2012/4/2

第24回和歌山コンテスト  CW 国内
第24回和歌山コンテスト
開催日時: 2012年(平成24年)4月1日 09:00 〜 21:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/wakayama/sub4.htm
        http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1204.htm#0401wakayama

 1日09:20頃から7MHzで運用を開始する。和歌山県の局が2・3聞こえるが例によって全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 しかし、県内局が少ないので30分もすると聞こえるのはQSOした局ばかり、の状態になる。
 その後ハイバンドV・UHFを覗くが、県外局の「CQ WK TEST」2・3聞こえるだけで、県内局は聞こえてこない
 10:10を過ぎると14MHzJK3HLPが聞こえ出す。何回か呼んでQSO。他にJS3CTQ/3QSOできる。JS3CTQから21MHzへのQSY依頼がある。その後430MHzまで順次QSYしてそれぞれQSOできる。
 その後は新しい県内局が聞こえてこないので他の事をしながら時々各バンドを覗きに行く。正午合計14QSO

 午後13:00から運用を再開する。新しい局はほとんど聞こえてこない。15:00で一休みする。その後QSOできたのは14・21MHzJA3BYR14・28MHzJI3OQO/37MHzJR3KUF/3だけ。
 16:00過ぎから3.5MHzに出るがJG3CQJQSOできただけ。その後もワッチを続けるが聞こえるのはJG3CQJのCQだけ。
 17:20を過ぎて2・3の県内局が聞こえ出す。夕食時合計24QSO
 夕食後3.5MHz7MHzを行き来するが新しい局はほとんど聞こえてこない。3.5MHzJG3DOR/3・JA3BYR7MHzJR3EQGQSOできただけで20:00に諦めてコンテストを終わるHFで合計27QSO

 V/UHFはもっと惨めで、10:20頃にJS3CTQからのQSY依頼50・144・430MHzの3バンドQSOできた他は、17:33144MHzJG3DOR/3QSOできただけ。合計4QSOコンテストを終わる


 結果は次のとおり;


HF バンド

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルオペ 電信 HFマルチバンド (GCHF)
27 Pts x 19 市郡 = 513
Clamed Score: 513 Points


V・UHF バンド

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルオペ 電信 V・UHFバンド (GCVU)
4 Pts x 4 市郡 = 16
Clamed Score: 16 Points

得 点: 1交信を1点とする。 SWLは和歌山県内のみを1点とする。
但し、同一バンド内での重複はモードが異なっても得点としない。
マルチプライヤー: 県内局:各バンド毎に都道府県支庁(和歌山県を除く)および和歌山県内の市郡を1マルチとする。
             県外局:各バンド毎に和歌山県内の市郡を1マルチとする。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ