2013/6/4

第37回宮崎コンテスト  CW 国内
第37回宮崎コンテスト
開催日時: 平成25年6月1日 18:00 〜 2日 18:00
規約: URL:http://www1.bbiq.jp/jh6ftj/contest/contest2013kiyaku.html

 1日夜、19:10頃から運用を開始する。まず、14MHzに出るがQSOできたのはJF6PUZ/6(4507)だけ。すぐに7MHzに変わる。
 7MHzでは何局かの「CQ MZ TEST」が聞こえるので聞こえる局を順次呼んでゆく。しかし、30分もすると新しい局は聞こえてこなくなる。
 3.5MHzに変わるが「CQ MZ TEST」はあまり聞こえてこない。3局とQSOできただけで7MHzに戻る
 21:00から「オール神奈川コンテスト」の後半と「石狩後志支部コンテスト」が始まったので掛け持ちをする。「オール神奈川コンテスト」主力を置き「CQ MZ TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 23:00で今夜の運用を終わる合計14QSO。QSOできたマルチ3.5MHz45002・45047MHz4501・4507・4504・4502

 2日朝09:30から運用を開始する。同時に開催されている「ALL JA1 コンテスト」主力を置き、サーチ時に「CQ MZ TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 正午合計19QSO。その後増えたマルチ21MHz4502・4507・450428MHz45002・4507

 午後13:00から運用を再開する。この時間からスタートした「A1クラブ コンテスト」主力を置く
 16:00からは「A1クラブ コンテスト」と入れ替わって「ALL JA1 コンテスト」の後半が始まってのでこのコンテストに主力を置く。同様にサーチ時に「CQ MZ TEST」も探す。
 その内にコンテスト終了の18:00となる。合計22QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ7MHz4500314MHz4501だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: 県外局 シングルオペ 電信 オールバンド (CA)
22 pts x 14 市郡 = 308
Clamed Score: 308 Points

得 点: コンテストナンバーの交換が完全におこなわれた交信を1点とする。
         ただし、同一バンドにおける重複交信は、1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
マルチプライヤー: 県内局: 各バンドごとの都府県支庁(宮崎県を除く)、県内の市郡の数、及び大陸(AF.EU.AS.NA.SA.OC)の数。
             県外局: 各バンドごとの宮崎県内市郡の数。(9市6郡)
0

2013/6/4

第42回オール神奈川コンテスト  CW 国内
第42回オール神奈川コンテスト
開催日時: 平成25年6月1日 15:00 〜 18:00(14/21/28/50/1200/2400)
                    21:00 〜 24:00(1.9/3.5/7/144/430)
規約: URL:http://www.jarlkn.info/award_contest/index4_file/all_kn/2013_42allkanagawa_kiyaku.pdf
URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1306.htm#0601kanagawa

 1日午後、15:20頃から運用を開始する。この時間帯は運用できるのはハイバンドだけである。まず21MHzに出る。2・3JA1あたりが聞こえるがコンディションは今ひとつ10分ほどで14MHzに変わる。
 14MHzJA1あたりが結構強力に聞こえる。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 16:20頃からは28MHzでもJA1あたりが聞こえ出したので、21MHz28MHzを行き来する。
 その内に前半が終了する18:00となる。合計38QSOほとんどがマルチにもなる

 後半が始まる21:00から運用を再開する。同時に開催されている「宮崎コンテスト」21:00からスタートした「石狩後志支部コンテスト」と掛け持ちをする。それぞれの信号が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 この時間帯運用できるのはローバンドだけである。一番賑やかな7MHzに出る。聞こえる局を順次呼んでゆく。一通りQSOして、21:30から3.5MHzに変わる。
 3.5MHzでは何局かの「CQ KN TEST」が聞こえるが信号は少し弱い。それに全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。根気よく呼んで何とか局数を伸ばす。
 22:00を過ぎると新しい局があまり聞こえてこなくなったので7MHzに戻る。新しい局はあまり聞こえてこない。23:00で諦めてコンテストを終わる合計70QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:県外局 電信 シングルオペ オールバンド (XCSA)
70 pts x 63 市郡区 = 4410
Clamed Score: 4,410 Points

得 点: 完全な交信をもって1点とする
マルチプライヤー: 県内局・・神奈川県内の各市郡区と神奈川県以外の各都府県及び北海道の各支庁
              県外局・・神奈川県内の各市郡区
0

2013/6/4

2013年 ALL JA0 21/28MHzコンテスト  CW 国内
2013年 ALL JA0 21/28MHzコンテスト
開催日時: 平成25年6月1日 09:00 〜 12:00
規約: URL:http://jarl-nn.asama-net.com/index.php?html_id=00000184

 1日朝、09:25頃から運用を開始する。まず、21MHzに出る。JA7/8あたりは強力に入感しているが他は弱い。それに非常に不安定。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 10:19になってやっとJA0とQSOできる。このコンテストJA0の局しかマルチにならないので、1局でもJA0の局とQSOしないとスコアーは0点のままとなる。以後は気楽に運用できる。
 10:30からは時々28MHzを覗きに行く。28MHzJA6/7/8あたりは強力に入感している。
 11:15を過ぎると28MHzでもJA1あたりが聞こえ出し、JA0ともQSOできる。

 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計43QSO。QSOできたマルチ21MHzH_U・A_W・E_O・H_C・R_Z・H_F28MHzH_F・H_C

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: 21/28MHz個人局電信部門(C218)
59 pts x 8 Multi = 472
Clamed Score: 472 Points

得 点: 0エリア管内局との交信:3点(例:相手がJA0IXW,JK2EIJ/0,JA0OZZ/1等の交信)
      管外局との交信:1点(例:相手がJA9BOH,JA6AHB/6,JA5FNXなどの交信)
マルチプライヤー: 0エリア管内局の場合:異なるプリフィックスの数(JA0BJ=JA0 JF3IYW/3=JF3 JA1CP=JA1)
             管外局:異なる0エリアの呼出符号の局および0エリア内から運用する局のみのプリフィックスの2文字目とラストレターの組み合わせの数
0

2013/6/4

>第25回和歌山コンテストの結果発表  CW 国内
第25回和歌山コンテストの結果発表
開催日時: 2013年(平成25年)4月7日 09:00 〜 21:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/wakayama/sub4.htm
        http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1304.htm#0407wakayama
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1358.html

 「第25回和歌山コンテスト」の結果がJARL和歌山県支部のサイトで発表されている。
 参加した「 和歌山県外 電信 HF マルチバンド (GCHF) 」部門で 4/19 「 和歌山県外 電信 V・UHF マルチバンド (GCVU) 」部門で 1/1 、とのこと。
 「電信 V・UHF マルチバンド」部門では私1局でけの参加となり 1位 入賞となる。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://outdoor.geocities.jp/bskainan/25WKTEST-kenngai.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

HFバンド

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: 電信 HF(1.9〜28MHz)マルチバンド (GCHF)
22 pts x 15 市郡 = 330
Clamed Score: 330 Points


V・UHFバンド

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: 電信 V・UHF(50〜1200MHz)マルチバンド (GCVU)
2 pts x 2 市郡 = 4
Clamed Score: 4 Points

得 点: 1交信を1点とする。 SWLは和歌山県内のみを1点とする。
         但し、同一バンド内での重複はモードが異なっても得点としない。
マルチプライヤー: 県内局:各バンド毎に都道府県支庁(和歌山県を除く)および和歌山県内の市郡を1マルチとする。
             県外局:各バンド毎に和歌山県内の市郡を1マルチとする。

本日(6月6日)早々に賞状が送られてきたので追加して紹介しておく。

クリックすると元のサイズで表示します

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ