2010/11/30

2010年11月 CONTEST MENU  
2010年11月 CONTEST MENU


○JA9コンテストHF 2010 電話
  11月2日 21:00 〜 3日 15:00

○High Speed Club CW Contest
  0900Z to 1100Z, Nov 7

Ukrainian DX Contest(720)
  1200Z, Nov 6 to 1200Z, Nov 7

第16回オール大阪コンテスト(721)
  2010年11月7日(日) 06:00 〜 18:00
          06:00〜11:30 電信部門
          12:30〜18:00 電話部門
          06:00〜18:00 特殊部門(RTTY/SSTV)

WAE DX Contest, RTTY(722)
  0000Z, Nov 13 to 2359Z, Nov 14

○JIDX Phone Contest
  0700Z, Nov 13 to 1300Z, Nov 14

OK-OM DX Contest, CW(723)
  1200Z, Nov 13 to 1200Z, Nov 14

全日本CW王座決定戦(724)
  平成22年11月14日(日)12:00 〜 16:00

LZ DX Contest(726)
  1200Z, Nov 20 to 1200Z, Nov 21

EPC PSK63 QSO Party 2010(727)
  0000Z to 2400Z, Nov 21

JA9コンテスト HF 2010(電信)(728)
  2010年11月20日(土) 21:00 〜 21日 (日) 15:00

第31回 オール九州コンテスト(729)
  2010年11月22日(月)21:00〜23日(火・祝)15:00

CQ Worldwide DX Contest, CW(730)
  0000Z, Nov 27 to 2400Z, Nov 28


2010年11月 CONTEST MENU (731)
0

2010/11/29

CQ Worldwide DX Contest, CW  CW DX
CQ Worldwide DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 27 to 2400Z, Nov 28 (27 Nov 09:00 JST - 29 Nov 09:00 JST)
RULES: URL:http://www.cqww.com/2010_Rules_cqww.pdf

 27日朝、0030 UTC 頃から14MHzで運用を開始する。米国全土に開けている様であるが弱小局にとっては今ひとつ。西海岸からW0までである。他にBY8AC(24)・9M6/KM0O(28)・VK6AA(29)・VE6AO・PT5T(11)・HS0AC(26)・9V1YC・CW5W(13)等とQSOできる。
 0100 頃から21MHzに出る。近場ばかりであるが結構賑やか。VR2KW(24)・3W1M(26)・KH6ZN(31)・NH2T(27)・KL5DX(01)・VK4IU(30)・ZL1BYZ(32)等とQSO28MHzも覗くがQSOできたのはNH2T(27)だけ。
 0200 頃からは14MHz21MHzを行き来する。正午合計74QSO。その後増えたマルチ14MHzWH2D(27)・XQ1KZ(12)KL5DX(01)21MHzUN9GD(17)・JT1YAB(23)等。

 午後0340 頃から運用を再開する。まず、14MHzZL8XQSOできる。その後14MHzZK2A・RT4RO(16)・ZL8X等とQSO
 0600 を過ぎると14MHzヨーロッパ方面が好調となり、SN8R(15)・HG6N・YT1A・OL9Z・EM7L・YO8TOH(20)・4L0A(21)・LZ5R・PA3EWP(14)等とQSOできる。
 0700 から7MHzに出る。JT5DX(23)・BN100(24)・K0EU(04)等とQSOできるがコンディションは今ひとつ。すぐに14MHzに戻る。
 14MHzヨーロッパ方面に依然好調でLA2AB・S59ABC・LY1CX・OM7M・IU1A・SL0W・DF0HQ・OH8L・9A1P・E73M等とQSOできる。
 0800 過ぎから7MHzに変わるが近場ばかり。0900 で夕食のため一休みする合計169QSO
 夕食後1000 から運用を再開する。7MHzのコンディションは少し良くなり、北米方面・ヨーロッパ方面、両方とQSOできる。
 1400 で今夜の運用を終わる合計224QSO。その後増えたマルチOH7R(15)・OH0V・VE7SV・RU1A(16)・9M6XRO(28)・YL2KO・ZL8X(32)・KH6MB(31)・UW1M・4L8A(21)等。

 28日朝2115 頃から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面に開けておりOK1Z・KC1XX(05)・IR4M・HS0AC(26)・DF0HQ(14)・UP7A(17)・HG3DX・OM7M・YU1LA・9A1A・SN3R等とQSOできる。
 2225 から14MHzに変わる。米国全土に開けている様であるが東海岸方面W3LPLQSOできただけ。
 2240 から21MHzに出る。このバンドも米国全土に開けているようであるが、QSOできるのは西海岸方面だけ。HK1R(09)・ZX5J(11)QSOできたのは上出来。2330 で朝食のため一休みする合計286QSO
 朝食後0025 頃から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来するが次第に近場ばかりとなる。
 正午合計324QSO。その後増えたマルチ14MHzDV1/JO7KMB・CW5W・YE1C・BU2AV・9M2TO・ZM1A21MHz9M6XRO(28)、28MHzでAH0DX・VK4IU(30)・UA0UDZ(19)・JA3YBK(25)

 午後0410 頃から運用を再開する。21MHzHS0AC・DX1DBT等とQSOできるが、他は近場のQSOした局ばかり。しばらく休憩する
 0600 頃から運用を再開する。14MHz・21MHzを行き来する。14MHzYL2KO・OE8Q等とQSOできるが、他ははQSOした局が多く局数は伸びない。
 0700 を過ぎると21MHzが好調となり、UZ2I(16)・YT2W(15)・OM8A・E73W・IO5O等とQSOできる。
 0900 で夕食のため一休みする合計373QSO。その後増えたマルチ14MHzEA2EA・MD6V・OP4K
 夕食後1100 から7MHzで運用を再開する。コンディションはまずまず。 1145 を過ぎるとヨーロッパ方面も聞こえ出す。しかし、マルチSJ2Wが増えただけで、他はQSOしたところばかりで全く増えない。1300 で今夜の運用を終わる合計397QSO

 29日朝2200 少し前から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面がまだ開けており局数は伸びるがマルチは全く増えない。信号は次第に弱くなってゆくが、フェードアウト直前S59ABC・IH9R(33)・IU9T・E73MとQSOできる。
 2230 からは14MHz21MHzを行き来する。どちらも米国全土に開けているが東海岸方面14MHzK3LR・W2FU・WC1MとQSOできただけ。その内にコンテスト終了2400 となる。合計436QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op All Band Low Power
1064 Pts x ( 119 Cntry + 68 Zone ) = 198968
Claimed Score: 198,968 Points

POINTS: 0 points per QSO with same country (counts as mult)
       1 point per QSO with different country same continent
       2 points per QSO with different country same continent (NA)
       3 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each CQ zone once per band
          Each country once per band

0

2010/11/25

第31回 オール九州コンテスト  CW 国内
第31回 オール九州コンテスト
開催日時:2010年11月22日(月)21:00〜23日(火・祝)15:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1011.htm#1122kyushu

 23日07:20から7MHzで運用を開始する。JA6が多数聞こえるが、伝播状況が良いJA1JA2に取られてしまい、なかなかQSOに至らない。それでも次第に局数が伸びる
 08:00を過ぎると新しい局が聞こえてこなくなったので14MHzをワッチする。聞こえるのはJA6GCEだけ。JA3との伝播状況が良くないが何とかQSOできる。08:30で朝食のため一休みする合計17QSO
 朝食後09:30から運用を再開する。まず14MHz・21MHzをワッチする。21MHzJA6GCE14MHzJR6AGとそれぞれQSOできる。
 その後は7MHzに出るがあまり局数は伸びない。10時を過ぎると14MHzJA6が多数聞こえ出すがノイズが多く少し弱いとコピーが難しい。正午合計32QSO
 午後13:10頃から運用を再開する。新しい局はあまり聞こえてこない。その内にコンテスト終了15:00となる。合計39QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 電信部門 管外局 個人局マルチバンド
39 Pts x 31 市郡区 = 1209
Claimed Score: 1,209 Points

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 

0

2010/11/25

JA9コンテスト HF 2010(電信)  CW 国内
JA9コンテスト HF 2010(電信)
開催日時:2010年11月20日(土) 21:00 〜 21日 (日) 15:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1011.htm#1102hokuriku

 20日21時から3.5MHzで運用を開始する。JA9はあまり聞こえてこない。聞こえても全国から呼ばれるのでなかなかQSOできない。何回も呼んでJA9DOFQSOできる。
 1.9MHzを覗くがこちらの電波が全く飛ばない。何とか7M3QQP/9QSO
 その後7MHzをワッチするがQSOできたのはJR9MARJA9ALRだけ。23:00で今夜の運用を終わる合計4QSO

 21日8時頃から運用を開始する。7MHzは全国的に開けておりJA9も多数聞こえるが全国から呼ばれるのでなかなか順番が回ってこない。何とか局数を伸ばすがやはり管内局の参加が少ない。JI3DNN/9・7M3QQP/9・JH3XCU/9等、他エリアからの移動運用が多い。
 11時を過ぎると聞こえるのはQSOした局ばかり、となったので12時コンテストを終わる合計15QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op All Low
15 Pts x 12 市郡 = 180
Claimed Score: 180 Points

得点: 完全な交信で  1点
マルチプライヤー: 9エリアの局   すべての都府県道支庁の和(バンド毎)
              その他の局   9エリアの市および郡の和(バンド毎)

0

2010/11/25

EPC PSK63 QSO Party 2010  PSK
EPC PSK63 QSO Party 2010
CONTEST PERIODS: 0000Z to 2400Z, Nov 21 (21 Nov 09:00 JST - 22 Nov 09:00 JST )
RULES: URL:http://eu.srars.org/index.php?option=com_content&task=view&id=66&Itemid=141

 21日9時( 0000 UTC )から運用を開始する。あまり信号は聞こえてこない。聞こえてきても殆どがUA0である。ただ、QSOした局の殆どがEPCのメンバーなのでマルチにもなる。正午合計8QSO
 午後「LZ DX Contest」の合間にPSKバンドを覗くがQSOできたのはSP3SLORZ9UFだけ。0900 で諦めてコンテストを終わる合計10QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op All Bands
50 Pts x 10 EPCmem = 500
Claimed Score: 500 Points

POINTS: 1 point per QSO with non-EPC member
       5 points per QSO EPC member
MULTIPLIERS: Each EPC member once per band

0

2010/11/25

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 20 to 1200Z, Nov 21 (20 Nov 21:00 JST - 21 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 21日朝、2225 UTC 頃から運用を開始する。まず7MHzをワッチするとまだヨーロッパ方面に開けており、9A2AJ(28)・HA1YI・DV1/JO7KMB(50)・LZ3FN(DO)・UW5U(29)・YU3AAA・RW0UM(33)等とQSOできる。
 その後は信号が弱くなる。14MHzもワッチするが何も聞こえてこないのでしばらく休憩する合計8QSO
 午後0550 頃から運用を再開する。ヨーロッパ方面が時々浮き上がってくるので14MHz21MHzを行き来する。
 14MHzUW5U(29)・RA0AM(32)・UP0L(30)・R0QA(23)・HG7T(28)・F5IN(27)・LZ8E(RZ)・EA8AH(36)・LZ1BJ(KD)・SA1A(18)・RA0UF(33)・RZ9UO(31)・LZ4TL(LV)21MHzHG7T(28)・UP1G(31)・BX4AD(44)等とQSOできる。
 0830 を過ぎると信号が聞こえなくなったのでコンテストを終わる合計34QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: B - Single Operator/Multi Bands/CW
112 Pts x ( 18 Zone + 4 District ) = 2464
Claimed Score: 2,464 Points

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
       3 points per QSO with different continent
       1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band

0

2010/11/17

全日本CW王座決定戦  CW 国内
全日本CW王座決定戦
開催日時:平成22年11月14日(日)12:00 〜 16:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/jo1zrw/tomonokai_contest_rule.htm

 14日「WAE DX Contest, RTTY」「OK-OM DX Contest」が開催されているが12時から16時までの短時間なので、この間このコンテストに主力を置く。このコンテストはストレートキーを使用すると相手の得点が高くなるし、得点係数も大きくなるので、くたびれるがストレートキーを使用する
 7MHz・CWバンドは結構賑やかで、聞こえてくる局を順次呼んでゆく。時々他のコンテストを覗きに行くが、結局合計58QSOコンテストを終わる
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 7MHzシングルバンド
95 Pts x 35 免許取得年 x 13 = 43225
Claimed Score: 43,225 Points

得点: 交信相手がストレートキー使用者(S)の場合・・・2点
            それ以外の使用者(X)の場合・・・・・1点
        得点係数 : ストレートキーでの参加者は ×13
                 ストレートキー以外での参加者は ×10
マルチプライヤー: CW運用可能となった従事者免許の取得年(西暦)の下二桁 

0

2010/11/17

OK-OM DX Contest, CW  CW DX
OK-OM DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 13 to 1200Z, Nov 14 (13 Nov 21:00 JST - 14 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://okomdx.crk.cz/g.html

 14日午後から「WAE DX Contest, RTTY」「全日本CW王座決定戦」の合間にCWバンドを覗く。コンディションは今ひとつであるがOK/OMだけが聞こえてくる感じで、何とか14局QSOできる。
 マルチ14MHzPAR・BKD・KRU・BPB・CTA・ETE・HKA・DPS・DST21MHzECH・ETE・KRU

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op All Low
42 Pts x 12 Oblt = 504
Claimed Score: 504 Points

POINTS: OK/OL/OM-Station: 1 point per QSO with EU station
       OK/OL/OM-Station: 3 points per QSO with DX station
       EU-Station: 1 point per QSO with OK/OL/OM station
       DX-Station: 3 points per QSO with OK/OL/OM station
MULTIPLIERS: OK/OL/OM-Station: each prefix once per band
          non-OK/OL/OM-Station: each OK/OL/OM district once per band

0

2010/11/16

WAE DX Contest, RTTY  RTTY
WAE DX Contest, RTTY
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 13 to 2359Z, Nov 14 (13 Nov 09:00 JST - 15 Nov 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.darc.de/referate/dx/contest/waedc/en/rules/

 13日朝 0030 UTC から14MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。QSOできるのは西海岸止まり。時々21MHzもワッチするが信号はほとんど聞こえてこない。正午合計20QSO。増えたマルチ14MHzVE7・UA0・K6・K7・JA3・K5・HL・BY・DU・KL・JA521MHzKLといったところ。
 午後0410 頃から運用を再開する。聞こえるのは近場だけ21MHz近場のみ
 0440 を過ぎるとヨーロッパ方面ビッグガンが聞こえ出す。0443 にまずRN3AからQTCを受信する。リアルタイムで処理する自信が無いので完全にコピーできたのを確認してQSLを出し、後でログへの書き込みをする
 その後、RZ3AZ・UW8I・YL7A・LZ8E・RD3A・DQ4W、からQTCを受信する。
 夕食時合計47QSO・70QTC。増えたマルチ14MHzUA9・JA1・KH6・UA・UR・YL・LZ・DL・OK・SP・SM21MHzUA0・UA9・VK3・DU・9A・S5・UA7MHzJA7
 夕食後はまず7MHzをワッチするがUA0とHLだけ。14MHzは依然ヨーロッパ方面に開けており、EO3Q・LY5EからQTCを受ける。1100 から7MHzに変わるがQSOできたのはZL2・VE7・VK3・JA3だけ。1200 で今夜の運用を終わる合計58QSO・90QTC

 14日朝2220 頃から運用を開始する。まず14MHzをワッチするが今ひとつでVE6QSOできただけ。すぐに21MHzに変わる。コンディションはまずまずで、K5・K6・K0・VE7・YB・K7マルチが増える。2315 で朝食のため一休みする合計71QSO
 朝食後14MHzに出るが近場も殆ど聞こえてこないので 0200一休みする合計77QSO
 午後12時から始まっている「全日本CW王座決定戦」に主力を置く。0520 ごろ14MHz・RTTYを覗くがVK3QSOR3CMからQTCを受けただけ。すぐに「全日本CW王座決定戦」に戻る。
 16時( 0700 )「全日本CW王座決定戦」が終わったのでRTTYに戻る。コンディションが悪く14MHzOH2HANからQTCを受けたのとOH・9A・EA6・YOQSOできだけ。諦めて 0730 で今夜の運用を終わる合計85QSO・110QTC

 15日朝2240 頃から運用を開始するがコンディションは今ひとつでVE3・HSマルチが増えただけ。そのうちにコンテスト終了2400 となる。合計92QSO・110QTC、でコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op Low
( 92 QSO + 110 QTC ) Pnts x [ (1x3+19x2+6x2) Cntry + (6x3+15x2+10x2) CallArea } = 24442
Claimed Score: 24,442 Points

POINTS: 1 point per QSO
       1 point per QTC
MULTIPLIERS: DXCC entity (+4U1V, GM/s, IT, JW/b, TA1, YU8 ) (1 point on each band)
         ten call areas count as multipliers: W, VE, VK, ZL, ZS, JA, PY and RA8/RA9 and RAO
           weighted" by band. Multiply the number of countries worked;
             on 3.5 MHz by four
             on 7 MHz by three
             on 14/21/28 MHz by two

0

2010/11/8

第16回オール大阪コンテスト  Digi/CW 国内
第16回オール大阪コンテスト 
開催日時:2010年11月7日(日) 06:00 〜 18:00(JST)
06:00〜11:30 電信部門
   12:30〜18:00 電話部門
   06:00〜18:00 特殊部門(RTTY/SSTV)
規約: URL:http://www.nn.iij4u.or.jp/~nakasako/contest/kiyaku2010.pdf
URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1011.htm#1107osaka

電信部門

 7日07:25ごろから7MHzで運用を開始する。主催者側なので専らCQを出す。コンディションは全国的に開けており順調に局数が伸びる。08:45で朝食のため一休みする合計90QSO
 09:30から運用を再開する7MHzはコンディションが悪くなったのかあまり呼ばれなくなったので、50・144・430MHzを行き来する。殆どが府内局で局数はあまり伸びない。11:00合計121QSO
 11:00から14MHzに出る。コンディションは今ひとつで府内局のほかはJA6/7/8がちらほら。その後7MHzに変わって最後の追い込みを掛けるが、コンディションが悪く局数は伸びない。その内にコンテスト終了11:30となる。合計131QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 電信部門 府内局 シングルオペ マルチバンド
134 Pts x 70 都府県支庁/市郡区 = 9380
Claimed Score: 9,380 Points


特殊部門(RTTY)

 電話部門が始まる12:00までは運用できるのは特殊部門(RTTY/SSTV)だけである。その間14MHz・RTTYに出る。専らCQを出すがQSOできたのはJE3HHT・JF1CFO/8・JA3JND/33局だけ。
 昼食後14MHzをワッチするが何も聞こえてこない。結局、合計3QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 特殊部門 府内局 RTTYマルチバンド
3 Pts x 3 都府県支庁/市郡区 = 696
Claimed Score: 9 Points

得点: 完全な交信を1点
       府内の「Y」付加局は2点
        (府外局同士の交信は無効)
(バンドが異なれば同一局も得点)
マルチプライヤー: 府内局:都府県支庁および大阪府内の市郡区数の和
              府外局:大阪府内の市郡区数の和

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ