2011/4/13

Yuri Gagarin International DX Contest  CW DX
Yuri Gagarin International DX Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 09 to 2100Z, Apr 10 ( 10 Apr 06:00 - 11 Apr 06:00 JST )
RULES: URL:http://gc.qst.ru/en/section/32

 10日朝 2100 UTC から7MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面は少し遅かったためか30(UN0L)28(S52AW)しかQSOできない。その後は主力を「JIDX CW Contest」に置いて「CQ GC TEST」が聞こえるとその局を呼ぶ。
 正午合計15QSO。その後増えたマルチ14MHz31・33・23・32・30・34・2921MHz30・32・31
 午後も同様に「JIDX CW Contest」の合間に「CQ GC TEST」を探す。しかしあまり信号は聞こえてこない。夕食時合計25QSO。増えたマルチ28MHz3214MHz関連局のR3Kだけ。

 夕食後1015 頃から運用を開始する。主として14MHzに出るがヨーロッパ方面にも開けており次第に「CQ GC TEST」が多くなる。しかしマルチITUゾーンなのでマルチは殆ど増えない
 「JIDX CW Contest」1300 に終わるが聞こえる局数はあまり増えない。
 1330 頃から7MHzに出る。殆ど信号は聞こえてこない。何とか32(UC0A)・20(RJ9J)QSOできる。
1400 で諦めてコンテストを終わる合計66QSO。その後増えたマルチ14MHz21・28・18・20。今回はガガーリンの50周年であるが例年より参加局が少なかったように思われる。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op Multi-Band
235 Pts x ( 19 Zone + 1 Station ) = 4700
Claimed Score: 4,700 Points

POINTS: QSO with own ≪P-150-C≫ country count 2 points.
       QSO with a different ≪P-150-C≫ country in the same continent - 3 points.
       QSO with a different continent - 4 points.
       Satellite`s QSO - 100 poins.
       3x QSO points on 1.8/3.5MHz, 2x QSO points on 7MHz
MULTIPLIERS: ITU zones once per band
          QSO with RG50F, RK50G, RS3A, R3K, UP7Z, R50SK, R50YG and UP50G

0

2011/4/13

JIDX CW Contest  CW DX
JIDX CW Contest
CONTEST PERIODS: 0700Z, Apr 09 to 1300Z, Apr 10 (09 Apr 16:00 - 10 Apr 22:00 JST)
RULES: URL:http://www.jidx.org/jidxrule-e.html
規約: URL:http://www.jidx.org/jidxrule-j.html
 
 19日16時( 0700 UTC )から運用を開始する。21MHzヨーロッパ方面に開けているようなのでこのバンドをメインにして時々28MHzを覗きに行く。
 0800 を過ぎると近場しか聞こえてこなくなったので、以後14MHz7MHzを行き来する。両バンドとも近場の他米国西海岸方面も聞こえてくる。
 0900 で夕食のため一休みする合計53QSO。QSOできたマルチ28MHzJT1CO(23)・XU7ACY(26)・UA0OD(18)・9M2MT(28)・BD2SH/7(24)・R7HF(16)21MHz9A5T(15)・BV100(24)・RD3A(16)・ES5RY・XV1X(26)・RK0AB(18)・VK4SN(30)・UN9GD(17)・19・BD1RCR・YO2RR(20)・UW5U・9M2CNC(28)・LU5FF(13)14MHzZL3TE(32)・OH2BA(15)・KH6LC(31)・NX6T(03)・RZ0CWN(19)・BD4FM(24)・VK4SN(30)・LU5FF(13)7MHzWH6R(31)・VE7CC(03)・K6XX・RZ0LWA(19)
 夕食後は 1000 少し前から運用を再開する7MHz14MHzを行き来し、時々21MHzを覗きに行く。1300 頃まで14MHzヨーロッパ方面が開けている。1330 で今夜の運用を終わる合計116QSO。増えたマルチ7MHzJT1CO(23)・CX9AU(13)・PP5BK(11)・DV1/JO7KMB(27)・ZM2B(32)・9M2ADX(28)・XU7ACY(26)・RT4RO(16)・BG2AUE(24)・18・BV100・0414MHzBN100・JT1CO(23)・9M2MT(28)・HS0AC(26)・DL8QS(14)・05・ES5RY・YO4DW(20)・18・YL3FT・XV2RZ・9A5MT・04・SP2EXN・S57DX・YU1UN21MHzYB1ALL

 10日朝2100 少し過ぎから運用を開始する。7MHzでまだヨーロッパ方面が開けており、OH1RX(15)・ES5RY・4O3A等とQSOできる。しかしすぐに信号が弱くなる。その後は14・21・28MHzを行き来する。2320 で朝食のため一休みする合計153QSO。その後増えたマルチ14MHzDV1/JO7KMB(27)・AL9A(01)・YB3XM・HL1IWD(25)21MHzK6LL(03)・JT1CO(23)・VE7CC・0428MHzVK4TT(30)・K6LL(03)・19
 朝食後は 0020 頃から運用を再開する。同様に14・21・28MHzを行き来する。
 正午合計186QSO。増えたマルチ14MHzVE7WEB21MHz9M6YBG・KG6DX(27)・AL9A(01)・CX5BW・KH6LC(31)・XE2S(06)・E21YDP28MHzYB3XM・VE7CC・DV1/JO7KMB(27)・XV2RZ・ZM2B(32)
 午後0405 頃から運用を再開する。QSOした局が多くなりあまり局数は伸びない。0830 で夕食のため一休み合計214QSO。増えたマルチ14MHzGM3WOJ21MHzVR2RJ・HG0R・DV1/JO7KMB・SP9LJD28MHzBN100・UK8UC(17)・HS0AC・9V1DR
 夕食後はまず14MHz出るがゾーン17ができただけ。すぐに7MHzに変わる。しかしあまり信号は聞こえてこない。マルチXV2RZ・05・9V1YCが増えただけでコンテスト終了1300 となる。合計231QSO21MHz・28MHzが開けていたので300QSOを目標としたが、10日は途中から「Yuri Gagarin International DX Contest」と掛け持ちをしたためか、全く届かなかった

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB-LP
261 Pts x ( 93 Cntry + 68 Zone ) = 42021
Claimed Score: 42,021 Points

POINTS: 4 points per JA-DX QSO on 1.8MHz
       2 points per JA-DX QSO on 3.5MHz
       1 points per JA-DX QSO on 7/14/21MHz
       2 points per JA-DX QSO on 28MHz
MULTIPLIERS: JA Stations: DXCC countries and CQ zones once per band
          non-JA Stations: JA prefectures plus JD1/O, JD1/MT, JD1/OT once per band

0

2011/4/12

All Asian DX Contest, CW 2010 の結果発表  CW DX
All Asian DX Contest, CW 2010 の結果発表
CONTEST PERIODS:2010 0000Z, Jun 19 to 2400Z, Jun 20( 6月19日(土)09:00 〜 21日(月)09:00(JST))
RULES: URL:http://www.jarl.or.jp/English/4_Library/A-4-3_Contests/2010AA_Rule.htm
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_asian/allasian_rule.htm
関連ページ:http://sun.ap.teacup.com/contest/687.html

 「All Asian DX Contest, CW 2010」の結果がJARLのサイトで発表されている。
 参加した「Single-Op,All-Band,Low-Power」部門で 23/143 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果こちら( http://www.jarl.or.jp/English/4_Library/A-4-3_Contests/2010/AA2010cw-entire.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single-Op,All-Band,Low-Power
449 Pts x 74 Cntry = 33226
Claimed Score: 33,226 Points

POINTS:  アジア州の局
           160mバンド・・・・・・・・・・・交信相手がアジア州の局では3点,アジア州以外の局で9点
           80mと10mバンド・・・・交信相手がアジア州の局では2点,アジア州以外の局では6点
           その他のバンド・・・・・・・・・交信相手がアジア州の局では1点,アジア州以外の局で3点
        アジア州以外の局
           160mバンド・・・・・・・・・・・・3点
           80mと10mバンド・・・・・2点
           その他のバンド・・・・・・・・・・1点
MULTIPLIERS: アジア州の局: 各バンドで交信した局の「DXCCリスト」による異なるエンティティー
           アジア州以外の局: 各バンドで交信したアジア州の局の「WPXコンテストルール」による異なるプリフィックス


0

2011/4/12

第4回 オール青森コンテスト の結果発表  CW 国内
第4回 オール青森コンテスト の結果発表
開催日時: 平成22年 6月26日(土)15:00 〜 27日(日)15:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/aomori/allaomori_contest.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/698.html

 「第4回 オール青森コンテスト」の結果がJARL青森県支部のサイトで発表されている。
 参加した「県外 電信 個人局 マルチバンド(WMO)」部門で 4/9 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


  全結果こちら( http://ja702.sakura.ne.jp/sblo_files/jarlaomori/image/E7ACACEFBC94E59B9EE382AAE383BCE383ABE99D92E6A3AEE382B3E383B3E38386E382B9E38388E7B590E69E9CEFBC88EFBCAAEFBCA1EFBCB2EFBCACE794A8EFBC89.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 電信 個人局 マルチバンド 県外(WMO)
20 Pts x 20 市町村 = 400
Claimed Score: 400 Points

得 点: 完全な交信1点
 *同一バンド同一交信局でもモードが違えば電信電話おのおの得点計上可
マルチプライヤー: 県内局=完全な交信をおこなった相手局の運用地点である県内の市町村及び県外の都府県支庁
              県外局=完全な交信をおこなった青森県内の異なる市町村

0

2011/4/9

第29回オール埼玉コンテスト の結果発表  CW 国内
第29回オール埼玉コンテスト の結果発表
開催日時:2011年1月10日(祝) 09:00 〜 15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/saitama/contest/rule/29ST.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/754.html

 「第29回オール埼玉コンテスト」の結果がJARL埼玉県支部のサイトで発表されている。
 参加した「県外 電信電話 HFバンド」部門で 11/21 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。
クリックすると元のサイズで表示します

  全結果こちら( http://www.jarl.com/saitama/contest/result/result29.htm )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 県外 電信電話 HFバンド
110 Pts x 45 市区町村 = 4950
Claimed Score: 4,950 Points

得点: 電信 ←→ 電信 ・・・・・・ 2点
     電話 ←→ 電話(電信) ・・ 1点
マルチプライヤー: 県内局・・ 完全な交信をおこなった異なる都府県支庁数,および埼玉県内の市区町村数
             県外局・・ 完全な交信をおこなった異なる埼玉県内の市区町村数

0

2011/4/9

第31回 オール九州コンテスト の結果発表  CW 国内
第31回 オール九州コンテスト の結果発表
開催日時:2010年11月22日(月)21:00〜23日(火・祝)15:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1011.htm#1122kyushu
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/729.html

 「第31回 オール九州コンテスト」の結果がJARL九州地方本部のサイトで発表されている。
 ところが私のコールが見当たらない。メールの記録を見るとコンテストの翌日に確かに送っている。問い合わせて見ると「ログを受け取っていない」とのこと。どうしようも無いので「ログ受領の確認について」コンテスト規約に明記するよう要望しておく。できればWEBサイトログ提出局のリストを掲載してほしいものである。
 結果の一部を紹介しておく。

クリックすると元のサイズで表示します

  全結果こちら( http://www.jarl.com/kyushu/allqcon31.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 電信部門 管外局 個人局マルチバンド
39 Pts x 31 市郡区 = 1209
Claimed Score: 1,209 Points

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 

0

2011/4/8

EA RTTY Contest  RTTY
EA RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1600Z, Apr 2 to 1600Z, Apr 3 (03 Apr 01:00 - 04 Apr 01:00 JST)
RULES: URL:http://www.ure.es/contest/430-ea-rtty-contest.html

 3日朝 0045 頃から14MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。あまり信号は聞こえてこない。それにノイズが多く、強力な信号でないとうまくコピーできない。
 正午合計18QSOマルチ14MHzUA9・JA/JA1・UN・JA3・JA8・VE/VE7・JA6・DU21MHzLU28MHzDU
 午後0445 頃から運用を再開する。14・21MHzとも同様なコンディションであるがヨーロッパ方面も時々浮き上がってくる。
 夕食時合計35QSO。その後増えたマルチ14MHzUA・SP・HL21MHzKH6・UN・UA9・ZL・VR・DU・YO・UA
 夕食後1020 頃から運用を再開する。14MHzではVK7AD(VK・VK7)QSOできただけで他は聞こえてこないので7MHzに変わる。コンディションが悪いのか参加局が少ないのかJA以外は殆ど聞こえてこない。1055 から3.5MHzに出るが飛びが悪くJA6GCE(JA/JA6)・7N2UQC(JA2)QSOできただけ。
 1200 で諦めてコンテストを終わる合計51QSO。その後増えたマルチ7MHzJA/JA8・JA2・HL・VE/VE7・JA1・JA6・JA4

結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: SINGLE-OP ALL
96 Pts x ( 24 Cntry + 14 CallArea + 0 EAProv ) = 3648
Claimed Score: 3,648 Points

POINTS: 1 point per QSO on 20, 15 or 10m with same continent
       2 points per QSO on 20, 15 or 10m with different continent
       3 points per QSO on 40 or 80m with same continent
       6 points per QSO on 40 or 80m with different continent

MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band
          Each EA province once per band
          Each USA, VE, JA or VK call area once per band

0

2011/4/8

SP DX Contest  CW DX
SP DX Contest
CONTEST PERIODS: 1500Z, Apr 2 to 1500Z, Apr 3 (03 Apr 00:00 - 03 Apr 24:00 JST)
RULES: URL:http://www.spdxcontest.info/reg/reg_g.html
 
 3日午後 0640 UTC 頃から同時に開催されている「EA RTTY Contest」の合間にCWバンドを覗く。「CQ EA TEST」を出すUAあたりの局は2・3聞こえるがほかはあまり聞こえてこない。しばらくワッチしていると時々SP局が浮き上がってくる。ノイズも多く、ヨーロッパ局が呼ぶのでなかなかQSOできない。それでもQSBのピークとうまくタイミングが合えば何とかQSOできる。
 夕食時合計5QSO14MHzSN3R(B)・SN8R(L)・SP2LNW(F)21MHzSO2R(P)・SP5DIR(R)QSO
 夕食後1120 頃から運用を再開する。14MHz・21MHzを行き来するがあまり信号は聞こえてこない。1200 で諦めてコンテストを終わる合計8QSO。その後14MHzSP3FYX(M)・SN5N21MHzSP1NQN(F)QSOできる。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: SOAB CW LP
24 Pts x 7 Prov = 168
Claimed Score: 168 Points

POINTS: SP: 3 points per QSO outside of Europe
       SP: 1 point per QSO with non-SP Europe
       non-SP: 3 points per QSO with SP
MULTIPLIERS: SP: Each DXCC country once per band regardless of mode
       non-SP: Each SP province once per band regardless of mode

0

2011/4/7

Yuri Gagarin International DX Contest の賞状ダウンロード  CW DX
Yuri Gagarin International DX Contest の賞状ダウンロード
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 10 to 2100Z, Apr 11 ( 11 Apr 0600 JST - 12 Apr 0600 JST )
RULES: URL:http://gc.qst.ru/en/section/32
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/639.html

 2011のGCコンテストの案内とともに、2010の賞状Yuri Gagarin International DX Contestのサイトでダウンロードできる旨のメールが届いた。早速ダウンロードする。

クリックすると元のサイズで表示します

 参加した「Single Op Multi-Band」部門・JA 1位 、とのこと。

 結果はYuri Gagarin International DX Contestのサイトで発表されている。
 参加した「Single Op Multi-Band」部門で 273/323 、とのこと。この部門ではJAからは1局の参加であった。
 結果の一部を紹介する。
クリックすると元のサイズで表示します

  全結果こちら( http://gc.qst.ru/content/files/results/gc2010_i_!.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;
クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op Multi-Band
239 Pts x ( 18 Zone + 4 Stn ) = 5258
Claimed Score: 5,258 Points


POINTS: 2 points per QSO with same country
       3 points per QSO with different country on same continent
       4 points per QSO with different continent
       3x QSO points on 1.8/3.5MHz, 2x QSO points on 7MHz
MULTIPLIERS: ITU zones once per band
          QSO with RT3F once per band
          QSO with RS3A once per band
          QSO with R3K once per band
          QSO with UP7Z once per band

0

2011/4/4

CQ WW WPX Contest, CW 2010 の結果発表  CW DX
CQ WW WPX Contest, CW 2010 の結果発表
CONTEST PERIODS:2010, 0000Z, May 29 to 2359Z, May 30 (May 29 0900 JST - May 31 0859 JST)
RULES: URL:http://www.cqwpx.com/rules.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/667.html

 「CQ WW WPX Contest, CW 2010」の結果は「CQ 3月号」に発表されていたようだが、月が替わってCQ WPXのサイトでも発表されている。
 参加した「Single Op All Band Low Power」部門、JA3 1位・1/29 JA全体では 25/227 全世界では 1342/3436 、 とのこと。
 JA3では強豪の参加が無かったのでラッキーである。
 賞状CQ WPXのサイトからダウンロードできる。
(4月15日に本物の賞状が郵送されてきたので差し替えておく。)


クリックすると元のサイズで表示します


 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


  全結果こちら( http://www.cqwpx.com/results_2010_wpx_cw_scores.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;


クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
1067 Pts x 232 Prefix = 247544
Claimed Score: 247,544 Points


POINTS: 6 points per 160/80/40m QSO with different continent
       3 points per 20/15/10m QSO with different continent
       2 points per 160/80/40m QSO with same continent different country
       1 point per 20/15/10m QSO with same continent different country
       1 point per QSO with same country
      Exception: QSO points double for NA-NA QSOs with different country
MULTIPLIERS: Prefixes once

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ