2013/10/15

オール鳥取コンテスト  CW 国内
オール鳥取コンテスト
開催日時:2013年10月14日(祝) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1310.htm#1014tottori

 14日午前、10:10頃から運用を開始する。早々にJN4XIZ(3403)・JA4XNFQSOできるが、他に「CQ TT TEST」は聞こえてこない。
 あまり期待せずに14MHzを覗くと「CQ TT TEST」が聞こえる。JH4MGU(3401)CQである。何回も呼んで何とかQSOできる。その後もしばらくワッチしていると信号が聞こえなくなったので21MHzを覗く。
 やはりJH4MGU「CQ TT TEST」が聞こえる。少し信号が弱くコピーが難しいが、何回も呼んで何とかQSOできる。
 同様に、しばらくワッチしていると「QSY 28MHz」と聞こえたので28MHzに変わる。QSBがありピークでは良好に聞こえるので、ピークに合わせて呼ぶと応答がある
 その後もしばらくハイバンドを行き来するが他には信号が聞こえてこないので10:40頃に7MHzに戻る
 その後7MHzJH4MGU・JK4HNN/4(34006)・JO4BOW(34004)・JH4EYD・JH4ZQZ、とQSOできる。
 しかし、ワッチを続けてもQSOした局以外は聞こえてこない11:00で諦めてコンテストを終わる合計10QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:県外局 個人局電信マルチ
10 pts x 7 市郡 = 70
Clamed Score: 70 Points

得点: 完全な交信を1点
         (同一バンド内での重複交信は電波型式が異なっても得点にならない )
マルチプライヤー: 県内局:鳥取県内の異なる市郡数+鳥取県外の異なる都道府県数
             県外局:鳥取県内の異なる市郡数

1

2013/10/15

第34回全市全郡コンテスト  CW 国内
第34回全市全郡コンテスト
開催日時:2013年10月12日 21:00 〜 13日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

 12日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzに出るがQSOできるのはローカルとJA6/JA8だけ。
 21:25から3.5MHzに変わる。全国的に開けており賑やかである。呼び合いになっているのでなかなか応答を得られない。とにかく聞こえる局を呼んでゆく。
 時々7MHzを覗くが聞こえるのはJA8だけ。
 00:15で今夜の運用を終わる合計31QSOほとんどがマルチにもなる。

 13日朝は06:20頃から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るがQSOした局が多く、新しい局はあまり聞こえてこない。
 06:45から7MHzに変わる。JA1あたりを中心に全国的に開けている。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 07:20から14MHzに出る。JA6・JA7/8あたりが強力に聞こえるが局数は少ない。呼べばすぐに応答がある。
 時々VHFを覗くが聞こえる局は少ない。ローカル以外QSOできたのは50MHzJA5WPR/5(37005)144MHzJE2HYF/2(2117)・JJ0HPI/0(09004)
 08:50で朝食のため一休みする合計106QSO

 朝食後は09:40から運用を再開する。まず、7MHzに出るが新しい局はあまり聞こえてこない。
 10:00からVHFを覗く。QSOできるのはローカルばかり。その他は144MHzJH5YCW/6(3606)だけ。
 
 11:00から14MHzに出る。JA1あたりも聞こえ出すが、聞こえるのはハイパワー局がほとんどで、こちらの電波が届かない
 正午合計136QSO

 午後13:25頃から運用を再開する。やはり7MHzが一番効率が良いので、新しい局を探して順次呼んでゆく。
 14:30からハイバンドとVHFに出るがほとんど局数は伸びない15:00一休みする
 16:00から運用を再開する。ハイバンドを行き来する。21MHzJH8SLS(010109)・JR8VSE(0102)・JS6RGJ(4704)28MHzJH4UYB(3508)・JS6RGJ・JR8VSEQSOできる。
 14MHzではJA6とJA8ばかり。
 17:30から7MHzに出る。聞こえるのはQSOした局のCQばかり。新しい局はあまり聞こえてこないが探し出して呼んでゆく。
 夕食時合計205QSO

 夕食後18:00から運用を再開する。7MHzJA6あたりしか聞こえてこなくなる。
 19:25から3.5MHzに変わる。全国的に開けている。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 そのうちにコンテスト終了の21:00となる。合計233QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:電信 シングルオペ オールバンド (CAM)
233 pts x 218 市郡区 = 50794
Clamed Score: 50,794 Points

得点: 完全に行なわれた交信を1点とする
        (同一バンドにおける重複交信は、電波型式が異なっても得点としない)
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数

0

2013/10/15

Oceania DX Contest CW  CW DX
Oceania DX Contest CW
CONTEST PERIODS: 0800Z, Oct 12 to 0800Z, Oct 13 (12 Oct 1700 JST to 13 Oct 1700 JST)
RULES: URL:http://www.oceaniadxcontest.com/rules.pdf

 12日夕方、0820 UTC から運用を開始する。21MHzで2・3「CQ TEST」が聞こえるので21MHzに出る。
 14MHzや28MHzも時々覗くが28MHzNH2TとQSOできただけ。
 0850 頃から7MHzに出る。少し早いようでZL2ALZM1AQSOできただけ。夕食時合計11QSOほとんどの局がマルチにもなる。

 夕食後1000 から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。時々14MHzを覗きに行く。
 1200 から「全市全郡コンテスト」が始まったので、以後「全市全郡コンテスト」主力を置き、時々DXバンドを覗く。
 1350 頃、14MHzZM90DXP29NOQSOできる。1400 少し過ぎに今夜の運用を終わる合計25QSO

 13日は午前・午後ともに「全市全郡コンテスト」専念する
 0715 頃から運用を開始する。21MHz・28MHzを行き来する。OC局にヨーロッパの局が群がっているが、なかなかQSOには至らない。このパイルアップの上で呼ぶとこちらに応答がある。やはり近いだけあって強いようである。
 そのうちにコンテスト終了の 0800 となる。合計32QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:Single Op All Band Low Power
91 pts x 31 Prefix = 2821
Clamed Score: 2,821 Points

POINTS: 20 points per 160m QSO
       10 points per 80m QSO
       5 points per 40m QSO
       1 point per 20m QSO
       2 points per 15m QSO
       3 points per 10m QSO
MULTIPLIERS: Each prefix once per band

0

2013/10/15

Makrothen RTTY Contest  RTTY
Makrothen RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 0759Z, Oct 12 and 1600Z to 2359Z, Oct 12 and 0800Z to 1559Z, Oct 13
          (12 Oct 09:00 to 16:59 and 13 Oct 01:00 to 08:59 and 13 Oct 17:00 to 14 Oct 00:59 JST)
RULES: URL:http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/TMC_Rules.html

 12日朝、0030 UTC から運用を開始する。まず14MHzをワッチするが、ほとんど信号が聞こえないのですぐに21MHzに変わる。
 21MHz米国西海岸方面に開けている。聞こえてくる局を順次呼んでゆく。
 このコンテスト相手局との距離がポイントとなり、マルチが無いのでとにかく多くの局とQSOするのに限られる。
 0130 を過ぎるとこちらの電波が届かなくなったので、しばらくはほかの事をする。合計17QSO

 午後は 0400 から運用を再開する。引き続き21MHzに出るが近場しか聞こえてこない。時々14MHz28MHzを覗くが同様のコンディションである。
 0500 を過ぎるとUA/URあたりが聞こえ出す。
 そのうちに第1ピリオッド終了の 0800 となる。合計36QSO

 第2ピリオッド真夜中から始まる昨夜の21:00から">「全市全郡コンテスト」span>が始まっているので、その後は「全市全郡コンテスト」主力を置く
 終了間際の 2240 頃からRTTYバンドを覗くが米国西海岸方面が開けているだけで、聞こえるのはほとんどがQSOした局である。
 2400第2ピリオッドが終わる合計38QSO

 第3ピリオッド13日 0800 から始まるが、ノイズが多く、信号も弱いので諦めてコンテストを終わる。結局合計38QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: Class 1: Single, All Band, Low Power
Clamed Score: 243,575 Points

POINTS: 1 point per km distance between stations for each QSO
       Multiply QSO points by 1.5 for 40m QSOs or 2.0 for 80m QSOs
       100 points per QSO between stations in same grid square (no other points or multiplier)
MULTIPLIERS: None

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ