2012/10/23

第27回オール千葉コンテスト  CW 国内
第27回オール千葉コンテスト
開催日時:2012年10月21日 12:00 〜 18:00
規約: URL:http://www.jarl-chiba.com/27con/image/27th-AllChibacontest_rules.pdf
        http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1210.htm#1021chiba

 21日午後、13:00から7MHzで運用を開始する。結構賑やかである。聞こえる局を順次呼んでゆく。呼び合いになることが多く、なかなか応答が得られない。
 15:00を過ぎると21MHz28MHzヨーロッパ方面が聞こえ出したので、同時に開催されている「JARTS WW RTTY CONTEST」に主力を置き、時々国内コンテストバンドを覗きに来る。
 16:50から3.5MHzに出る。当初は局数も少なく、信号も弱かったが次第に賑やかになってくる。聞こえてくる局を順次呼んでゆく。
 その内にコンテスト終了の18:00となる。合計31QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 千葉県外 個人局 電信 マルチバンド (X-CW)
93 pts x 24 市郡区 = 2232
Clamed Score: 2,232 Points

得点: ※ 県内局(自局) ※
            県内局 3点、 県外局 2点 (電信)
            県内局 2点、 県外局 1点 (電話)
      ※ 県外局(自局) ※
            県内局 3点 県外局 0点 (電信)
            県内局 2点 県外局 0点 (電話)
        ※同一バンドで同一局と電信と電話で交信した場合は、それぞれ1回ずつ得点として計上してよい
マルチプライヤー: 県内局:異なる都道府県支庁の数および千葉県内の異なる市郡区の数
              県外局:千葉県内の異なる市郡区の数
0

2012/10/23

JARTS WW RTTY CONTEST 2012  RTTY
JARTS WW RTTY CONTEST 2012
CONTEST PERIODS: 0000Z, Oct 20 to 2400Z, Oct 21 (20 Oct 09:00 to 22 Oct 09:00 JST)
RULES: URL:http://jarts.web.fc2.com/2011/rules2012.html
規約: URL:http://jarts.web.fc2.com/2011/rulesj2012.html

 20日朝、0030 UTC 頃から運用を開始する。まず、28MHzに出る。米国方面に開けているようだが信号はあまり聞こえてこない。QSOできたのはWA7LNW(K7)だけ。すぐに21MHzに変わる。
 21MHz米国全土に開けているようだが、QSOできるのは西海岸方面だけ。その後は21MHzをメインにして時々28MHzを覗きに行く。
 正午合計40QSO。QSOできたマルチ21MHzK5・K6・UA9・K7・KL・K0・VR・VE7・BY・K9・KH0・K4・JA328MHzK7・K6・VR・JA3・BY

 午後0400 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。
 0500 を過ぎると21MHz28MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 0800 過ぎに7MHzを覗いてみるが、QSOできたのはVE7CCだけ。
 夕食時合計83QSO。その後QSOできたマルチ7MHzVE714MHzK7・JA4・JA3・UA9・K6・JA1・K421MHzDU・SP・UA・LY・YB28MHzUA・DU・UA9・ZL・VK4・LY・OH・BV・YB・SM・UN・PA

 夕食後1020 から運用を再開する。まず7MHzに出るが、YB0PAHが強力に聞こえるほかはJA1あたりが数局聞こえるだけ。聞こえる局と一通りQSOして14MHzに変わる。
 14MHzは聞こえる局は少ないがヨーロッパ方面に開けている。時々7MHz3.5MHzを覗くがQSOできるのはJAだけ。
 1200今夜の運用を終わる合計108QSO。QSOできたマルチ3.5MHzJA1・JA2・JA37MHzYB・JA1・JA8・K914MHzOH・UA・YB・ZL・ES・BV・YL

 21日朝2130 過ぎから運用を開始する。21MHz28MHzを行き来して時々7MHz14MHzを覗きに行く。
 21MHz・28MHzともに米国全土に開けているようであるが、QSOできたのは西海岸のほかは21MHzWA2ETU28MHzW4DXX・K9DJ・WA2ETU、くらい。
 2310 で朝食のため一休みする合計136QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJA621MHzBV・K228MHzK5・K4・K9・VE7・K2

 朝食後0200 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来するが、局数マルチもあまり伸びない。
 正午合計155QSO。その後増えたマルチ14MHzJA7・VR・JA2・VE7

 午後0500 から運用を開始する。21MHz28MHzを行き来する。局数は少ないがヨーロッパ方面QSOできる。
 夕方には7MHz14MHzを時々覗く。
 夕食時合計170QSO。その後増えたマルチ7MHzJA414MHzHL21MHzOH・G・YL28MHzHA・ES

 夕食後1115 から運用を再開する。7MHz14MHzを行き来する。
 1330今夜の運用を終わる合計193QSO。その後増えたマルチ7MHzDU・BV14MHzSM・SP・UR・9A・UN・LA

 22日朝2130 から運用を開始する。まず、7MHzを覗くがDXは全く聞こえず、JA2・3聞こえるだけ。その後は21MHz28MHzを行き来する。
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計211QSOコンテストを終わる。その後QSOできたマルチ7MHzJA321MHzK128MHzK3

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op, All Band, Low Power
555 pts x ( 48 Cntry + 39 CallArea ) = 48285
Clamed Score: 48,285 Points

POINTS: Two(2), QSO points for contact within your own continent.
       Three(3), QSO points for contacts outside your own continent
MULTIPLIERS: Each DXCC entity except JA/W/VE/VK(mainland).
           Each call area of JA/W/VE/VK(mainland).
             (once per band)
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ