2009/10/21

JARTS WW RTTY CONTEST 2009  RTTY
JARTS WW RTTY CONTEST 2009
CONTEST PERIODS: 0000Z, Oct 17 to 2400Z, Oct 18 (17 Oct 0900 JST to 19 Oct 0900 JST)
RULES: URL:http://www.edsoftz.com/JARTS/2009/rules2009.html
規約: URL:http://www.edsoftz.com/JARTS/2009/rules2009j.html

 17日9時( 0000 UTC )から14MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。W方面開けているようであるがQSOできたのはW6AEA・NX5O・VE7CCのみ、他にRK0L・DU3NXE・KH6GMP・E21YDP等とQSOできる。
 0240 頃から21MHzに出る。こちらも今ひとつ。JAのほかはVK3TDX・9M2NNMのみ。正午( 0300 )合計22QSO

 午後0420 頃から運用を開始する。ヨーロッパ方面が時々浮き上がってくるが信号はあまり聞こえてこない。
 070021MHzを覗くがQSOできたのはYB0AI・ZL1BYZ・UN6Gのみ。夕食時合計60QSO
 増えたマルチ14MHzOH7MN・UA6CE・BD2RJ・9M2NNM・YT5W・UN1L・SP4TXI・PI4DX・DL9GTB・UR7GO・M0OXO・ZL1BYZ・Z36N・VK7GN・OK2SFP・VK3TDX等。

 夕食後7MHz14MHzを行き来する。QSOできたマルチJAのほか7MHzVK3TDX・W9NGA・RK0L・YB0AI・OH7UE・W7WW・KK5OQ14MHzLY6A・LA9Z・SD4OJZ1430 で今夜の運用を終わる合計96QSO

 夜中1910 から30分ほど起き出す。7MHzHA9PP・S53M・IZ0KBR等とQSOできる。合計102QSO

 18日朝2130 頃から運用を開始する。14MHzW全土に開けているようであるがQSOできたのはW9NGA・W7UV・N3BM・AD8P・VE6YR・AD1L・W3LL等。
 2300 から朝食のため一休みする合計115QSO

 朝食後14MHzで運用するがあまり局数は伸びない。マルチJT1BEKL7ACができただけ。
 正午合計125QSO

 午後14MHzに出る。時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくるが局数はほとんど伸びない。
 夕食時合計134QSO。増えたマルチON4QX・S53M・VK4IUのみ。

 夕食後、まず14MHzに出る。バンドの高いほうでフワフワした信号が聞こえる。しばらくワッチしていると時々「ANC」という文字が出てくる。「ANC」といえばR1ANC、ワッチを続けると完全にコピーできるようになる。呼んでみるとすぐに応答がある
 その後は7MHzに出るが全く局数は増えない。1330 で今夜の運用を終わる合計139QSO

 19日朝2110 頃から14MHzで運用を開始する。W全土に開けているようであるがQSOできたのはK4GMH・WA2ETU・W0MA等のみ。  2320コンテストを終わる合計145QSO

 設備の良い局にとっては結構良いコンディションであったようであるが、私にとっては今ひとつ。最低目標の150QSOにも及ばない。何か高い塀があって、弱小局にはその向うの広い世界が見えないような感じがする。

 結果は次のとおり; 

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op, All Band, Low Power
372 Pts x ( 38 Contry + 30 CallArea ) = 25296
Claimed Score: 25,296 Points

POINTS: Two(2), QSO points for contact within your own continent
        Three(3), QSO points for contacts outside your own continent
MULTIPLIERS: Each DXCC entity except JA/W/VE/VK(mainland)
          Each call area of JA/W/VE/VK(mainland)

0

2009/10/15

「Makrothen RTTY Contest RTTY, 2008」の結果発表  RTTY
Makrothen RTTY Contest RTTY, 2008
CONTEST PERIODS: 2008, 0000Z to 0759Z, Oct 11
        1600Z to 2359Z, Oct 11
        0800Z to 1559Z, Oct 12
RULES: URL:http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/TMC_Rules.html
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/301.html

 先日、2009年の「Makrothen RTTY Contest」が終わったところであるが、「Makrothen RTTY Contest 2008」の結果が TMC のサイトで発表されている。
 参加した「Class 1: Single, All Band, Low Power」部門で 152/275
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します
以下省略

  全結果はこちらで( http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/The_Makrothen_Contest.html )

 提出していたレポートは次のとおり;

Entry Class: Single Op  Single Xcvr Low-Power
クリックすると元のサイズで表示します

Claimed Score: 268,180 Points

1

2009/10/15

第30回全市全郡コンテスト  CW 国内
第30回全市全郡コンテスト
開催日時:2009年10月10日(土)2100 〜 11日(日)2100(JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

 10日21時から運用を開始する。まず、スタートラッシュを避けてV・UHF帯に出る。144MHzJI3CJP(2304)・JR5SPS/5(3902)50MHzJA5WPR/5(37005)等とQSOできるが、信号はあまり聞こえてこない。
 21:20頃から3.5MHzに変わる。全国的に開けているが、やはりスタートラッシュでなかなか応答が得られない。22:00合計24QSO
 22:20頃から7MHzに変わる。信号は弱いがJA6/7/8あたりとQSOできる。時々V・UHF帯を覗くが144MHzJH4RNY(310102)など3局とQSOできただけ。
 24:00で今夜の運用を終わる合計47QSO

 夜中04:30頃から30分ほど起き出す。局数は少ないが3.5MHzJA1/2あたりとQSOできる。合計55QSO

 11日朝06:20頃から運用を開始する。7MHzから上の各バンドを行き来する。
 14MHzは全国的に開けているがハイパワー局が多いのか聞こえていてもQSOできない場合が多い。それでもJA6/7/8あたりとQSOできる。
 21MHzJA6/7/8とはQSOできる。
 11:00を過ぎると7MHzのコンディションが良くなり局数が伸びる
 14MHzでもJA1あたりが聞こえ出す。正午合計160QSO

 午後からも各バンドを行き来するが、ハイバンドコンディションが悪くなってきたので、14:50頃から7MHzに腰をすえて局数を伸ばす
 17:00を過ぎると信号が弱くなり、しかも聞こえて来るのはQSOした局が多くなる。試しにCQを出して見ると、信号が弱くコールサインがコピーできない局もあるが、結構呼ばれる夕食時合計260QSO第1目標とした250QSOを超える

 夕食後も引き続き7MHzに出るが信号が弱くなりあまり局数が伸びない。程なくコンテスト終了21:00となる。
 合計276QSOコンテストを終わる300QSOには及ばなかったが、まずまずの出来
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ オールバンド
276 Pts x 254 市・郡・区 = 70104
Claimed Score: 70,104 Points

得点: 完全に行なわれた交信を1点とする
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数

1

2009/10/14

Makrothen RTTY Contest  RTTY
Makrothen RTTY Contest

CONTEST PERIODS: 0000Z to 0759Z, Oct 10
              1600Z to 2359Z, Oct 10
              0800Z to 1559Z, Oct 11
RULES: URL:http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/TMC_Rules.html

 第1ピリオッド

 10日 0010 過ぎから14MHzで運用を開始する。W方面N7NM・W6RLL・W0LSD・VE7CC・KL5E・W5DQ等とQSOできる。他はUA03000km ほどのところばかり。 0300 で合計16QSO

 午後0410 頃から運用を再開する。ヨーロッパ方面が時々浮き上がってくる。
 このコンテストは相手局との距離が得点となるので遠方の局ほど得点が高くなるYT5W・DR60GER・PI4DX・HA1YI・IK0EIE・PF7M・I1COB9000点を超える局とQSOができる。
 間もなく第1ピリオッド終了0800 となる。合計35QSO


 第2ピリオッド

 夜中 1900 頃から30分ほど起き出す。QSOできたのは7MHzRA3CMS53Mだけ。ただ、7MHzでは得点が1.5倍になるので有難い。

 11日朝2150 頃から運用を開始する。14MHzW全土に開けているようであるが、私の設備でQSOできたのは、K9OM・K0PK・AD1L・N4LV・NW7D・VA7ST・VE6YR等。程なく第2ピリオッド終了2400 となる。合計45QSO


 第3ピリオッド

 国内コンディションが良く、「全市全郡コンテスト」に熱中していて、第3ピリオッドが始まっているのに気づかなかった。
 「全市全郡コンテスト」が一段落した 1000 過ぎから14MHzで運用を開始する。LA5TFA・DK4LI・OH3BHL・9A5X・S53EO・S53M等とQSOできる。
 1100 過ぎからは7MHzに出る。コンディションは今ひとつ。W0LSD・VE7CCのほかは国内局が数局だけ。
 少しくたびれたので「全市全郡コンテスト」終了する 1200 コンテストを終わる合計60QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Class 1: Single, All Band, Low Power
407138 Pts = 407138
Claimed Score: 407,138 Points

POINTS: 1 point per km distance between stations for each QSO
      Multiply QSO points by 1.5 for 40m QSOs or 2.0 for 80m QSOs
      100 points per QSO between stations in same grid square (no other points or multiplier)
MULTIPLIERS: None

0

2009/10/14

Oceania DX Contest CW  CW DX
Oceania DX Contest CW
CONTEST PERIODS: 0800Z, Oct 10 to 0800Z, Oct 11
RULES: URL:http://www.oceaniadxcontest.com/rules.pdf

 10日 0800 UTC 、「Makrothen RTTY Contest」第1ピリオッドが終了すると同時にこのコンテストが始まる。まず、14MHzに出る。2・3局のVKが聞こえるが信号は弱い。それにヨーロッパ方面の局が多数呼ぶので、なかなか応答が得られない。何とかVK2AYD・VK5SP・VK7GN・9M6YBG・VK6BN・VK3QI・ZM2BQSOできる。その後21MHzを覗くが信号はあまり聞こえてこない。弱いながらもYE1ZAL・YD1XUH・VK6DXIQSOできる。
 0830 過ぎから7MHzに出る。「ブーンブーン」というノイズが多いが、信号は結構聞こえてくる。ZL3TE・VK4MA・VK2IM・VK3TDX・KH6ZM・WH6R・ZM1A・P29CW等とQSOできる。0900 から夕食のため一休みする合計20QSO

 夕食後7MHzに出るがますますノイズがひどくなり、信号もあまり聞こえてこない。VK6AA・ZL1TM・4F1AL・ZM2BQSOできるが、1030 でしばらく休憩する合計24QSO 1200 からは「全市全郡コンテスト」が始まったので、以後そちらに専念する。

 11日「全市全郡コンテスト」の合間を見て 0015 頃から運用を開始する。14MHz21MHzを行き来するが信号はあまり聞こえてこない。
 14MHzZL1BYZKH6ZM21MHzYB4IR・KH6ZM・VK3TDX・VK4EMMQSOできる。 0300 合計31QSO

 午後は国内コンディションが良く、「全市全郡コンテスト」に専念する。
 コンテスト終了の少し前から追い込みをしようと思っていたが、「全市全郡コンテスト」に熱中していて、気が付けばコンテスト終了の 0800 を回っていた。結局、合計31QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band
94 Pts x 28 Prefix = 2632
Claimed Score: 2,632 Points

POINTS: 20 points per 160m QSO
      10 points per 80m QSO
      5 points per 40m QSO
      1 point per 20m QSO
      2 points per 15m QSO
      3 points per 10m QSO
MULTIPLIERS: Each prefix once per band

0

2009/10/7

「CQ WW RTTY WPX Contest」の賞状到着  RTTY
CQ WW RTTY WPX Contest
CONTEST PERIODS:2009, 0000Z, Feb 14 to 2400Z, Feb 15 (14 Feb 0900 JST - 16 Feb 0900 JST)
RULES: URL:http://www.cqwpxrtty.com/rules.htm
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/372.html
       http://sun.ap.teacup.com/contest/459.html

 「CQ WW RTTY WPX Contest 2009」の賞状が郵送されてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 参加した「Single-Op All-Band Low-Power」部門、JA31位。他に「#16 ASIA  #6 JAPAN」の添え書きもある。
 結果はまだ CQ World Wide WPX RTTY Contes のサイトで発表されていない。
 その他については「関連ページ」を参照してください。

0

2009/10/7

JLRS 第38回パーティーコンテスト 電信  CW 国内
JLRS 第38回パーティーコンテスト 電信
開催日時:2009年10月3日(土) 12:00 〜 10月4日(日) 12:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/jlrs/contest/38-jlrs.html

 3日13:00頃から7MHzで運用を開始する。JLRSのメンバー局が2・3聞こえるが全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。30分ほどでやっと6局とQSO。その後14MHzを覗くとJR6XIXが強力に聞こえてくる。直ちにQSO。期待して14MHzのワッチを続けるが他は聞こえてこない。
 7MHzに戻ると先ほどのJR6XIXCQを出している。これも直ちにQSO。他は信号が弱く局数は伸びない。17:00合計14QSO
 17:00から3.5MHzに変わる。聞こえて来るのは7K3EOPJI2PNGだけ。何とかQSOして7MHzに戻る。

 4日07:00少し前から7MHzで運用を開始する。全般に信号が弱く、QSOできたのはJS6RFE/8JA1EYLだけ。その後は「California QSO Party」に主力を置く。
 11:00頃から運用を再開するがJE1NWBとQSOできただけでコンテスト終了12:00となる。合計19QSO

 結果は次のとおり;


クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: OM 電信 B
83 Pts x 18 Prefix = 1494
Claimed Score: 1,494 Points

得点: OM局=YL局1点、メンバー局5点 YL局=OM局1点、YL局5点
マルチプライヤー: 各バンドで交信した局の異なるプリフィックスの総数

0

2009/10/7

California QSO Party  CW DX
California QSO Party
CONTEST PERIODS: 1600Z, Oct 3 to 2159Z, Oct 4
RULES: URL:http://www.cqp.org/Rules.html

 4日9時ごろ、14MHz「JLRS パーティーコンテスト」のサーチをしているとナンバーを送っているW6が聞こえたので慌てて準備をする。
 使っているRTCLには「.cfg」が無いので「NAQP.cfg」を改造して、とりあえず支障なくQSOできる「CAQP.cfg」を作成する。
 N6ADを皮切りにK6VO・W6EU・N6RNO・WN6K・W6RKC・AI6VQSOできる。その後は信号が聞こえなくなったので7MHzに変わり「JLRS パーティーコンテスト」に専念する。

 夕方、0830 頃からW6を期待して 7040 kHz 付近をワッチするがN6OとQSOできただけ。諦めてコンテストを終わる合計8QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op Low Power Fixed
24 Pts x 7 Cnty = 168
Claimed Score: 168 Points

POINTS: 2 points per phone QSO
      3 points per CW QSO
MULTIPLIERS: CA Stations: States, VE areas once
        non-CA Stations: CA counties once

0

2009/10/7

TARA PSK Rumble Contest  PSK
TARA PSK Rumble Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 2400Z, Oct 3
RULES: URL:http://www.n2ty.org/seasons/tara_rumble_rules.html

 3日 0145 UTC 頃から14MHzで運用を開始する。信号は2・3聞こえるが「CQ TEST」は全く聞こえてこない。しばらく「CQ TEST」を連呼しているとUN7DAが呼んでくる。
 その後はPSK63に切り替えてCQを出していると再びUN7DAが呼んでくる。サブモードが異なれば得点になるのか判らないがQSOしておく。
 その後も時々CQを連呼するが全く反応がない。0237RA0CLに呼ばれる。合計3QSO正午となる。

 午後0500 頃からPSK31CQを連呼する。RW0AAJJ8KVUに呼ばれる。その後は2・3局と普通のQSOを、無理やりコンテストQSOとする。0600 で諦めて今日の運用を終わる合計7QSO

 4日朝2200 頃から運用を開始する。14MHz「CQ Rumble」を出すN7ESUN7UVHを発見。直ちにQSO
 JA2XYOW全土から呼ばれているのが聞えるが、相手局はほとんど聞こえない。間合いを見てJA2XYOを呼ぶ。何とか届いたようでQSOできる。その後は信号も聞こえないのでコンテストを終わる合計10QSO

 結果は次のとおり; 

クリックすると元のサイズで表示します

    Entry Class: Normal
     9 Pts x ( 4 Cntry + 3 CallArea ) = 63
    Claimed Score: 63 Points

    POINTS: 1 point per QSO
    MULTIPLIERS: Each country once per band
            Each W/VE/JA/VK call area once per band

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ