2012/7/25

DMC RTTY Contest  RTTY
DMC RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 21 to 1200Z, Jul 22 (Jul 21 21:00 - Jul 22 21:00 JST)
RULES: URL:http://digital-modes-club.org/index.php/en/contests-en

 21日 1200 UTC から同時にスタートした「オホーツクコンテスト」・「オールJA5コンテスト」と掛け持ちで運用を開始する。14MHzに出るがコンディションは今ひとつ。聞こえるのは近場だけ。
 1400 で今夜の運用を終わる。合計9QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9(AS)・VK(VK4・OC)・VK3・VR・UR(EU)

 夜中(明け方?)1950 頃から1時間ほど起き出す。14MHzヨーロッパ方面が開けており、呼べば応答がある。合計18QSO。QSOできたマルチ9A・OK・I・HA・YL・UA

 22日午前中09:00から始まった「鹿児島コンテスト」と昨夜からの「オホーツクコンテスト」・「オールJA5コンテスト」と掛け持ちをする。これらの国内コンテストの合間にRTTYバンドを覗く。
 Eスポが発生しているためか近場すらほとんど聞こえず、QSOできるのは国内局だけ。正午合計30QSO。その後QSOできたマルチ14MHzJA2・JA1・DU・JA321MHzJA(JA8)

 午後も同様に国内コンテストの合間にRTTYバンドを覗く。0800 を過ぎて、やっと21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 夕食時合計48QSO。その後QSOできたマルチ14MHzBY21MHz9M6・YB・HL・S5

 夕食後1000 から運用を再開する。7・14・21MHzを行き来するがコンディションが悪く局数は伸びない。
 その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計55QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ7MHzJA614MHzJA0だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB-LP-12h
55 Pts x (17 Cntry + 8 CallArea) x 3 Cnti = 4125
Clamed Score: 4,125 Points
 
POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Each DXCC country and each JA, W, VE, VK call areas once
          Each continent once
0

2012/7/24

2012年長崎県コンテストの結果発表  CW 国内
2012年長崎県コンテストの結果発表
開催日時: 2012年4月7日(土)20:00 〜 24:00
               8日(日)06:00 〜 15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/nagasaki/2012ntst.html
        http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1204.htm#0407nagasaki
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1064.html
 
 「2012年長崎県コンテスト」の結果がJARL長崎県支部のサイトで発表されている。
 参加した「県外局 個人局 電信 HFマルチバンド (AKHFCW)」部門で 19/84 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarl.com/nagasaki/2012NSTEST.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 個人局 電信 HFマルチバンド (AKHFCW)
18 Pts x 12 市郡 = 216
Clamed Score: 216 Points

得 点: アマチュア局=各バンドごとに異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 県内局=各バンドごとの異なる都道府県(長崎県を除く)および県内の市郡の数
             県外局=各バンドごとの異なる長崎県内の市郡の数
0

2012/7/23

UBA DX Contest, CW 2012 の結果発表  CW DX
UBA DX Contest, CW 2012 の結果発表
CONTEST PERIODS: 1300Z, Feb 25 to 1300Z, Feb 26 ( 25 Feb 22:00 - 26 Feb 22:00 JST )
RULES: URL:http://www.uba.be/en/hf/contest-rules/uba-dx-contest-rules
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1030.html
 
 「UBA DX Contest, CW 2012」の結果がUBAのサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「CLP SOAB LP」部門・JA 4/18 世界 332/395 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.uba.be/en/hf/contest-results/contest-results-selection?year=2012&vid=3109 )で。
 賞状(参加証?)同サイトダウンロードできる。

クリックすると元のサイズで表示します


 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:CLP SOAB LP
178 Pts x ( 18 EU-Contry + 5 ON-Prefix + 7 ON-Prov ) = 5340
Clamed Score: 5,340 Points

POINTS: 10 points per QSO with Belgian station
       3 points per QSO with other EU stations
       1 point per QSO with non-EU stations
MULTIPLIERS: Each Belgian province once per band
          Each Belgian prefix once per band
          Each DXCC countries from the European Union once per band

0

2012/7/19

第23回高等学校アマチュア無線コンテスト  CW 国内
第23回高等学校アマチュア無線コンテスト
開催日時: 2012年7月16日(月・祝) 13:00 〜 16:00
規約: URL:http://www.ishitani.com/h-test.htm

 16日13:00から運用を開始する。「CQ HS TEST」が聞こえると .log ファイルを切り替えて、同時に開催されている「ALL滋賀コンテスト」と掛け持ちをする。
 磁気嵐が発生しているためかほとんど信号は聞こえてこない。聞こえても信号が弱く、応答が得られない場合が多い。
 15:00「ALL滋賀コンテスト」が終わったので、その後はこのコンテストに専念する。
 その内にコンテスト終了の16:00となる。合計14QSO。QSOできたマルチ7MHz45・15・39・40・JL8TFC/8(106・HS)・05・11・10・13・24・35・36

 結果的に7MHzだけの運用となったので7MHzシングルバンドでログを提出する。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 一般 シングルオペ 7MHzバンド
42 Pts x ( 12 都府県支庁 + 1 HS ) = 546
Clamed Score: 546 Points

得 点: 電話1点 
      電信3点
         (一般局どうしの交信も有効) 同一バンドで異なるモードでの交信は高い得点を計上する
マルチプライヤー: 都府県(北海道)支庁
             HS の数
0

2012/7/19

第16回ALL滋賀コンテスト  CW 国内
第16回ALL滋賀コンテスト
開催日時: 平成24年7月16日(月/祝)10:00〜12:00,13:00〜15:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1207.htm#0716shiga
 
 16日10:00から運用を開始する。まず、7MHzをワッチするが、ほとんど信号は聞こえてこない。2・3日前、大規模なフレアが発生したので、その影響で磁気嵐が起きているようである。
 HF帯を諦めてVHF帯に出る。50MHz25144MHzでJG3LDD/3(2308)・24・22QSOできただけ。他に信号は聞こえてこない。
 10:30頃から7MHzに戻る。信号は非常に弱いが、2・3「CQ SHIGA TEST」が聞こえる。呼ぶと何とかQSOできる。
 その後は各バンドを行き来するが局数は伸びない。正午合計16QSO。増えたマルチ7MHz45・25・12・1014MHz1021MHz2428MHzでJG3UVN/3(2308)・25144MHzでJR3EDI/3(2301)、430MHzでJK3JXP/3(2301)・25

 午後13:00から運用を開始する。まず、50MHz144MHzを行き来する。その後HFを覗くが、相変わらずほとんど信号が聞こえてこない。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計22QSO。その後増えたマルチ50MHz22・JK3JXP/3(2301)・JR3KAZ/3(2313)・21144MHz25・37
 HF帯のコンディションが悪く、局数が伸びなかった。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信 シングルオペ マルチバンド (OCM)
46 Pts x 6 滋賀県市郡 x 19 都府県支庁 = 5244
Clamed Score: 5,244 Points

得 点:  県内局との完全な交信5点
      県外局との完全な交信1点
マルチプライヤー: 県内局:各バンドで交信した滋賀県内の異なる市郡数+異なる都府県支庁の数(滋賀県を除く)
             県外局:第1マルチ=各バンドで交信した滋賀県内の異なる市郡数
                   第2マルチ=異なる都府県支庁の数(滋賀県を含む)
0

2012/7/19

第6回オール青森コンテスト  CW 国内
第6回オール青森コンテスト
開催日時: 平成24年7月14日 15:00 〜 15日 15:00
規約: URL:http://ja702.sakura.ne.jp/sblo_files/jarlaomori/image/no6amtest.pdf
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1207.htm#0714aomori

 14日、16:30頃から7MHzで運用を開始する。しばらくワッチするが「CQ AM TEST」は全く聞こえてこない。
 16:40になって、やっとJA7GNX(0201)「CQ AM TEST」が聞こえ出す。例によって全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。根気よく呼んで何とかQSOできる。
 その後夕食時までにJO7GVC(0210)・7M3QQP/7(0207)・JG7BBO(0218)QSOできる。合計4QSO
 夕食後19:00から運用を再開する。7MHzでは「CQ AM TEST」は全く聞こえてこない。3.5MHzをワッチすると7M3QQP/7CQがかすかに聞こえる。根気よく呼んで何とかQSOできる。
 21:00からは「IARU HF World Championship」が始まったのでそちらに専念する。

 15日朝08:00頃から「IARU HF World Championship」のサーチのついでに14MHz21MHz国内コンテストバンドを覗く。両バンドJE7GRI(0205)QSOできる。
 その後も「IARU HF World Championship」のサーチのついでに国内コンテストバンドを覗くが、全く「CQ AM TEST」は聞こえてこない。その内にコンテスト終了の15:00となる。結局、合計7QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 個人局 HFマルチバンド (WMH)
7 Pts x 7 市町村 = 49
Clamed Score: 49 Points

得 点: 完全な交信1点
 *同一バンド同一交信局でもモードが違えば電信電話おのおの得点計上可
マルチプライヤー: 県内局=完全な交信をおこなった相手局の運用地点である県内の市町村及び県外の都府県支庁
             県外局=完全な交信をおこなった青森県内の異なる市町村
0

2012/7/18

IARU HF World Championship  CW DX
IARU HF World Championship
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 14 to 1200Z, Jul 15 (Jul 14 21:00 - Jul 15 2100 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/iaru-hf-championship

 14日夜、1200 UTC から運用を開始する。まず、21MHzに出る。ヨーロッパ方面に開けている。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 1230 から14MHzに出る。米国中央部あたりまで聞こえる。それにヨーロッパ方面も時々浮き上がってくる。
 1300 頃から7MHzに出る。近場米国西海岸方面が聞こえるが、コンディションは今ひとつ。すぐに14MHzに戻る。
 1440 で今夜の運用を終わる合計101QSO。QSOできたマルチ7MHzで、ゾーン;02・06・54・44・59・45HQ;HL0HQ(KARL)。
 14MHzで、ゾーン07・34・06・44・54・45・08・32・02・29・61・30・18・31・21・19・20HQ;CX1AA(RCU)・S50HQ(ZRS)・W1AW/7(ARRL)・R3HQ(SRR)・LR5F(RCA)HL0HQ(KARL)・8N8HQ(JARL)・B1HQ(CRSA)・YR0HQ(FRR)・JU1HQ(MRSF)・9M4DXX(MARTS)・LZ0HQ(BFRA)・YT0HQ(SRS)・DX0HQ(PARA)。
 21MHzで、ゾーン31・29・32・30・18・39HQ;E70ARA(ARABH)・R3HQ(SRR)・HL0HQ(KARL)・S50HQ(ZRS)。

 15日朝は、2030 頃から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面2・3聞こえるがこちらの電波が届かないので14MHzに出る。
 14MHzヨーロッパ方面に開けており、根気よく呼べば応答がある。
 2130 頃から21MHzに出る。米国西海岸方面に開けている。
 2400 で朝食のため一休みする合計164QSO。その後QSOできたマルチは、7MHzで、HQ;8N1HQ(JARL)。
 14MHzで、ゾーン39・50・27・28・15HQ;OL1HQ(CRC)・DA0HQ(DARC)・TM0HQ(REF)・IO2HQ(ARI)・E70ARA(ARABH)。
 21MHzで、ゾーン06・07・34・02・08・45・59・44・33HQ;W1AW/7(ARRL)・ZL6HQ(NZART)・8N3HQ(JARL)・B7HQ(CRSA)。
 28MHzで、HQ;8N1HQ(JARL)・JA1CJP(C3)。

 朝食後は、0100 から運用を再開する。21MHzをメインにし、時々14MHz28MHzを覗きに行く。
 正午合計206QSO。その後増えたマルチ21MHzで、ゾーン54・43・61・14・55・49・50・58HQ;YE0HQ(ORARI)・JU1HQ(MRSF)・XR3HQ(RCCH)・9M4DXX(MARTS)・DX0HQ(PARA)・BN0HQ(CTARL)。
 28MHzで、ゾーン;44・34。

 午後0410 頃から運用を再開する。14MHz21MHzを行き来する。14MHz北米ヨーロッパが同時に聞こえてくる。
 21MHz0630 を過ぎるとヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 夕食時合計262QSO。その後QSOできたマルチ14MHzで、ゾーン14・23・59HQ;BN0HQ(CTARL)・ZL6HQ(NZART)・6D0LM(FMRE)・YE0HQ(ORARI)。
 21MHzで、HQ;IO9HQ(ARI)・LZ7HQ(BFRA)。

 夕食後1000 から運用を開始する。まず、7MHzに出るがあまり信号は聞こえてこない。JARL局だけでもやっておこうと3.5MHzに出る。8N4HQ(JARL)は強力に聞こえており、呼ぶとすぐに応答がある。他にW6LU5FCが聞こえているが、呼んでもかすりもしない。その後は7・14・21MHzを行き来する。
 コンテスト終了の 1200 が迫ってきたので、目標の300QSOを超えようと、国内局を呼んで回る。その内にコンテスト終了1200 となる。合計306QSO。何とか目標とした300QSOを超えることができる。
 その後QSOできたマルチ7MHzで、ゾーン61・14・34・07HQ;B4HQ(CRSA)・ZL6HQ(NZART)・BN0HQ(CTARL)・XR3HQ(RCCH)・LR5H(RCA)・CX1AA(RCU)。
 14MHzで、ゾーン;5521MHzで、ゾーン;21・28

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single-Operator,Low-Power,CW
1076 Pts x ( 63 Zone + 50 HQ ) = 121588
Clamed Score: 121,588 Points

POINTS: 1 point per QSO with same zone or with HQ stations
       3 points per QSO with different zone on same continent
       5 points per QSO with different zone on different continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone once per band
          Each IARU HQ and each IARU official once per band
0

2012/7/12

Hungarian DX Contest 2012 の結果発表  CW DX
Hungarian DX Contest 2012 の結果発表
CONTEST PERIODS: 2012, 1200Z, Jan 21 to 1159Z, Jan 22 (21 Jan 21:00 - 22 Jan 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.ha-dx.com/HADX/html/rules_en.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1009.html
 
 「Hungarian DX Contest 2012」の結果がHA−DXのサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「SOAB CW LP」部門で 313/327 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.ha-dx.com/HADX/ )で。
 賞状(参加証?)同サイトダウンロードできる。

クリックすると元のサイズで表示します


 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB CW LP
89 Pts x 8 Cnty = 712
Clamed Score: 712 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
       1 point per QSO with different country, same continent
       3 points per QSO with different continent
       6 points per QSO with HA station
MULTIPLIERS: Hungarian counties, once per band
0

2012/7/10

第20回 広島WASコンテスト の結果発表  CW 国内
第20回 広島WASコンテスト の結果発表
開催日時:2012年2月25日 21:00 〜 26日 17:00
規約: URL:http://www.hs-contest.org/was-2012/rule.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1031.html
 
 「第20回 広島WASコンテスト」の結果がJARL広島県支部コンテスト委員会のサイトで発表されている。
 参加した「広島県外 シングルオペ マルチバンド (G-M)」部門・で 11/44 、とのこと。
 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.hs-contest.org/was-2012/final.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 広島県外 シングルオペ マルチバンド (G-M)
214 Pts x 60 市郡区/GL = 12840
Clamed Score: 12,840 Points

得 点: 県内局との交信: 5点
      県外局との交信: 1点
          ※県外局同士の交信も有効。また、海外局との交信も有効。
          同一バンドにおいて同一局との交信は電信・電話・デジタルそれぞれ1交信ずつ有効
マルチプライヤー: 異なる広島県内の市郡区ナンバー及び、異なるGL数。
              但し、バンドが異なれば同一市郡区/GLでもマルチとする。
0

2012/7/10

第42回 6m AND DOWN コンテスト  CW 国内
第42回 6m AND DOWN コンテスト
開催日時: 2012年7月7日(土)21:00 〜 8日(日)15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm

 7日夜、21:00からコンテストの開始と同時に運用を開始する。まず、50MHzに出る。JA3管内22・24・25・27の他、JA5CQH/4(31)・JA5WPR/5(37)・JA9BSL/9(29)QSOできる。
 21:20頃から144MHz430MHzを行き来する。
 23:00で今夜の運用を終わる。合計50QSO。その後QSOできたマルチ144MHz25・JR5SPS/5(39)・27・24・JA4OEY/4(31)・22・JH0KSP/0(09)430MHz27・24・25・23

 夜中01:30から1時間ほど起き出し、50MHz144MHzを行き来する。合計61QSO。QSOできたマルチ50MHzJH4UYB(35)・26、だけ。

 8日朝05:10頃から起き出す。あまり信号が聞こえてこないので06:00一休みし、二度寝をする。合計67QSO
 08:00から運用を再開する。50・144・430MHzを行き来する。50MHzで信号は弱いがJA8方面が時々浮き上がってくる。
 09:00で朝食のため一休みする合計81QSO。QSOできたマルチ50MHz106・101430MHz22

 10:00頃から運用を再開する。50MHzJA8JA7が多数聞こえる。
 10:30を過ぎると沖縄JA1あたりも聞こえ出す。
 正午合計125QSO。QSOできたマルチ50MHzJE8KGH/7(06)・105・103・114・109・112・JR4PMX/6(47)・JK1QAY(10)・JK1JHU/1(14)・JQ1TIV(13)・JE1LFX(11)・JE1BMJ(12)・7M3QQP/1(15)

 午後13:30頃から運用を開始する。Eスポは弱くなったようでJA8あたりもほとんど聞こえてこないので144MHz・430MHzを行き来する。
 その内にコンテスト終了15:00となる。合計139QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ144MHz26430MHzJH4UYB(35)だけ。

 Eスポが発生したので50MHzがほぼ全国的に開け、楽しむことができた。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ オールバンド (CA)
139 Pts x 38 都府県支庁 = 5282
Clamed Score: 5,282 Points

得 点:  50MHz帯〜1200MHz帯・・・・・・・・・・・・1点
マルチプライヤー: 50MHz帯〜1200MHz帯: 運用場所を示す異なる都府県支庁
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ