2012/11/30

2012年11月 CONTEST MENU  
2012年11月 CONTEST MENU


○JA9コンテストHF 2012 電話
  11月2日 21:00 〜 3日 15:00

Ukrainian DX Contest (1240)
  1200Z, Nov 3 to 1200Z, Nov 4

○DARC 10-Meter Digital Contest.
1100Z to 1700Z, Nov 4

第18回オール大阪コンテスト (1241)
  11月4日(日) 06:00 〜 18:00
     06:00 〜 11:30 電信部門
     12:30 〜 18:00 電話部門
     06:00 〜 18:00 特殊部門

2012 オールJA5コンテストの結果発表 (1242)
  2012年7月21日 21:00 〜 22日 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1157.html

第38回JARL奈良県支部 V・UHFコンテストの結果発表 (1243)
  2012年8月11日
         28MHz    19:00〜20:00
         50MHz    20:00〜21:00
        144MHz    21:00〜22:00
        430MHz    22:00〜23:00
       1200MHz&UP 23:00〜24:00
  2012年8月12日
       1200MHz&UP 08:00〜09:00
        430MHz    09:00〜10:00
        144MHz    10:00〜11:00
         50MHz    11:00〜12:00
         28MHz    12:00〜13:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1171.html

Scandinavian Activity Contest, CW 2012 の結果発表 (1244)
  2012, 1200Z, Sep 15 to 1200Z, Sep 16
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1198.html

WAE DX Contest, RTTY (1245)
0000Z, Nov 10 to 2359Z, Nov 11

○JIDX Phone Contest
0700Z, Nov 10 to 1300Z, Nov 11

OK-OM DX Contest, CW (1246)
  1200Z, Nov 10 to 1200Z, Nov 11

第13回全日本CW王座決定戦 (1247)
  11月11日(日)12:00 〜 16:00

EPC Russia DX Contest 2012 の結果発表 (1248)
  2012, 0400Z, Oct 06 to 0359Z, Oct 07
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1216.html

第26回オール秋田コンテストの結果発表 (1249)
  2012年9月8日 21:00 〜 23:00
    9日 06:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1194.html

LZ DX Contest (1250)
  1200Z, Nov 17 to 1200Z, Nov 18

The 7th EPC PSK63 QSO Party (1251)
  0000Z to 2400Z, Nov 18

JA9コンテストHF 2012 電信 (1252)
  11月17日 21:00 〜 18日15:00

第42回 6m AND DOWN コンテストの結果発表 (1253)
  2012年7月7日 21:00 〜 8日 15:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1145.html

第33回オール九州コンテスト (1254)
  11月22日 21:00 〜 23日 15:00

CQ Worldwide DX Contest, CW (1255)
  0000Z, Nov 24 to 2400Z, Nov 25

2012 JAG QSO パーティ & コンテスト の賞状受領 (1256)
  2012年10月13日 06:00 〜 14日 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1223.html





0

2012/11/26

2012 JAG QSO パーティ & コンテスト の賞状受領  CW 国内
2012 JAG QSO パーティ & コンテスト の賞状受領
開催日時:2012年10月13日 06:00 〜 14日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/jag/
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1223.html
 
 「2012 JAG QSO パーティ & コンテスト」の賞状が送られてきた。いつもの事ながらJAGのサイトで発表されないので、全体の結果は判らない。
 参加した「一般局 マルチバンド電信部門」部門で 3位 、とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 一般局 マルチバンド電信部門
12 pts x 11 プリフィックス = 132
Clamed Score: 132 Points

得点: 完全な交信を1点
         同一局との交信はバンドおよびモードごとに有効.一般局どうしのQSOは無効
マルチプライヤー: 周波数ごとのプリフィックスの数
0

2012/11/26

CQ Worldwide DX Contest, CW  CW DX
CQ Worldwide DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 24 to 2400Z, Nov 25 (24 Nov 09:00 - 26 Nov 09:00 JST)
RULES: URL:http://www.cqww.com/rules.php

 24日朝コンテストのスタートと同時に 0000 UTC から運用を開始する。まず28MHzに出る。米国西海岸方面には開けているが、あまり信号が聞こえてこないので10分ほどで21MHzに変わる。
 21MHz米国全土に開けているようであるが、QSOできるのは中央部まで近場の他、南米が2・3聞こえる。
 1時間ほどしてからは14・21・28MHzを行き来する。
 正午合計102QSO。QSOできたマルチ14MHzK(04)・JT(23)・(03)・UA9(18)
 21MHzK(04)・BY(24)・(03)・9M2(28)・VE・9M6・PY(11)KH2(27)・E2E(26)・V63JX・BV・KH0・UA9(19)・LU(13)・KL(01)・(18)・KH6(31)・T8NS・CX・VK(30)・ZL(32)・VR・YB
 28MHzK(03)・KH2(27)・JA(25)・KH0・YB(28)・JT(23)・UA9(19)・CE(12)・BY(24)・CX(13)・ZL(32)

 午後0335 から運用を再開する。引き続き14・21・28MHzを行き来する。ほとんどが近場であるが、0400 を過ぎると各バンドとも時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくる。
 060030分ほど一休みする。合計181QSO。その後QSOできたマルチ14MHz(19)・BY(24)・KH6(31)・9M6(28)・UA(16)・LU(13)・SP(15)・CE(12)・PY(11)・OM・KL(01)・DU(27)・(17)・5W1SA(32)・CX・UA2・OK・BV
 21MHzUA(16)・UR・(17)・ZC4(20)・(29)・4X
 28MHzLU・UN(17)・PY(11)・XV1X(26)・VR・9M6・UK

 0620 から運用を再開する。21MHzヨーロッパ方面が好調なので、21MHzをメインに時々14MHz・28MHzを覗きに行く。
 0745 ごろに7MHzを覗くが米国西海岸2・3聞こえるのみなのですぐにハイバンドに戻る
 夕食時合計247QSO。その後増えたマルチ7MHzK(03)・UA9(19)・(04)・HL(25)・BY(24)・VE
 14MHzDL(14)・YB・LZ(20)・ZL・LY・KH0・SM・F
 21MHzYL(15)・DL(14)・sp・9A・E7・OM・I・S5・HA・YU・LZ・YO・ES
 28MHzUA(16)・VK(29)・(30)

 夕食後、1000 少し前から運用を再開する。まず、7MHzに出るがあまり信号が聞こえてこないのですぐに14MHzに変わる。
 14MHzは引き続きヨーロッパ方面に好調で、1130 まで運用して局数を伸ばす
 その後7MHzに変わって、1200今夜の運用を終わる合計313QSO。その後QSOできたマルチ7MHzUA(16)・KH6(31)・9M6(28)・KH2(27)14MHzHA・S5・9A・UR・ES・OH0・KH2・OE・9M2・YU・IT9

 夜中1650 から30分ほど起き出す7MHzヨーロッパ方面に開けているが、ヨーロッパ同士が呼び合っているので歯が立たない。合計327QSO。増えたマルチ7MHzVK(30)・ZL(32)・(18)・YU(15)・SP

 25日朝、 2130 から運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けており、呼べばすぐに応答がある。
 2200 を過ぎると信号が弱くなり、電波が届かなくなったので14MHzに変わる。
 14MHz米国全土に開けており、何とか東海岸ビッグガンとはQSOできる。
 2220 で朝食のため一休みする。合計351QSO。その後QSOできたマルチ7MHzI・9A・YB・S5・UR・BV14MHzVE・(05)

 朝食後、2300 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。
 正午合計436QSO。その後QSOできたマルチ14MHzHL(25)・3W2J(26)21MHz(05)・JA(25)28MHz(04)・V6A・VE・KH6(31)

 午後は 0400 から運用を再開する。同様に14・21・28MHzを行き来する。
 夕食時合計508QSO。その後増えたマルチ14MHzYO・VK(30)・LA・OH・JA・PA21MHzUN・XV2RZ・LY・DU・SM・OK28MHzDU・EY・BV

 夕食後1000 から運用を再開する。21MHz・28MHzは何も聞こえないので14MHzに出る。ヨーロッパ方面に開けているがQSOできそうなビッグガンはほとんどがQSOしており、あまり局数は伸びない
 1150 頃から7MHzに変わるが、あまり信号が聞こえてこないので 1130今夜の運用を終わる合計533QSO。その後増えたマルチ14MHzEA・YL・EI7M・EW8EW・I・G5W・ER4A

 26日朝は寝過ごして 2150 頃から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面に開けており、強力な信号が聞こえる。ヨーロッパ同士の呼び合いが減ったのか、呼べばほとんどが一発で応答がある。
 2200 を過ぎると次第に信号が弱くなり、こちらの電波が届かなくなる。その後は14・21・28MHzを行き来する。いずれのバンドも米国全土に開けているようで、14MHz21MHzでは東海岸方面と何とかQSOできる。
 しかし、雷雲が近づいているためか強烈なノイズがあり、かなり強力な信号でないとうまくコピーできない。
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計582QSOでコンテストを終わる
 その後増えたマルチ7MHzDL(14)・OM・OH・4O3A・Z38N21MHzHK1NA(09)・XE2K(06)、とごく僅か。

 目標とした600QSOには少し及ばなかった。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: Single operator all band low power
1454 pts x ( 151 Cntry + 80 Zone ) = 335874
Clamed Score: 335,874 Points

POINTS: 0 points per QSO with same country (counts as mult)
       1 point per QSO with different country same continent
       2 points per QSO with different country same continent (NA)
       3 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each CQ zone once per band
          Each country once per band
0

2012/11/23

第33回オール九州コンテスト  CW 国内
第33回オール九州コンテスト
開催日時:2012年11月22日(木)21:00 〜 23日(金/祝日)15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/nagasaki/allq33rd.pdf
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1111.htm#1122kyushu

 22日夜、21:00から運用を開始する。まず7MHzをワッチするが何も聞こえないので3.5MHzに出る。
 飛びが悪いのは承知しているが、これほどとは!! 何局かJA6局が聞こえるが全国から呼ばれているので全く歯が立たない。
 それに、何回呼んでも全く反応がない局も多数。
諦めて22:30今夜の運用を終わる合計10QSOQSOできたのは半分くらいか
 QSOできたマルチ3.5MHz4204・4201・4205・4410・4302・43010・4601・40005

 23日朝07:20頃から運用を開始する。まず3.5MHzをワッチするがQSOした局が2・3聞こえるだけ。すぐに7MHzに変わる。
 7MHzは全国的に開けているようであるが、まだ出ている局が少ないようでほとんどが一発で応答がある
 08:15で朝食のため一休みする合計22QSO。QSOできたマルチ7MHz46005・4601・4401・4201・4024・4105・4205・4410・402101・4626

 朝食後09:40から運用を再開する。まず14MHzをワッチする。JH3IJF/6(4713)が強力に入感しており、呼ぶとすぐに応答がある。他に弱い信号が2・3聞こえるがノイズが多く、コピーできない。すぐに7MHzに変わる。QSOした局が多くなり局数は伸びない
 やはり14MHzが気になるので10:15から14MHzに出る。2・3の強力な局とはすぐにQSOできるが、他は全般的に信号が弱くなかなかコピーできない。コピーできてもこちらの電波が届かない。
 30分ほどで7MHzに戻り、その後は時々14MHz21MHzを覗きに行く。
 正午合計36QSO。その後QSOできたマルチ7MHz4310・400107・4019・4030・4616・40005・403614MHz4713・4201・4601・4626・4616

 午後13:05から運用を再開する。7MHzをメイン時々14MHzを覗きに行く。聞こえてくるのはほとんどがQSOした局でほとんど局数は伸びない
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計44QSOコンテストを終わる。その後QSOできたマルチ7MHz4501・4201・4029・4403・402107・441314MHz46005

 ハイバンドのコンディションが今ひとつで、その分、昨年の局数よりかなり少なかった

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry 電信部門 管外局 個人局 マルチバンド (XCM)
44 pts x 36 市郡区 = 1584
Clamed Score: 1,584 Points

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 
0

2012/11/22

第42回 6m AND DOWN コンテストの結果発表  CW 国内
第42回 6m AND DOWN コンテストの結果発表
開催日時: 2012年7月7日(土)21:00 〜 8日(日)15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1145.html
 
 「第42回 6m AND DOWN コンテスト」の結果JARLコンテストのサイトで発表されている。
 参加した「電信 シングルオペ オールバンド (CA)」部門・関西 9/15 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/2012/index.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ オールバンド (CA)
139 Pts x 38 都府県支庁 = 5282
Clamed Score: 5,282 Points

得 点:  50MHz帯〜1200MHz帯・・・・・・・・・・・・1点
マルチプライヤー: 50MHz帯〜1200MHz帯: 運用場所を示す異なる都府県支庁
0

2012/11/20

JA9コンテストHF 2012 電信  CW 国内
JA9コンテストHF 2012 電信 
開催日時:2012年11月17日(土)21:00 〜 18日(日)12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1211.htm#1102hokuriku

 17日夜、21:00から3.5MHz運用を開始するJA9が何局か聞こえるが、全国から呼ばれているのでほとんど歯が立たない。
 根気よく呼んで何とかQSOできるが、草臥れるので、22:15今夜の運用を終わる合計7QSO。QSOできたマルチ2802・2910・3001・2808・2801・2904

 18日朝06:50から運用を開始する。まず、3.5MHzをワッチするが、2809ができただけで、すぐに7MHzに変わる。
 7MHzは賑やかであるが、JA9局はやはり全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 07:40で朝食のため一休みする合計18QSO。その後QSOできたマルチ7MHz2901・3001・2802・2801・2804・2910・2904・2808・2902

 朝食後08:45から運用を再開するが、聞こえるのはほとんどがQSOした局で、局数は伸びない。時々14MHzを覗くがQSOできたのは1局だけ
 諦めて11:20コンテストを終わる合計26QSO。その後増えたマルチ7MHz3006・29012・290514MHz3001

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルオペレーター マルチバンド
26 pts x 20 市郡 = 520
Clamed Score: 520 Points

得点: 完全な交信で  1点
マルチプライヤー: 9エリアの局   すべての都府県道支庁の和(バンド毎)
              その他の局   9エリアの市および郡の和(バンド毎)
0

2012/11/20

The 7th EPC PSK63 QSO Party  PSK
The 7th EPC PSK63 QSO Party
CONTEST PERIODS: 0000Z to 2400Z, Nov 18 (18 Nov 09:00 - 19 Nov 09:00 JST )
RULES: URL:http://www.epc-ru.ru/index.php?option=com_content&task=view&id=1434&Itemid=83

 18日朝、0000 UTC から運用を開始する。同時に開催されている「JA9コンテストHF 2012 電信」と掛け持ちをする。「JA9コンテストHF 2012 電信」は新しい局がほとんど聞こえてこないので、合間に国内コンテスト・バンドを覗きに行く。
 14MHz21MHzを行き来するが、両バンドとも聞こえるのはUA9/0とBYばかりである。
 正午合計22QSO。すべてがEPCメンバーでマルチにもなる。変わったところはN5RMS(EPC11185)くらい。

 午後0400 から運用を再開する。同様に14MHz21MHzを行き来する。時々ヨーロッパ方面が入感するようになったので「LZ DX Contest」と掛け持ちをする。
 夕食時合計33QSO。依然、全てがEPCメンバーである。

 夕食後1000 から運用を再開するがほとんど信号は聞こえてこない。QSOできたのは14MHzSP4TXI(EPC03185)・US0AK(EPC09015)だけ。
 1030 に諦めてコンテストを終わる合計35QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op, All Band
175 pts x 35 EPC Member = 6125
Clamed Score: 6,125 Points

POINTS: 1 point per QSO with non-EPC member
       5 points per QSO EPC member
MULTIPLIERS: Each EPC member once per band
0

2012/11/20

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 17 to 1200Z, Nov 18 (17 Nov 21:00 - 18 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 18日午後、0415 UTC から運用を開始する。同時に開催されている「EPC PSK63 QSO Party」と掛け持ちをする。
 まず、14MHzに出る。UA9/0のほかUA3あたりが時々浮き上がってくる。
 0440 頃からは14・21・28MHzを行き来する。
 得点が高く、マルチにもなるLZ局はほとんど聞こえてこない。
 夕食時合計54QSO。QSOできたマルチ14MHz30・21・29・33・32・28・31・RZ・59(VK2PN)21MHz30・29・32・23・33・54・PK・21・28・IS・31・37(CT1JLZ)28MHz50・30・44・28

 夕食後0955 から運用を再開する。21MHz・28MHzは何も聞こえない。14MHzもほとんど信号は聞こえてこない。
 何とか4局ほどとQSOして 1015 で諦めてコンテストを終わる合計58QSO。その後増えたマルチ14MHz50(DV1/JO7KMB)だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B - Single Operator/Multi Bands/CW
154 pts x ( 23 Cntry + 3 District ) = 4004
Clamed Score: 4,004 Points

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
       3 points per QSO with different continent
       1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band regardless of the mode
0

2012/11/19

第26回オール秋田コンテストの結果発表  CW 国内
第26回オール秋田コンテストの結果発表
開催日時:2012年9月8日(土) 21:00 〜 23:00
               9日(日) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarlakita.com/modules/pico/index.php?content_id=69
         http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1209.htm#0908akita
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1194.html
 
 「第26回オール秋田コンテスト」の結果がメールで送られてきた。JARL秋田県支部のサイトでも発表されている。
 参加した「県外 電信電話 SOP HFマルチバンド (GSHC)」部門で 10/28 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarlakita.com/modules/pico/index.php?content_id=76 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 電信電話 SOP HFマルチバンド (GSHC)
17 pts x 15 市町村 = 255
Clamed Score: 255 Points

得点: 完全な1交信につき電信・電話とも各1点
        ※同一バンドで電信・電話モードが違えば、電信・電話各々得点計上可
マルチプライヤー: 県内局:秋田県内の異なる市町村及び都府県支庁
             県外局:秋田県内の異なる市町村
               ※モードが違っても同一バンドでは1回のみの計上とする。
0

2012/11/14

EPC Russia DX Contest 2012 の結果発表  PSK
EPC Russia DX Contest 2012 の結果発表
CONTEST PERIODS:2012, 0400Z, Oct 06 to 0359Z, Oct 07 (06 Oct 13:00 to 07 Oct 12:59 JST)
RULES: URL:http://www.epc-ru.ru/index.php?option=com_content&task=view&id=351&Itemid=113
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1216.html
 
 「EPC Russia DX Contest 2012」の結果がEPC−RUのサイトで発表されている。
 参加した「Single Op High Bands」部門・世界 106/152 ASIA 10/23 JA 5/14 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.epc-ru.ru/index.php?option=com_content&task=view&id=1448&Itemid=113 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op High Bands
195 pts x ( 16 Cntry + 55 Grid + 29 Oblast ) = 19500
Clamed Score: 19,500 Points

POINTS: Contacts between stations in the same DXCC Country are worth 1 point
       Contacts between stations on the same continent but different DXCC Countries are worth 2 points
       Contacts between stations on different continents are worth 3 points
       Contacts with EPC-RU stations are worth 4 points
           Points for contacts made on 160 meters are doubled
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band
          Each grid square once per band
          Each oblast once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ