2012/4/30

2012年4月 CONTEST MENU  
2012年4月 CONTEST MENU



第24回和歌山コンテスト (1061) 
  2012年4月1日 09:00 〜 21:00

JIDX CW Contest 2011 の結果発表 (1062)
  2011, 0700Z, Apr 09 to 1300Z, Apr 10 
  http://sun.ap.teacup.com/contest/801.html

第33回オール宮城コンテスト の結果発表 (1063)
  2012年1月21日 21:00 〜 22日 12:00 
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1010.html

2012年長崎県コンテスト (1064)
  2012年4月7日(土)20:00 〜 8日(日)15:00

○PODXS 070 Club PSK 31 Flavors Contest
  07 Apr 12:00 to 18:00 JST (local time)

SP DX Contest (1065)
  1500Z, Apr 7 to 1500Z, Apr 8
 
EA RTTY Contest (1066)
  1600Z, Apr 7 to 1600Z, Apr 8

JIDX CW Contest (1067)
  0700Z, Apr 14 to 1300Z, Apr 15
 
Yuri Gagarin International DX Contest (1068)
  2100Z, Apr 14 to 2100Z, Apr 15

第24回羽曳野コンテスト (1069)
  2012年4月15日(日)
        A 午前の部 09:00 〜 12:00 (50MHz・144MHz 部門)
        B 午後の部 13:00 〜 16:00 (7MHz 部門)

第9回JLRS3・3雛コンテスト の結果発表 (1070)
  2012年3月3日(土)00:00〜24:00 
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1035.html

CQ Manchester Mineira DX Contest 2011 の結果発表 (1071)
  2011, 1200Z, Apr 16 to 2359Z, Apr 17 
  http://sun.ap.teacup.com/contest/806.html

CQ WPX Contest, CW 2011 の結果発表 (1072)
  2011. 0000Z, May 28 to 2359Z, May 29 
  http://sun.ap.teacup.com/contest/835.html

○Holyland DX Contest.
  2100Z, Apr 20 to 2100Z, Apr 21

○TARA Skirmish Digital Prefix Contest
  0000Z to 2359Z, Apr 21

Worked All Provinces of China (WAPC) DX Contest (1073)
  0000Z, Apr 21 to 2359Z, Apr 21

CQ Manchester Mineira DX Contest (1074)
  1200Z, Apr 21 to 2359Z, Apr 22

YU DX Contest (1075)
  2100Z, Apr 21 to 0500Z, Apr 22 and 0900Z to 1700Z, Apr 23

第61回オ−ル東北コンテスト (1076)
  2012年4月21日(土)21:00 〜 22日(日)12:00

SP DX RTTY Contest (1077)
  1200Z, Apr 28 to 1200Z, Apr 29

○Helvetia Contest.
  1300Z, Apr 28 to 1259Z, Apr 29

第54回(2012)ALL JAコンテスト (1078)
  2012年4月28日(土)21:00 〜 4月29日(日)21:00


0

2012/4/30

第54回(2012)ALL JA コンテスト  CW 国内
第54回(2012)ALL JA コンテスト
開催日時: 2012年4月28日(土)21:00 〜 4月29日(日)21:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_ja/all_ja_rule.htm

 28日21時からコンテスト開始と同時に運用を開始する。まず、スタートラッシュを避けて14MHzに出る。Eスポが発生しているようでJA1・JA8あたりが聞こえるが局数は少ない。それにこちらの電波が弱いのか応答が得られないことが多い。
 30分ほどで7MHzに変わる。全国的に開けているが、やはり呼び合いになってなかなか応答が得られない。兎に角聞こえる局を順次呼んでゆく。
 22:00から50MHzに出る。信号はあまり聞こえてこないが、37・27・31・25・24QSOできる。
 22:30から3.5MHzに出る。こちらの電波が弱いので全く反応が無い局もあるが、聞こえる局を順次呼んでゆく。
 その後は時々7・14・50MHzなどを覗いて29日02:00で今夜の運用を終わる合計110QSO

 29日朝05:00から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るがあまり信号が聞こえてこないので7MHzに腰を据える。
 06:5050MHzを覗くとJH0MUC/0(09)CQが聞こえる。呼ぶとすぐに応答がある。その後は14MHzをメインに21・28MHzを時々覗く。
 08:20で朝食のため一休みする合計181QSO

 朝食後09:00から運用を再開する。14MHzをメイン21・28・50MHzを時々覗きに行く。引き続きEスポが発生しており全国的に開けている。
 正午合計273QSO

 午後13:30から運用を再開する。まず、14・21・28・50MHzを行き来するが新しい局があまり聞こえてこないので7MHzに出る。やはり一番効率がよさそうである。
 15:00で1時間ほど一休みする合計316QSO
 16:00から運用を再開する。14・21MHzをゆききし、時々50MHzを覗きに行く。
 17:1350MHzJS6RGYQSOできる。夕食時合計339QSO
 夕食後20:20から運用を再開する。コンテスト時間も残り少なくなったので効率のよい7MHzに出る。その内にコンテスト終了21:00となる。合計359QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ オールバンド (CAM)
356 Pts x 141 都府県支庁 = 50196
Clamed Score: 50,196 Points

得 点: 各バンド毎に異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 完全な交信を行なった相手局の運用場所を示す異なる都府県支庁
0

2012/4/30

SP DX RTTY Contest  RTTY
SP DX RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Apr 28 to 1200Z, Apr 29 (28 Apr 21:00 - 29 Apr 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.pkrvg.org/zbior.html

 28日夜、1200 UTC 、同時にスタートした「ALL JA コンテスト」の合間にRTTYバンドを覗く。14MHzでは米国東海岸方面2・3聞こえるがQSOできたのはN2BJ・VA2UPだけ。他はUA0のみ。
 1420 頃、21MHzを覗くとヨーロッパ方面2・3聞こえており、LY6A・SP8ONZ(L)QSOできる。他には聞こえてこないので14MHzに戻る。
 1600 で今夜の運用を終わる合計10QSO。他にQSOできたマルチ14MHzLY・OH・S5

 29日朝2000 頃から運用を開始する。14MHzヨーロッパ方面に開けており、結構にぎやかである。1時間ほどで信号が弱くなったので、その後は「ALL JA コンテスト」に主力を置く。
 2315 で朝食のため一休みする合計26QSO。その後QSOできたマルチ14MHzI・SP6IHE(U)・EA・HA・ER・LZ・UR・SP2FTL(P)・SP9BNM(G)・YB21MHzKU5B
 朝食後夕方まで「ALL JA コンテスト」に専念する。
 0730 過ぎから21MHzに出る。ヨーロッパ方面に開けており結構にぎやかである。聞こえてくる局を順次呼んでゆく。夕食時合計46QSO。その後増えたマルチ14MHzHL21MHHzUA9・YO・JA・UR・SQ9LR(G)・3Z2X(F)・SP3SLO(W)・YB・DU・S5・UN
 夕食後1100 から運用を開始する。14MHzK1SFAQSOできるが他はUA9/0だけ。「ALL JA コンテスト」の追い込みをかけるため 1110コンテストを終わる合計50QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SINGLE-OP
432 Pts x ( 26 Cntry + 4 SP-Prov ) x 4 Cnti =57024
Clamed Score: 57,024 Points

POINTS: 2 points per QSO with same country
       5 points per QSO with different country same continent
       10 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each SP province once per band
          Each DXCC country once per band
          Each continent once
0

2012/4/25

第61回オ−ル東北コンテスト  CW 国内
第61回オ−ル東北コンテスト
開催日時: 2012年4月21日(土)21:00 〜 22日(日)12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1204.htm#0421tohoku
       http://www.geocities.jp/miyagiradio/12JA7.pdf

 21日21時から7MHzで運用を開始する。聞こえてくる局を順次呼んでゆく。1時間ほどで一通りQSOできたので3.5MHzに変わる。
 こちらは飛びが悪くほとんど応答が得られない。23時で今夜の運用を終わる合計17QSO。ほとんどの局がマルチにもなる。

 22日朝05:30頃から運用を開始するがあまり信号が聞こえないので同時に開催されている「CQ Manchester Mineira DX Contest」・「YU DX Contest」と掛け持ちをする。
 聞こえてくるのはほとんどがQSOした局で局数はほとんど伸びない。時々14MHzを覗く。2・3弱い信号が聞こえるがノイズが多くコピーが難しい。何とかJA7YAFQSOできる。
 08:00で朝食のため一休みする合計25QSO
 朝食後「CQ Manchester Mineira DX Contest」・「YU DX Contest」と掛け持ちをする。
 正午まで時々国内コンテストバンドを覗くが新しい局は聞こえてこない。結局正午まで1局もQSOできず合計25QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 電信 シングルオペ オールバンド (CA)
25 Pts x 23 市区郡 = 575
Clamed Score: 575 Points

得 点: 各バンド毎に異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 東北管内局:東北の異なる市区郡、および異なる都府県支庁の数
             東北管外局:東北の異なる市区郡の数
0

2012/4/25

YU DX Contest  CW DX
YU DX Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 21 to 0500Z, Apr 22 and 0900Z to 1700Z, Apr 22
(22 Apr 06:00 - 14:00 and 22 Apr 18:00 - 23 Apr 02:00 JST)
RULES: URL:http://www.yu1srs.org.rs/dl/yudx/Files/yudxrules_2012_eng.pdf

 22日朝、2025 UTC から運用を開始する。同時に開催されている「オ−ル東北コンテスト」・「CQ Manchester Mineira DX Contest」と掛け持ちをする。
 しかし、QSOできたのは14MHzOH8WW(18)・LA8HGAの2局だけ。その後は全く信号が聞こえてこないので「オ−ル東北コンテスト」に専念する。

 午後は後半が始まった 0900 から運用を開始する。「CQ Manchester Mineira DX Contest」と掛け持ちをする。
 夕食時合計6QSO。QSOできたマルチ21MHz28・YT0・YT4
 1000 から運用を再開する。同様に掛け持ちをして14MHz21MHzを行き来する。
 1300 過ぎにコンテストを終わる合計18QSO。QSOできたマルチ14MHz29・30・28・08(N3RD)・YT0・1921MHzYT5・29・5028MHz50。 

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Upper Bands Low Power
68 Pts x ( 10 Zone + 4 Prefix ) = 952
Clamed Score: 952 Points

POINTS: 1 point per QSO between stations using prefixes YT, and YU
       2 points per QSO with same continent
       4 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone once per band
          Each YT and YU prefixes once per band
0

2012/4/25

CQ Manchester Mineira DX Contest  CW DX
CQ Manchester Mineira DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Apr 21 to 2359Z, Apr 22 (21 Apr 21:00 - 23 Apr 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.powerline.com.br/cwjf/Regulamento_Ing.pdf

 21日夜、1200 UTC から始まった「オ−ル東北コンテスト」のサーチのついでに「CQMM TEST」を探すがほとんど聞こえてこない。
 1400 で今夜の運用を終わるが、QSOできたのは14MHzUA9が2局だけ。

 22日朝2025 頃から運用を開始する。同時に開催されている「オ−ル東北コンテスト」・「YU DX Contest」と掛け持ちをする。
 いずれのコンテストも信号はあまり聞こえてこない。2300 で朝食のため一休みする合計5QSOマルチとなるQSOは14MHzPW7T・ZW5B・I3VJM
 朝食後も同様に掛け持ちをする。正午合計18QSOマルチとなるQSOは21MHzK8MP・DU1XX・UN3GX・JR3NDM・ZW5B・KH6ZM
 
 午後「オ−ル東北コンテスト」が終わったのでこのコンテストに主力を置く。ところがロシアの国内コンテストが始まった様でバンド中が「WSEM」で埋まってしまい、他のコンテストの信号は全く聞こえなくなる。
 0800 を過ぎてようやく「CQMM TEST」が2・3聞こえ出す。14・21・28MHzを行き来するがヨーロッパ方面も時々浮き上がってくる。
 0900 から「YU DX Contest」の後半が始まったので掛け持ちをする。
 夕食時合計31QSOマルチとなるQSOは14MHzUA5C・VK4TT21MHzF5IN28MHzUR3LQ
 夕食後1030 頃から運用を再開する。同様に掛け持ちをし、14MHzと21MHzを行き来する。
 1200 でこのコンテストが終わったと勘違いRTCLを閉じ「YU DX Contest」に専念する。ところが相変わらず「CQMM TEST」が聞こえたくる。そこでルールを見直すと終了は 2359 である。急いでRTCLをもう一度立ち上げる
 1300 過ぎに今夜の運用を終わる合計43QSO。増えたマルチ14MHzFM5CD・CX2AQ・LU4FD・LW3DG21MHzSP9LJD・LX1NO
 FM5CDとQSOできたのは上出来。

 23日朝2200 から運用を開始する。しかし信号はほとんど聞こえてこないので 2300コンテストを終わる合計45QSO。その後増えたマルチ14MHzでの9A7Rだけ。
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator All Band Low Power
130 Pts x ( 18 Cntry + 6 SA-Prefix ) = 3120
Clamed Score: 3,120 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
       2 points per QSO on 20-10m with different country same continent
       4 points per QSO on 80-40m with different country same continent
       3 points per QSO on 20-10m with different continent
       6 points per QSO on 80-40m with different continent
       3 points per QSO with maritime mobile
       10 points per QSO with CWJF member, YL or QRP station
MULTIPLIERS: Each SA prefix once per band
          Each DXCC country once only
0

2012/4/24

Worked All Provinces of China (WAPC) DX Contest  CW DX
Worked All Provinces of China (WAPC) DX Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z, Apr 21 to 2359Z, Apr 21 (21 Apr 09:00 - 22 Apr 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.mulandxc.org/?page_id=2

 21日午後、何気なく14MHzを聞いていると「CQ WAPC TEST」というコンテストCQが聞こえてくる。カレンダーに載ってなかったが、中国主催のコンテストが開催されるということをどこかで聞いたような気がする。そこで色々と探してみるとDL2NBYのサイトルールが見つかった。10月に開催される本番のコンテストの試行の様である。
 ルールではWW方式でどの局とでもQSOできるが、出ているのはBY・VRだけである。
 1200 UTC から「オ−ル東北コンテスト」サーチのついでに7MHzを聞いてみると結構出ているようなので急いでPCを用意する.cfg ファイルは RussianDX.cfg で代用する。
1400 で今夜の運用を終わる合計10QSO。マルチ等はコンテストが終わってからログを手直しする

 22日朝2230 頃から運用を開始する。「オ−ル東北コンテスト」の合間にワッチするがほとんど「CQ WAPC TEST」は聞こえてこない。その内にコンテスト終了2400 になる。合計11QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Low Power All Band CW
110 Pts x ( 3 Cntry + 9 Prov ) = 1320
Clamed Score: 1,320 Points

POINTS: Chinese stations: QSO with Chinese provinces etc;10 points
                 QSO with Asian DXCC entity: 3 points
                 QSO with other continent: 5 points.
        Non-Chinese stations: QSO with Chinese station: 10 points.
                   QSO with same DXCC entity: 1 points.
                   QSO with different DXCC on your own continent: 3 points.
                   QSO with other continent: 5 points
MULTIPLIERS: Each different Chinese provinces, municipal cities, autonomous regions and special administration zones, once per band
          Each different DXCC entity once per band
0

2012/4/23

CQ WPX Contest, CW 2011 の結果発表  CW DX
CQ WPX Contest, CW 2011 の結果発表
CONTEST PERIODS:2011. 0000Z, May 28 to 2359Z, May 29 (May 28 09:00 - May 30 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.cqwpx.com/rules.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/835.html
 
 「CQ WPX Contest, CW 2011」の結果がCQ WPX コンテストのサイトで発表されている。
 参加した「Single-Op All-Band Low-Power」部門・JA3 2位 JA3全体 6/37 JA全体 54/292 全世界 1660/3705 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.cqwpx.com/scorescw.htm?yr=2011 )で。

 賞状も同サイトからダウンロードできる。

クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single-Op All-Band Low-Power
901 Pts x 223 Prefix = 200923
Claimed Score: 200,923 Points

POINTS: 6 points per 160/80/40m QSO with different continent
       3 points per 20/15/10m QSO with different continent
       2 points per 160/80/40m QSO with same continent different country
       1 point per 20/15/10m QSO with same continent different country
       1 point per QSO with same country
       Exception: QSO points double for NA-NA QSOs with different country
MULTIPLIERS: Prefixes once
0

2012/4/23

CQ Manchester Mineira DX Contest 2011 の結果発表  CW DX
CQ Manchester Mineira DX Contest 2011 の結果発表
CONTEST PERIODS:2011, 1200Z, Apr 16 to 2359Z, Apr 17 (16 Apr 21:00 - 18 Apr 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.powerline.com.br/cwjf/Regulamento_Ing.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/806.html
 
 「CQ Manchester Mineira DX Contest 2011」の結果がCQMMDXコンテストのサイトで発表されている。
 参加した「SOAB-LP」部門・JA 6/6 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.cqmmdx.com/results/results-2011/ )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: SOAB-LP
22 Pts x ( 4 Cntry + 3 SACallArea ) = 154
Claimed Score: 154 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
       2 points per QSO on 20-10m with different country same continent
       4 points per QSO on 80-40m with different country same continent
       3 points per QSO on 20-10m with different continent
       6 points per QSO on 80-40m with different continent
       3 points per QSO with maritime mobile
       10 points per QSO with CWJF member, YL or QRP station
MULTIPLIERS: Each SA prefix once per band
          Each DXCC country once only
0

2012/4/23

第9回JLRS3・3雛コンテスト の結果発表  CW 国内
第9回JLRS3・3雛コンテスト の結果発表
開催日時:2012年3月3日(土)00:00〜24:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/jlrs/contest/33con.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1035.html
 
 「第9回JLRS3・3雛コンテスト」の結果がJLRSのサイトで発表されている。
 参加した「OM部門 (B)」 23/174 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.jarl.com/jlrs/contest/33-9k.htm )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: OM部門 (B)
184 Pts x 65 プリフィックス = 11960
Clamed Score: 11,960 Points

得 点: YL=10点 A、B部門ともYL3局以上含む事
      OM=1点 「OM局同士の交信可」
マルチプライヤー: 異なるプリフィックス
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ