2012/9/3

CWOps CW Open  CW DX
CWOps CW Open
CONTEST PERIODS: 1200Z to 1559Z, Sep 01 (Sep 01 21:00 - Sep 02 01:59 JST)
              2000Z to 2359Z, Sep 01 (Sep 02 05:00 - Sep 02 08:59 JST)
              0400Z to 0759Z, Sep 02 (Sep 02 13:00 - Sep 02 16:59 JST)
RULES: URL:http://www.cwops.org/cwopen.html


Session 1

 1日夜、1340 UTC 頃、同時に開催されている「Russian RTTY WW Contest」の合間に14MHz・CWバンドを覗く。
 14MHz北米方面が開けているようで2・3「CQ CWO」が聞こえる。聞こえる局を順次呼んでゆく。米国国内からも呼ばれているのでなかなか応答が得られない。何とかW9RE・N4ZZ・K4TDQSOできる。
 その後もときどきCWバンドを覗くが、北米へのオープンは一瞬だったようで何も聞こえてこない。R6AFQSOできただけ(合計4QSO)「Session 1」終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
4 pts x 4 Call = 16
Clamed Score: 16 Points


Session 2

 2日早朝1930 から起き出したので「Russian RTTY WW Contest」の合間に14MHz・CWバンドを覗く。
 QSOできたのはOZ7J/P・IS0/I0JX2局だけ。2040 で一休みする。
 2210 頃から運用を再開する。同様に「Russian RTTY WW Contest」の合間にCWバンドを覗く。
 21MHz2・3「CQ CWO」が聞こえる。何回も呼んでAC4CA・WJ9B・K2RDと何とかQSOできる。
 その後は信号が聞こえなくなったので 2300 (合計5QSO)「Session 2」終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
5 pts x 5 Call = 25
Clamed Score: 25 Points


Session 3

 2日午後0400 UTC から運用を開始する。14MHz2・3信号が聞こえるが、非常に不安定。ピークとタイミングが合えば何とかQSOできる。K0RF・AD6E・K5GN・W6EUQSOできる。
 0430 からしばらく休憩して 0630 から14MHz運用を再開するWJ9B「CQ CWO」が聞こえるので呼ぶと一発で応答がある。
 しばらく「CQ CWO」を出しているとJA0VTK・K4TDに呼ばれる。その後もサーチしたり、CQを出したりして、N4PN・K4BAI・NA5GQSOできる。
 その内にコンテスト終了の 0800 となる。合計10QSO「Session 3」終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
10 pts x 10 Call = 100
Clamed Score: 100 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Each different call sign once

0

2012/9/3

Russian RTTY WW Contest  RTTY
Russian RTTY WW Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 2400Z, Sep 01 (01 Sep 09:00 - 02 Sep 09:00 JST)
RULES: URL:http://www.qrz.ru/contest/detail/93

 1日朝、0030 UTC から運用を開始する。14MHz21MHzを行き来するが、両バンドとも近場しか聞こえてこない。
 0145 を過ぎて21MHzXE1L・W7OM14MHzRD3AQSOできるが、その後は近場すら聞こえてこない。
 正午合計9QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9(IR)・(PK)・JA・UA(MA)21MHzUA9(HK)・V6・(NS)・XE・K

 午後0350 から運用を再開する。同様に14MHz21MHzを行き来する。少しはコンディションが良くなったようで21MHzでときどきヨーロッパ方面が浮き上がってくる。
 14MHzではHK3TYが強力に聞こえるがこちらの電波が届かない。
 0730 になってHK3TYの信号が少し強くなり、何とかQSOできる。
 21MHzでは局数は少ないがヨーロッパ方面QSOできる。
 夕食時合計36QSO。その後QSOできたマルチ14MHz(KK)・KH6・K・KL・HK21MHz(CB)・UA(MA)・(IR)・(OB)・KL・YL・YO・(KK)・(TO)・KH6・(SR)・OH・(PK)・(KE)・(TV)28MHzJA・YL

 夕食後1020 頃から運用を再開する。引き続き14・21・28MHzを行き来する。
 1430 で今夜の運用を終わる合計63QSO
 その後QSOできたマルチ14MHz(KE)・(SV)・(KO)・(UO)・TA・(SR)・(TV)・(VL)・HA・(UD)・UN・UR・OH21MHzUR・S5・ZC4・(UO)・(UD)・OK28MHzUA(MA)

 2日早朝1930 から起き出す。14MHzヨーロッパ方面が開けているので14MHzに出る。
 2040一休みする合計76QSO。QSOできたマルチ14MHzSP・YL・(TB)・OK・(RA)・I・S5・9A・E7

 2210 頃から運用を再開する。
 2245 を過ぎると信号が弱くなり、こちらのでの電波が届かなくなったので 2300 コンテストを終わる合計81QSO
 その後増えたマルチ14MHzDL・PA、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band
660 pts x ( 39 Cnty + 29 Oblt ) = 44880
Clamed Score: 44,880 Points

POINTS: 5 points per QSO with same continent
      10 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each RU Oblast once per band
          Each DXCC country once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ