2009/11/30

2009年11月 CONTEST MENU  
2009年11月 CONTEST MENU

○High Speed Club CW Contest 
  0900Z to 1100Z, Nov 1
  1500Z to 1700Z, Nov 1

第15回オール大阪コンテスト (533)  
  11月1日 06:00 〜 18:00
        06:00 〜 11:30 電信部門
        12:30 〜 18:00 電話部門
        06:00 〜 18:00 特殊部門

○JA9コンテスト HF 2009 電話 
  11月2日 21:00 〜 3日 15:00

2008 IARU HF World Championship のアチーブメント賞到着 (534)  
  2008, 1200Z, Jul 12 to 1200Z, Jul 13
  http://sun.ap.teacup.com/contest/257.html

第19回鹿児島コンテスト の賞状到着 (535)  
  平成21年7月12日(日) 09:00 〜 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/464.html
  http://sun.ap.teacup.com/contest/480.html

○IPARC Contest CW
  0600Z to 1000Z, Nov 7
  1400Z to 1800Z, Nov 7

○IPARC Contest SSB
  0600Z to 1000Z, Nov 8
  1400Z to 1800Z, Nov 8

Ukrainian DX Contest (536)  
  1200Z, Nov 7 to 1200Z, Nov 8

CW王座決定戦 (537)  
  11月8日 12:00 〜 16:00

WAE DX Contest, RTTY (538)  
  0000Z, Nov 14 to 2359Z, Nov 15

○JAPAN INTERNATIONAL DX CONTEST, Phone
  0700Z, Nov 14 to 1300Z, Nov 15

OK-OM DX Contest, CW (539)  
  1200Z, Nov 14 to 1200Z, Nov 15

○第23回オール秋田コンテスト の結果発表 (540)  
  2009年9月12日(土) 21:00 〜 23:00
     9月13日(日) 06:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/505.html

○第39回 6m AND DOWN コンテスト の結果発表 (541)  
  2009年7月4日(土)21:00 〜 5日(日)15:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/461.html

Mongolian DX Contest (542)  
  0000Z to 2400Z, Nov 21

LZ DX Contest (543)  
  1200Z, Nov 21 to 1200Z, Nov 22

EU PSK63 QSO Party (544)  
  0000Z to 2400Z, Nov 22

JA9コンテスト HF 2009 電信 (545)  
  11月21日 21:00 〜 22日 15:00

第30回 オール九州コンテスト (546)  
  11月22日 21:00 〜 23日 15:00

Russian RTTY WW Contest 2009 の結果発表 (547)  
  2009, 0000Z to 2400Z, Sep 5
  http://sun.ap.teacup.com/contest/500.html

第34回JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト の結果発表 (548)  
  2009年8月8日(土) 19:00 〜 24:00
         9日(日) 08:00 〜 13:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/481.html

CQ Worldwide DX Contest, CW (549)  
  0000Z, Nov 28 to 2400Z, Nov 29
0

2009/11/30

CQ Worldwide DX Contest, CW  CW DX
CQ Worldwide DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 28 to 2400Z, Nov 30 (28 Nov 0900 JST - 30 nov 0900 JST)
RULES: URL:http://www.cqww.com/2009_Rules_cqww.pdf

 28日 0000 UTC から14MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。W方面ゾーン4止まり。他は太平洋方面UA9/0
 時々21MHz28MHzを覗きに行く。ノイズが多くいずれもバーティカルではちょっと厳しい。 正午84QSO
 QSOできたマルチ14MHzYB0ECT(28)・W6YI(03)・04・9V1YC・9M2CNC・RV0CD(19)・B7P(24)・VE7SV・9M6LSC・BU2AI・JT1DA(23)・18・T88CI(27)・3W1M(26)・HL2DC(25)・JS6RGY・CW5W(13)・DX1DBT・AH0/AH2Y・WH2D・NL7Z(01)・KH6LC(31)・LT1F・UK9AA(17)・UN6LN・HS0AC
 21MHzWH2D(27)・XU7ACY(26)・UA0IDZ(19)・KH6ZN(31)・YD1XUH(28)・JA5DQH(25)・XV1X・B7P(24)・9M6LSC・JT1DA(23)28MHzVK4KW(30)

 午後0440 頃から運用を開始する。14MHzをメインに時々21MHz28MHzを覗きに行く。
 14MHzではヨーロッパ方面が聞こえ出し。順調に局数・マルチが伸びる。
 0810 頃から7MHzに出る。W方面ゾーン4までで今ひとつである。夕食時合計189QSO
 その後増えたマルチ14MHzUA4SAW(16)・VK6AA(29)・E73W(15)・UW0K・HA8IH・YR8B(20)・ZM1A(32)・4O3A・9A1A・SN7Q・OM8A・OL9Z・SJ2W(14)・OH2U・DP7A・S50K・LZ9W・YT3M・HB9CA・LY7Z・LX7I・IO3X・IR9Y
 21MHzではAH0/AH2Y・VK7GN(30)・17・ZL1BYZ(32)・VR2C
 28MHzではCQを連呼しているJA3YBKのお邪魔をしてJA・25をいただく。
 7MHzではWA6O(03)・04・JT1C(23)・BA4WW(24)・AH0/AH2Y(27)・9M8YY(28)・RY0AB(18)・19・KH6LC(31)といったところ。

 夕食後も引き続き7MHzに出る。ヨーロッパ方面も聞こえ出しそれなりに局数・マルチが増える。10386Y1V(08)1211HC8GR(10)QSOできる。
 1500 で今夜の運用を終わる合計270QSO
 他に増えたマルチRU1A(16)・UP0L(17)・OH6M(15)・OH0Z・ZM1A(32)・YL4U・T88CI・AH2R・05・E21EIC(26)・UU7J・LY8O・SN2K・SK3W(14)・ES5RY・9A4D・4Z5LA(20)・OL0W・VK2IM(30)・S57M・DF0HQ・HG5A・9V1YC

 夜中1930 頃から30分ほど起き出すが、5局しかQSOできない。増えたマルチYT2Wのみ。

 29日朝2130 頃に起き出す。7MHzが結構賑やかである。今まで 7050kHz より上はほとんど聞いたことが無かったが、7100kHz くらいまでギッシリと出ている。
 2200 を回ると信号が弱くなり、こちらの電波が届かなくなったので14MHzに変わる。
 14MHzW全土に開けているようで、局数は少ないが何とかゾーン5まで届く。2330 で朝食のため一休みする合計320QSO
 増えたマルチ7MHzIR4X・YR8I・OE5OHO・OM0WR・AO3T・LZ3FN
 14MHz0521MHzK0RF(04)・PT5A(11)

 朝食後14MHz21MHzを行き来する。コンディションはどちらも今ひとつ。局数マルチもあまり伸びない。正午合計350QSO
 増えたマルチ14MHzではXU7ACYのみ。21MHzでは03・29・CW7T(13)・LU3FID・DX1DBT・A35KL

 午後0415 から14MHzで運用を再開する。コンディションは昨日よりもかなり悪い。それにすでにQSOしている局が多く、局数マルチもほとんど伸びない。夕食時合計429QSO。増えたマルチCE3DNP(12)・PI4COM・F8BPNだけ。

 夕食後7MHzに出る。こちらもコンディションは昨夜より悪い。
 1400 で今夜の運用を終わる合計459QSO。増えたマルチEW7LO・XE2WWW(06)・9M2CNC

 30日朝2050 頃から運用を開始する。まず7MHzに出るが全般的に信号が弱く、聞こえる局数も少ない。マルチ4O3Aが増えただけ。
 2145 から14MHzに変わる。14MHzはノイズが多く、少し弱目の局はコピーするのが苦しいが、W全土に開けており、何とかゾーン5あたりとQSOできる。
 2242 には6Y1V(08)2304 にはHC8GR(10)2336 にはPP5BZ(11)QSOできる。
 コンテスト時間はあと少しあるが、目標とした500QSOを僅かながら超えることができたので 2340コンテストを終わる合計508QSO
 一時は諦めかけたが、14MHzが好調500QSOを超えることができ、上出来である

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
1252 Pts x ( 129 Ctry + 67 Zone ) = 245392
Claimed Score: 245,392 Points

POINTS: 0 points per QSO with same country (counts as mult)
       1 point per QSO with different country same continent
       2 points per QSO with different country same continent (NA)
       3 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each CQ zone once per band
       Each country once per band

0

2009/11/27

「第34回JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト」の結果発表  CW 国内
第34回JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト

開催日時: 2009年8月8日(土)19:00 〜 24:00
                9日(日)08:00 〜 13:00
規約: URL:http://www.dental.gr.jp/web/jarl-nara/cont_09.htm
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/481.html

 「第34回JARL奈良県支部 V・UHFコンテスト」の結果がJARL奈良県支部のサイトで発表されている。
 参加した「電信部門 県外局 28MHz(GC28)」 1/5
 「電信部門 県外局 50MHz(GC50)」 1/7
 「電信部門 県外局 144MHz(GC144)」 2/5
 「電信部門 県外局 430MHz(GC430)」 2/6 、とのこと。
 それぞれ「28MHz(GC28)」 1位 「50MHz(GC50)」 1位 「430MHz(GC430)」 2位 、に入賞している。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果はこちらで( http://www.dental.gr.jp/web/jarl-nara/cont092.htm )

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 電信部門 県外局 28MHz(GC28)
9 Pts x 7 Letter x 9 Year = 567
Claimed Score: 567 Points

Entry Class: 電信部門 県外局 50MHz(GC50)
19 Pts x 12 Letter x 14 Year = 3192
Claimed Score: 3,192 Points

Entry Class: 電信部門 県外局 144MHz(GC144)
15 Pts x 11 Letter x 11 Year = 1815
Claimed Score: 1,815 Points

Entry Class: 電信部門 県外局 430MHz(GC430)
9 Pts x 8 Letter x 9 Year = 648
Claimed Score: 648 Points

0

2009/11/27

「Russian RTTY WW Contest 2009」の結果発表  RTTY
Russian RTTY WW Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z-2400Z, Sep 5 2009(05 Sep 0900 JST - 06 Sep 0900 JST)
RULES: URL:http://www.radio.ru/cq/contest/rule-results/index2.shtml
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/500.html

 「Russian RTTY WW Contest 2009」の結果がQRZ RUのサイトで発表されている。
 参加した「Single Op All Band」部門で 163/283 とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果はこちらで( http://www.qrz.ru/contest/detailresult.phtml?id=2116 )

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op All Band
770 Pts x ( 32 Cntry + 33 RU-Oblt ) = 50050
Claimed Score: 50,050 Points

0

2009/11/26

第30回 オール九州コンテスト  CW 国内
第30回 オール九州コンテスト
開催日時:2009年11月22日(土)21:00〜23日(日)15:00
規約: URL:http://qshu.hp.infoseek.co.jp/ALLCON9.html
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/0911.htm#1122kyushyu

 22日21:00から運用を開始する。まず、7MHzに出るが、JA6MGQ・JS6RLV・JA1IST/6QSOできただけ。すぐに3.5MHzに変わる。JA6は多数聞こえるが全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。22:00合計15QSO
 22:00から1.9MHzに出る。飛びが悪いがJA6GCE・JH6NBW・JF6CHA/6、とQSOができる。
 その後7MHzに変わるがJR6YAA/6JR6AGQSOできただけ。22:30で今夜の運用を終わる合計20QSO

 23日朝07:00頃から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るがJA6YHQ/6・JE6ETN・JG6BKB、とできただけ。
 7MHzに変わると結構賑やかである。順次聞こえてくる局を呼んでゆく。
 10:00過ぎから合間に14MHzを覗くがノイズが多く、しかも信号が弱いのでなかなかコピーできない。時々浮き上がってくるので、そのピークで呼ぶと何とかQSOできる。正午合計53QSO

 午後14:00から運用を再開する。7MHz14MHzを行き来するがQSOした局が多く、ほとんど局数は伸びない。程なくコンテスト終了の15:00となる。合計60QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信部門 管外局 個人局マルチバンド (XCM)
60 Pts x 51 市・郡 = 3060
Claimed Score: 3,060 Points

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 
0

2009/11/26

JA9コンテスト HF 2009 (電信)  CW 国内
JA9コンテスト HF 2009(電信)
開催日時:2009年11月21日(土) 21:00 〜 22日 (日) 15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/hokuriku/ja9hf_2009.html

 21日21:30頃から運用を開始する。まず7MHzをワッチするがなにも聞こえてこない。3.5MHzに変わると結構賑やかである。しかし、全国から呼ばれているのでまったく歯が立たない。何とかJR9MARとQSOできるが、飛びが悪いので諦めて22:30に今夜の運用を終わる

 22日朝07:20頃から運用を開始する。まず、3.5MHzをワッチするがほとんど信号が聞こえてこない。
 7MHzに変わるとバンド中賑わっている。聞こえる局を順次呼んでゆくが、1時間もすると聞こえて来るのはQSOした局ばかり。全国から呼ばれているので賑やかに聞こえたが、やはり管内局が少ない
 その後は「EPC PSK63 QSO Party」に主力を置いて時々覗きに来る。正午合計17QSO

 午後は掛け持ちをしている「LZ DX Contest」「EPC PSK63 QSO Party」の合間に覗きに来るが、新しい局が聞こえてこないので諦めてコンテストを終わる。結局17QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルオペレーター マルチバンド
17 Pts x 14 市・郡 = 238
Claimed Score: 238 Points

得点: 完全な交信で  1点
マルチプライヤー: 9エリアの局   すべての都府県道支庁の和(バンド毎)
              その他の局   9エリアの市および郡の和(バンド毎)

0

2009/11/26

The 4th EPC PSK63 QSO Party 2009  PSK
The 4th EPC PSK63 QSO Party 2009
CONTEST PERIODS: 0000Z to 2400Z, Nov 22 (22 Nov 0900 JST - 23 Nov 0900 JST )
RULES: URL:http://eu.srars.org/index.php?option=com_content&task=view&id=66&Itemid=141

 22日朝 0015 から14MHzで運用を開始する。聞こえて来るのはUA0だけであるが、ほとんどがマルチになるEPCのメンバーでありがたい。時々かけもちをしている「JA9コンテスト HF 2009(電信)」に出るが、正午合計16QSO

 午後0400 から運用を再開する。0530 を過ぎるとヨーロッパ方面も聞こえ出すが、同時に開催されている「LZ DX Contest」主力を置いたのであまり局数は伸びない。夕食時合計30QSO

 夕食後7MHzに出るがQSOできたのはHLUA0だけ。
 1200 からは「オール九州コンテスト」がスタートしたので、そちらに主力をおき時々PSKバンドを覗きにくる。1330 で今夜の運用を終わる合計36QSO

 23日朝2200 から運用を開始する。昨夜と同様に「オール九州コンテスト」に主力をおき時々覗きにくるがすでにQSOしたUA02・3聞こえるだけ。結局、225714MHzVA7RYQSOできただけでコンテストを終わる合計37QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Bands
165 Pts x 32 EPC-Member = 5280
Claimed Score: 5,280 Points

POINTS: 1 point per QSO with non-EPC member
       5 points per QSO EPC member
MULTIPLIERS: Each EPC member once per band
0

2009/11/26

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 21 to 1200Z, Nov 22 (21 Nov 2100 JST - 22 Nov 2100 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 21日 1200 からこのコンテストと「JA9コンテスト HF 2009(電信)」がスタートする。すでに「Mongolian DX Contest」が行われているので掛け持ちをする。
 7MHzで運用を開始するが、聞こえてくる「CQ TEST」はほとんどが「LZ DX Contest」の参加局なのでしばらくはこのコンテストにに主力をおく。
 DU/OH1RXが強力に聞こえる他はUA9/0が聞こえるだけ。ただ、マルチITU ZoneなのでUA9/0Zoneが多く、それなりにマルチが増える。
 1330 で今夜の運用を終わる。合計7QSO。増えたマルチ31・50・34・21・32

 22日朝2030 から7MHzで運用を開始する。RU6CQ(29)・RU3CM・LZ3FN(DO)QSOできるが、すぐに信号が弱くなったので14MHzに変わる。しかし信号は全く聞こえてこないので一休みする

 午前中「JA9コンテスト HF 2009(電信)」等に主力を置いて午後から運用を再開する。
 0430 頃からは時々ヨーロッパ方面も聞こえ出すが、やはりUA9/0の方がマルチが多くありがたい。
 0700 を過ぎると主催のLZ局も聞こえだし、LZ9W(PK)・LZ2JR(GA)・LZ7J(PO)QSOできる。
 21MHzを時々覗くがUT7MA(29)・9A5W(28)・RC9O(31)等とできただけ。夕食時合計53QSO
 14MHzで増えたマルチ21・29・32・31・30・23・34・20・33・28・ZM2B(60)、といったところ。
 
 夕食後7MHz14MHzを行き来するが増えたマルチ7MHzOH6M(18)・ZM2B(60)・UA0ZAL(35)だけ。程なくコンテスト終了1200 となる。合計61QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B - Single Operator/Multi Bands/CW
178 Pts x ( 23 Ctry + 4 LZ-Dist ) = 4806
Claimed Score: 4,806 Points

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
3 points per QSO with different continent
1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band

0

2009/11/26

Mongolian DX Contest 2009  CW DX
Mongolian DX Contest 2009
CONTEST PERIODS: 0000Z to 2400Z, Nov 21 (21 Nov 0900 JST - 22 Nov 0900 JST )
RULES: URL:http://www.hornucopia.com/contestcal/mongoliandxcwssb2009.pdf

 このコンテストは今年から始まったもので、開催されることは判っていたが、ルールが入手できない。1週間前になってやっとWA7BNMのサイト( http://www.hornucopia.com/contestcal/contestcal.html )からリンクで入手する。

 21日 0030 UTC から14MHzで運用を開始する。主催のJT局は結構出ているようであるが、他は近場だけ。それも局数は少ないようである。
 その後時々21MHzも覗くが、JT局以外はあまり聞こえてこない。正午( 0300 )合計25QSO
 QSOできたマルチ14MHzで、カントリー;UA9・BY・K・YB・UN・JAJT局でJT5CD・JT1T・JT1BH・JV1A・JT1CZ・JT1AA・JT1AU・JT7AB、21MHzでJV1A・JT1BH・JT5CD、といったところ。

 午後0400 頃から、まず21MHzで運用を開始する。RK9CWW(UA9)・JT1T・JT1AUQSOできただけ。すぐに14MHzに変わる。
 時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくるが局数は少ない。夕食時合計51QSO
 増えたマルチUA・UR・F・E7・SM・YU・DL・PA・SP、といったところ。

 夕食後7MHzに出る。聞こえてくるのはJT局と近場だけ。
 1200 から「LZ DX Contest」「JA9コンテスト HF 2009(電信)」がスタートする。
 その後聞こえてくる「CQ TEST」はほとんどが「LZ DX Contest」の参加局なので、しばらくは「LZ DX Contest」に主力をおく。
 1330 で今夜の運用を終わるが、結局1局も増えない。合計59QSO
 増えたマルチ7MHzカントリー;UA9・DU・UAJT局でJT1T・JT1CZ・JV1A・JT1CO

 22日朝2300 頃から14MHzで運用を開始するが、すでにQSOしたJTUA02・3聞こえるだけ。しばらくCQを連呼しているとP29CWが呼んでくる。その後もCQの連呼を続けるが全く呼ばれない。程なくコンテスト終了2400 となる。結局合計60QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOMB-CW-LP
136 Pts x ( 20 Ctry + 17 JT ) = 5032
Claimed Score: 5,032 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
       2 points per QSO with different country, same continent
       3 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each DXCC country (except JT) once per band
          Each JT station once per band
0

2009/11/18

「第39回 6m AND DOWN コンテスト」の結果発表  CW 国内
第39回 6m AND DOWN コンテスト
開催日時: 2009年7月4日(土)21:00 〜 5日(日)15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/461.html

 「第39回 6m AND DOWN コンテスト」の結果がJARLのサイトで発表されている。
 参加した「電信部門シングルオペオールバンド (CA)」部門・関西 4/13 とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果はこちらで( http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/2009/entry.html )

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 電信部門 シングルオペ オールバンド( CA )
145 Pts x 49 Pref = 7105
Claimed Score: 7,105 Points

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ