・2409・18・2301・2214等とQSOできる。

 10日朝05:45頃から運用を開始する。同様に50・144・430MHzを行き来する。
 9時頃からは他のエリアを期待して28MHzに出るがやはり25・27のみ。
 あまり局数が伸びないままコンテスト終了12時となる。合計110QSO
 その後、25・27以外で増えたマルチ50MHz2608・21・2408144MHz2307・37・31・220107430MHz24010・21、といったところ。

 結果は次のとおり;

Entry Class:  管内 電信 シングルオペ マルチバンド(KCM)
クリックすると元のサイズで表示します
110 Pts x 97 Multi = 56
Claimed Score: 10,670 Points

得 点: 1交信 1点
マルチプライヤー: 管内局:管内の異なる市郡区および管外の都県支庁
           管外局:管内の異なる市郡区


 藤井寺球場跡地に建設中のマンションがほぼ完成時の高さになった。東方向の飛びを心配していたが、以前と変わりは無いようである。まずは一安心。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ