2012/2/21

ARRL Inter. DX Contest, CW  CW DX
ARRL Inter. DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 0000Z, Feb 18 to 2400Z, Feb 19 (18 Feb 09:00 - 20 Feb 09:00 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/arrl-dx

 18日朝、0010 頃から運用を開始する。まず、14・21・28MHzをワッチする。21MHzが一番にぎやかなので21MHzに出る。
 米国全土に開けているようであるがQSOできるのは中央部まで。とにかく聞こえる局を順次呼んでゆく。
 0120 頃から14MHzに出る。東海岸のビッグガンは何とか聞こえるが、QSOできる局数は少ない。
 正午合計59QSO。QSOできたマルチ14MHzMD・NY・CO・WA・GA・NJ・CA・VA・IL・CT・BC・OR・PA・NM・WY・MT・NV21MHzCA・NY・AR・ID・OR・WI・IA・WA・BC・NM・CO・AZ・NV・UT・WY・MT・IN・TX

 午後0400 頃から運用を開始するが14MHzW6が1局できただけ。その後は同時に開催されている「Russian WW PSK Contest」に主力を置く。
 夕方 0800 7MHzを覗くがN6BVQSOできただけ。
 夕食後1025 頃から運用を再開する。コンディションは今ひとつで数局とQSOできただけで 1040 に今夜の運用を終わる合計67QSO。その後増えたマルチ7MHzCA・CO・AR・NM・NV

 19日朝2240 から運用を開始する。まず28MHzに出るがあまり信号が聞こえてこないので、すぐに21MHzに変わる。
 2320 頃から28MHzに変わる。西海岸からW5止まりである。
 2340 で朝食のため一休みする合計97QSO。増えたマルチ21MHzIL・PA・NJ28MHzCA・OR・NE・NM・AR・AZ・CO・TX
 朝食後0040 から運用を再開する。引き続き28MHzに出る。
 0100 からは14・21・28MHzを行き来する。正午合計150QSO。その後増えたマルチ14MHzID・WI・AZ・AB・AL・NE・AR・OK21MHzNE・KS28MHzBC・NV・UT・WY・WA・MT

 午後0400 から運用を再開する。14MHzが好調で0600 頃までQSOできる。合計172QSO。増えたマルチ14MHzTX・UT・FL0800 頃まで一休みする
 0800 から7MHzに出るがW7が数局できただけ。0900 から夕食のため一休みする
 1000 少し前から運用を再開する。少しコンディションが良くなったようである。1110 で今夜の運用を終わる合計191QSO。その後増えたマルチ7MHzWA・BC・AZ・UT・MT・IA・ID

 20日朝2200 から運用を開始する。28MHzはあまり信号が聞こえてこないので14MHz21MHzを行き来する。少しコンディションが良くなったようであるが、やはりQSOできるのはビッグ・ガンだけ。その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計238QSOコンテストを終わる。その後QSOできたマルチ14MHzIN・ME21MHzでAB・LA・VA・MN・TN・GA・MD・OH・FL

 2日目から少しコンディションが良くなったので、目標とした200QSOは超えることができた。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB-LP
714 Pts x 88 State/Prov = 62832
Clamed Score: 62,832 Points

POINTS: 3 points per QSO
MULTIPLIERS: W/VE: Each DXCC country once per band
          Non-W/VE: Each state, District of Columbia, VE province/territory once per band

0

2012/2/21

Russian WW PSK Contest  PSK
Russian WW PSK Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Feb 17 to 2100Z, Feb 18 (18 Feb 06:00 - 19 Feb 06:00 JST)
RULES: URL:http://www.epc-ru.ru/index.php?option=com_content&task=view&id=562&Itemid=192

 18日朝、同時に開催されている「ARRL Inter. DX Contest, CW」の合間にPSKバンドを覗く。14MHzUA0ばかりであるが結構にぎやかである。このコンテストBPSK31・BPSK63・BPSK125 が使用できるが、同じバンドにこれらが混在している。区別は音やスコープのバンド幅で判断できる。スピードや解読度の点から BPSK63 が一番有利のようである。使用局も多い。
 正午合計12QSO。QSOできたマルチカントリー;UA9・BYオブラスト;AM・KK・NS・PK・KT

 午後米国方面が聞こえなくなったのでこのコンテストに主力を置く。0430 を回ると21MHzUA3あたりも聞こえ出す。
 夕食時合計54QSO。その後増えたマルチ14MHzオブラスト;HK・KE21MHzカントリー;YB・UA9・UA・BY・I・URオブラスト;KO・KE・MD・NS・TO・UL・NN・HK・KR・KK・KT・AL・HM・UD・PM
 夕食後「ARRL Inter. DX Contest, CW」の合間に14MHz・PSKバンドを覗く。
 1130 を過ぎると信号が弱くなり電波が届かなくなったのでコンテストを終わる合計59QSO。その後増えたマルチ14MHzカントリー;UAオブラスト;MA・TO・AL・LP・VR

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB
218 Pts x ( 9 Contry + 28 Oblt ) = 8066
Clamed Score: 8,066 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country on 14/21/28MHz
       2 points per QSO with same country on 1.8/3.5/7MHz
       3 points per QSO with different countries on same continent on 14/21/28MHz
       6 points per QSO with different countries on same continent on 1.8/3.5/7MHz
       5 points per QSO with different continent on 14/21/28MHz
       10 points per QSO with different continent on 1.8/3.5/7MHz
MULTIPLIERS: Each country on the list of DXCC per band
          Each Russian oblast per band

0

2012/2/21

第32回オール九州コンテストの結果発表  CW 国内
第32回オール九州コンテストの結果発表
開催日時:2011年11月22日(火)21:00 〜 23日(水/祝日)15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/kyushu/ALLCON9.html
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1111.htm#1122kyushu
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/965.html

 「第32回オール九州コンテスト」の結果がJARL九州地方本部のサイトで発表されている。
 参加した「管外局 電信 個人局 マルチバンド(XCM)」部門で 13/46 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.jarl.com/kyushu/allqcon32.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 個人局 マルチバンド(XCM)
57 Pts x 47 市郡区 = 2679
Clamed Score: 2,679 Points

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ