2012/7/25

第24回 オール岡山コンテスト の賞状到着  CW 国内
第24回 オール岡山コンテスト の賞状到着
開催日時:2011年9月18日(日) 09:00 〜 21:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/okayama/OY-TEST-20110918.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/917.html
        http://sun.ap.teacup.com/contest/1004.html

 「第24回 オール岡山コンテスト」賞状が郵送されてきた。
 参加した「ローバンド 県外局 シングルオペ 電信 (HLX-SC)」部門で、運良く飛賞5位入賞している。

クリックすると元のサイズで表示します

 結果等は関連ページを参照してください。

0

2012/7/25

第22回鹿児島コンテスト  CW 国内
第22回鹿児島コンテスト
開催日時: 平成24年7月22日 09:00 - 21:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/kagoshima/contest/12/kiyaku12.pdf
         http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1207.htm#0722kagoshima

 22日09:00から運用を開始する。昨夜から開催されている「DMC RTTY Contest」・「オホーツクコンテスト」・「オールJA5コンテスト」と掛け持ちをする。「CQ KG TEST」が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 Eスポが発生しているため、14MHz21MHzも覗きに行く。正午で合計9QSO。QSOできたマルチ7MHzJH4FUF/4(31)・JQ6JWL(42)・4626、14MHzで4626・4601・JR4PDP(35)・JQ6JWL(42)・4601121MHz4610

 午後13:00過ぎから運用を再開する。同様に7MHz14MHzを行き来する。夕食時合計15QSO。その後QSOできたマルチ7MHz4606・JH1UVJ/4(32)・JR4PDP(35)・460114MHzJH1UVJ/4(32)
 夕食後19:00過ぎから運用を再開する。7MHzはほとんど信号が聞こえてこないので3.5MHzに出る。こちらの電波の飛びが悪いが何とか局数を伸ばす
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計21QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ3.5MHzJH1UVJ/4(32)・4601・JQ6JWL(42)・JR4PDP(35)・4606

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 シングルOP マルチバンド 電信 (GMC)
21 Pts x 19 市郡・都府県支庁 = 399
Clamed Score: 399 Points

得 点:  完全な1交信1点
          同一バンドにおける交信は、電波形式が異なっても最初の交信のみ有効
マルチプライヤー: 県内局=鹿児島県内局の異なる市郡、および県外局・県人局の異なる都府県支庁
             県外局=鹿児島県内局の異なる市郡、および県人局の異なる都府県支庁
             県人局=鹿児島県内局の異なる市郡、および県外局・県人局の異なる都府県支庁
0

2012/7/25

2012 オールJA5コンテスト  CW 国内
2012 オールJA5コンテスト
開催日時: 2012年7月21日(土) 21:00 〜 22日 21:00(JST)
規約: URL:http://jarl.blogzine.jp/blog/2012/05/post_4f70.html
         http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1207.htm#0721shikoku
 
 21日21:00過ぎから運用を開始する。同時に開催されている「DMC RTTY Contest」・「オホーツクコンテスト」と掛け持ちをする。「CQ JA5 TEST」が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 時々VHF帯も覗くがQSOできたのは常連だけ23:00で今夜の運用を終わる合計14QSO。QSOできたマルチ3.5MHz3815・3901・3807・3602・37047MHz3601・3807・3801・3607・3900150MHz37005144MHz3902・37008

 22日09:00過ぎから運用を開始する。09:00から「鹿児島コンテスト」が始まったので、昨夜からの「DMC RTTY Contest」・「オホーツクコンテスト」と併せて掛け持ちをする。
 Eスポが発生しているのでHFハイバンドでもJA5と何とかQSOできる。
 正午合計24QSO。その後QSOできたマルチ7MHz3901・360214MHz3602・3901・3607・3704・36001・3900128MHz3901

 午後も同様に掛け持ちをする。新しい局はあまり聞こえてこない。夕食時合計30QSO。その後増えたマルチ3.5MHz360114MHz3801だけ。
 夕食後19:00少し過ぎから運用を再開する。3.5MHz7MHzを行き来するが新しい局はほとんど聞こえてこない。その内にコンテスト終了の21:00となる。合計33QSO。その後増えたマルチ3.5MHz36077MHz3704だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 マルチバンド
33 Pts x 27 市郡 = 891
Clamed Score: 891 Points

得 点:  完全な交信を1点
マルチプライヤー: 四国内の局:都道府県支庁
             四国外の局:四国内の市郡
0

2012/7/25

第36回オホーツクコンテスト  CW 国内
第36回オホーツクコンテスト
開催日時: 2012年7月21日(土)18:00 〜 22日(日)21:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1207.htm#0721okhotsk
 
 21日19:00から運用を開始する。20:00までは同時に開催されている「電通大コンテスト」と掛け持ちをする。「CQ OKH TEST」が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 21:00からは「DMC RTTY Contest」・「オールJA5コンテスト」が始まったので同様に掛け持ちをする。
 23:00で今夜の運用を終わる。合計4QSO7MHzと14MHzJH8FCC(0108)3.5MHzと7MHzJA8JXC(0108)QSOできただけ。

 22日09:00頃から運用を開始する。同様に09:00から始まった「鹿児島コンテスト」、昨夜からの「DMC RTTY Contest」・「オールJA5コンテスト」と掛け持ちをする。これらのコンテストに主力を置き、「CQ OKH TEST」が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 夕食時までにQSOできたのは21MHzJH8FCC(0108)だけ。
 夕食後も同様に掛け持ちをする。その内にコンテスト終了の21:00となる。合計7QSO。その後QSOできたのは3.5MHzと7MHzJH8DBJ(0108)だけ。

 やはり管内局の参加が少ない。もっとコンテスト時間を短くして運用が集中するようにしてほしい。


 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: マルチバンド:電信(個人)
7 Pts x 4 市町村 = 28
Clamed Score: 28 Points

得 点:  管内局:国内のアマチュア無線局との完全な交信を1点とする
      管外局:オホーツク総合振興局(旧網走支庁)管内のアマチュア無線局との完全な交信を1点
       ※ただし、同一バンド内での重複交信は、1交信を除いては電波形式が異なっても得点としない。
マルチプライヤー: 管内局:46都府県,小笠原,沖ノ鳥島,南鳥島,オホーツク総合振興局以外の13支庁,オホーツク総合振興局管内の18市町村
             管外局:オホーツク総合振興局管内の18市町村
0

2012/7/25

第31回電通大コンテスト  CW 国内
第31回電通大コンテスト
開催日時: 平成24年7月21日 17:00 - 20:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/ja1zgp/events/uectest/rule/rule31.html
 
 21日17:00から7MHzで運用を開始する。聞こえてくる局を順次呼んでゆく。
 30分ほどして14MHzを覗くと2・3信号が聞こえるので、その後は14・21・28MHzを行き来する。
 18:00で夕食のため一休みする合計40QSO。QSOできたマルチ7MHz13・11・12・23・14・06・20・27・36・17・21・22・31
 14MHz10・26・06・13・14・106・40・04・34・4721MHz15・47・106・06・2328MHz47・106

 夕食後19:00から7MHzで運用を開始する。 18:00から「オホーツクコンテスト」が始まったので、「CQ OKH TEST」が聞こえたら .log ファイルを切り替えて掛け持ちをする。
 19:15から3.5MHzに変わる。聞こえる局と一通りQSOして7MHzに戻る。
 聞こえてくるのはQSOした局が多くなったので、バンドの高いほうでCQを出してみる。結構呼ばれるが、間もなくコンテスト終了の20:00となる。合計75QSOコンテストを終わる
 その後増えたマルチ3.5MHz27・11・23・19・14・10・13・317MHz18・40・30・10・07・105・25・34・28・35・43

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: オールバンド (AB)
209 Pts x 49 都府県支庁 = 10241
Clamed Score: 10,241 Points

得 点:  UEC 局 5 点
       L 局 4 点
       I 局 3 点
       H 局 2 点
マルチプライヤー: 異なる都府県支庁ナンバーの数
0

2012/7/25

DMC RTTY Contest  RTTY
DMC RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 21 to 1200Z, Jul 22 (Jul 21 21:00 - Jul 22 21:00 JST)
RULES: URL:http://digital-modes-club.org/index.php/en/contests-en

 21日 1200 UTC から同時にスタートした「オホーツクコンテスト」・「オールJA5コンテスト」と掛け持ちで運用を開始する。14MHzに出るがコンディションは今ひとつ。聞こえるのは近場だけ。
 1400 で今夜の運用を終わる。合計9QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9(AS)・VK(VK4・OC)・VK3・VR・UR(EU)

 夜中(明け方?)1950 頃から1時間ほど起き出す。14MHzヨーロッパ方面が開けており、呼べば応答がある。合計18QSO。QSOできたマルチ9A・OK・I・HA・YL・UA

 22日午前中09:00から始まった「鹿児島コンテスト」と昨夜からの「オホーツクコンテスト」・「オールJA5コンテスト」と掛け持ちをする。これらの国内コンテストの合間にRTTYバンドを覗く。
 Eスポが発生しているためか近場すらほとんど聞こえず、QSOできるのは国内局だけ。正午合計30QSO。その後QSOできたマルチ14MHzJA2・JA1・DU・JA321MHzJA(JA8)

 午後も同様に国内コンテストの合間にRTTYバンドを覗く。0800 を過ぎて、やっと21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 夕食時合計48QSO。その後QSOできたマルチ14MHzBY21MHz9M6・YB・HL・S5

 夕食後1000 から運用を再開する。7・14・21MHzを行き来するがコンディションが悪く局数は伸びない。
 その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計55QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ7MHzJA614MHzJA0だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB-LP-12h
55 Pts x (17 Cntry + 8 CallArea) x 3 Cnti = 4125
Clamed Score: 4,125 Points
 
POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Each DXCC country and each JA, W, VE, VK call areas once
          Each continent once
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ