2010/4/20

第22回羽曳野コンテスト  SSB/CW 国内
第22回羽曳野コンテスト
開催日時: 2010年4月18日(日)
           @電信電話  7MHZ バンド 13:00 〜 16:00
           A電信電話 50MHZ バンド 09:00 〜 12:00
           B電信電話144MHZ バンド 09:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/club-info.htm#apr
          http://www.activehams.com/habikino.html

電信電話 50MHZ バンド部門
電信電話 144MHZ バンド部門

 18日9時から「オ−ル東北コンテスト」を中断して運用を開始する。まず、50MHz・CWCQを連呼するが全く呼ばれない。
 そこで苦手なSSBに変わりCQを出す。まず、クラブメンバーのJA3AAが呼んでくる。続いてもう1局呼んでくるがコールサインがうまくコピーできない。何とかQSO
 その後は「CQ 羽曳野コンテスト」を出している局を呼びに回る。やはり参加局が少ないようで局数は伸びない。144MHzにも出るが同様である。
 しばらくは50MHz144MHzを行き来する。
 あまり信号が聞こえてこないので7MHzにも出て「オ−ル東北コンテスト」と掛け持ちをする。
 程なくコンテスト終了12時となる。50MHz合計8QSO144MHz合計5QSO。とにかくSSBはくたびれる。
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 50MHZ バンド部門
29 Pts x 7 市・郡 = 203
Claimed Score: 203 Points

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 144MHZ バンド部門
15 Pts x 4 市・郡 = 60
Claimed Score: 60 Points


電信電話 7MHZ バンド部門

 18日13時から7MHz・CWで運用を開始する。主催クラブのメンバーなので「CQ HMC TEST」を連呼する。
 午前よりもコンディションが下がったようであまり呼ばれない。時々「CQ HMC TEST」を出している局を呼びに回るが、参加局も少ないようである。
 全国的に開けてはいるが全般に信号は弱い。その後もひたすら「CQ HMC TEST」を連呼するが、あまり局数は伸びない。

 その内にコンテスト終了16時となる。合計33QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 7MHZ バンド部門
46 Pts x 32 市・郡 = 1472
Claimed Score: 1,472 Points

得 点: 羽曳野市内(JCC#2526)の局との交信   10点
        羽曳野無線クラブ員との交信           10点
        大阪府内の局との交信                2点
        大阪府外の局との交信               1点
マルチプライヤー: 異なる市郡の数。(行政区は不可)

0

2010/4/20

第60回オ−ル東北コンテスト  CW 国内
第60回オ−ル東北コンテスト
開催日時: 2010年4月17日(土)21:00 〜 18日(日)12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1004.htm#0417tohoku
      URL:http://www.geocities.jp/miyagiradio/page014.html

 17日21時から3.5MHzで運用を開始する。JA7も数局聞こえるが、全国から呼ばれているので全く歯が立たない。そこで少し弱目の局を呼んでみると応答がある。
 30分ほどすると、全く反応が無い2・3の局を除いて、やりつくした感じなので7MHzに変わる。こちらは局数が少ないが一発で応答がある。
 その後は3.5MHz7MHzを行き来する。1.8MHzも覗くが呼んでも全く反応が無い。
 23時を過ぎて局数が減ってきたので1.8MHzに出ると、いつも管内から移動運用をしている7M3QQP/7が聞こえる。何回か呼んでなんとかQSOできる。
 23:30で今夜の運用を終わる合計20QSO。ほとんどの局がマルチにもなる。

 17日6時から運用を開始する。まず、3.5MHzに出る。3局とQSOできるが、他は信号が聞こえてこないので7MHzに変わる。
 こちらは結構賑やかである。JA3とは伝播状態が良いのかほとんどが一発で応答がある。
 その後順調に局数が伸びる。8時から朝食のため一休みする合計37QSO

 朝食後7MHzに出るが、聞こえる局はQSOした局ばかり、となる。14MHzを時々覗くが信号は聞こえてこない。
 9時から所属するクラブが主催する「羽曳野コンテスト」が始まったのでしばらくはそちらに主力を置く。

 10:30ごろから7MHzも時々覗きに来るが、QSOした局ばかり。新しい局が聞こえると全国から一斉に呼ばれるのでなかなか応答が得られない。それに、CQを出さずに管内局を呼びに回っている管内局が結構いる。ぜひCQを出してほしいものである
 程なくコンテスト終了12時となる。合計45QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 シングルオペ オールバンド 電信 (CA)
45 Pts x 38 市・区・郡 = 1710
Claimed Score: 1,710 Points

得 点: 各バンド毎に異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 東北管内局:東北の異なる市区郡、および異なる都府県支庁の数
             東北管外局:東北の異なる市区郡の数

0


AutoPage最新お知らせ