2013/5/14

関西VHFコンテスト  CW 国内
関西VHFコンテスト
開催日時: 2013年5月11日(土)21:00 〜 12日(日)12:00
規約: URL:http://www.tcn.zaq.ne.jp/akaal304/kanv13kiyaku.htm

 11日夜、21:00からは「CQ-M International DX Contest」・「ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST」・「HPC World Wide DX Contest」がスタートする。すでに始まっている「オール山口コンテスト」を含めて掛け持ちをする。
 しばらくはこのコンテストに主力を置き、28・50・144・430MHzを行き来する。
 23:30で今夜の運用を終わる合計45QSO大阪府(25)と兵庫県(27)の局が多く、ほとんどがマルチにもなるそれ以外でQSOできたマルチ28MHz2600250MHz220103・37・26002・24010・2207144MHz2401・24001・2405・2212・220107・26002430MHz2408・2401・220107

 12日朝は05:10頃から運用を開始する。14MHzヨーロッパ方面に開けているので14MHzとVHFを行き来する。
 08:30で朝食のため一休みする。合計62QSO。その後QSOできた大阪府(25)・兵庫県(27)以外のマルチ28MHz0250MHz31430MHz2212・26002

 朝食後このコンテストに主力を置く。28MHzJA7・JA8あたりが聞こえ出すがQSOできる局数は少ない
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計88QSO。その後QSOできた大阪府(25)・兵庫県(27)以外のマルチ28MHz106・06・03・109144MHz35・2308・34430MHz21

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: 電信部門 管内局 シングルオペマルチバンド (KCM)
33 pts x 24 市郡区・都県支庁 = 6600
Clamed Score: 6,600 Points

得 点: 1交信1点。
           ただし、同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
マルチプライヤー: 管内局:管内の異なる市郡区および管外の都県支庁
             管外局:管内の異なる市郡区
0

2013/5/14

第12回オール山口コンテスト(HF部門)  CW 国内
第12回オール山口コンテスト(HF部門)
開催日時: 2013年5月11日(土)18:00 〜 24:00
               12日(日)06:00 〜 15:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1305.htm#0511yamaguchi
         http://jarl33ja4auw.web.fc2.com/H25news/2013allyamaguchicontestrule.pdf

 11日夜、19:00少し前から運用を開始する。まず、7MHzに出る。JA4が何局か聞こえるので順次呼んでゆく。
 一通りQSOして、19:10から3.5MHzに出る。JA4と2局QSOできるが、他には信号が聞こえないので、その後は7MHzと行き来する。時々ハイバンドやVHFを覗くが信号はまったく聞こえてこない。
 21:00から「CQ-M International DX Contest」・「ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST」・「HPC World Wide DX Contest」・「関西VHFコンテスト」が始まったので掛け持ちをする。CWバンド・RTTYバンド・PSKバンド、それにVHFを交互に覗きに行く。
 23:30で今夜の運用を終わる合計19QSOほとんどの局がマルチにもなる

 12日朝06:45頃から他のコンテストの合間を見て7MHz運用を開始する。JA4は多数聞こえるが、QSOした局が多く新しい局はなかなか見つからない。
 08:30で朝食のため一休みする。合計24QSO

 午前中DXがほとんど聞こえないので「関西VHFコンテスト」に主力を置き、時々14MHzをメインに国内コンテストバンドを覗きに来る。
 正午合計26QSOQSOできたのは14MHzで2局だけ。

 午後「CQ-M International DX Contest」「ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST」の合間に国内コンテストバンドを覗くが新しい局は全く聞こえてこない。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。結局、その後は1局もQSOできず合計26QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: エリア外局 電信 HF (GHC)
39 pts x 24 市町・市郡区 = 936
Clamed Score: 936 Points

得 点: 各バンドごとの完全な一交信につき1点。
      山口県内局との交信は一交信につき2点。
           同一種目、同一バンド内での重複交信は認めない
           社団局の場合は、電信と電話の重複交信を認める
マルチプライヤー: 各バンドで得た都府支庁県数
                      中国地方市郡区数
                      山口県内の市町数
0

2013/5/14

HPC World Wide DX Contest  PSK
HPC World Wide DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 11 to 1200Z, May 12 (May 11 21:00 - May 12 21:00 JST)
RULES: URL:http://pskclub.gr/contest

 WA7BNM Contest Calendarのサイトを見てこのコンテストが開催されるのを知る。
 ルールを見て「CQ-M International DX Contest」等と掛け持ちできるように準備をする。

 12日朝、 2010 UTC 頃から運用を開始する。同時に開催されている「CQ-M International DX Contest」・「ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST」・「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」掛け持ちして、CWバンド・RTTYバンド・PSKバンド、それにVHFを交互に覗きに行く。
 14MHzヨーロッパ方面に開けているが、参加局が少ないのか信号はあまり聞こえてこない
 2330 で朝食のため一休みする。QSOできたのは14MHzSV2LLQ(HPC598)・UN7DA(HPC461)・IZ8BXM(HPC383)・SV4ELR(HPC199)。それぞれがHPCメンバーなのでマルチになる。

 午前中DXの信号はほとんど聞こえてこないので「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」専念する。

 午後 0430 から運用を開始する。各コンテストの合間PSKバンドを覗きに行くが、信号は一向に聞こえてこない
 コンテスト終了の 1200 になるが、その後は1局もQSOできず合計4QSOコンテストを終わる。 

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: SOAB-NM/HP - Single operator, all bands, Non member
40 pts x 4 HPC = 160
Clamed Score: 160 Points

POINTS: Contacts between stations in the same DXCC Country are worth 1 point.
       Contacts between stations on the same continent but different DXCC countries are worth 2 points.
       Contacts between stations on different continents are worth 3 points.
       Contacts with member stations are worth 10 points.
       Contacts with member stations are worth 1 multiplier.
MULTIPLIERS: Each HPC member once per band
0

2013/5/14

47th ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST  RTTY
47th ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 11 to 1200Z, May 12 (May 11 21:00 - May 12 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.contestvolta.com/47rules.pdf

 12日朝2010 頃から運用を開始する。14MHzヨーロッパ方面が聞こえるので、同時に開催されている「CQ-M International DX Contest」・「HPC World Wide DX Contest」・「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」掛け持ちして、CWバンド・RTTYバンド・PSKバンド、それにVHFを交互に覗きに行く。
 2330 で朝食のため一休みする。合計12QSO。QSOできたマルチ14MHzOK・I・EA8MT・HA・SP・PA・UR・EA

 午前中DXの信号はほとんど聞こえてこないので「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」専念する。
 
 午後0430 から運用を開始する。各バンドで時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくるので14・21・28MHzを行き来する。
 夕食時合計29QSO。その後QSOできたマルチ14MHzJA8・K6・JA4・KH6・ZL121MHzYB・UA・JA8・I・VK3・UA9・BV28MHzDL

 夕食後1000 から運用を再開する。直後に14MHzN1KWF・K4GMHとQSOできるが他には米国方面は聞こえてこない。
 あまり信号が聞こえてこなくなったので7MHzを覗くが、JAが2・3聞こえるだけ。その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計35QSO。その後増えたマルチ7MHzJA7・JA114MHzK1・K4・HS・UN

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: Single Op All Band
717 pts x ( 18 Cntry + 10 CallArea ) x 35 QSO = 702660
Clamed Score: 702,660 Points

POINTS: Contacts between stations within the same country(call area) will not be valid.
        Contacts made outside one's own continent on 3.5 or 28 MHz are worth double points.

Point Table(in Zone:25)http://www.contestvolta.com/point%20table.htm
QSO Zone: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Points: 16 28 24 30 31 33 38 37 41 45 52 50 53 27 27 22 19 14 9 26 24 18 13 8 2 13 9 15 23 30 18 27 32 28 41 40 33 40 33 25

MULTIPLIERS: Each country(DO NOT COUNT JA-VE-VK-W-ZL) plus each call-area in JA-VE-VK-W-ZL, once per band
Each country on a different continent worked on at least 4 bands once (extra mult)
0

2013/5/14

The 57-th CQ-M International DX Contest  CW DX
The 57-th CQ-M International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 11 to 1159Z, May 12 (May 11 21:00 - May 12 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.srr.ru/CONTEST/cq_m_13_eng.php

 11日夜、1200 UTC から運用を開始する。同時に「ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST」・「HPC World Wide DX Contest」・「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」が開催されているので、これらのコンテストを掛け持ちする。
 各バンドをワッチすると21MHzヨーロッパ方面が聞こえるのでしばらくこのコンテストに出て、以後は「関西VHFコンテスト」に主力を置いて時々DXバンドを覗きに来る。
 1430 で今夜の運用を終わる合計10QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9・UR21MHzYO・DL・HA・LZ・UA・BY

 12日朝2010 頃から運用を開始する。14MHzヨーロッパ方面が聞こえるので、それぞれのコンテストを掛け持ちしてCWバンド・RTTYバンド・PSKバンド、それにVHFを交互に覗きに行く。
 2330 で朝食のため一休みする。合計25QSO。QSOできたマルチ14MHzEA・F・UA・DL・I・YO・JA21MHzBV

 午前中DXの信号はほとんど聞こえてこないので「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」に専念する。

 午後0430 から運用を開始する。ロシアの局が多数聞こえるので21MHzをメインにして時々14MHz・28MHzを覗きに行く。
 夕食時合計54QSO。その後QSOできたマルチ21MHzUR・E7・UN・UR・OK

 夕食後1000 頃から運用を再開する。少しコンディションが悪くなったようなので14MHzをメインにして時々21MHzを覗きに行く。
 コンテスト終了間際14MHzK2VVとQSOできるがほかには米国方面は聞こえてこない。その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計71QSOコンテストを終わる
 その後増えたマルチ14MHz9M2・BV・UN・K21MHzYB・LY、とごく僅か。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: SOAB CW Single Operator - All bands CW Only
164 pts x 29 country = 4756
Clamed Score: 4,756 Points

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
       Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
       Same country - 1 point
       Different Country, Same Continent - 2 points
       Different Continent - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ